ファスナーが外れたときに!ファスナーの不具合別の対処法はこちら

ジーンズやバッグなど、ファスナーが使われているものは数多くあります。いつも通り使っていたのに、ある日突然壊れて閉じられなくなったということもあるでしょう。ファッスナーが動かず、無理矢理力を入れたら外れた、となると大変困ります。

しかし、ファスナーのトラブルに見舞われても、対処法を知っていれば、自分で直すことができます。

今回は、

  • ファスナーが壊れたときの対処方法
  • 修理グッズ

をご紹介します。

ファスナーが外れた時の対処法


ファスナーのトラブルで一番多いのが、一部が外れて動かなくなることです。布を巻き込むようなケースでは、無理に手で引っ張っても直らないので、他の方法で対処しましょう。

スライダーの片側を開き、外れたファスナーを入れてペンチで挟み込む

ファスナーは左右のスライダーにはまって、スライダーをレールのようにして動きます。ファスナーが外れるということは、左右どちらかのスライダーから外れている状態です。ファスナーがスライダーから完全に外れていないのに動かない時は、次の方法で直しましょう。

まずはラジオペンチを用意してください。ファスナーが外れたスライダーをラジオペンチで挟んで固定し、ファスナーを動かします。外れたスライダーをファスナーに押し込んで、修理すると元に戻ります

スライダーを折り曲げて横から入れ込む

ファスナーがスライダーから完全に外れて、取れてしまった時の修理方法です。まずは布に付いている左右どちらかのスライダーを折り曲げて、スライダーを円形にしてください。その折り曲げたスライダーに、ファスナーを押し込んではめこみます。ファスナーがはまったら、修理完了です。

もう片方も、スライダーを折り曲げて、ファスナーを無理矢理はめこみます。ただし、布が厚くて硬い素材や、ポーチなど薄い素材だと直しにくいでしょう。

ファスナーが動かなくなった時の対処方法

ファスナーに布が絡まると動かなくなります。布が絡まり動かなくなり、直そうと無理に手で引っ張ると布が破ける危険もあり、おすすめできません。コツをつかんで直してください。

生地の挟み込みはマイナスドライバーで外す

ファスナーに入るぐらいの細いドライバーを用意してください。動画ではマイナスドライバーになっていますが、入ればプラスドライバーでも構いません。

生地を挟んだファスナーにドライバーを差し込み、生地をファスナーから押し出していきます。押し出すと同時にファスナーも動かしてみましょう。何回かドライバーで生地を押し出すと、ファスナーが直ります。

生地の挟み込みが浅い場合はゆっくりと逆方向に動かせば外れる

ファスナーに挟まった生地が浅い時は、片方の手で生地を引っ張り、もう片方の手でファスナーを引っ張ると直ります。ただし力を入れすぎると生地が破けるので、力下限に注意しましょう。生地が破けないようにゆっくりとファスナーを動かすのがポイントです。

固い生地の挟み込みはファスナーと水平に引っ張ると改善する

ファスナーに生地が深く挟まり、固く動かない時はファスナーから生地を引っ張り出します。片方の手でファスナーを持ち固定し、もう片方の手で生地をスライダーと水平に引っ張り、ファスナーから取り出してください。生地が深く挟まったときは、ファスナーを動かさず生地を引っ張るようにしましょう。

スライダーの引き手が壊れてしまった時の対処方法

ファスナーの引っ張る部分、引手が取れてしまったら元に戻すのは大変です。ただ外れただけなら取り付け可能ですが、破損したなら代用品を使いましょう。

応急処置としてクリップを引き手の代わりに使う

引き手の部分にクリップを取り付け、引き手として使います。クリップでなくても、安全ピンで代用可能です。ファスナーに取り付けられるような細い針金でも代用できるでしょう。

破損していなければラジオペンチなどで取り付ける

引き手が破損しておらず、ファスナーから外れただけならラジオペンチなどを使えば取り付けられます。手で取り付けると手を傷めやすいので、ペンチなどの工具を使ってください。引き手の外れた部分から、押し込むようにしてファスナーに取り付けます。

引き手を紛失してしまったら手芸屋さんなどで購入する

引き手が完全に壊れてしまった、または紛失したという時は、手芸屋さんなどで新しい引き手を買って取り付けます。近くに手芸屋さんがない、引き手の売っているお店がないなら、通販でも購入可能です。元の引き手と同じぐらいの大きさの方が使いやすいでしょう。

ファスナーを閉めてもすぐに開いてしまう時の対処法

ファスナーが閉まらず開いてしまう時、原因は2つ考えられます。それは、スライダーの隙間が開きすぎている、またはエレメントが曲がっている場合です。この2つのどちらの症状か確かめ、それぞれのパーツを直すと閉まるようになります。

スライダーの隙間をラジオペンチで正常に戻す


何度もファスナーを開け閉めしていると、スライダーの間隔が少しずつ開いていきます。スライダーが開くとエレメントがはまらず、ファスナーを閉めても開いてしまうのです

広がったファスナーのスライダーは、ペンチやハサミを使って締めて、ちょうど良い間隔にすると直ります。強く締めすぎると今度はファスナーが動かなくなるので、少しずつスライダーを締めて、ファスナー全体の状態を見るようにしましょう。

エレメントが潰れてしまった場合には丸ペンチで正常に戻す

エレメントが潰れてしまった時は、ペンチなどを使ってエレメントをできるだけ元に戻します。わずかに戻せば直る場合もあるでしょう。ただし、エレメントの歯がいくつも取れた、完全に潰れているときは、直せないかもしれません。

ファスナーの開閉がしにくくなったら

ファスナーは長年使っていると、錆びたり、スライダーやエレメントにゴミが付き、滑りが悪くなったりします。滑りが悪くなり開閉しにくくなったときは、滑りやすくしてあげると直ります。

リップクリームをエレメント部分に塗る


ファスナーの潤滑剤として使えるのが、リップクリームです。リップクリームをエレメントに塗ってみましょう。クリームが潤滑剤の役割を果たすので滑りがよくなり、ファスナーが開閉しやすくなります。ワセリンなどでも代用できるかもしれません。あまり塗りすぎると、ゴミや埃がつきやすくなり、壊れやすくなるので気を付けましょう。

潤滑スプレーをエレメント部分に吹きかける

潤滑スプレーをエレメントに吹きかけても、滑りがよくなりファスナーが開閉しやすくなります。ただし、潤滑スプレーだと生地にもスプレーが吹きかかるので、汚してしまうかもしれません。使うなら生地に布を当てるなどして、スプレーするとよいでしょう。エレメント全体にまんべんなく潤滑スプレーを吹きかけてください。

ファスナーが外れた時に大活躍する便利グッズ

ファスナーは壊れたり外れたりした時に、修理できる便利グッズがあります。このような修理グッズを1つ持っていると、いざという時に重宝するでしょう。

HailiCare ジッパー ファスナー修理キット

HailiCare ジッパー ファスナー修理キット 修理用ペンチ付き 縫製 交換用 diy ジッパー ファスナー引っ張り 多機能ジッパーヘッド 財布裁縫 手作り 服装 手芸 修理コート バッグに使用でき 簡単ジッパー修理屋さん 85pcs入り

5種類のサイズの引き手付きファスナーがセットになっている、修理アイテムです。取り付け用のペンチが付属しているので、購入後すぐ修理に使えます。シルバーとブラック2色のファスナーが付いているので、修理する部分に合わせて使えます。説明書がないので、ペンチの使い方がわかりにくいです。

Cangad ジッパー 多機能ジッパーヘッド 交換用

Cangad ジッパー 多機能ジッパーヘッド 交換用 diy ジッパー 修理コート ファスナー修理 修理方法 簡単 手作り ファスナー引っ張り ジッパー破損した時に強い味方

2cm、3cm、4cmと3種類のファスナーがセットになっています。ファスナーが破損した時の代替品として使えます。サイズも3つあるので、多くのファスナーの代用となるでしょう。カラーはブラックのみとなっており、隙間が0.9mm以下のファスナーの代用に使えます。

まとめ

ファスナーは長年使う部品で、何度も開閉するので壊れることもあるでしょう。朝の忙しい時間などでは、急いでファスナーを動かしうっかり生地を挟めてしまうこともあります。生地が浅く挟まった、またはファスナーの破損が酷くなければ、自分で修理も可能です。修理するには若干コツも必要ですが、慣れれば簡単にできます。また代用となるファスナーなど修理グッズもあるので、そのようなアイテムを使っても良いでしょう。