地震の備えの重要ポイントとおすすめの地震対策グッズ

日本は災害の多い国であり、特に地震は頻繁に起きます。大きな地震を体験すると、何か備えて対策をしないといけないと感じることでしょう。しかし、地震では何を備えておけばいいのかわからないという場合もあります。

今回は、

  • 地震がおきた時のために準備しておきたいこと
  • おすすめ防災グッズ

などをご紹介します!

地震が起きた時のために準備しておきたいこと


地震が起きるとライフラインが切断されることが多く、いつも通りの生活が難しくなります。ライフラインの切断された生活を想定し、地震対策グッズを用意しましょう。

非常用品を用意する

地震でライフラインが切断された中でも生活できるように、非常用品を用意し、バッグなどにまとめて保管しておきましょう。特に優先度の高い品は次の通りです。お金、数日分の食料、携帯トイレ、お水、ロープ、軍手、ポリ袋、歯ブラシや石けん、ラジオです。

お金は必要最低限を用意してください。地震で電気が止まると、カード類や電子マネーは使えません。買い出しが出来ないことを考え、数日分の食料と水を用意しましょう。可能なら5日分が理想です。

トイレの場所がない時のために、畳んで持ち歩ける携帯トイレも持参しましょう。地震で家屋が崩れた時のために、ロープや軍手があると便利です。地震の状況を知るために、ラジオも用意しておきましょう。その他日常的に必要となる物があれば用意します。非常食はセットでも売っているので、1つずつ用意するのが大変ならセット品がおすすめです。

非常食としては、長期保存できる食品を用意します。理想は水やお湯を使わず食べられるものです。保存米として水を入れれば食べられる物があります。味は美味しい方がいいので、一度食べてみて味を確かめた方がよいでしょう。

ただ保存食といっても、塩分が多すぎると内臓が疲れて食欲を失ってしまいます。塩分の少ない保存食の方が、災害対策の食べ物としてはよいです。食べ物が冷たいと食欲が沸かないので、水を入れると発熱剤が発熱するような食品を温められるグッズもあると便利でしょう。

消火器を用意する


火災発生に備えて消火器を用意します。消火器は各部屋に1つあると良いでしょう。消火器は初期火災消火に向いているので、火事があれば早めの消火開始が有効です。最近はペットボトルのような、火に向かって投げて消火するタイプの消火器もあります。

カセットボンベのような小型タイプもあります。スプレー式の消火器となっており、消火能力は高くはないですが、初期消火には十分に使えるでしょう。

懐中電灯やスニーカーなど動きやすい物を用意する

地震があると電気が消えることも多いので、懐中電灯も用意し、すぐ使えるような場所に置いておきましょう

地震が発生すると、ドアが変形し開かなくなる場合もあるので、家の中にスニーカーを置いておくと良いでしょう。ドアから出られないときに、スニーカーで窓から脱出するためです。また、枕元やベッドの近くなどに、1つ非常用として置いておけば、大きな地震が来てもそのまま履いて外に出られます。

メガネを使っている人は、非常用のメガネも1つあるとよいでしょう。

家族で地震の時の取り決めをしておく

地震の時にお互いの安否を確認できるように、日頃から連絡方法や、万が一の時の集合場所を話し合い決めておきましょう。

集合場所は、具体的な場所と大体の時間を決めておきます。災害用の伝言ダイヤルもありますが、携帯電話やスマートフォンが、電池切れや故障で使えないとなると、ダイヤルも使えません。どこに集合するか、あらかじめ場所を決めた方がよいでしょう。

家具や電化製品の倒壊に備えるポイント


地震が起きたら、家具が倒れてくることもあるので、普段から倒壊に備えるようにしましょう。基本は家具を固定して地震でも倒れないようにしますが、窓ガラスや本棚など、危険のある物はすべて対策した方が良いです。

タンス:ポール式金具で固定

タンスの地震対策の基本は、ポール式金具や突っ張り棒を使い、天井や壁と固定します。タンスは荷物を入れると重くなるので、頑丈に固定してください。L字金具で壁と固定しても構いませんが、ポール式金具も併用するとより頑丈に固定できます。

本棚:重い本は下段・L字型金具で壁に固定

本棚は、重い本は下段に置き、軽い本ほど上段に起きます。そしてL字金具を使い、壁と本棚を固定します。賃貸マンションなど、釘やネジを壁に使えない住宅なら、突っ張り棒やポール金具での固定も可能です。

ただし、本棚は固定しても地震があると中の本が散乱して落ちてきます。本が落ちないようにするためには、本棚全体にロープを付ける、または落下防止テープを取り付けると安心です。

テレビ:粘着マット・ワイヤーで固定


テレビの底に粘着マットを貼って、滑りにくくしてください。ジェル状になっているシートなどもあるので、それをテレビの下に置いても構いません。さらに転倒しにくくするには、テレビと壁をワイヤーなどで固定します。テレビを壁に固定する道具も販売されていますが、ワイヤーや針金を使っても構いません。

窓ガラス:飛散防止フィルム

窓ガラスは地震で落下することは少ないですが、揺れの衝撃によって粉々になって飛散します。ガラス片が人に降りかかれば、刺さる危険もあり危ないです。特に窓ガラスの近くで生活するような人は、注意が必要です。

飛散しないようにするために、飛散防止フィルムを貼ります。フィルムによって、窓ガラスが粉々になっても人に降りかかるようなことがありません。飛散防止フィルムの他に、UVカットシートや目隠しシートでも代用可能です。

おすすめの地震の備えに必要な防災グッズ

防災グッズというと、数多くあるので、どれを使えばいいか迷う人もいるでしょう。防災グッズとして、必要なアイテムをまとめて売っている製品もあります。おすすめの防災バッグを紹介しましょう。

防災防犯ダイレクト 防災セット 地震対策30点避難セット

防災セット 地震対策30点避難セット 避難生活で必要な防災グッズをセットした非常持出袋

地震で家が倒壊し、ライフラインが絶たれた時に役立つグッズを1つにまとめた防災セットです。保存水、缶パンなどの食料、ハサミ、ガーゼ、三角巾などの医療グッズ、手回しラジオ、携帯充電ケーブル、電池などが入っています。

災害で役立つアイテムが30点入っているので、これ1つで数日の生活をまかなえるでしょう。1つで1人用なので、家族の人数分必要です。

こちらのセットには、飲料水と食品の他に、食品加熱袋も入っています。これは水を入れると中が加熱する袋となっており、先に食品を袋ごと入れて水を入れれば、食べ物が温まります。

災害というと電子レンジも使えず、お湯も使えないことが多いので、食べ物を温められるとなれば、食欲が沸きます。加熱袋は1つしか入っていないので、必要とあればもう何枚か買って入れておくとよいでしょう。

山善(YAMAZEN) 非常用持ち出し袋 簡易避難セット

山善(YAMAZEN) 非常用持ち出し袋 簡易避難セット 防災用品 避難リュック 防災グッズ30点セット 一次避難向け YBG-30

災害で役立つアイテムを30点集めた防災グッズです。一人用となっており、セットになっているアイテムはライター、アルミシート、カッター、割り箸、歯ブラシなど生活用具のみで、食料品は入っていません。サンダルやエアマクラなど、日常生活を送るのに役立つアイテムが多く入っています。

この防災バッグを買って、自分で食料品をアレンジして詰めてもよいでしょう。バッグにすべてのアイテムが入っているので、必要な保存食も入れておくと、万が一の時に役立ちます。

防災リュックにアイテムが入っており、リュックはオレンジ色で目立つ色です。非難しても遠くから見えやすく目立ちます。急に避難しなければいけない時も、このリュック一つあれば安心でしょう。

Relieved Life 防災グッズ 防災セット 43アイテム

Relieved Life 防災グッズ 防災セット 43アイテム 【現役消防士協力!生き残るガイドブック同封】非常用持ち出し袋 選べる4カラー 水に強い大型リュック 撥水機能 iPhone対応急速充電器付き (オレンジ)

防災バッグの中でも、アイテム数43と数が多いです。ただこちらの防災バッグは、食料品は保存水と保存米のみであり、他の食べ物は入っていません。お米だけだと味気なく食欲が出ないので、防災対策をするならおかずになる保存食も用意した方がよいでしょう。

また防災マニュアルの本も付いているので、いざという時に便利です。一人用となっているので、家族がいるなら人数分用意しましょう。防災バックは、オレンジ、緑、黒、ピンクと4色あります。

地震の時に家具の倒壊を防ぐ便利グッズ

地震対策をするなら、家具の転倒防止もしておくべきでしょう。転倒を防ぐグッズをご紹介します。

アイリスオーヤマ 防災グッズ 家具転倒防止伸縮棒 ML

アイリスオーヤマ 防災グッズ 家具 転倒防止 伸縮棒 ML 高さ50-80cm ホワイト KTB-50 防災 用品 災害グッズ 2本入

突っ張り棒とも呼ばれている製品であり、こちらのタイプは棒が伸縮して、家具と天井の隙間に取り付けられます。高さは50cm~80cmまでです。その他、13cmや100cmなどの高さの製品もあります。2個セットと単品の2つのタイプがあります。

突っ張り棒は便利ですが、木造住宅だと棒で支えても効果は低く、手で揺らすとぐらぐら動きます。地震の揺れで天井に穴が開き役に立たないことも多いです。L字のストッパーなど他の転倒防止グッズと併用した方がよいでしょう。

ニトムズ 家具転倒防止安定板 ふんばる君 90 M5880

ニトムズ 家具転倒防止安定板 ふんばる君 90 M5880

くさびのように斜めになっている樹脂であり、サイズは90cmです。家具の幅に合わせて切って使います。これを家具の下に入れると、家具が斜めになって壁側に傾き転倒しにくくなります。それほど値段の高くない製品ですが、段ボールなどを切って家具の下に入れても代用できます。

サンワサプライ 耐震ジェル 透明両面粘着(中) 地震 転倒防止 QL-75CL

サンワサプライ 耐震ジェル 透明両面粘着(中) 地震 転倒防止 QL-75CL

強力な粘着力のある、ジェル状のパットです。テレビやパソコン、電子レンジなどの下に敷いて、地震が来ても動かず転倒させない仕組みです。耐震ジェルは汚れたら水洗いもできます。大きな地震が来ても、敷いていれば転倒を防げるので、効果は抜群です。

サンワサプライ 耐震ストッパー 地震 転倒防止 QL-78

サンワサプライ 耐震ストッパー 地震 転倒防止 QL-78

L字型になっている耐震ストッパーであり、ウレタンによって揺れを吸収します。家具と壁の間に取り付けるなどして、壁の揺れを吸収するように使用します。ウレタンはシールになっており、ネジなど使わず家具に取り付けられるので簡単です。大きな地震が来ても、揺れを十分に吸収し転倒を防いでくれます。

サンワサプライ 耐震ストッパーL型 地震 転倒防止 QL-58

サンワサプライ 耐震ストッパーL型 地震 転倒防止 QL-58

L字型の耐震ストッパーとなっており、テープで貼り付けて固定するので、家具や壁に穴を開ける心配がありません。テープは粘着力が強力であり、慎重に取り付け場所を決めてから、テープで固定してください。さらにネジでも取り付け可能です。パソコンや小さい本棚など、それほど大きくない家具に適した耐震ストッパーです。

まとめ

防災対策は、家の中の家具の転倒対策と、ライフラインが絶たれた後の食料や生活用品の準備が基本です。ただ一度にこれらを行うとお金もかかるので、時間を見つけて少しずつ対策を行うとよいです。また防災用の保存食であれば、一度試食して味を確かめた方がよいでしょう。食べ慣れない味や、美味しくないと、災害時に食が進みません。