女性の一人暮らしににあると安心な防犯グッズと安全な賃貸物件の条件

一人暮らしをはじめると、気になるのは防犯対策ではないでしょうか。特に女性となれば、空き巣などの被害の他に、強姦や強制わいせつなどの不安もあるでしょう。自分は大丈夫と過信するほど、被害にあうものです。

今回は、

  • 女性の一人暮らしにおすすめの賃貸物件
  • 女性の一人暮らしにおすすめの防犯グッズ

などをご紹介します。

女性の一人暮らしは危険?


空き巣から訪問販売、押し売り、さらには強制わいせつなど、一人暮らしをしている女性は狙われやすいです。男性よりも抵抗する力が弱いので、どうしても女性はターゲットになりやすいです。

一人暮らし女性がターゲットにされてしまうことは事実

警視庁の2009年のデータによると、女性が被害者になる犯罪は、年間46万件ありました。被害の内訳は、窃盗がもっとも多く、詐欺、暴行、傷害、強制わいせつと続きます。窃盗の中でもひったくりは9割が女性を占めており、女性は被害に遭いやすいです。住宅での被害というと、空き巣や強制わいせつ、さらには下着などの窃盗、覗きもあります。

同じく警視庁の2009年のデータによると、人口10万人あたりの被害者は、20代がもっとも多く、20歳未満、30代と続きます。リフォーム詐欺などの被害は、40代以上の方に多いです。

物件やエリアの治安や条件が悪いと危険度が増す

被害に遭いやすい物件というと、マンションやアパートなら1階や2階です。また意外にも最上階も被害に遭いやすく、屋上から部屋に侵入されます。大きな塀や木のある、周囲から視界が隠れるような物件も狙われます。逆に防犯カメラがある、オートロックであるような物件は狙われにくいです。

住んでいる街の治安も、被害に遭いやすいかどうか決まります。日本は海外ほど、どの街に住んでも治安は悪くないですが、犯罪が起きやすいエリアはあります。最近は外国人が日本に多く移住してきているので、外国人の多いエリアも注意しましょう。

防犯対策をしっかり行うことが大切


犯罪の被害に遭わないためにも、日頃から防犯対策は行うようにした方がよいでしょう。女性の一人暮らしだとわかるような家は狙われやすいので、一人暮らしだとわからないようカモフラージュして防犯対策をします。防犯グッズなども活用し、犯罪者が近寄らないようにしてください。

女性の一人暮らしにおすすめな賃貸物件

防犯性の高い部屋や、防犯対策をされている物件はあります。女性の一人暮らしであれば、そのような物件がおすすめです。

低階層の部屋を借りない

1階や2階などの低層階は、空き巣に入られやすいです。中でも塀に囲まれているような物件や、垣根や植木で周囲から見えにくい物件ほど狙われます。女性の一人暮らしであれば、覗きや盗撮の危険もつきまとうでしょう。安全性を考えるなら、高層階の方が危険は少ないです。

近隣エリアの治安が良い

治安の悪いエリアが近くにあると、そこから犯罪者が物件を物色しにやってくる可能性があります。自分の住むエリアはもちろん、近隣のエリアも治安がよい方が安心でしょう。また、繁華街や風俗街の近いエリアも、避けた方が賢明です。

オートロックである

若干家賃が高くなりますが、オートロックのある物件の方が安全です。オートロックだと管理人常駐の物件であることも多く、より安全です。ただオートロックは、扉を開けた瞬間を狙って侵入する犯罪者もいるので、注意しましょう。

洗濯機置き場が室内


洗濯置き場は室内にある方がよいです。洗濯機がマンションやアパートの外に置くようになっていると、下着などを盗まれることがあります。さらには、室外に洗濯機を置くと、洗濯機の劣化が早いこともあり、室外置きの物件はおすすめできません。

外に洗濯機を置くと、場所によりますが車やバイクの排気ガス、埃、砂利などが洗濯槽に入りよくありません。なにより、洗濯した後は洗濯槽を乾燥させるためにフタを数時間開けるのでゴミが入ります。やはり、洗濯機は室内に置ける方がよいでしょう。

浴室乾燥機がついている

賃貸住宅で、衣類乾燥機のついている物件は少ないです。その代わりに、風呂場の換気扇から温風が発生し、お風呂場を乾燥機のようにして使える物件があります。浴室乾燥機と言われており、このような物件だと、外に下着を干さず風呂場に干せるので、周囲から洗濯後の下着を見られる心配がないです。

浴室乾燥機がないなら、簡易乾燥機を買ってもよいでしょう。

日常でできる防犯対策

防犯性の高い物件が見つかれば、今度は日常生活での防犯対策です。空き巣や泥棒が近寄らないように工夫しましょう。

外に下着を干さない


女性用の下着を外に干すと、女性が住んでいるとわかります。また下着が外にあると盗まれる可能性があるので、下着は室内に干しましょう。特に低層階に住んでいると、干している下着を盗まれやすいです。

フルネームで表札を出さない

表札は、家に何人住人がいるか示す道具になってしまいます。表札に明記の氏名が1つしかなく、しかも名前が女性であるとなれば、女性の一人暮らしと知られてしまいます。表札は出さない、または表札を出すなら名字だけにしましょう。

家の中に入る時は周囲を確認する

玄関のドアの開閉時は、空き巣や強姦に狙われやすいタイミングです。中には物陰に隠れて、ドアが開く瞬間を待ちかまえるような犯罪者もいます。玄関のドアを開けるときは、周囲を確認しましょう。夜暗いと物陰に人がいても気づかないかもしれないので、注意してください。

エレベーターに知らない異性と乗らない

難しいかもしれませんが、エレベーターのある物件なら、知らない人とは一緒に乗らない方が安全です。配達員に変装して近づくような犯罪者もいるので、階段を使うか、エレベーターは警戒して乗るかどちらかにしましょう。

男性ものの下着を外に干す

女性の一人暮らしで下着を外に干したいなら、男性用の下着も一緒に干してダミーを置いておくとよいです。男性用の下着もあれば、夫婦やカップルで生活していると思われ、女性の一人暮らしとバレにくいです

一人暮らしでも「行ってきます」「ただいま」を言う

一人暮らしでも、出かける時は行ってきます、帰宅したらただいまを言いましょう。これも誰かと暮らしていると見せるための演出です。毎回言うのが恥ずかしいとなれば、怪しい気配を感じたときだけでも効果は十分あります。

防犯グッズを利用する


空き巣などに部屋に侵入されないように、防犯グッズを活用しましょう。ドアにはドアチェーンがあった方がよく、訪問者が来て玄関のドアを開けるときは、最初はチェーンをしたまま開けてください。

防犯カメラも使えるなら使った方がよいです。最近はスマホ対応の防犯カメラも増えており、モニターを用意しなくてもスマホで防犯カメラの映像を見られます。また若干設定が必要ですが、余ったスマホがあればそれを防犯カメラにすることも可能です。

窓ガラスには、補助ロックを付けるのも効果的です。ガラスの一部を割って窓ガラスの鍵を外しても、補助ロックがあれば窓が開きません。強制わいせつ対策としては、防犯ブザーや催涙スプレーがおすすめです。これらのアイテムでは、夜道を歩く時の強姦や通り魔などの対策にも使えます。

女性の一人暮らしにおすすめの防犯グッズ

女性の一人暮らしで使えるような、効果のある防犯グッズをご紹介します。簡単に使えて、難しい設定や知識は必要ないグッズです。

Iseebiz 防犯アラーム 窓 ドア用 振動センサー

Iseebiz 防犯アラーム 窓 ドア用 振動センサー アラーム 警報機 防犯グッズ 100dB音量 超薄型 (1)

窓やドアに貼り付けて使える防犯アラームです。100dBの大きな音が出るようになっており、コイン電池で動くコードレスタイプです。ON/OFFのスイッチがあるので、自分で窓を開ける時はOFFにできます。またスリムタイプなので、貼り付けたまま窓が開閉できるので便利です。窓を割るだけでなく、叩かれたときも反応し大きな音が出ます。

FREDI 超小型WiFi隠しカメラ 1080P超高画質防犯カメラ監視カメラ

FREDI 超小型WiFi隠しカメラ 1080P超高画質防犯カメラ監視カメラ WiFi対応スパイカメラ 4分割画面ワイヤレス小型カメラ 小型隠しビデオカメラ 暗視録画機能付き 日本語取扱 動体検知 iPhone/Android/Win/iPad 遠隔監視・操作

高さ6.5cmとスマホの半分ぐらいの高さの小型カメラです。カメラの映像はスマホに映せるので、モニターを用意する必要がありません。防水ではないので、玄関などの監視カメラにするなら、雨がかからないように設置場所を工夫しましょう。動体感知機能もあるので、下着泥棒や空き巣の記録用にも使えます。

【ZEXEZ】高反応型 電波・光学式対応 盗聴盗撮探知機

高反応型 電波・光学式対応 盗聴盗撮探知機 【ZEXEZ】日本語取扱説明書 一年保証 盗聴器 盗撮機 電波感知型 電波検出感度調整機能搭載 赤外線レーダー レベルインジケーター 液晶モニター マルチディテクタータイプ WIFI スパイカメラ 盗撮カメラ 対応

片手で持ち運べるぐらいの大きさの盗聴盗撮探知機。電波式の盗聴器・盗撮電波を検知する発見器です。電波を発しない盗聴器や盗撮カメラも発見できます。誰でも簡単に操作でき、高度な知識は必要ありません。

まとめ

女性は犯罪の被害に遭いやすいので、日頃から防犯対策をしましょう。対策としては、防犯性の高い物件に住むことと、日常生活での対策です。防犯グッズとしても、手軽に利用できるアイテムも多いので、女性でも問題なく使えます。値段も高くない効果的な防犯グッズも多いので、そのようなグッズを使って対策してください。