蜂蜜の効果とは?健康と美容に役立つ蜂蜜パワーをご紹介

蜂蜜はミツバチが花からとって巣に蓄える蜜で、高い健康や美容効果があることで知られています。食用や薬用として使用されるケースも少なくありません。
  • 蜂蜜の健康と美容への効果
  • 蜂蜜の効果的な摂取方法
  • 蜂蜜を摂取するときの注意点
  • 蜂蜜パックの方法

を紹介していきます。

蜂蜜に期待できる健康効果

蜂蜜を摂取することで、さまざまな健康効果が期待できるでしょう。ここでは、蜂蜜を摂取することで期待できる健康効果を紹介していきます。

殺菌作用

蜂蜜に含有されているグルコン酸と呼ばれる有機酸には、強力な殺菌作用があることで知られています。グルコン酸が細菌内部の水分を減らすことで、細菌の増殖を抑えることや消毒作用をもたらすからです。

歯石の予防

蜂蜜には歯石の予防効果があると言われています。食べ物のカスが歯の表面や隙間に溜まり、それが唾液の中に含まれるカルシウムで石灰化したものが歯石です。

歯石を放置していると、歯の病気の原因にもなりかねないため、早いうちに対策が必要になります。

整腸作用

整腸作用は便秘や下痢に効果的で、蜂蜜に含有されている抗酸化作用が腸内環境を整えていくからです。腸の調子が優れないときは、蜂蜜を意識して摂取するとよいでしょう。

また、蜂蜜に含まれているグルコン酸が腸内の悪い細菌を減らすことにもつながります。腸内の環境が整うことによる整腸作用も得られるわけです。

便秘の解消

蜂蜜には整腸作用があるとされています。それは、蜂蜜が持つ殺菌作用によるもので、腸内に増えている悪玉菌が減ることで腸内の細菌バランスが安定し、便秘の解消につながると言われているのです。

便秘解消のために蜂蜜を摂取するときは、温めた蜂蜜を摂取するとよいでしょう。血行を促し、排便を促してくれる効果が期待できます。また、便秘解消に効果が期待できる牛乳に蜂蜜を混ぜて飲むのもおすすめです。

疲労回復

蜂蜜は吸収が早く、すぐにエネルギー源になります。蜂蜜に含有されている糖分やブドウ糖などは、これ以上分解する必要がない糖なので、短時間でエネルギー源として使えるわけです。

スポーツをした後は、疲れた体を回復させるために消耗されたエネルギーを補充する必要がありますが、蜂蜜があれば効率的にエネルギー源の供給ができるでしょう。

むくみの予防

蜂蜜にはカリウム成分が含有されていますが、この成分がむくみに効果的と言われています。むくみは身体に不要な水分や老廃物が溜まった状態です。カリウムが持つ排水機能によって気になるむくみの解消効果が期待できるでしょう。

むくみ予防のために蜂蜜を接種する場合は、むくみやすい時間帯の前に摂取することが大切です。朝にむくみやすい人は、寝る前に蜂蜜を摂取しておくとよいでしょう。

蜂蜜の効果的な摂取方法

蜂蜜は空腹時に食べると効果が高まります。また、ホットミルクやヨーグルト、トーストとの相性も抜群です。ここでは蜂蜜の効果的な摂取方法についてみていきましょう。

空腹時に食べる

蜂蜜の効果的な摂取方法は、空腹時に食べることです。蜂蜜に含まれている糖分は、体の中ですぐに吸収されてエネルギーに変換することができます。空腹時の方が体に吸収されやすい特徴があるため、蜂蜜を摂取する方がより速く体に栄養分が浸透するでしょう。

50℃程度のホットミルクに入れる

蜂蜜の効果を高める摂取方法としておすすめするのが、50℃程度のホットミルクに蜂蜜を入れて飲む方法です。温かいミルクに入れることで、蜂蜜の温度が上がり、蜂蜜を摂取することによる体温低下を防ぐことができます。蜂蜜に含有されるカリウムには体温低下を促す働きがあるため、温めて飲んだ方が体の冷えは抑えられるでしょう。

トーストに塗る

蜂蜜を手軽に摂取したいのであれば、トーストに蜂蜜を塗るのがオススメです。作り方もシンプルで、焼いたトーストに蜂蜜を塗るだけで美味しく食べられます。バターとの相性もいいので、バターを塗ったトーストに蜂蜜をかけて食べるのもよいでしょう。

蜂蜜が含まれるメープルシロップもよいですが、加糖成分が多いのでダイエット時の摂取は注意が必要です。

ヨーグルトに入れる

蜂蜜は乳製品との相性がよく、ヨーグルトにかけると蜂蜜の甘さとヨーグルトの酸味がいい感じにマッチするでしょう。ヨーグルトにそのまま蜂蜜をかけるだけでも、ヨーグルトに味がついて美味しくなります。果物を一緒に入れることも、果物が持つ栄養分と蜂蜜が持つ栄養分の相乗効果が期待できるのでおすすめです。

蜂蜜を摂取するときの注意点

蜂蜜は豊富な栄養分が含まれていますが、摂取するときは気を付ける点がいくつかあります。ここでは蜂蜜の摂取で特に気を付けて欲しい注意点を紹介します。

1歳未満の子供には与えない

蜂蜜は1歳未満のお子様に与えないようにしてください。蜂蜜にはボツリヌス菌が含有されており、1歳未満の子供だとボツリヌス菌への免疫力が低いからです。場合によっては死に至る可能性もあるので注意しましょう。

胃を痛めたり肥満の原因になるので摂り過ぎに注意

蜂蜜には強い殺菌効果や糖質も多いため、摂取が多くなると胃痛や肥満の原因になります。蜂蜜を摂取する場合は摂取量を守り、摂り過ぎないように気をつけましょう。また、蜂蜜の中には加糖されているタイプもあるので、蜂蜜以外に含まれている糖質も把握しておくことが大事です。

熱で栄養素が壊れるので熱い飲み物や調理に使用しない

蜂蜜は温めると効果が高まりますが、温めすぎると成分が壊れてしまうので注意しましょう。沸騰した飲み物や熱い料理に使用すると、本来の効果を得ることができません。温めて飲む場合は50℃くらいまでにすると、栄養素を壊さずに飲むことができます。

蜂蜜には美容効果も期待できる!

蜂蜜には豊富なビタミンやミネラルが含まれており、実に180種類を超える栄養分が含有されています。これらの成分には、美容効果も期待できるのです。ここでは、蜂蜜がもたらす美容効果についてみていきましょう。

美肌効果

蜂蜜に含まれているビタミンやミネラルの働きによって、美肌効果が期待できます。また、蜂蜜に含有されるビタミンCの成分が、メラニンの色素を抑制し、シワやシミを予防して美肌を促す効果も期待できるでしょう。

美肌効果が得られるスキンケア商品に、蜂蜜が使用されているケースも少なくありません。

アンチエイジング効果

蜂蜜には抗酸化作用があり、アンチエイジングの効果が期待できます。抗酸化をもたらすのが、豊富なミネラルとビタミンです。肌の細胞の酸化を防ぎ、肌の老化を防いでくれるでしょう。

保湿効果

蜂蜜には豊富な保湿成分が含まれているため、肌の保湿にも最適です。肌に潤いを与え、潤いを逃すことなく肌の中に閉じ込めてくれます。乾燥肌が気になる人や、乾燥しやすい時期に蜂蜜を摂取するとよいでしょう。

殺菌効果

蜂蜜には強い殺菌効果があるため、ニキビのように雑菌が繁殖して起こる肌トラブル予防に効果が期待されます。殺菌効果はクリームとして使用する場合も、食事として取り入れる場合も効果的と言われています。

蜂蜜パックで美肌を目指す

蜂蜜で美容効果を高めるためには、蜂蜜パックがおすすめです。蜂蜜パックは顔全体と唇に行う方法があります。ここでは、それぞれの蜂蜜パックのやり方についてみていきましょう。

洗顔後の肌に蜂蜜を塗ってパックする

洗顔をした後に、蜂蜜を塗ってパックするだけで美肌効果が期待できます。美肌効果を高めるためには、蜂蜜の浸透を促すために、少し顔を持ち上げた状態で時間まで待つとよいでしょう。

唇に蜂蜜を塗ってラップを貼る

唇の乾燥が気になるときは、唇に蜂蜜を塗ってラップで貼るとよいでしょう。唇は皮膚腺がないため、顔の中でも特に乾燥しやすい部位の一つです。蜂蜜なので、間違って口の中に入っても健康を害することがありません。蜂蜜を使い、安心して唇の乾燥対策ができます。

まとめ

蜂蜜は健康、美容ともに高い効果が期待できる食物です。そのまま食べるのはもちろん、食材に混ぜて食べることや飲み物に入れて摂取することもできます。美味しく摂取して、健康や美容効果を高めましょう。