くびれミディのふんわり感がイイ!くびれミディの参考まとめ

女性らしく色っぽいヘアスタイルにしたいけれど、わざとらしい髪型は避けたい、という人におすすめなのが、くびれミディです。自然に色気が出せる、仕事にも差支えないと、女性から大人気。また、女性らしく何となく色気がある、と男性からも人気。

今回は

  • くびれミディとは
  • くびれミディのスタイル
  • 自分でもできる!くびれの作り方は?

と、くびれミディとはどういったスタイルなのか、詳しくお伝えします。自分でくびれミディを作る方法も紹介します。

くびれミディとは

くびれミディといった名前の通り、髪型に“くびれ”があるのが特徴のくびれミディ。ロングヘアやミディアムヘアにレイヤーを入れ首周りの髪が巻かれていることで、くびれたシルエットを作り出します。そうすることで、色っぽさを出すことができるのです。
色気を出しすぎず、さりげない女性らしさを出すことができるので、女性に人気。

軽さがあり、動きもあるので飽きがこないというメリットがあります。また、くびれミディには、小顔効果も期待できると言われています。動きのあるカールが首周りにくることで、デコルテなども華奢に見せることも可能。このような効果があることも、くびれミディが人気を集めている理由でしょう。

基本の長さはロングかミディアム


さりげない色気を出せるくびれミディの基本は、ロングヘアやミディアムヘアくらいの長さがおすすめです。

ショートではくびれが作れず、色気を出すにはある程度の長さがあった方が効果的でしょう。ミディアムヘアで作ることが多く、くびれミディアムとも呼ばれます。

ヘアラインにくびれを作ったスタイル

ヘアラインにくびれを作ったくびれミディアムは、首周りにふわっとしたカールを作ります。外巻きでも内巻きでもいいのですが、外ハネしているヘアスタイルが主流。

くびれを作ることで、色気が出るとともに小顔効果も。ふわりとした軽さがあるので、首周りやデコルテを華奢に見せてくれる効果も期待できるのがメリットです。

くびれミディのスタイル

くびれミディは、髪の長さやレイヤーを入れる位置、カールの向きや大きさなどによってさまざまなスタイルができあがります。

前髪の長さや雰囲気、髪の色などによっても雰囲気が変わるくびれミディ。いろいろなスタイルを紹介しましょう。

抜け感のあるくびれミディ


少々ボリュームのある抜け感が、鎖骨や腕を華奢に見せてくれます。肩にかかる長さで、美しいデコルテを強調することも。

ハネすぎない自然なカールが大人っぽい雰囲気になっているのも素敵です。前髪が長めなのも色っぽさを出すのに成功しています。

ふんわりロングのくびれミディ


長めの髪のくびれミディは、落ち着いた雰囲気を作り出します。くびれもほんのりで、さりげないのが魅力。

外ハネの動きが軽やかで上品なふんわりロングくびれミディです。ミディアムよりもロングヘアの方が好きな人におすすめです。

襟足に動きがあるくびれミディ


レイヤーをほとんどつけず、襟足にくびれをつけた短めのくびれミディです。軽やかな襟足の動きが髪の表情を作ってくれます。

ショートボブのかわいらしさが魅力。清楚で品のあるキュートなくびれミディです。

前髪長めのくびれミディ


前髪長めのくびれミディは、大人っぽさがよりアップします。段差をほとんどつけないのも上品です。外ハネも控えめで落ち着いた大人の女性という雰囲気。

外ハネがあまり大きくなくても、くびれミディの効果は得られます。男性ウケ間違いなしのくびれミディです。

緩やかなくびれが上品!


抜け感たっぷりなのに、上品さがあるのは、緩やかなくびれと抜け感のバランスが絶妙だからでしょう。

軽やかな毛先の動きもチャーミング。長めの前髪も大人っぽさを強調しています。ツヤのある髪も品の良さをアップさせています。

外ハネのくびれミディがカワイイ


襟足で外ハネしているキュートなくびれミディです。首元でくびれを作ることで、髪の広がりをおさえる効果も期待できるので、髪の量が多く広がりやすい人にもおすすめです。

クセが出やすい長さでくびれミディを作ると、自然と外ハネに。やわらかさがあり、かわいらしいくびれミディです。

くせ毛風くびれミディ


ダークな髪色でくせ毛風に作ったくびれミディは、しっとりとした大人の雰囲気に。少し長めの襟足も落ち着いた印象を与えます。

くせ毛のようなナチュラルな動きを見せることで、適度な抜け感ができ、髪色が暗くても重い感じになりません。

前髪ぱっつんとくびれミディのバランスが可愛い


肩より少し長めのカールと前髪ぱっつんのバランスが絶妙。大人っぽさとキュートさを両方兼ね備えたヘアスタイルです。

動きのある毛先が、軽やかでやわらかい女性らしさを演出しています。温かみのあるヘアカラーも可愛らしいくびれミディにぴったりです。

丸みを帯びたくびれが大人女子


丸みを帯びたくびれが個性的なスタイルです。しっかりとしたくびれで、首の細さや華奢なデコルテを強調してくれるでしょう。

ボリュームを落とした襟足はすっきりとして、クールな印象を与えます。フェミニンな雰囲気の大人っぽいくびれミディです。

くびれミディパーマ


髪の動きを意識したパーマが華やかさを醸し出している、くびれミディです。

カジュアルな雰囲気を出したい人におすすめ。パーマをかけることで、スタイリングもしやすくなります。

ウルフ風のくびれミディ


長い髪のくびれミディは色気たっぷり。女性らしいくびれミディを作りたい人におすすめです。軽やかに動く毛先はやわらかく、落ち着いたカールは大人の女性の雰囲気。

アップにしても美しい抜け感が出せるでしょう。

自分でもできる!くびれの作り方は?

首周りで巻き髪を作ることで、自分でもくびれを作ることができます。ヘアアイロンとスタイリング剤さえあれば、簡単にできるくびれミディ。

作り方のコツも踏まえて、くびれの作り方を紹介します。忙しくて美容院に行けない、というときなどは挑戦してみるといいでしょう。

用意するものはヘアアイロンとスタイリング剤

用意するものは、基本的にはヘアアイロンとスタイリング剤だけです。大きめのカールや、ワンカールならクルクルドライヤーでもいいのですが、動きをたくさん出したい時には、ヘアアイロンの方がおすすめ。キープ力も高く、カールも作りやすいでしょう。

ヘアアイロンの径が細いほどきついカールになり、太いものはゆるめのカールになります。どういったニュアンスがいいかによって使いわけましょう。髪のダメージを減らすためにも、マイナスイオンが出るものなどを使うのがおすすめです。

スタイリング剤はキープ力の高いワックスがおすすめですが、ツヤを出したいときにはクリームタイプもおすすめです。

スタイリング剤を全体的につける

スタイリング剤は全体的につけます。一ヶ所に集中してつけてしまうと、ぺったりとしてしまうので注意しましょう。

ワックスやクリーム系のスタイリング剤は、一度手の平にとって伸ばしてからつけるのがコツ。特に外ハネを作るときには、ハネさせた部分よりも上からスタイリング剤をなじませていきます。

フェイスラインに沿ってくびれを作るように巻く

ショートボブでコテを使う時のコツと、オススメアレンジ4選

小顔効果を高めるためにも、フェイスラインに沿ってくびれを作るように巻いていきます。アゴのラインより少し下にカールがくるように巻いていきましょう。

巻くのが難しい後ろ髪は、束に分けて少しずつ巻いていくといいでしょう。束に分けることで、抜け感を出すこともできます。一度にたくさん巻こうとすると、しっかりとカールや外ハネができないので注意が必要です。

上下に髪を分けると、より抜け感を出すことができます。巻くときには、内巻きとは反対向きにコテを持ち、毛先の方向に滑らせましょう。ナチュラルなくびれを作るなら、カールがつきすぎないようにすることです。上下に分けた上の髪を外巻きにカールすれば、くびれができあがります。

まとめ

首周りにカールをさせてくびれを作るくびれミディは、女性らしく色っぽさを出してくれるヘアスタイルです。抜け感があり、軽やかでやわらかい印象も与えてくれます。

小顔効果やデコルテを華奢に見せてくれる効果も期待でき、女性からも男性からも人気のあるくびれミディ。髪の長さやカールの大きさ、レイヤーなどによって雰囲気が変わるので楽しみ方もいろいろです。