おしゃれな水筒を選ぶポイントとマイボトルに最適な水筒をご紹介

エコを意識する人が多くなったことで、マイボトルを持つ人も多くなっています。そんな中、注目されているのがマイボトル用の水筒です。

今回は、

  • おしゃれな水筒を選ぶポイント
  • マイボトルに最適な水筒商品

を紹介します。

マイボトルを愛用する人が増えている!


マイボトルを持つのは、今ではある種のステータスのようになっています。ペットボトルも良いですが、やはり学生も社会人もマイボトルがあると生活が変わるでしょう。ここからは、マイボトルを利用する人が増えていることについて紹介します。

ペットボトルを毎回購入するよりも経済的

ペットボトルを毎回購入すると、自動販売機のもので150円ほどかかります。それが重なると、意外と高くなります。平日に毎日買えば5日で750円になるのです。750円あれば昼食1回分に相当するのです。それならマイボトルを持参して、自宅でジュースを作ったり、水や麦茶を入れていったりした方がお金がかからず良いと言えますね

珍しいお茶などコンビニなどで売られていない飲み物を飲める

珍しいお茶などは、コンビニなどで売られていないことも多いです。自分が好きな飲み物を持参したからこそ、マイボトルを持参するという人が増えています。特にこだわりのあるコーヒーや紅茶、そういう銘柄によって味わいが強く変わるものはこだわりたいですよね。よりこだわりが強い人ほど、マイボトルを持つようになってきています。

ゴミが少なくなるのでエコ

ゴミ問題は、もはや国が考えるのではなく国民が考えなくてはならない問題となっています。大量にゴミを出すと、その分地球環境に対しても負担が大きくなります。そのため、近年はマイボトルを持つことでゴミを減らそうという動きが活発化しているのです。ちょっとしたエコへの協力として始める方も増えていますね。

おしゃれなデザインの水筒が増えている


水筒と言えば、デザインがダサいものも多かったのですが、近年はおしゃれなものも多くなっています。そのため「お!これなら持っていても恥ずかしくない」ということでマイボトルを持つ方が増えているのです。実際に水筒のデザインはメーカーごとに違っていて、意外と選ぶ楽しさなどもありますよ。

保温機能により快適な温度の飲み物を飲める

缶でホットドリンクを購入しても、すぐに冷めてしまうことがありますよね。ただ、水筒があれば保温効果も長持ちさせられます。快適な温度の飲み物を常に楽しめるということもあって、特に夏よりも冬はマイボトルを持つ人も増える傾向にあるのです。よくホットドリンクを飲む方は、マイボトルにした方が良いかもしれませんね。

マイボトル用の水筒を選ぶポイント

マイボトル用の水筒を選ぶと言っても、どうやって選べば良いのかわからないという人もいますよね。ここからはそれぞれ選ぶポイントを紹介します。フィーリングで選んでも良いですが、やはりしっかりと選んで長く使っていけるものを選ぶようにしましょう。

必要な容量に合わせて選ぶ

マイボトル用の水筒は容量もそれぞれ違ってきます。自分が必要としている量に合わせて選ぶことは重要です。あまりにも大きいと邪魔になるし、逆に小さいと足りないかもしれません。用途に合わせて容量も違ってくるので、「会社や学校で使うのか」「スポーツで使うのか」など、しっかり考えて選んでいくようにしましょう。

保温と保冷機能の付いた物を選ぶ


マイボトル用の水筒の中には、保温と保冷の機能が両方付いているものもあります。そういうものを選ぶと、やはり用途の幅が広がって便利です。なお、保温も保冷も効果持続時間が変わってくるので、アイテムごとにしっかりとチェックしておくことをおすすめします。また、どのような飲み物を入れるかによって選ぶというのも良いでしょう。

氷が入る程度の口の広さ

口が広くないと氷は入りません。コールドドリンクを入れる場合は氷が必須です。そのため、口が大きいものを選ぶようにしましょう。飲み口とは別に取り外しが可能となっていて、氷を問題なく入れられるものもあります。冷たいものを入れるという時には、氷が入るかどうかもチェックしておきましょう。

カバンに入れても邪魔にならない大きさ

マイボトル用の水筒はサイズもそれぞれ違ってきます。あまりにも大きいものだとカバンに入れると邪魔になります。バッグのスペースも限られていると思うので、サイズ選びも重要です。大きさは小さいものから大きいものまであるので、用途ごとに選ぶようにしてください。目安としてはバッグの隙間に収納できるものがおすすめです。

中身がこぼれない密閉性


持ち運びをすることが前提で作られているのがマイボトル用の水筒なので、零れる心配のないものを選ぶことも重要となります。中身が零れない密閉性に優れていると、大切なものと一緒に入れても大丈夫です。特に学生や社会人は書類などを一緒に入れることが多いので、その場合も中身が漏れないものを選びたいところですね。

壊れにくい丈夫さ

水筒はカバンやバッグに入れておくと、他の荷物とぶつかってしまうことも多いです。そのため、壊れにくい丈夫さがあると便利なのではないでしょうか。耐久性に関してはメーカーごとに違います。より頑丈なものが良いという時には、耐久性に優れたものを選びましょう。また、水筒を保護するケースなども合わせて用意しておくと良いです。

周りと被らないデザイン

水筒のデザインが周囲の人と同じというのは嫌ですよね。単純に間違うこともあるかもしれませんし、人と同じというだけでも避けたい人がいます。デザインに関しては、極力は被りそうもないものを選ぶようにしてみましょう。ユニークなデザインのものを選ぶと個性が出るのでおすすめです。

マイボトルに最適なおしゃれな水筒10選

マイボトル用の水筒とは言っても、「何をどのように選べば良いの?」と悩むこともあるかもしれません。そこで、ここではマイボトルにおすすめのおしゃれな水筒を紹介します。評価や評判の良いものだけを厳選したので、ぜひ活用してみてくださいね。

サーモス 水筒 真空断熱ケータイマグ 【ワンタッチオープンタイプ】

サーモス 水筒 真空断熱ケータイマグ 【ワンタッチオープンタイプ】 500ml クリームホワイト JNR-500 CRW
マイボトルの中でも人気なのが、こちらとなっています。真空断熱となっているので、保温にも保冷にも優れているアイテムとなっています。本体重量も軽く持ち運びが便利なので、普段使いとしてマイボトルを持っておきたい人におすすめです。デザインもシンプルで派手ではないので、学生にも社会人にもおすすめできます。

タイガー 水筒 500ml 直飲み ステンレス ミニ ボトル サハラ マグ 軽量 夢重力 ブライトパープル

タイガー 水筒 500ml 直飲み ステンレス ミニ ボトル サハラ マグ 軽量 夢重力 ブライトパープル MMZ-A050-VH Tiger
ステンレスの頑丈なマイボトルがこちらです。保温から保冷まで長持ちするので、どちらの機能も欲しい方におすすめです。また、立てに長くコンパクトなデザインとなっているので、持ち運びにも便利です。デザインもパステルカラーとなっていておしゃれなので、特に女性におすすめのマイボトルとなっています。

Reach Will魔法瓶 マグボトル マットイエロー

Reach Will魔法瓶 マグボトル マットイエロー 約480ml RAB-48MYE
豊富なカラーで他人と被ることも少ないのが、こちらのマイボトルとなります。シンプル設計でお手入れが簡単なのはもちろん、頑丈で使いやすいのが特徴です。魔法瓶となっているので、熱を通しにくいのも特徴となっています。本体もコンパクトサイズなので、カバンやバッグに入れて持ち運ぶ人にも安心しておすすめできますね。

AVOIN colorlife 水筒

AVOIN colorlife 水筒 ステンレス 真空断熱 保温保冷 直飲み スポーツボトル 500ml 多色
太ったペットボトルのような形状が人気のマイボトルがこちらです。形がユニークなので、人と違うデザインの水筒を使いたい人におすすめとなっています。ブルーやパープルが用意されています。さらに真空断熱二重構造なので、飲み物の鮮度もしっかり守ってくれます。環境にも優しい素材で作られているので、魅力が大きいアイテムです。

mosh! (モッシュ! )

水筒 真空断熱 スクリュー式 マグ ボトル 0.45L ターコイズ mosh! (モッシュ! ) DMMB450TU
滑らかな肌触りが魅力のマイボトルがこちらです。マットな質感でしっかり手に馴染んでくれるので、普段使いに最適です。また、他にも色々な質感のモデルが用意されていて、カラーも豊富です。それでいて牛乳瓶をモデルにした飲み口となっているので、いつも「お風呂上がりの感覚」を楽しむことができます。

Love-KANKEI 水筒 500ML

水筒 500ML 真空断熱 保熱保冷 Love-KANKEI プレゼント マグ ボトル 可愛い 牛乳瓶 アイボリー
真空断熱で牛乳瓶をテーマにしているのが、こちらのマイボトルとなります。コンセプトが牛乳瓶ということもあって、カラーはアイボリーとブラックの2種類だけです。シンプルな構造でお手入れも簡単、さらには密封してくれて結露もできません。そのためバッグやカバンに入れても他の荷物に干渉することがなく、とても使いやすいです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) スポーツボトル

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) スポーツボトル 水筒 直飲み ダブルステンレスボトル 真空断熱 HDボトル 600ml グリーン UE-3368
水筒の中でも珍しく取っ手が付いているのが特徴のマイボトルがこちらです。真空断熱なのはもちろん、保冷も保温も優れていて、何よりデザインがとてもおしゃれです。ポップなカラーが好きな方にとって魅力も大きいでしょうね。もちろん、シルバーやブラック、ホワイトも用意されているので、好きな色を選べます。

STANLEY(スタンレー) 2018年モデル クラシック真空ワンハンドマグII

STANLEY(スタンレー) クラシック真空ワンハンドマグII 0.35L グリーン 水筒 06440-006 (日本正規品)
ワンハンドで使える便利なステンレス製の水筒、それがこちらです。マイボトルとしても人気で、男性向けのアイテムとなります。見た目が頑丈でゴツゴツしているので、少し持ち運びには不便かもしれませ。しかし、意外にもコンパクトサイズとなっていて、邪魔にならないのが特徴です。アウトドアなどにも最適となっています。

勇之流 水筒 真空断熱12h スクリュー式

勇之流 水筒 真空断熱12h スクリュー式 マグ ボトル 直飲み ステンレス ミニ ボトル 軽量 360ml 450ml 
直飲みできるマイボトルがこちらです。マグとして使いやすく、真空断熱二層構造なので、長時間の保温・保冷が可能です。また、軽量設計となっているので、バッグやカバンに入れて持ち運んでも苦にならないのが特徴となっています。見た目も木目調でおしゃれなので、普段使いの水筒が欲しい人におすすめです。

Boundless Voyage 純チタン水筒

Boundless Voyage 純チタン水筒 500ml/750ml アウトドアキャンプ用ボトル 超軽量 ケース付き 錆びない Ti1507B
アウトドアに最適な超軽量のマイボトルがこちらです。見た目はシンプルでチタン製となているので頑丈なのも魅力となっています。容量もしっかりたっぷり入るため、好きな飲み物をたくさん入れたいという時に使えます。アウトドアなどのレジャーで人気を集めている他、旅行や出張にも最適なデザインです。

マイボトルを使用する際の注意点

マイボトルにするのも良いですが、ちょっとした注意点もあります。そちらもまずはしっかりと確認してから購入するようにしてください。ここからはマイボトルを使っていく上での注意点を解説します。水筒選びにも活用してくださいね。

水筒に入れられない飲み物もある

水筒によっては、入れられない飲み物もあります。そもそも保冷と保温の両方の機能があるマイボトルであれば良いですが、どちらかの性能しかないものもあるのです。水筒によって機能が違ってくるので、入れられない飲み物がないかどうかも確認しましょう。

正しく使用しないと食中毒を引き起こすリスクがある

正しく使用しないと、食中毒を引き起こすリスクもあります。水筒は雑菌が繁殖することも多く、しっかり密閉されていないまま長時間置いておくと、食中毒になることがあるのです。水筒とは言っても最高で6時間前後が効果持続時間となっているので、十分注意しておきましょう。

塩素系洗剤や食洗機などNGなお手入れ方がある


お手入れ方法が簡単なものも多いですが、食洗機が使えないものや塩素系洗剤が使えないものもあります。お手入れが簡単なものを選びたい場合は、よりシンプルな構造で、汚れやゴミが落ちやすいものが良いと言えるでしょうね。

まとめ

マイボトル用の水筒は、やはり現代人なら1つは持っておきたいです。デザイン性はもちろん、機能性も良いものが多くなっているので、自分だけのマイボトルを見つけてみてはいかがでしょうか。こちらで紹介したアイテムをぜひ参考にしてみてくださいね。

参考URL
https://www.crecla.jp/blog/2017/09/post-102.html

マイボトル、メリットとデメリットを知って賢く使おう!


http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0907/22/news032.html
http://shop.humpty-dumpty.jp/blog/goods/35.html