no-image

ピンクブラウンのアレンジ20選!あなたに似合う髪色はどれ?

今季、トレンドのヘアカラーとして注目されているのが、ピンクブラウンです。ヘアカラーは髪の毛を染料で染めることで、様々な印象を作り出すことができます。ピンクブラウンは落ち着いた印象の中に華やかな印象もあり、光の当たり具合によって印象が変化するカラーです。

この他にもピンクブラウンを取り入れるメリットはいくつかあり、ここではピンクブラウンの魅力やピンクブラウンのアレンジの例などを紹介します。ヘアカラーを考えている人は、ぜひ参考にしてピンクブラウンを取り入れてみてはいかがでしょうか。

やさしい髪色♡ピンクブラウンの魅力

優しい髪色を実現することができるのが、ピンクブラウンの大きな魅力でありメリットですが、この他にも女性に嬉しい魅力がたくさんあります。どんなカラーにしようか迷っているという人は、ぜひピンクブラウンの魅力を知って取り入れてみてはいかがでしょうか。ここではピンクブラウンの魅力について詳しく紹介します。

色っぽくて女性らしいヘアカラー

ピンクブラウンは定番のヘアカラーであるブラウンにピンクをプラスすることで、色っぽくて女性らしいヘアカラーになります。ブラウンだと物足りないという人にもおすすめで、柔らかい雰囲気を作るのも簡単なので、いつもとちょっと違う自分を演出したいというときに取り入れてみるのもよいでしょう。

ぱっと見た感じは定番のブラウンでも、光の加減や見る角度などによってピンクが見えることから、動きのあるヘアアレンジにするとさらにピンクブラウンの色っぽくて女性らしい印象を作りやすくなります

ツヤ感が出てダメージレスの髪に見える

ヘアカラーを繰り返していたり、夏場の紫外線によるダメージなどによって、髪の毛のツヤがないのが悩みだという女性も多いのではないでしょうか。

トリートメントを繰り返したり、艶出しスプレーを使用することで、ある程度ツヤを保つことができますが、ピンクブラウンを取り入れると手軽にツヤ感を出すことができ、ダメージレスの髪に見えます。髪の毛にツヤ感があると清潔感もキープすることができるので、ピンクブラウンは手軽でおすすめです。

肌をキレイに見せてくれる

ブラウンにピンクをプラスすることで、全体的に髪の毛に動きが出て透明感を出します。また、ピンクブラウンは肌をキレイに見せてくれるヘアカラーです。特に黄みがかっているイエローベースの肌の人におすすめのカラーで、肌の色が薄いという人は積極的にピンクブラウンを取り入れてみましょう。

暗めのピンクブラウンならナチュラルで男性ウケがいい

柔らかく色っぽい女性らしい印象を手軽に作ることができるピンクブラウンは、明るさを変えることで印象も大きく変わってきます。中でも暗めのピンクブラウンはTPOを選ばず、取り入れやすいカラーで、ナチュラルな印象は男性にもウケがいいのでおすすめです。ピンクブラウンなら暗めのトーンでも重たくなりすぎないことも人気の理由となっています。

ボブ+ピンクブラウンでやわらかい印象に

人気のヘアスタイルであるボブの印象を聞かれると、元気、かっこいいというイメージする人も多いのではないでしょうか。特にショートボブはモード系のイメージも強く、なんとなく取り入れにくいと感じている人も多いです。

そこでボブとピンクブラウンを組み合わせてアレンジしてみましょう。ボブスタイルにピンクブラウンを取り入れるメリットは豊富にあります。そこで、ここではボブとピンクブラウンで作る素敵なアレンジを紹介します。

ツヤ髪になるピンクブラウン

出典:instagram.com


ボブスタイルは、髪の毛のツヤ感が重要なスタイルです。

パサついてしまうとボブが広がりやすくなりますし、ツヤ感がなくなってしまうことでボブの魅力は半減してしまいます。また、しっとりとした印象やツヤ感を出すためにワックスやクリームなどをつけすぎてしまうと、どうしてもごわついた印象になってしまうことから、ピンクブラウンを取り入れることで手軽にボブにぴったりのツヤ感を出すことができます。

深めのピンクで大人っぽく

出典:instagram.com


元気はつらつとしたイメージの強いボブスタイルは、なんとなく幼い印象を持っている女性も多いのではないでしょうか。

ボブスタイルにしたいけど、大人の印象はしっかり残したいという人にボブとピンクブラウンの組み合わせはとてもおすすめです。大人っぽい印象を作るときは、ボブに深めのピンクを入れてみましょう。暗めのトーンになりますが、落ち着いたピンクブラウンはしっとりとした大人の印象を作ることができます。

エアリーに仕上げるピンクブラウン

出典:instagram.com


ストレートのボブスタイルは、どうしても重たい印象になってしまい、人によってはきつい印象になってしまうことから取り入れにくいという女性もいます。

ですが、そんなボブスタイルもピンクブラウンを取り入れることで、全体的に動きが出て、エアリーに仕上げることができます。定番のブラウンだけにするよりもピンクを加えることで優しい、女性らしい印象になります。

切りっぱなしボブにも

出典:instagram.com


切りっぱなしボブは外ハネになることも多く、幼い印象や元気な印象で女性らしさに欠けるとイメージしている女性も多いのですが、そんな切りっぱなしボブもピンクブラウンを取り入れることで、柔らかい印象にすることができます。

切りっぱなしボブは毛先の軽やかさがメリットのヘアスタイルですが、ピンクブラウンを取り入れることで毛先に動きを出しやすくなるのもメリットの一つです。

好感度高いミディアムさんのピンクブラウン

持てるヘアスタイルの王道とも言えるミディアムヘアにピンクブラウンを取り入れることで、高感度をさらに上げることができます。女性にも男性にもウケのいいミディアムさんのピンクブラウンアレンジを紹介します。

ブラウン系が強めのかわいいピンクブラウン

出典:instagram.com


少しだけピンクを取り入れたい、落ち着いた印象にしたいという人はブラウンが強めのピンクブラウンを取り入れてみましょう。暗めのピンクブラウンに仕上がりますが、落ち着いた印象の中に可愛らしさもプラスすることができます。

暗めのピンクで落ち着いた雰囲気に

出典:instagram.com


女性にも男性にもウケがいいのが、暗めのピンクブラウンです。髪色を派手にできないという人にもおすすめで、暗めのピンクブラウンは落ち着いた印象をとても作りやすいのが特徴です。

グレー系と合わせて

出典:instagram.com


柔らかく、女性らしい印象に上品さも欲しいというときは、グレー系のカラーもプラスしてみましょう。透明感やツヤ感もアップすることができるので、大人っぽい印象が作りやすくなります。

ムラ感がおしゃれなアレンジ

出典:instagram.com


全体をピンクブラウンにすると、甘くなりすぎる、可愛くなりすぎるという人は、あえてムラ感を出すことでワンランク上のおしゃれを楽しむことができます。ムラ感を出したいときはハイライトを入れてみましょう。手軽にヌケ感のあるヘアアレンジを楽しむことができます。

ブリーチ+ピンクブラウンがかわいい

ピンクブラウンはピンクのカラーを強めに出すことで、とても可愛らしい印象に仕上げることができます。ピンクのカラーを強めに出すためには、元の髪色を明るくしてピンクが入りやすくするためにブリーチを取り入れてみましょう。ここではブリーチとピンクブラウンを組み合わせたアレンジを紹介します。

細かいブリーチでおしゃれに

出典:instagram.com


全体的にブリーチを入れてしまうと、明るくなりすぎる、ピンクが強くなりすぎるという場合は、細かくハイライトブリーチを入れることで透け感が出て、おしゃれに仕上がります。ピンクブラウンは、動きをつけることでより女性らしく優しい印象になりますが、細かいブリーチは髪の毛に動きをつけやすくなるので、おすすめです。

やさしい雰囲気のピンクブラウン

出典:instagram.com


ピンクが強くなればなるほど、女性らしい印象が作りやすくなるのがピンクブラウンです。ブリーチを取り入れて優しい雰囲気を作ってみましょう。

ブリーチでピンクブラウンがきれいに映える

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed
取り入れたいカラーをキレイに引き出すことができるのが、ブリーチを取り入れるメリットです。ブリーチをしておくことで、ピンクブラウンの美しい色味を出しやすくなり、きれいに映えます。

さりげなく入れるピンクブラウン

出典:instagram.com


ブリーチをしてピンクブラウンを入れるとピンクが強くなりすぎてしまう印象ですが、ブラウンを強めに入れることで可愛らしい印象のピンクも、落ち着いた大人の印象に仕上げることができます。さりげなくピンクを出したいときは、ブラウンを強めにしてみましょう。

パープル系との相性ばっちり

ピンクと相性のいいカラーがパープルです。ピンクもパープルも一見派手な印象があることから、ヘアカラーに取り入れるのはとなんとなく苦手意識を持っている女性も多いのではないでしょうか。

ですが同系色であるピンクとパープルの組み合わせは、とてもしっくりきます。そこでピンクブラウンにもパープル系のカラーをプラスしてアレンジしてみましょう。ここではピンクブラウンとパープル系のアレンジを紹介します。

やわらかい印象のピンクブラウン

出典:instagram.com


女性らしい印象のピンクブラウンにパープル系のカラーをプラスすることで、柔らかい印象がさらにアップします。ラベンダーカラーなどは特に相性がよく、少し暗めにするのもおすすめです。

パープル系カラーとあわせて

出典:instagram.com


ピンクが強いとガーリーな印象が強くなりますが、パープル系のカラーをプラスすることで落ち着いた印象になります。さらに髪の毛のツヤ感もアップさせることができるのでおすすめです。

ストレートが重くならない

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed
ピンクブラウンにパープル系のカラーを組み合わせることで、ヌケ感がアップします。ストレートロングは暗めのヘアカラーでは重たい印象になってしまうことから、ピンクブラウンにパープル系のカラーをプラスして、軽い印象を作ってみましょう。

ラベンダーを重ねてゴージャスな雰囲気に

出典:instagram.com


ピンクとパープルの組み合わせは、トーンを明るくすることでとても華やかな印象に仕上がります。特に華やかにしたい場合は、パープル系のカラーを強めにしてみましょう。

インナーカラーをピンクブラウンに

さりげないカラーリングで、おしゃれを楽しむことができるのがインナーカラーです。髪の毛の内側をカラーリングすることで、動いたときにちらりと覗く髪色がアクセントになります。ここでは、インナーカラーにピンクブラウンを取り入れたアレンジを紹介します。

巻髪+ピンクブラウン

出典:instagram.com


ストレートヘアよりも巻き髪の方が、インナーカラーが映えます。毛先を巻いて動きをつけることでインナーカラーの主張も大きくなるので、おすすめです。

明るめの髪にも

出典:instagram.com


定番のブラウンと柔らかい印象のピンクを組み合わせたのがピンクブラウンです。明るめの髪色のインナーカラーに取りいれることで、派手すぎず、ナチュラルな印象に仕上がります。

さりげなさが素敵なピンクブラウン

出典:instagram.com


インナーカラーのメリットであるさりげない感じを出しやすいのが、ピンクブラウンです。インナーだけにブリーチを入れて、ピンクを強めに出すのもおすすめです。

ハイライトにも使ってみる

出典:instagram.com


ダウンスタイルやアップスタイルに取りいれたいのが、ピンクブラウンのハイライトです。まとめ髪やストレートヘアは髪の毛の動きが制限されてしまうので、エアリー感が出しにくいですが、ハイライトでピンクブラウンを入れることで動きが出しやすくなります。

まとめ

トレンドのヘアカラーであるピンクブラウンは、定番のブラウンに優しい印象のピンクを加えることで、ツヤ感や透明感をアップさせることができ、様々なアレンジに取り入れることができます。ピンクに苦手意識がある女性でも取り入れやすいので、ぜひ挑戦してみましょう。