ミルクティーブラウンでお人形さんみたいな髪♡アレンジ16選

優しく柔らかい印象のヘアカラーが、ミルクティーブラウンです。淡い紅茶にミルクを注いだような甘いカラーのミルクティーブラウンは、優しい色合いで、ショートヘアからロングヘアまで取り入れることができるヘアカラーです。

ここでは、

  • ミルクティーブラウンの魅力
  • 暗めのミルクティーブラウン
  • ブリーチなしのミルクティーブラウン
  • ブリーチありのお人形さんみたいなミルクティーブラウン
  • 透け感をプラスするミルクティーブラウン+アッシュカラー

を紹介します。

まろやか♡ミルクティーブラウンの魅力

ミルクティーのようなカラーで、まろやかな甘い印象が特徴的なミルクティーブラウンのヘアカラーにはたくさんの魅力があります。女の子らしいヘアカラーを探している女性は、ぜひミルクティーブラウンを取り入れてみてはいかがでしょうか。ここでは、ミルクティーブラウンの魅力を具体的に紹介します。

やわらかく甘い雰囲気が出せる


通常のブラウンよりも、ミルキーな色合いで柔らかく甘い雰囲気を出すことができるのが、ミルクティーブラウンです。

光の加減や髪の毛の動き方によって、ふんわりとした表情を楽しむことができ、ガーリー、キュート、スイートなど様々なスタイルにぴったりのカラーです。またトーン次第でナチュラルなスタイルにも仕上げることができるので、可愛すぎるのではという人でも取り入れやすいカラーです。

絶妙な透明感が出せる

ハイトーンカラーの場合は、髪の毛の重たさが最大限に削られることから透明感が出しやすいのですが、ダークトーンの場合はどうしても透明感が出しにくい印象です。

ですが、ミルクティーブラウンなら手軽に透明感を出すことができます。ミルキーな色味で、髪の毛の赤みや黄みを消すことができるので、透明感を出しやすいのがミルクティーブラウンです。

ブリーチしなくてもキレイなカラーが出せる


ミルクティーブラウンは、ブリーチをしなくても手軽にミルクティーのような、甘い柔らかな色合いを出すことができます。しっかりとブリーチをすると上品なハイトーンに仕上げることができますが、ブリーチなしのダークトーンでも落ち着いた透明感のある綺麗なカラーを出すことができるのが、ミルクティーブラウンの魅力です。

色落ちしても汚くならない

赤みや黄みをおさえることができるミルクティーブラウンは、色落ちをしても汚くなりません。グラデーションのような、色落ちを楽しむことができるのもミルクティーブラウンの大きな魅力です。

頻繁にヘアカラーをすることができない、色落ちの過程も楽しみたいという人にミルクティーブラウンは、とてもおすすめです。ヘアカラーをすると、カラーによっては色落ちの過程が汚くなってしまうこともありますが、ミルクティーブラウンなら、そんな悩みは不要です。

暗めのミルクティーブラウン

ブリーチなしでも、透明感のある理想のヘアカラーを実現することができるのが、ミルクティーブラウンです。仕事や学校などで、どうしても髪色を明るくすることができない、派手になりすぎるのが嫌で髪色を明るくしないという人でも、イメージチェンジを楽しむことができます。ここでは、暗めのミルクティーブラウンのアレンジを紹介します。

ブラウンが強めの自然な髪色


ブラウンが強めのミルクティーブラウンですが、ブリーチをしていなくても、しっかりとミルクティーブラウンのミルキーな色味を出すことができています。ブラウンを強くすることで、ナチュラルな印象になるので、ガラリと髪色を変えたくないという人にもおすすめです。また落ち着いた印象で、秋冬のファッションに特にマッチします。

ミルクティーブラウンでツヤ髪ストレート


暗めのミルクティーブラウンは、髪の毛のツヤ感がアップします。ストレートヘアの人は特に髪の毛のツヤ感を気にしているのではないでしょうか。そんな時は暗めのミルクティーブラウンを取り入れて、髪の毛をツヤッツヤにしてみましょう。髪の毛にツヤ感があると清潔感や女度もぐっとアップします。

赤味を残す大人ヘア


ミルクティーブラウンは、髪の毛の赤みや黄みを消すことができますが、あえて赤みを残すことで、自然な印象で大人ヘアを作ることができます。少し濃い目の紅茶色のような仕上がりで、女性らしく、ミステリアスな雰囲気になります。赤みがあるのが嫌だという人もいますが、アレンジ次第で印象を大きく変えることもできます。

毛先を軽くしたおしゃれスタイル


暗めのミルクティーベージュと毛先を軽くしたスタイルの組み合わせです。毛先を軽くすることで、透けて見えるので透明感をアップすることができますし、柔らか印象もより強くなります。毛先が軽いと、色落ちをしたときに外国人風のスタイルになるのでおすすめです。

ブリーチなしのミルクティーブラウン

ミルクティーブラウンはブリーチをしなくても、ミルクティーブラウンの魅力を感じることができます。ブリーチをするとどうしてもハイトーンになりがちですし、髪の毛のダメージも気になるところです。

これらを最小限に抑えたいというときは、ブリーチなしのミルクティーブラウンで、イメージを変えてみましょう。ここではブリーチなしのミルクティーブラウンのアレンジを紹介します。

ふんわりパーマとミルクティーブラウン


ふんわりとしたパーマとミルクティーブラウンの組み合わせがフェミニンな印象のスタイルです。ブリーチなしでも、しっかりとミルクティーブラウンの風合いを楽しむことができ、ふんわりとしたパーマとの相性も抜群です。ブリーチなしでも、しっかり透明感を出すことができるのも魅力です。

ナチュラルな髪色が素敵


ブリーチなしでミルクティーブラウンにすることで、ナチュラルな風合いに仕上がります。透明感のあるブリーチなしのミルクティーブラウンは、色持ちもよく、ショートスタイルからロングスタイルまで取り入れることができます。自然な色合いなので、オフィスや学校などでも悪目立ちせず、オシャレ感をアップさせることができます。

ブリーチなしでもこのかわいさ

出典:instagram.com


ミルクティーブラウンの魅力は、ミルクティーのような甘いミルキーな色味はブリーチをしないと出せないのでは?と思う人も多いですが、ブリーチなしでもミルキーな可愛らしい印象を出すことができます。柔らかい雰囲気で、甘いカラーを考えている人はぜひミルクティーブラウンを選んでみましょう。

ストレートボブにも


流行りのストレートのボブは黒髪だと、重たく見えてしまったり、顔立ちによってはきつく見えてしまいますが、ミルクティーブラウンのまろやかな風合いを取り入れることで、柔らかく優しい印象のボブスタイルになります。ストレートでも軽やかな印象になるので、おすすめです。

ブリーチありのお人形さんみたいなミルクティーブラウン

ミルクティーブラウンはブリーチをすることで、お人形さんのような、甘い風合いを出すことができるヘアカラーです。ハイトーンカラーでも上品な色合いになることから、明るい髪色にできる人は、ブリーチありのミルクティーブラウンに挑戦してみてはいかがでしょうか。ここでは、ブリーチありのミルクティーブラウンのアレンジを紹介します。

ゆるいウェーブの柔らかヘア


ゆるめのウェーブとブリーチありのミルクティーブラウンを組み合わせたアレンジです。非常に可愛らしく、柔らか印象でミルクティーブラウンの特徴的な色味を出すことができています。ハイライトなどでコントラストをつけると、さらに髪の毛全体が立体的になることから、おすすめです。

ブリーチで透けるような髪質に


しっかりとブリーチをすることで、透けるような髪質にすることができ、ミルクティーブラウンのミルキーな色味を楽しむことができます。強めのブリーチでハイトーンカラーになりますが、派手になりすぎず上品に仕上がるのが、ミルクティーブラウンが人気の理由です。

しっかりブリーチでお人形ヘア


しっかりとブリーチをして、ミルクティーブラウンで染めることで、お人形ヘアが出来上がります。特に色白の女性に似合うのが、しっかりとブリーチをしたミルクティーブラウンで、透明感をさらにアップして、スイートな印象を作りたいという女性におすすめです。

ブリーチありでも落ち着いた髪色に


ブリーチをしてしまうと、派手になりすぎるのではと思う人も多いのではないでしょうか。ですがミルクティーブラウンのトーンを下げることで、ブリーチありでも落ち着いた印象に仕上げることができます。濃いめのミルクティーブラウンなら、ミルクティーブラウンのミルキーな風合いを楽しみながら、ツヤ感も保つことができるので、おすすめです。

透け感をプラス!ミルクティーブラウン+アッシュカラー

こなれ感やヌケ感を出しやすいカラーと言えば、アッシュ系のカラーです。アッシュ系のカラーは他のカラーとの相性もよく、もちろんミルクティーブラウンとの相性も抜群です。ここでは、ミルクティーブラウンとアッシュ系のカラーを組み合わせたアレンジを紹介します。

重めのスタイルがふんわりと


暗めのミルクティーブラウンでも、アッシュ系のカラーをプラスすることで、重たくならずにふんわりとした印象を作ることができます。さらにふんわりとさせたい場合は、ストレートよりも巻き髪やウェーブの方がおすすめです。アッシュ系のカラーとミルクティーブラウンを組み合わせて、ふんわりとした印象で女性らしさをアップさせてみましょう。

アッシュグレーで軽い雰囲気


アッシュグレーは髪の毛に透明感を出すことができ、肌を白く見せてくれるので軽やかな印象に仕上がります。より自然に軽い雰囲気を出したいときは、ミルクティーベージュにアッシュグレーをプラスしてみましょう。ミルクティーベージュとアッシュグレーの組み合わせは、色落ちも楽しむことができる組み合わせです。

グレージュを足して透け感のある髪に


なんだかどうしてもあか抜けないというときは、ミルクティーベージュにグレーとベージュを組み合わせたグレージュを取り入れてみましょう。ヌケ感のある髪色で、こなれ感がアップします。あか抜けたいという女性にぴったりのアレンジです。

スモーキーなミルクティーブラウン

出典:instagram.com


甘いカラーのミルクティーブラウンも、アッシュ系のカラーをプラスすることで、スモーキーなミルクティーブラウンに仕上がります。甘すぎるのは少し自分のイメージとは違うけど、ミルクティーベージュを取り入れたいという人は、クールな印象をプラスすることができるスモーキーなミルクティーブラウンを目指してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ミルクティーの甘い風合いが魅力のミルクティーブラウンですが、アレンジ次第ではナチュラルな印象やクールな印象も作ることができます。ぜひミルクティーブラウンを取り入れて、印象作りやヘアアレンジを楽しんでみてはいかがでしょうか。