奇門遁甲って何が分かるの?奇門遁甲の基本や対処法とは

奇門遁甲とは方位の吉凶を見る占いです。開運術として利用でき、占いの内容によって運命を切り開く方位術として注目されています。風水などに興味がある人も多いでしょう。

奇門遁甲は中国の宋から清の時代から利用されてきたと言われる歴史の古い方位術。

今回は

  • 概要
  • 奇門遁甲と盤
  • 盤の構成要素
  • 八門と八方位
  • 目的地が凶方位凶だった場合の対処法

と、どのような特徴があるのか、奇門遁甲についてまとめました。

奇門遁甲とは

歴史の古い方位術である奇門遁甲は、特定の年、月、日、時の吉方位を判断するものです。引っ越しや旅行などのほか、プロポーズやビジネスなど大事なことを決める時に役立ちます。

奇門遁甲の特徴は、8つの門を割り当て、目的別に方位を利用すること。九星や八神などを考慮すれば、より詳細な占いができます。奇門遁甲について、詳しく見ていきましょう。

特定の年や月の方位の吉凶を見定めて運命を切り開く方位術

奇門遁甲(きもんとんこう)は特定の年や月、日、時の吉凶を見定め、運命を切り開く方位術です。

引っ越しをしたり、新しいことを始めたりする日を決めたり、そのときの吉凶をみて、何かを決めたりする目安やアドバイスなどを知ることができます。

八門を使用して目的別に細かく方位が選べる

奇門遁甲の「門」は八門を表し、この八門を東西南北、北東、南西、北西の八方位に割り当てて占います

八門を利用し、目的別に細かく方位を選んで占うのが奇門遁甲の特徴です。

八門を八方位に割り当て八門が巡る方位を目的別に利用

八門を八方位、開門、休門、生門、傷門、杜門、景門、死門、驚門、に割り当て八門が巡る方位を目的別に利用できます。

開運術に使う場合は三奇(乙、丙、丁)を考慮する

開運術に使う場合は三奇(乙、丙、丁)を考慮することで、より詳細な内容を導き出すことが可能です。

詳細に吉凶を調べる場合は九星や八神なども考慮する

さらに詳しく吉凶を調べる場合は、九星や八神、十干の剋應などを考慮する場合もあります。そうすることで、より正確に占うことができます。

式占の一種として中国で発祥

中国の宋~清時代に発祥したとされる奇門遁甲は、九星気学などのように、方位の吉凶を占うものですが、昔は戦争における兵法として用いられてきたと言われています

今は個人の開運術のために用いられることが多い方位術です。

奇門遁甲と盤

奇門遁甲は専用の盤を用いて占います。活盤式と呼ばれるものが一般的で、年盤、月盤、日盤、時盤があり、目的に応じて使います。奇門遁甲の盤について見ていきましょう。

遁甲局数を基に奇門遁甲の専用の盤を作成

奇門遁甲では遁甲暦という専用の暦を参照にして、局数を見つけることから始まります。甲局数を基に専用の盤を作成し、占います。

遁甲局数は遁甲暦を基にその日の二十四節気から求める

遁甲局数は遁甲暦を基にその日の二十四節気から占うのですが、各流派や先生ごとに遁甲暦はバラバラで統一されていません。中でも、高根黒川先生のものがメジャーとされています。

盤は廻る活盤式が最も一般的

奇門遁甲で使用される盤は活盤式が最も一般的です。活盤式は排宮式や転盤式などとも呼ばれています。

盤の作成は流派や占術家によって様々な種類や方法があるので、自分が分かりやすいものを参考にするといいでしょう。

盤の構成要素

盤には天盤・地盤・九星・八門・九宮・八神が配置され、その組み合わせで占います。それぞれの意味を紹介しましょう。

盤の一つの方位内:天盤・地盤・九星・八門・九宮・八神が表示

奇門遁甲の盤は八方位で構成され、1つの方位に対して、6つの星、天盤・地盤・九星・八門・九宮・八神があります。

吉凶方位を占う場合、6つの星を「天盤・地盤」、「九星・八門」、「九宮・八神」に分けて考慮します。

天盤:十干で表し方位の目的を意味する

天盤は十干(じゅっかん)で表し、方位の目的を意味します。十干は陰陽五行説の10の要素(甲、乙、丙、丁、戌、己、庚、辛、壬、癸)を表します。十干はそれぞれ、次のような目的に使用できます。

甲(きのえ)…地位、身分、社会的な事柄、目上の人に関すること
乙(きのと)…安定、和合、平安、落ち着きを求める時
丙(ひのえ)…金銭に関わること
丁(ひのと)…学問、試験、企画など
戌(つちのえ)…信用、交際、技術など
己(つちのと)…異性的魅力、人間的魅力、人気など
庚(かのえ)…健康に関すること
辛(かのと)…思想や信念、あることを追求する時
壬(みずのえ)…勝負、競争、スポーツなどに関すること
癸(みずのと)…秘匿、隠匿、物事の終結など

地盤:十干で表し個人差を意味する

地盤は十干で表し、個人差を意味します。天盤と地盤の組み合わせは奇門遁甲において重要。

例えば、天盤が甲、地盤が甲の場合、吉凶は吉(この場合凶とする場合もある)、などと見ていきます。

八門:吉方位を見分ける時に最も大きなウェートを占める

吉方位を見分ける際に最も大きなウェートを占めるのが八門(開門、休門、生門、傷門、杜門、景門、死門、驚門)です。奇門遁甲の門は八門を意味し、は別名「八門遁甲」とも言われます。

九進:8種類は吉凶がなく天禽星のみ凶

九星は、天蓬星、天内星、天沖星、天輔星、天禽星、天心星、天柱星、天任星、天英星、で表され、吉凶がありませんが、天禽星のみ凶となります

九星といっても、九星気学の九星とは異なります。奇門遁甲の九星には次のような意味があります。それぞれ長所と短所を紹介します。

天蓬星(てんほうせい)…頭が切れ、適切な対応ができる。不安定・軽薄、色情
天内星(てんないせい・てんぜいせい)…思慮深く、謙虚。疑い深い、愚痴が多い
天沖星(てんちゅうせい)…勤勉、出世、福をもたらす。短所なし
天輔星(てんほせい)…文学や学術に優れ、優雅。落ち着きがある。世間知らず
天禽星(きんきんせい)…意気盛んで新しいことにチャレンジする。激烈、節操がない、暴走
天心星(てんしんせい)…質実剛健、勇気、正義感があり財をつかさどる。無分別、強引、危険
天柱星(てんちゅうせい)…仁義を尊び、正義のために命をかける。狡猾、狂暴、自暴自棄
天任星(てんにんせい)…円満、平和主義、慎重で人助けをする。ずるがしこし、人を陥れる
天英星(てんえいせい)…公平で責任感が強い、世の中に尽くす。無責任、拝金主義

九宮:吉凶が決まっていて九星気学の九星と同じもの

九宮は、一白、二黒、三碧、四緑、五黄、六白、七赤、八白、九紫、と呼ばれ、九星気学の九星と同じです。吉凶が決まっていますが、奇門遁甲ではあまり重要とされません。九宮にはそれぞれ、次のような意味があります。

一白(いっぱく)吉…冷静沈着、知能、浪費、性欲、激動の人生
二黒(じこく)平…従順、柔和、不十分、防御的、警戒、消極
三碧(三碧)平…急激、怒り、争い、自分勝手、独走
四緑(しろく)平…温和、不定、信用、道徳
五黄(ごおう)凶…陰険、残忍、凶悪、支配、闘争、陰謀
六白(ろっぱく)吉…質実剛健、武勇、果敢、迷いがない
七赤(しちせき)平…二枚舌、享楽、積極的、行動の挫折
八白(はっぱく)吉…反逆、停滞、動揺、活動、転落
九紫(きゅうし)吉…聡明、熱心、華美、創造、発明、発見、演出

八神:吉凶が決まっていて三凶神と五吉神に分けられる

八神は、直符、とう蛇、太陰、六合、勾陳、朱雀、九地、九天と呼ばれ、三凶神と五吉神に分けられ吉凶が決まっています。奇門遁甲ではあまり重要とされません。八神にはそれぞれ、次のような意味があります。

直符(ちょくふ)吉…気品、育成、発育、凶事があっても滅殺、神仏品位のある方位、プライドを重んじる方位
とう蛇(とうだ)凶…偽り、不正、疑い、人を陥れて利益を得る方位
太陰(たいいん)吉…正直、慈愛、陰で人を支える、清潔、利益を求める方位ではない
六合(りくごう)吉…和平、平和、善良、男女の出会い、人と平和に過ごせる方位
勾陳(こうちん)凶…猛烈、権力、訴訟、交通事故、権力を無謀に行使する方位
朱雀(すじゃく)凶…聡明、よこしまな意向、陰謀、悪事、名声と派手さを求める方位
九地(きゅうち)吉…優雅、柔和、謙虚、従順、目上の人に従う方位
九天(きゅうてん)吉…公平、希望、願望成就、公平に見てほしい方位

目的別に時間に応じて年盤・月盤・日盤・時盤がある

盤には目的別に時間に応じて年盤・月盤・日盤・時盤があり、最も多く用いられているのは日盤、時盤とされています。奇門遁甲によって導き出された吉凶方位は、2時間以上の移動に影響するとされています。

日常の方位行動には時盤を使用し、時盤、日盤を重ね合わせて使うことはありません。2時間以上の行動には時盤を、1日以上の期間の場合は日盤を使用します。日盤は前日23時~当日23時で1つの盤になっています。正確さを出すために、場所によって時差の修正が必要です。

八門と八方位

八門は天盤・地盤に次いで重要な要素であり、8つの門を表します。この八門を、八方位に割り当てて、目的に応じて利用するのが、奇門遁甲です。八門と八方位について見ていきましょう。

八門の種類

八門の種類には、開門、休門、生門、傷門、杜門、景門、死門、驚門があり、それぞれ次のような意味があります。

開門(かいもん)吉…開放的、力強さ、すべてのことを受け入れる方位
休門(きゅうもん)吉…安定、落ち着く、活発なことはしない方がいい方位
生門(せいもん)吉…生産的、建設的、積極的、現状を保持する方位ではない
傷門(しょうもん)凶…犠牲をはらう、必要なリスク、障害勝負ごと、相手を負かす方位
杜門(ともん)凶…閉鎖的、非社交的、極秘にものごとを進める方位
景門(けいもん)平…華やかさ、表面を取り繕う、内実に乏しい、発展の予感もあるがトラブルもある方位
死門(しもん)凶…断絶、物事の終わり、現状のままでいい方位
驚門(きょうもん)凶…ハプニング、驚き、想定外、相手に刺激を与え活動を促す方位

三吉門として吉方位を見分ける指標

八門のうち、開門・休門・生門は吉門で、三吉門と呼ばれます。この3つの門は方位の吉凶を大きく決める指標となります。

凶方位を見分ける指標

杜門・死門は大凶と表します。死門はそのまま「死」を意味し、杜門はそちらに向かうと門が閉まり出られなくなる、という意味です。さらに傷門・驚門も凶方位を表しています。

八方位

八門に東西南北・北東・南東・南西・北西に八門を割り当てて占います。北を中心にして、八方位を45°に分割しています。

一つの方位に対して6つの構成要素

一つの方位に対して、天盤・地盤・九星・八門・九宮・八神の6つの構成要素から占うのが奇門遁甲です。

目的地が凶方位凶だった場合の対処法

奇門遁甲で占ったら、目的地が凶方位だった、ということもあります。そのままでは、ハプニングがあるかもしれません。どのように対応したらよいのか、対処法を紹介します。

移動開始の日時を変更する

一つは、移動開始の日時を変更するという方法です。奇門遁甲の方位の吉凶は、出発時間が関係するので、移動開始時の日や時間を変更すれば、吉凶も変わります。吉になる日や時間を選択するといいでしょう。

迂回して吉方位を通る

方違え(かたたがえ)と言って、方位を変える方法です。そのまま凶方位に移動するのではなく、迂回して吉方向に寄り道をします。そこから吉方位になるようにするのです。

まとめ

奇門遁甲は方位を占う開運術の一つ。八門と方位、さらに九星や八神、十干などを加えることで、より詳細に占うことができます。

引っ越しをしたいけれどいつどの方位に引っ越せば吉か、ビジネスを始めるにはどこでいつ始めたらいいかなどに利用することができます。方位や時間は気になることが多いものです。奇門遁甲で安心して運を切り開きましょう。