外国人風カラーをきれいに作るコツとニュアンスアレンジ12選

さまざまなヘアカラーがある中、最近「外国人風カラー」という言葉を耳にすることはありませんか?外国人風カラーは、今若い世代に大人気のカラーです。

ここでは、

  • 外国人風カラーとは具体的にどんな色なのか
  • 外国人風カラーのアレンジ12選

をご紹介します。

外国人風カラーとは?

SNSを中心に大人気の外国人風カラーですが、外国人風カラーとは一体どんなカラーなのでしょうか?まずは外国人風カラーの特徴と魅力を見ていきましょう。

赤味を抑えたヘアカラー


外国人風カラーは、その名の通り外国人のようなヘアカラーです。アッシュ系、グレージュ系、ベージュ系、グラデーションカラー、ハイライトなど、外国人風カラーでも幅広いカラーとデザインがあります。

外国人風カラーすべてに共通していることが、日本人特有の赤味を抑えたヘアカラーになっていることです。

髪質がふんわり細く見える

赤味を抑えることで、髪質をふんわり細く、柔らかく見せることができます。日本人の髪質は、「硬い」、「太い」のが特徴です。そのため、外国人のような細くて柔らかい髪は諦めてしまう方が多くいます。しかし、そんな外国人のようなしなやかな髪を叶えてくれるのが、外国人風カラーです。

また、外国人風カラーにするにはブリーチ必須だと思う方も多いですが、ブリーチをしなくても外国人風カラーにすることができます。そのため、元々髪が傷んでいるという方でも挑戦しやすいのです。

こなれ感やヌケ感を出せるお洒落なヘアカラー


外国人風カラーは、ハイライトやグラデーションでこなれ感が出て、ワンランク上のおしゃれ上級者さんになることができます。また、外国人風カラー最大の特徴とも言える透明感で、髪全体に絶妙なヌケ感を出すことができるのです。

外国人風カラーに多いアッシュ系のカラーは、髪に艶感を出して髪質を綺麗に見せてくれる効果もあります。

アンニュイな雰囲気のファッションに合う

少しミステリアスな印象になるアンニュイな雰囲気。外国人風カラーは、そんなアンニュイなファッションにぴったりなのです。アンニュイなファッションが好きでも、どうしても思い通りの雰囲気にならないという方は、外国人風カラーにしてみてはいかがでしょうか。ヘアカラーを含めたコーディネートを楽しむことができます。

外国人風カラーをきれいに作るには?

大人気の外国人風カラーですが、綺麗に作るにはいくつかのポイントがあります。技術が必要なカラーなので、美容院で美容師さんと相談しながらカラーするといいでしょう。外国人風カラーを綺麗に作るポイントをご紹介します。

ブリーチで色素を抜く


ブリーチしなくてもできる外国人風カラーですが、より透明感を出して綺麗に色を入れたい方は、やはりブリーチするのがおすすめです。

日本人特有の赤味の強い髪でも、ブリーチで色素を抜くことで外国人風カラーが入りやすくなります。また、全体ブリーチをしなくても、ハイライトをブリーチで入れることで、そこまで髪を傷めずに外国人風カラーが実現できます。

アッシュ系ヘアカラーで寒色をプラスする

外国人風カラーの1番の特徴とも言える透明感。いかにその透明感を出せるかで、外国人風カラーになるかどうかが決まります。そんな透明感を出しやすいカラーが、アッシュ系ヘアカラーです。アッシュ系のヘアカラーで寒色を入れることで、髪に透明感が出ます

グレーやベージュなど、好きな色味にアッシュ系カラーで寒色を加えることで、自分に合ったカラーに透明感を出すことができるのです。

黒染め・赤染めした髪は外国人風カラーが難しい


黒染めや赤染めした髪を外国人風カラーするとなると、ブリーチが必須になります。また、黒や赤は色素が強いので1回のブリーチで色が抜けません。2,3回ブリーチする必要があり、それでも外国人風のアッシュカラーが一発で入らない場合もあります。2回か3回に分けてカラーをし、やっと外国人風カラーに近づけることができるのです。

それでもできないことはないですが、髪の毛がかなり傷みます。そのため美容師さんは、黒染めや赤染めした髪を外国人風にするのはあまり好みません。

オフィスでも!暗髪でできる外国人風カラー

「外国人風」と聞くと、外国人ならではの明るいカラーが思い浮かぶ方も多いでしょう。しかし、外国人風カラーは暗髪でも作ることができます。職場や学校などが厳しく明るいカラーにはできないという方でも外国人風カラーを楽しめますよ。暗髪でできる外国人風カラーアレンジをご紹介します。

ブリーチ+グレージュでふんわりボブ

出典:instagram.com

明るすぎず、暗すぎず、大人可愛い雰囲気を出すことができるのがグレージュカラーです。ブリーチをしてからグレージュを入れることでしっかりと透明感を出すことができます。

外国人風カラーは髪の長い人がやるイメージですが、短い方にもおすすめです。ただでさえ可愛いボブヘアとグレージュを組み合わせることで、女の子らしい外国人風カラーに仕上がるのです。

ブルージュで黒髪をやわらかく見せる

出典:instagram.com

ブルージュは、一見黒髪に見えますが、光の当たり方で透明感が出る外国人風カラーです。黒髪が好みの方や、どうしても黒髪にしたい方は、黒染めではなくブルージュカラーに染めるのがおすすめです。ブルージュなら黒染めではないので、次回カラーするときに染めやすくなります。

明るいイメージが強い外国人風カラーも、ブルージュにすることでナチュラルに仕上がりますよ。

やわらかいラベンダーアッシュ

出典:instagram.com

ピンク系のラベンダーカラーにアッシュを加えたカラーです。ラベンダーにくすみがかかり、可愛らしい外国人風カラーに仕上がります。また、かっこいいイメージがある外国人風カラーも、ラベンダーと組み合わせることで柔らかい雰囲気になるのです。ピンク系でもナチュラルなので、挑戦しやすく、いろいろなコーディネートにも合わせやすいですよ。

外国人風カラーでも、女の子らしい可愛いカラーにしたいという方におすすめのカラーになっています。

インナーカラー・ハイライトで作るふんわり外国人風ヘア

髪全体をブリーチしなくても、インナーカラーやハイライトを入れることで、こなれ感のあるおしゃれな外国人風ヘアにすることができます。インナーカラーやハイライトで入れる色味によって、外国人風でもふんわり仕上がるのです。インナーカラーとハイライトを使った外国人風カラーアレンジをご紹介します。

ベージュのハイライトでやさしい髪質に

出典:instagram.com

ベージュ系カラーにハイライトをたくさん入れることで、外国人のような柔らかみのある優しい髪質に見せることができます。ベースは暗めのベージュ系カラーなので、髪が伸びてきてもプリンがあまり目立ちません。ハイライトのおかげで、髪全体は暗い印象にはならず、色落ちも綺麗です。

柔らかい雰囲気の外国人風カラーにしたい方は、ベージュカラーとハイライトの組み合わせがおすすめです。

インナーカラーでおしゃれボブ

出典:instagram.com

全体は黒髪に近いカラーですが、内側にミルクティーグレージュを入れたスタイルです。柔らかい雰囲気のミルクティーと透明感たっぷりのグレージュを組み合わせることで、奇抜になりすぎないハイトーンカラーを作ることができます。

インナーカラーなので、髪が揺れ動いた時や髪を耳にかけたときにちらっと見えるのがとってもおしゃれで可愛いですよ。

毛先を外ハネにすることで、さらにおしゃれなヘアスタイルになります。

毛先にかけてのグラデーション

出典:instagram.com

グラデーションカラーは、外国人風カラーの代表的なスタイルです。毛先にかけてピンク系のカラーにすることで、可愛らしいおしゃれな外国人風カラーが仕上がります。

グラデーションで根元は暗いので、髪が伸びてきてもプリンが目立たないのが特徴です。そのため、あまり頻繁に美容院に行けないという方にも、グラデーションカラーはとてもおすすめですよ。

髪全体をピンク系にするのは勇気が出ないという方も、グラデーションなら毛先だけなので挑戦しやすくなります。

ブロンド系♡外国人風カラー

外国人と聞いたら、やはり思い浮かぶのはブロンドヘアではないでしょうか?外国人風カラーでは、日本人の髪とは程遠いブロンド系のヘアスタイルも実現できるのです。そんなブロンド系に仕上げた外国人風カラーをご紹介します。

ゆるふわパーマで外国人風カラー

出典:instagram.com

明るめのブロンド系外国人風カラーで、全体をふんわり巻いたスタイルです。思いっきり外国人風カラーを楽しみたいという方は、明るめのカラーがおすすめです。ハイトーンでも、外国人風カラーならではの透明感で汚い印象になりません。アッシュ系のカラーなら髪に艶感も出せるので、傷みが目立ちやすい方もカバーできます。

ロングヘアの方がハイトーンの外国人風カラーにすることで、日本人誰もが憧れるブロンドヘアになれちゃいますよ。

しっかりブリーチでブロンド風

出典:instagram.com

全体をしっかりブリーチして作ったブロンド風ヘアカラーです。ハイトーンでも少しくすんだ色味になっているので、綺麗に見えます。ロングヘアのイメージが強いブロンドヘアも、ボブヘアでやると大人っぽく仕上がるのです。

ハイトーンでも汚いイメージにはならないので、さまざまなコーディネートとも合わせやすくなります。

切りっぱなしのカットが自然なブロンドヘア

出典:instagram.com

切りっぱなしのカットにしたブロンドヘアです。ブロンドでも、根元は暗めでハイライトを中心に作っているので、とても自然でナチュラルな仕上がりになります。ハイライトとグラデーションのおかげで、色落ちもとても綺麗になりますよ。

全体をブリーチしたハイトーンのブロンドヘアにするのは迷うという方でも、ハイライトとグラデーションで作ったブロンドヘアなら挑戦しやすいです。

シルバー系♡外国人風カラー

クールにキマるシルバー系の外国人風カラーは、シルバーのくすんだ雰囲気がとても特徴的でおしゃれです。暗い髪でも挑戦できるので、あまり明るくせずに外国人風にしたいという方にもおすすめですよ。シルバー系の外国人風カラーをご紹介します。

透明感ありのグレーヘア

出典:instagram.com

ブリーチでしっかり色を抜いてからグレージュカラーを入れたスタイルです。ブリーチしたことで、より綺麗にグレージュの色味が入り、抜け感たっぷりのスタイルになっています。

全体は暗めカラーですが、グレージュの透明感で重い印象にはなりません。また、ブリーチをするとどうしても色落ちしてしまいますが、グレージュカラーは色落ちすら綺麗なのです。

ナチュラルなシルバー系外国人風カラー

出典:instagram.com

シルバーアッシュにハイライトをプラスしたカラーです。可愛らしいボブヘアも、シルバーのくすんだ色味を入れることでクールに仕上がります。また、ハイライトを入れることで髪全体が立体的になり、どんな角度から見ても綺麗なヘアスタイルになります。毛先を外ハネにしているのも、こなれ感アップのおしゃれポイントです。

とにかくくすんだカラーで透明感を出したいという方は、シルバーアッシュがおすすめですよ。

アッシュカラーで出すツヤありシルバー

出典:instagram.com

アッシュカラーの強みでもある艶出し効果で、シルバーカラーでも艶感たっぷりの綺麗な髪の毛を作ることができます。トーンとしては全体的に暗めですが、シルバーのくすみとアッシュの透明感で軽やかに仕上がり、ロングヘアでも重い印象にはなりません。

元々髪の傷みが目立つという方も、アッシュカラーを強く入れることで艶感が出て、痛みをカバーすることができますよ。

外国人風カラーでも、髪質まで綺麗に見せたい方はアッシュカラーを強く入れるのがおすすめです。

まとめ

外国人風カラーでも、どんな色味と組み合わせるかで雰囲気が全然違ってきます。また、髪型によっても印象が変わるので、同じ外国人風カラーでもさまざまな楽しみ方ができますよ。

外国人風カラーにして、色だけでなく髪質も綺麗な印象にしてみませんか?元々赤味の強い日本人ならではのヘアスタイルから外国人風カラーにすれば、髪型は変わらなくても雰囲気でガラッとイメチェンできますよ。