仕事がうまくいかない人に共通している8つの特徴!対処法はこちら

仕事がなかなか思うようにいかなくて悩んでいる方はたくさんいるでしょう。仕事がうまくいかない状態が続けば、今後の精神状態や昇給・昇進にも影響してしまうかもしれません。そこで、今回は仕事がうまくいかない理由や対処法について考えてみました。

仕事がうまくいかないときはマインド+アクションを見直そう

仕事がうまくいかないのは、その人の考え方と行動に原因があるのが大半です。そのため、マインドとアクションを見直すことによって、仕事がうまくいくようになるかもしれません。根本的な原因を解決することが大切です。

仕事がうまくいかないときの対処法:マインド編

仕事に対する考え方や心構えを変えるだけでも、良い仕事ができるようになるでしょう。こちらでは、仕事がうまくいかない方が意識するべきことをまとめました。

あなたの強みを今一度理解しよう

仕事で成功することができないのは、自分の強みを発揮できないから。自分の強みを認識していないと、その強みを最大限仕事に活かすことができなくなり、結果が出なくなるのです

そのため、今一度自分を見直して、自分の長所や強みを見つけ、それを積極的に仕事に活かしていきましょう。ただし、正しく強みを理解しないと、見当外れな方向で努力することになります。強みを知るために、他人に客観的に指摘してもらうことも大事です。信頼できる上司や同僚に相談してみるのもよいでしょう。

強みを活かす働き方を心がける

強みを理解したならば、それを仕事に活かすためにどう働くべきかを考えることが大切です。今の仕事のスタイルで強みを活かせないならば、働き方を変えた方が良いでしょう。自分に向いていない仕事をしていても、デメリットのほうが大きいです。

場合によっては、転職したり、別の部署へ移ったりすることも検討しましょう。なかなか難しいのが現実かもしれませんが、仕事内容を変えてもらうことが可能であれば上司に相談してみるのも◎。それが結果的にチームに利益をもたらすこともあります。

他の同僚を意識しすぎない

他人と比較すると、余計に自分は仕事ができないのだと落ち込んでしまいます。自分のことに集中して他人と比較しなければ、自分を卑下することもなくなるでしょう

ただし、ある程度は他人と比較しないと、客観的な自分の評価が把握できません。要以上に卑下する必要はもちろんありませんが、自己正当化することなく周囲からの正当な評価は真摯に受けとめてください

出世を意識しすぎない

もっと昇進したいと考えると、仕事に成功しなければいけないと自分にプレッシャーをかけてしまいます。その結果、必要以上に自分の能力を過小評価し、焦ってしまうことにもつながりかねません。まずは目の前の仕事にだけ集中してください。

出世を過剰に意識しなくなれば、冷静に自分を見つめることができます。ただし、現状に満足してしまうと今度はモチベーションが低下するため、自分なりの目標は持つようにしましょう

目の前のタスクにおけるアウトプットが120点になるよう心がける

常に全力で仕事に取り組むことを意識すれば、仕事の質は高くなります。そのときに、100点満点を目指すのではなく、120点を目指すことで、より完成度が高くなるでしょう。自分の力をセーブすることを意識してはいけません。

ただし、頑張りすぎず、あくまでも心構えとしての120点を目指してください。無茶な働き方をしてしまっては意味がありません。

仕事がうまくいかないときの対処法:アクション編

仕事がうまくいかないと思ったときは、リフレッシュしたり、他人の力を借りたりといったちょっとしたことで、流れが変わることがあります。仕事がうまくいかないときに取るべきアクションについてまとめました。

仕事をしやすいように机を整理整頓する

散らかった場所で仕事をしていると、注意散漫になり、集中できなくなります。仕事をする机の上を整理整頓するだけで、目の前の仕事にだけ集中できるようになるでしょう。不要なものを捨てて、使わないものは引き出しの中に入れてしまうだけでも良いです。今の仕事に無関係のものが視界に入らないようにしましょう。

しっかりと睡眠時間を確保して頭をスッキリとさせる

睡眠時間が不足していると脳を休めることができないため、起きていても脳が100%機能しなくなります。毎日、8時間程度寝ることで脳を休めてリフレッシュできます。それが難しいならば、10分程度昼寝をするのも効果的。休日に寝だめをするのはあまり意味がありません

周りの人と細かく意志疎通を取る

自分本位な仕事のやり方をしていると、見当外れなことをしてしまう可能性があります。きちんと周りの人とコミュニケーションを取ることで、助けを受けたり、助言をもらったりすることもできるでしょう。仕事は基本的にチームでやるものだという意識を忘れないでください。一人で何でも抱え込んでしまうと、ストレスが溜まってしまいます。

ジョギングやヨガ、半身浴などでストレスをこまめに解消する

ストレスはパフォーマンスを低下させる大きな要因です。体を動かしたり、お風呂にゆったりつかったりして心身をリフレッシュさせましょう。打ち込める趣味を持つこともおすすめします。

席に座りカフェインの入った飲み物を飲んでまずはいったん冷静になる

頭に血が上ったり、混乱していたりするのを自覚したら、ゆっくりとコーヒーなどでも飲んで落ち着きましょう。コーヒーや紅茶などはカフェインが含まれるため、中枢神経にはたらきかけて頭をクリアにする効果が期待できます

また、いったん仕事から離れることで、客観的に今の状況を見られるようになります。外に出て深呼吸をしたり、トイレに行くために席を立ったりするだけでも切り替えは可能です。自分なりのリセットの仕方を用意しておきましょう。

わからない時は恥ずかしがらずにアドバイスをもらいに行く

助言をもらえば、仕事の解決策がすぐに見つかるケースはたくさんあります。上司や先輩、同僚など頼れる人は周囲にたくさんいるはずです。わからないときに自分勝手なやり方で仕事を進めると、周囲に大きな迷惑をかけることも考えられます。

とくに、過去に同じ失敗や苦労をしていた人からのアドバイスは役に立ちます。助言を求めることは恥ずべきことではありません。ときには素直に周囲に教えを請うのも大事です。

仕事の要点を自分なりにまとめる

仕事がうまくいかないのは、現在の仕事の大事な点や問題点などを把握していないからということも考えられます。その仕事の要点をまとめることで、解決策が見えてくるでしょう。別のアプローチが思い浮かぶかもしれません。自分だけで解決できないときには、他人の助けを借りるのも有効な手です。

あなたは当てはまっていない?仕事がうまくいかない人の8つの特徴

仕事で失敗する人には共通する特徴があります。マイナス思考をしていたり、面倒ごとを避けたり、こだわりの強かったり……といった考え方に心当たりがないか、自分を見直してみてください。仕事がうまくいかない人の特徴を8つまとめました。

不平不満などをすぐに口にする

ガティブな考え方をするとモチベーションが低下して、パフォーマンスにまで影響を与えます。周りの雰囲気を悪くして、チームワークが乱れることもあるでしょう。

悲観的になることで冷静に思考することができなくなり、柔軟な発想の妨げとなります。不平不満を口にしたり、マイナスな思考をしたりするのはやめて、できるだけポジティブな考え方を心がけましょう。

自分が思っていることを伝えるのが苦手

たとえば上司に相談をしても、話の内容が整理されていないと、上司の側でも要領がつかめず、有効な助言がもらえません。コミュニケーションが円滑に進まないと、チームワークを乱す要因となってしまいます。ビジネスの世界では、簡潔に分かりやすく要点を伝えることが大切です。要点を整理して、結論から話し始めると相手にうまく伝わるでしょう。

また、不平不満がある場合は、直接相手にはっきりと指摘するべきです。そうしないとストレスを溜め込んでしまいます。

細かいことにこだわりすぎている完璧主義者

小さなことが気になると、そこで仕事がストップするため、いつまでも仕事が終わりません。仕事は正確さだけではなくてスピードも重視されるものです。求められるライン以上の仕事をしようとするのは立派ですが、行きすぎるとストレスが溜まってしまったり、心が折れてしまうことも。100点の基準を正確に把握するよう努めましょう。

整理整頓が苦手

大切な資料が見つからずに無駄な時間を使ってしまってはいませんか?机の上が物に溢れており、仕事の邪魔になってしまうことがあります。大事な書類をなくしてしまうこともあるでしょう。効率よく仕事を進めるためには整理整頓は必要不可欠です

面倒な作業が苦手

仕事の準備や段取りを行うことは面倒ですが、仕事の結果を大きく左右します。面倒な作業をしないことで周囲に迷惑をかけることもあるでしょう。嫌な作業を避けることで結果的に仕事がうまくいかなくなるのです。面倒な作業も手を抜かずにこなすことが大切です。

人間関係の構築が苦手

仕事はチームでやるものであり、チームワークが乱されると全体の仕事に影響します。仕事を手伝ってもらったり、助言をもらったり、協力して難しい仕事に取り組むことで、仕事はうまく進むのです。他人とうまくコミュニケーションを取れるようになりましょう。一匹狼では仕事はうまくいきません

柔軟性に欠ける

自分のやり方に固執して仕事を失敗してしまう方がいます。新しい考え方を学んだり、他人の助言を聞き入れたりすることで、簡単に問題が解決されることもあります。周囲のアドバイスに耳を傾け、必要があれば新しい手法も取り入れる姿勢を忘れないでください

被害者意識が強い

いつも他人のせいばかりしている人は反省をせず、成長することがありません。他人が指摘したことを素直に受けとめて、仕事のやり方を改善していくことで、仕事がうまくいくようになるでしょう。周りがすべて敵に見えてしまう人は要注意です。自分を客観視できる人は、他人の指摘に感情的になることはありません。

まとめ

仕事がうまくいかない場合、その人の考え方や行動のスタイルが原因となっていることは多いです。余計なこだわりは捨てて、周りと協力しながら冷静に仕事を進めるようにしましょう。ぜひ今回紹介したマインドやアクションを参考に自分を見つめ直して、仕事で成功するために必要な考え方を身につけてください。