ミルクティーカラーは髪の長さを選ばない!オールマイティーに活躍

最近「ミルクティーカラー」と呼ばれるヘアカラーの人気があります。ミルクティーカラーは明るいものから暗いものまであり、ほかの色と組み合わせることもできるのでバリエーションが豊富なカラーになっています。

髪を染めるときどんな色にしようか迷ってしまう方もいるかと思いますが、このミルクティーカラーは長さを問わず楽しめるため、誰でも気軽に試すことができるでしょう。

今回は、

  • ミルクティーカラーの魅力
  • 長さ別のヘアスタイル

を紹介します。相性の良いヘアアレンジも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ミルクティーカラーの魅力


ミルクティーカラーは明るいカラーだと思われがちですが、実は暗めの色味でも可愛らしく仕上がります。ブリーチをしなくても透明感のある髪になるため、やさしい雰囲気に与えてくれるでしょう。ミルクティーカラーの魅力について、詳しく見ていきましょう。

ブリーチしなくてもOK

ミルクティーカラーにするとき、ブリーチをしなくても楽しむことができます。ミルクティーカラーのような色にするためにブリーチをすると、色落ちして金髪になりやすく、何度も染める手間がかかってしまいます。ブリーチをしなくても楽しめるミルクティーカラーは色持ちが良く、髪を痛める心配もありません

また、キューティクルへのダメージを減らすイルミナカラーやアディクシーカラーといったカラー剤を使うのもおすすめです。ツヤや手触りの良い髪を演出し、ブリーチをしなくても明るいカラーをだせるようになっています。透明感のある髪はやさしい雰囲気を醸し出してくれるでしょう。

落ち着いた印象でオフィスにも似合う


ミルクティーカラーに対して明るいイメージを持っている方もいるでしょう。しかし、ミルクティーカラーは暗めの色であれば落ち着いたヘアカラーになるので、職場などのフォーマルな場でも気になりません。ブラウンを少しプラスするとミルクティーアッシュになるので、暗い色味でも工夫することができます。

ミルクティーアッシュは、ミルクティーカラーの特徴である「軽くやさしいイメージ」を活かしたヘアカラーになるため重い印象もありません。ミルクティーカラーは顔が暗く見えないため、どんなファッションとも合わせやすいので洋服選びに困ることもないでしょう。一年中楽しむことができるヘアカラーです。

髪の長さを選ばない

軽さをだしてくれるミルクティーカラーは、ショートからロングといったどんな長さにも似合うのも魅力の一つです。トーンも明るいものから暗いものまでバリエーションも豊富なので、パーマやコテを使って動きをつけると、より女の子らしく仕上げることもできます。ゆるふわに巻くことで、光が当たったときの透明感もアップします。

ヘアカラーに慣れていない方にもおすすめのカラーといえるでしょう。色が抜けないように、紫色のシャンプーを使ったりトリートメントをしたりなど日々のヘアケアを丁寧に行ってくださいね。

注目のイルミナカラーでも対応できる


日本人特有の硬い髪を、やわらかな印象にしてくれる「イルミナカラー」。キューティクル負担をおさえつつ、ツヤ感を演出してくれるため注目されています。ミルクティーカラーは、このイルミナカラーでも対応することができるのです

イルミナカラーは全部で7色あります。やわらかい紫色やアクアブルー、緑のフォレストなどを入れることで日本人特有の赤みを飛ばすこともできるでしょう。イルミナカラーを使っても色に大きな差はありません。色だけでなく仕上がりやダメージを気にする方におすすめです。

ベースを暗めにしてアクセントに明るい色を入れて楽しめる

ミルクティーカラーはワンポイントとなるアクセントカラーを入れて楽しむことができます。髪をかきあげたときにちらっと見えるインナーカラーは人気のあるアレンジです。ベースの色をダークトーンにし、インナーカラーやハイライトを入れると外国人風の髪色に仕上がるでしょう。

また、黒髪のインナーにミルクティーベージュをしのばせると、いつもの黒髪にも華やかさが生まれます。

ミルクティーカラーのスタイル集

清楚な雰囲気から、流行りの外国人風にもなれるミルクティーカラーですが、美容院でどのようにオーダーをしたらいいか迷ってしまう方も少なくありません。ここでは、セミロング~ロングの方向けにミルクティーカラーのヘアスタイルを紹介します。

艶やかな暗めミルクティーカラー

出典:instagram.com


落ち着き感のあるキレイなベージュブラウンです。ストレートで暗めの髪色だと重く見えがちなロングも、暗めのミルクティーカラーだと柔らかく、ふんわりとした印象にしてくれます。

このベージュブラウンは色が入りやすいので、初めてミルクティーカラーにチャレンジする方にもおすすめです。髪の重さはしっかりと残しつつも、ツヤがあるので清潔感もありますね。このぐらいのミルクティーカラーであれば、明るい髪がダメな場合でも問題なさそうです。

ゆるやかなロングスタイルはカールでキマる

出典:instagram.com


黒髪なのに透明感あるフォギーアッシュは、外国人のような印象があります。黒染めだとナチュラル感がなく重く見えがちですが、フォギーアッシュであれば透明感のある仕上がりになります。日本人の顔色に合った色で、アッシュ特有のくすみも強調されすぎず、黒髪だけどやさしい雰囲気にみせたい方におすすめです。

また、髪の量が多い方にもピッタリなヘアスタイルです。ゆるふわカールをつけ、髪全体に光が入ることでより軽さを引き出してくれます。

ブリーチなしのミルクティーカラー

出典:instagram.com


ミルクティーベージュはミルクティーカラーのなかでも人気カラーです。ブリーチをせずともこの透明感やツヤ感がだせるのが人気の理由でしょう。毛先に向かってグラデーションにすることによって、軽さもプラスできます。

写真のような色味であれば、次回ミルクティーカラーにするときには色が入りやすく、暗くても明るくてもオリジナルの色合いになりやすいです。ミルクティーカラーは繰り返して染めることでも楽しめるヘアカラーになっています。

暗めミルクティーカラーのセミロング

出典:instagram.com


黒髪に見えるグレージュもミルクティーカラーの色味の一つです。大人っぽさのある落ち着いたカラーですが、外ハネにすることで軽さをだしているので、元気な印象を与えてくれます。仕事や就活などの理由で、明るい色にしたくない肩におすすめのヘアカラーです。

柔らかいカラーのミルクティーカラー

出典:instagram.com


こちらの写真もブリーチをしていないミルクティーカラーになります。チョコレートのようなブラウンカラーですが、ポイントカラーとしてインナーカラーも使っているのでこなれ感のある印象に仕上げています。パーマスタイルのカールも波巻きにして可愛らしい雰囲気になるため、パーマとの相性も良いです。

テールカラーがかわいい。

出典:instagram.com


毛先だけ色を変えるテールカラーを合わせるのもおすすめです。時間が経っても根本がプリン状態になることはなく、何度も染め直す必要もありません。色落ちやダメージが気になってきたら、染め直すのではなく切り落としてしまっても良いでしょう。

髪を明るくしたり派手な色に染めたりすることに抵抗がある方は、テールカラーであれば挑戦しやすいでしょう。テールカラーと同じようにインナーカラーを入れてもアレンジを楽しむことができます。

ショートヘアも素敵なミルクティーカラー

セミロング~ロングの方のヘアスタイルを紹介しましたが、ミルクティーカラーはショートヘアとも相性が良いです。たとえば、ミルクティーアッシュにすると髪色に深みが増し、カールの一つで雰囲気をガラリと変えることができます。ここではミルクティーカラーのショートのヘアスタイルをいくつか紹介します。

明るめショートのミルクティーカラー

出典:instagram.com


アクティブショートなら髪色を明るくすると、クールな印象があるショートも甘さを引き出すことができます。ブリーチをして髪色を明るくしていた方におすすめなのが、ミルクティーベージュです。ブリーチありのミルクティーカラーは透明感が強調されます。光に当たることでよりキレイなヘアカラーといえます。

大人ショートのミルクティーカラー

出典:instagram.com


落ち着いた色にしたい方は、ベージュを加えたミルクティーベージュにすると良いでしょう。ハイライトを混ぜたダブルカラーにすることで、軽さとツヤが生まれ柔らかい雰囲気を与えるため、魅力的なヘアカラーです。

また、ショートヘアはカットやセットの仕方によって奥行きを出すことができ、立体感のあるヘアスタイルになります。

ショートボブも似合う。

出典:instagram.com


ショートボブは幼い印象になりがちですが、暗めのミルクティーカラーにすることで大人可愛い仕上がりになります。スッキリとした襟足は、外ハネにして動きをつけてアレンジを楽しむことができるでしょう。ヘアスタイルと色合いによって軽さのある仕上がりになっています。

ミルクティーカラーのヘアアレンジ

どんな長さでも楽しむことができるミルクティーカラーですが、ヘアアレンジを加えることで透明感のあるヘアカラーを強調させることもできるでしょう。ここではミルクティーカラーのヘアアレンジを紹介します。

帽子と編みおろしが似合う。

出典:instagram.com


ミルクティーベージュに染め上げたロングヘアを編みおろすと、可愛らしい雰囲気になります。おくれ毛や、顔まわりの毛を残しておくことで、帽子との相性もバッチリです。ハイライトやポイントカラーを入れてあれば、髪を編み込んだときのアクセントになります。

黒いリボンとポニーテール

出典:instagram.com


ミルクティーベージュのハイトーンカラーのアレンジです。明るめの髪に透明感のある黒のリボンをつけることで、色のコントラストを楽しむことができます。華やかな印象もあるので、パーティーなどのお呼ばれスタイルにもおすすめなアレンジです。

外国人風編みおろし

出典:instagram.com


ツイストアレンジがキュートなロブスタイルです。前髪があっても、なくても挑戦できるヘアスタイルです。外国人風のハイライトを入れると、ナチュラルに軽く巻いただけでも派手なイメージになってしまいますが、おくれ毛を出して編むことで柔らかい印象に仕上がります。

またハイトーンを入れることで抜け感も出るため、ヘアアレンジによって雰囲気を変えることができるでしょう。

まとめ

ミルクティーカラーは髪の長さを問わず、明るめから暗めまで幅広いヘアカラーを楽しむことができます。ブリーチをしなくても透明感を出せるため、髪へのダメージも心配する必要はありません。ここでは長さ別におすすめのヘアスタイルも紹介しました。ヘアアレンジもいくつか紹介したので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。