幸せを掴むにはどうしたらいい?幸せを掴む方法と逃す行動

幸せになりたい、という思いは誰にでもあると思います。誰しも幸せを手に入れる権利はありますし、誰もが幸せになることはできます。

そこで、ここでは

  • 幸せを掴むための心構え
  • 幸せを掴む行動編
  • 幸せを逃すマインドと行動

をまとめてみました。最後まで読めば、きっとあなたも幸せを掴むことができるでしょう。

幸せを掴むための心構え

幸せを掴みたいのなら、心構えが必要となります。ポジティブな思考を持つ、何事にも感謝する、変化を拒絶しない、といったことですね。ほかにもいろいろあるので、ここで一つずつ詳しくお話したいと思います。

ポジティブな思考を持つ

ネガティブなことばかり考えていると、本当に悪いことばかり起きてしまいます。「最近イイことが何一つない」という方だと、日ごろからネガティブなことばかり考えていませんか?幸せを掴みたいのなら、ポジティブな思考を持つようにしましょう。ポジティブな思考を持つことで自己実現のスピードも速くなり、幸せを掴めます。

何事にも感謝の気持ちを持つ

何かをしてもらって当たり前、と考えるのではなく、何事にも感謝の気持ちを持つようにしましょう。幸せは、すべての人に平等に訪れますが、感謝の気持ちを持つ人の元にはより訪れやすくなります。

感謝の気持ちを持つことで、心も豊かになり、誰に対しても優しくなれます。誰に対しても優しくなれ、周りから好かれるようにもなるでしょう。

変化を拒絶しない

変化を恐れていませんか?現状維持でいい、と考えるのも決して悪いことではありませんが、それでは幸せを掴むのは難しいでしょう。幸せは、どこに転がっているか分かりません。その変化の先に、本当の幸せがある可能性もあるのです。現状維持のままだと、せっかくの幸せを目の前で逃がしてしまうかもしれません

お金より長い自由時間を手に入れるのを好む

幸せになるためには、確かにお金も必要です。しかし、果たしてお金がたくさんあれば、それが幸せなのでしょうか。お金だけでは決して心は満たされません。それよりも、たくさんの自由な時間を求めたほうが、幸せを手に入れられる可能性は高くなります。自由な時間は自分が好きなことに没頭できますし、心を豊かにできるのです。

過去や未来ではなく今にフォーカスする

いつまでも過去を振り返っていても、幸せにはなれません。過去は過去で、すでに終わったことなのです。また、先のことを見過ぎていても、目の前の幸せを逃してしまうことがあります。あなたは今という現実を生きているわけなので、過去や未来ではなく今にフォーカスしなくてはなりません。確実に目の前のチャンス、幸せを掴んでください。

自分の言動に責任を持つ

自分の言動に責任を持っていますか?一つ一つの発言、行動に責任を持てないようでは、周りからの信頼も失ってしまいます。職場ではもちろん、プライベートでの友人や知人、家族の信頼すら失ってしまいます。周りからの信頼を失って、その先に幸せはあるのでしょうか。自分の言動に責任をしっかり持ちましょう

新たなコトを探求し飛び込む

積極的に新たな世界に飛び込んでみましょう。「今さら新しい世界に飛び込むのは怖い」と思ってしまう方もいるかもしれません。しかし、勇気を出して飛び込んだ先に、本当の幸せが待っている可能性があります。

飛び込まなければ、幸せを手に入れることは叶わないでしょう。新たな趣味を見つける、転職するなど、新たな世界に目を向けてください

余裕を持って自分の生活の良い面に目を向ける

気持ちに余裕がないと、幸せは寄り付きません。まずは、気持ちに余裕を持った生活を送るよう心がけてみましょう。仕事が忙しすぎるなら転職を考える、人間関係に疲れているのなら、一度周りから離れてみるのもいいかもしれません。また、自分の生活の良い面に目を向けることで自己肯定が可能になり、幸せを引き寄せることができます。

幸せを掴む行動編

ここからは、幸せを掴むための行動についてお話します。運動をして汗をかく、ヘルシーな食生活を送る、旅行プランを練る、といったことですね。気になるものは積極的にトライし、アグレッシブに幸せを捕まえてくださいね。

運動をして汗をかく

運動をするとたくさん汗をかきますし、気持ちもいいですよね。溜まっているストレスも解消できますし、リフレッシュ効果も期待できるでしょう。また、運動をすることで体を鍛えられ、健康的な生活を手に入れることも可能になります。幸せを手に入れるためには、健康的な心と体が必要なので、運動をするのはおすすめですね。

楽しいコトをイメージして笑って過ごす

日々を笑って過ごせているでしょうか。つまらない、面白くない、とそんなことばかり考えている人のもとに、幸せが訪れることはありません。いつも笑顔で、明るく笑って過ごしましょう。楽しいことをイメージすれば、自然と笑みもこぼれるはずです。自分の好きなことをしているところを、鮮明にイメージしてみるといいですよ。

ヘルシーな食生活を送る

1食で野菜をたっぷりと摂れる

ヘルシーな食生活を送ることで、健康な体を手に入れることができます。炭水化物や脂質の多い食事ばかりだと、生活習慣病になってしまう恐れもあります。病気だから幸せがやってこない、ということはありませんが、やはり心身ともに健康なほうが幸せは訪れやすいです。野菜中心の生活にすることで、健康管理もしやすくなりますよ。

ボランティアに参加する

世の中には、人の助けを必要としている方がたくさんいます。また、人の手を必要としている地域もたくさんあります。ボランティアに参加することで、困っている人たちの助けになりますし、地域にも貢献できるでしょう。良いことをしたら、必ずそれは返ってきます。人のために一生懸命になることで、今度は自分も報われるのです。

旅行プランを練る

旅行のプランを練って、旅行に出かけてみましょう。旅行プランを練るだけでも十分楽しいですが、実際に旅行に出かけることで、いろいろな体験もできます。旅先ではいろいろな人との出会いもありますし、自分なりの幸せも見つけられるかもしれません。仕事や人間関係のストレスも解消できますし、幸せな気持ちになれますよ

モノより体験にお金をかける

モノは買ってしまえば、そこで満足してしまいます。購入する前、買った直後は感動もあるでしょうが、次第にそれも薄れてしまうでしょう。これは、どんなに高い買い物でも同様です。家を買って、いつまでも感動に浸る人はいませんよね?それよりも、体験にお金をかけましょう。記憶に残る感動が手に入り、自分自身の成長にも繋がります

生活費を十分に持つ

生活費がカツカツ、という状態だと、とても幸せを感じることはできないでしょう。幸せを掴むためには、人並みの生活を送れるだけのお金も必要になります。まず、無駄な支出を見直してみましょう。節約できるところは節約し、少しでも豊かな生活を送れるようにしてください。気持ちにも余裕が生まれ、幸せも掴みやすくなります。

会社の近くに住む

自宅から職場への距離が遠いと、通勤や帰宅時の時間をたくさん無駄にしてしまいます。この時間は本当にもったいないので、会社の近くに住むことをおすすめします。通勤や帰宅の時間をかなり短くできますし、自分のために使える時間もかなり増えるでしょう。その時間で自分磨きや、趣味、恋愛などに使うことが可能になります。

家族や友達と多くの時間を共有する

一人よりも、家族や友人と多くの時間を共有することで、幸福度を高めることができます。さまざまな感情や価値観を共有することができますし、一人では感じられなかった幸せも感じられるでしょう。家族や友達との時間を大切にするため、仕事も見直してみるといいかもしれませんね。仕事の拘束時間が長いのなら、転職も視野に入れてみましょう。

十分な時間かつ良質な睡眠をとる

人が生きていくためには絶対的に睡眠は必要です。寝不足だと気力も湧きませんし、何より心身に不調をきたしてしまう恐れもあります。最低でも8時間は睡眠をとりたいですね。長く眠ればそれでいい、ということではないので、良質な睡眠をとるように心がけましょう。寝る直前に食べない、お風呂で体を温める、などで良質な睡眠を得られやすくなります。

太陽の光を浴びる

職場ではずっとオフィスの中、休日はずっと自宅に引きこもりっぱなし、という生活を送っていませんか?もし、そのような生活を送っているのなら、なるべく太陽の光を浴びることを意識してください。太陽の光を浴びることで、清々しい気持になれます。太陽からパワーを得られるような気もしますし、やる気もみなぎってくるでしょう。

これはNG!幸せを逃すマインドと行動

幸せを逃してしまうマインドや行動もあるので、覚えておきましょう。幸せは誰もが掴む権利がありますし、誰でも掴むことはできます。しかし、ここでご紹介するようなマインドや行動を繰り返していると、幸せを掴むことはできません。

ソーシャルメディアに依存している

ソーシャルメディアが絶対にダメ、というわけではありません。上手に使えばコミュニティを広げられますし、いろいろな人との出会いにも役立つでしょう。しかし、完全に依存してしまうのはNGです。そこが自分の世界のすべてと考えるようになってしまいますし、視野も狭くなります。リアルでの幸せを逃してしまう可能性もあるのです。

なにに対しても否定的・食わず嫌いばかりしている

どんなことに対しても、否定から入ってしまう人がいます。否定してしまうと、そこですべて終わってしまいますし、そのあとに繋がりません。また、食わず嫌いばかりしてしまうのも同様ですね。もしかすると、その先に大きな幸せが待っている可能性があります。最初から決めつけるのではなく、「とりあえず試してみよう」という気持ちを持ってください

歳のせいにしている

「自分はもう歳だから」と思っていませんか?人間、何かを始めるのに年齢は関係ありません。その気になれば、いくつからでもチャレンジはできるのです。50~60代でボクシングや空手を始める人もいますし、40代なのに20代の恋人と幸せな日々を送っている人もいます。歳のせいにせず、やりたいこと、興味があることにはどんどんチャレンジしてください

はじめの印象だけで決めつける

最初の印象は確かに大切ですが、それだけで決めつけてしまうのはNGです。第一印象は最悪でも、実際に交流するうちに、相性がピッタリだと分かった、ということもあります。最初の印象だけで決めつけてしまうと、その先に進む気持ちが起こらなくなります。みすみす幸せを逃してしまう恐れもあるので、最初の印象に引きずられないようにしてください。

人の悪口をいう

人の悪口を言っていると、必ず自分にも返ってきます。因果応報、というやつですね。また、人の悪口や陰口を叩いていると、周りの人にも良くない印象を与えてしまうでしょう。あなたの周りから人が去っていく可能性もありますし、幸せも逃げてしまうかもしれません。悪口を言ったり、人の悪口に賛同したりしないようにしてください

身なりに気を遣っていない

人は見た目じゃない、といいますが、見た目が大切ではないということではありません。やはり見た目は大切ですし、人に与える印象も大きく違ってきます。身なりがきちんとしていると、それだけで周りからの評価は高くなるでしょう。異性からもアプローチされやすくなるでしょうし、幸せな日々を送れるようになるかもしれません。

時間・お金にルーズ

会社に遅刻した!使える7つの言い訳と上司の信頼を取り戻す方法

時間やお金にルーズだと、周りの人からの信頼を失ってしまいます。どんなに見た目が素敵な人でも、時間やお金にルーズというだけで、「だらしない人」という印象を与えてしまうのです。周りの人からの信頼を失ってしまうと、自分が本当に困ったときなどに、助けてもらえません。人との繋がりも希薄になり、寂しい人生を送る可能性があります。

「べき論」に凝り固まっている

これは必ずこうするべき、といった「べき論」に終始してしまう人もいます。このような方は、周りから何を言われても自分の主張を崩すことはありません。それが間違っていたとしても、自分の考えや価値観を押し通そうとします。こうしたタイプの方だと、今後の人生において新たな発見、気づきはできないでしょうし、視野もどんどん狭くなります。

性に奔放すぎる

性に奔放すぎることが決して悪いとは言いませんが、幸せを手に入れたいのなら問題です。たくさんの異性と関係を持つよりも、本当に自分にとって大切な人と、素敵な時間を過ごしたほうが幸福度は高くなります。性に奔放すぎると、「軽い人」と見られてしまい、今後恋人ができにくくなる可能性もあります。

自分の気持ちをいっさい言わない

自分の気持ちをいっさい外に出さない、ということは、人に対して心を開けていないということです。心を閉ざしている状態なので、これだと周りの人とも円滑な人間関係は築けません。周りの人も、あなたに対して本音を言ってくれなくなる可能性もあります。誰とも上辺だけの関係になってしまうので、とても幸せな人生とは言えないでしょう。

まとめ

幸せを手に入れるための方法、NGなマインドや行動などについてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか。誰でも幸せになる権利があり、幸せを手に入れるチャンスもたくさんあります。しかし、幸せをしっかり掴めるかどうかは、あなた次第です。これからの人生を、幸福度の高いものにするためにも、ぜひここでお話したことを覚えておいてくださいね。