片思い恋愛を両思いにしたい!実践する価値のあるテクニック集

誰だって、片思いよりも両想いのほうがいいに決まっていますよね。一方的に思い続けるより、両思いになって素敵な恋愛をしたいと、誰もが考えるはずです。では、片思いから両思いになるためには、どうすればいいのでしょうか。

ここでは、

  • 片思い恋愛を両思いにするための準備
  • 片思いの際の相手との接し方
  • 告白をする際のポイント

と、片思いを両思いにするための方法、テクニックをまとめてみました。片思い中という方は、ぜひご覧ください。

片思い恋愛を両思いにするための準備

何をするにも準備と段取りが大切です。恋愛においても、きちんと準備すれば片思いから両思いになることは可能です。

相手の情報を徹底してリサーチする、自分磨きを怠らない、といったことですね。詳しく見ていきましょう。

相手の情報を徹底的にリサーチして誰よりも詳しくなる

片思いしている相手を攻略するためには、相手のことをより知らねばなりません

徹底してリサーチし、誰よりも詳しくなれれば、どのように攻めればいいか、アプローチすればいいのかも見えてきます。趣味や好きな食べ物、好きなスポーツなども把握したいですね。

自分磨きをおこたらない

片思いしている相手に振り向いてもらうためには、あなた自身が魅力的な人になる必要があります。理想は、こちらからではなく、相手の方から付き合ってほしいと言われることですね。

そのためには、自分磨きが必要です。外見だけでなく、中身も磨きましょう。

自分のアピールポイントを把握する

自分のアピールポイントを把握できれば、それを武器にアプローチできるようになります。自分のアピールポイントを知るには、仲の良い友人や家族に質問するのがもっとも手っ取り早いでしょう。

自分では気づけなかったアピールポイントが見つかるかもしれません。

第三者の協力を得る

第三者に協力してもらう手もあります。さりげなくアピールポイントを伝えてもらう、ダブルデートに誘ってもらう、といった方法がありますね

第三者に協力してもらって、片思いしている相手の情報を集めるのも一つの手です。

片思い恋愛を両思いにする相手との接し方

ここからは、具体的に片思いから両思いになるための、相手との接し方についてお伝えします。できればすべて試してほしいですが、まずはできそうなものからでも良いでしょう。

最後まで読んで、きちんとマスターしてくださいね。

顔を合わせる回数を増やす

できるだけ顔を合わす機会を増やしましょう。心理学でいうところの単純接触の効果を狙うのです。

顔を合わせる回数が増えれば増えるほど、親近感が湧いてきますし、距離を近づけることもできます。職場に片思いの人がいる方だと有利ですね。

積極的に声をかける

本気で両思いになりたいのなら、積極性も必要になります。いつも受け身では、いつまで経っても仲は進展しません。勇気を出して声をかけてみましょう

まずは挨拶程度でいいので、少しずつプライベートな会話ができるようになってください

相手を主体とした会話をする

自分を主体とした会話だと、相手もつまらなく感じてしまいます。また、会話も長続きしないかもしれないので、基本は相手を主体にします

「〇〇さんってあれですよね~」といった具合です。質問形式にしたほうが、会話は続けやすくなりますよ。

良い部分を自然にほめる

片思いしている相手のことは十分調べていると思うので、良い部分もきちんと把握できているはずです。それを、さりげなく褒めてあげましょう

できれば、相手が自覚していないような良いところを褒めてあげればさらに効果的ですよ。

相手の都合・ペースに合わせて連絡する

相手のLINEやメールをゲットしたら、嬉しくてつい頻繁に連絡してしまいがちです。しかし、まだカップルにもなっていないのなら、これはNGです。

相手の都合に合わせて連絡するようにすれば、相手も「気遣いができる人」と思ってくれますよ

いつも笑顔で接する

暗い表情で接してもらうより、明るい笑顔で接してもらったほうが気持ちがいいですよね。普段から、意識的に笑顔で接するようにしてください。

笑顔が苦手、という方は、自宅の鏡の前で笑顔の練習をしてみましょう。練習すれば表情筋もほぐされて、笑顔を作りやすくなります。

まわりより少し贔屓する

ポイントは、ほんの少しだけ贔屓するということです。あまり露骨だと、ほかの人から反感を買ってしまう恐れがありますし、片思いしている相手にもネガティブな感情を抱かせます。

少し贔屓することで「もしかして気があるのかな」と思わせることができます

見つめて視線が合ったらほほえむ

片思いしている人と目が合ってしまうと、恥ずかしくてついそらしてしまう方もいるでしょう。しかし、これはNGです。

これだと、相手は避けられている、嫌われていると勘違いしかねません。ほほえんで返せば、相手もドキッとしてくれますよ。

相手の名前で呼ぶ

いつも苗字で呼んでいるのなら、下の名前で呼ぶようにしてみましょう。名前で呼ぶことによって、親近感を抱かせることができます。

普段、名前で呼ばれることが少ない方なら、なおさらドキッとするでしょう。おすすめのテクニックです。

自分から食事などに誘ってみる

相手から誘ってくれるのを待っていては、いつまでも恋は進展しません。本気で両思いになりたいのなら、自分から食事にも誘ってみましょう。

誘うときには、相手の都合のいい日に合わせてあげると喜ばれます。相手の行ってみたいお店があるのなら、そこを第一候補にしてください。

さりげなくボディタッチする

ポイントは、さりげなくナチュラルにタッチする、ということです。ベタベタしてしまう方もいますが、カップルでもないのにベタベタされるのは、迷惑に感じる方もいます。

周りの反感も買いそうなので、適度にさりげなくボディタッチしましょう

相手に好意を抱いていることを匂わせる

もしかすると、相手はあなたからの好意にまったく気づいていないかもしれません。これだと、二人の距離が縮まることはまずありません。

「〇〇さんが恋人だったらいいのになー」など、さりげなく好意を持っていることを匂わせてみましょう。

片思い恋愛を両思いにする告白

片思いしている相手に好意を伝え、OKしてもらえば晴れてカップルになれます。ただ、告白はとりあえず気持ちを伝えればそれでいい、というわけではありません。

ここでは、片思いを両思いにするための告白のポイントをお伝えします。

告白は焦らず!関係性を深めて機が熟すのを待つ

とりあえず伝えたかったから伝えた、というような方もいますが、あまりおすすめしません。特に、相手との関係性が希薄なうちは、告白しても望みが叶う可能性は極めて低いでしょう。

まずはお互いの距離を縮め、関係性を構築する必要があるのです。

会って直接告白する

10~20代のあいだでは、LINEを使って告白することも多いようです

しかし、やはり直接会って告白したほうが気持ちが伝わりやすいので、おすすめなのは向き合って気持ちを伝える方法です。文字だとうまく伝えられないこともありますよね。

バレンタイン・誕生日などのイベントで告白する

告白するタイミングが今一つ掴めないという場合には、バレンタインや誕生日といったイベントがねらい目です

バレンタインならチョコを渡して告白ができますし、誕生日もおめでとうの言葉とともに告白しやすいですよね。

電話・メール・LINEで告白する

どうしても本人を目の前にして告白できないという場合には、電話やメール、LINEを使ってみましょう。

電話だと、直截相手と会話ができるため、会っているのと同じような感覚で告白できます。LINEやメールは文字での告白となるため、送信する前に、複数回読み直すことをおすすめします。

協力者に頼んで相手からの告白を促してもらう

協力してくれる人がいるのなら、相手から告白してくれるように仕向けてみましょう

協力者から「〇〇さんが告白してくれるの待ってるみたいだよ」といった感じに伝えてもらうのもいいですね。相手も気があるのなら、背中を押されることで告白しやすくなります。

まとめ

片思いから両思いになるための方法についてご紹介してきました。両思いになりたいのなら、まずはきちんと準備をすることですね。その上で、相手との接し方も考えていきましょう。

ここでお伝えしたテクニックも積極的に試してください。告白は焦らず、お互いの距離がある程度縮まってからにしたほうがいいですよ。