ピーナッツにはどんな効果が期待できる?おすすめの摂取方法とは

おやつやお酒の席のおつまみまで、日常何気に口にすることが多いピーナッツ。食べ出すとつい止まらなくなってしまう美味しい食べ物ですよね。ピーナッツは美味しいだけではなく豊富な栄養を含み、美容や健康にも大きな効果が期待できるのをご存知でしょうか?

そこでここでは、

  • ピーナッツに期待できる効果
  • ピーナッツのおすすめの摂取方法
  • ピーナッツを摂取するときの注意点

についてご紹介します。

ピーナッツに期待できる効果

見た目は小さなピーナッツですが、肥満を防止する効果や冷え性を改善する効果、貧血を予防する効果や美肌効果、アンチエイジング効果など様々なことが期待できます。この効果はピーナッツのどのような成分からきているのでしょうか。

肥満を防止する効果

ピーナッツには肥満を防止する効果があると言われています。ピーナッツに含まれている脂質は植物性脂肪であること、ピーナッツを摂取後の血糖値は緩やかに上昇することなどから太りにくいのです。さらに少量を口に入れるだけで満腹感が持続するという特徴もあり、ダイエットに適した食べ物と言えるでしょう。

冷え性を改善する効果

ピーナッツには冷え性を改善する効果も期待できるのです。冷え性の主な原因は血行の不良であると考えられています。ピーナッツにはビタミンEが多く含まれており、ビタミンEには体中の血の巡りを良くし、血を行き渡らせる働きがあると言われているのです

さらにピーナッツにはチロキシンやアルギニンという物質も多く含まれており、これらの物質には体の代謝を促進し血行を良くするのに役立ちます。ビタミンEやチロキシン、アルギニンの作用により血行が良くなることで、冷え性の改善につながるというわけです。

美肌効果

ピーナッツにはお肌を美しくする様々な成分が含まれています。ピーナッツの薄皮には高い抗酸化作用を持つレスベラトロールが多く、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどの美肌成分が破壊されるのを防いでくれます。

ピーナッツに多く含まれるビタミンEやポリフェノールにも高い抗酸化作用があるためお肌の老化が防がれ艶や張りが保たれるでしょう。さらにピーナッツには豊富に脂質が含まれており、脂肪酸であるオレイン酸にはお肌に潤いを与え、小じわの発生の予防につながるのです。

アンチエイジング効果

ピーナッツにはアンチエイジング効果的です。ピーナッツにはレスベラトロールという物質が含まれており、このレスベラトロールがお肌の老化を防ぐと言われています

レスベラトロールは赤ワインやタマネギの皮、りんごやぶどうの皮などにも含まれるポリフェノールの一種であり強い抗酸化作用を持っています。この作用により老化の原因である活性酸素の働きが弱められると言われているのです。特にピーナッツの皮にたくさん含まれていますので皮つきピーナッツを食べるようにしましょう。

ピーナッツのおすすめの摂取方法

ピーナッツの摂取による様々な効果を最大限に享受するためにおすすめの食べ方があります。1日に食べる量やタイミングや、薄皮も一緒に食べるのもポイントです。詳しく説明していきます。

1日20~30粒程度

ピーナッツの適切な摂取量は1日20~30粒程度です。いちいち数えるのは面倒ですので、手で大掴みにして一握りくらいであると理解しましょう。ピーナッツは美味しく食べやすいのでつい食べ過ぎてしまいがちです。ピーナッツは基本的に太りにくい食べ物です。

しかし含まれるカロリーは100gで562kcalと高く、リノール酸などの取り過ぎると良くない脂肪酸も含まれていますのでやはり注意が必要です。ちなみにピーナッツ10粒は約5gで28kcalのカロリーを含んでいます。

薄皮も一緒に食べる

ピーナッツの薄皮にはレスベラトロールというポリフェノールの一種である物質が非常に多く含まれています。このレスベラトロールには強い抗酸化作用があると言われ、お肌の老化を予防するなど高い美容効果が期待できるのです。レスベラトロール配合の美容サプリメントもあるほどです。

このようにピーナッツの薄皮を摂取することで、美容と健康に高い効果が期待できるのです。

朝か昼に食べる

ピーナッツは朝か昼の日中に食べるのがおすすめです。ピーナッツには豊富な栄養が含まれており、よく噛んで食べると満腹感も得やすいため食事量を減らしやすくダイエットに適しています。

ピーナッツは食物繊維を多く含み消化に時間がかかるため、夜遅くに食べるのはよくありません。睡眠後も胃腸が働き続けるので睡眠が邪魔されてしまうからです。

おやつがわりに食べる

ピーナッツはおやつがわりに食べるのもおすすめです。おやつはおせんべいやクッキーなど糖質やカロリーが高いものが多くついたくさん食べてしまいがちで、肥満が心配になります。

ピーナッツはおせんべいやクッキーに比べ含まれる栄養も豊富です。よく噛んで食べることで、少量でも満腹感を得やすく腹持ちも良いダイエットに理想的なおやつなのです

ピーナッツを摂取するときの注意点

いいことばかりに見えるピーナッツですが、いくつか注意するべき点があります。アレルギー症状が出る場合があることや、種類によってはニキビが出やすいこと、食べ過ぎると良くないことなどです。詳しく見てみましょう。

アレルギーを持っている人は摂取しない

アレルギーを持つ人がピーナッツを食べなうようにしましょう。ピーナッツは食物アレルギーの症例数が多くアレルギー表示が義務付けられている食品です。

ピーナッツアレルギーはアナフィラキシーショックを起こしやすく、アナフィラキシーショックが起きると皮膚の腫れ、麻疹、咳、胸の痛みなどのアレルギー症状が急激に起こります。アレルギー傾向がある人は検査をしてから摂取するようにしてください。

過剰摂取はNG

ピーナッツ 食べ物

ピーナッツの過剰摂取には注意しましょう。他の食べ物と比較するとピーナッツに含まれる脂肪の量は多いです。ピーナッツが体にいいからと食べ過ぎるとかえって肥満に繋がることもあるので、十分に注意しましょう。

まとめ

ピーナッツに期待できる効果、ピーナッツのおすすめの摂取方法、ピーナッツを摂取するときの注意点などについて詳しく見てきました。ピーナッツは適切な量を守れば美容と健康、そして日々のエナジーチャージにとても効果的な食べ物であると言えます。ピーナッツを食べることで美しく健やかな日々を送りましょう。

*本文中で「アンチエイジング」について言及する場合、「年齢に応じた潤いのお手入れ」を意味します。若返り効果を意味するものではありません。
*本文中で「美白」について言及する場合「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと」「メーキャップ効果により肌を白くみせること」もしくは「日やけによるしみ・そばかすを防ぐこと」を意味します。
*本文中で「シミ」や「小じわ」「毛穴」のケアに言及する場合、文言はいずれも「シミやシワ、毛穴を目立たなくすること」を意味します。シミやシワの改善や治療効果を標ぼうするものではありません。
*記事内で特定商品の効果を紹介する場合、該当の記載は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品がパッチテスト済みであることを紹介している場合、該当のテスト結果は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。