嫌味を言う人はどんな人?嫌味を言う人の特徴や上手な対処方法

自分にこれといった落ち度がないのに嫌味を言われた経験はありませんか。職場や友人との人間関係で悩むことは少なくありません。面と向かってはっきりと悪口を言ってくれればまだいいのですが、褒めているのかけなしているのかよくわからない嫌味でネチネチ攻撃されるのはとても不快です。

今回は

  • 概要
  • 彼らが嫌味を言う理由
  • 上手な対処方法

と、なぜ嫌味を言うのか、嫌味を言う人の特徴や上手な対処方法についてまとめました。

嫌味を言う人に共通する特徴

人に平気で嫌味を言える人は人格に問題があるように思えますが、なかには自分が嫌味を言っていることに気づいていない人もいます。

ついつい嫌味を言ってしまう人に共通する特徴にはどんなことがあるのでしょうか。

他人を見下している

嫌味を言う人の心理の1つに、常に自分が一番であると思い込んでいることによって周りを見下している可能性があります。能力は自分の方が上だと思っているので、人を対等に評価することができないのかもしれません。したがって、レベルが下の人間が自分よりも優れていたり、幸福であったりすることを許せないという心理が働いている可能性があります。

相手の言動や仕事の成果など関係なく、先入観によって見下しているため言葉使いや態度はいつも失礼で上から目線です。見下されて当然の相手と思っているため、相手が傷つくことなどお構いなしに嫌味を言い続けます。言い過ぎたと謝ることもないでしょう。

プライドが高い

プライドが高い人に嫌味をよく言う人が多い傾向もみられます。キャリアも能力も自分より下の後輩が仕事で結果を出すと「特に努力もしていないのに、なぜ自分よりも認められるの?」と憤ることもあります。また、容姿や女らしさで劣る友人に彼氏ができて幸せそうにしていることにもプライドが傷つけられて許せないでしょう。

女性は男性に比べるとマウンティングする傾向が強いため、自分よりもレベルが下と思っている人間が優位な立場に立つことが許せません。ジェラシーや悔しさが自然に嫌味となって口から出てしまいます。

完璧主義者

職場でよく嫌味を言う人のなかにはプライドが高いだけでなく、実際に仕事に真剣に打ち込んでいる完璧主義者もいます。自分では考えられないような単純なミスをしたり、自分の足を引っ張られたりすると、強い怒りがこみあげてきて嫌味を連発してしまいます。

「自分ができることは他人もできて当たり前、できないなんて考えられない」と価値観を押し付けてしまうため、できないことに対して嫌味を言ってしまうのでしょう

自分が仕事ができる優越感に浸りたいだけでなく、単純に人のミスを許せない気持ちも強いのが特徴です。いつも同じターゲットに対してネチネチいびることも少なくありません。

彼らが嫌味を言うのはどうして?

嫌味を言い続ける人は周りから良い印象は得られず、徐々に距離を置かれて嫌われるのが普通です。しかし、それでも嫌味を言い続けるのはなぜなのでしょうか。なかには、嫌味を言っている自覚がない人もいます。嫌味を言う理由について考えてみましょう。

嫌味を言っている自覚が全くない

日頃から口癖のように嫌味を言うことが体いしみついてしまっている人は、他人に対して嫌味を言っている自覚が全くありません。日常の挨拶や楽しいジョークのような感覚で嫌味を言っているので、そのことで相手が傷ついているなど考えられないのでしょう。

仕事や恋愛などの明確な理由があって嫌味を言うのであれば、相手もなぜ嫌味を言われるのかわかるでしょう。しかし、嫌味が日常茶飯事である場合は意図することがわかりません。

嫌味を言う本人はコミュニケーションの一環と考えており悪気はないでしょうが、だからこそ周りを不快にさせることもあります

嫌味を言うことでストレスの発散をしている

日常的に嫌味を言うのではなく、ときどき強烈な嫌味を言う人の場合は、自らの感情をコントロールできず、嫌味を使って自らのストレス発散をしていることも考えられます。嫌味を言う人は基本的に幸福な状態ではなく心に余裕がありません。また、自分なりのストレスを多く抱えていることが多いものです。

精神的にも不安定であるため、自分よりも幸せな人をみると我慢できずに嫌味を言ってしまいます。イライラの解消に人に対して攻撃的な言葉を言いますが、だからといって嫌味を言うことで心が満たされるわけではなく悪循環が続くことになるでしょう。

相手に嫉妬している

自分が頑張って努力しても勝てる見込みのない相手に対する嫉妬心から嫌味を言う人も少なくありません。容姿や仕事の能力だけでなく、ただ自分よりも充実した生活を送っている人のことが羨ましくて嫌味を言うこともあります。

自分がより幸福になるための努力をすることではなく、自分よりも幸せに見える人に対する嫌味で心を満たそうとします。

「人の不幸は蜜の味」を地でいくタイプなので、他人の悩み相談に積極的に乗って不幸話にほくそえみます。また、自分の助言によって上手くいくと手のひらを返したように嫌味を言うこともあるでしょう。

自分に自信がない

嫌味を言って他人を批判することに一生懸命になる人は、自分に自信がなくて自分が好きになれない場合もあります。自尊感情が低いため、何とか自分の心を維持しようと嫌味を言って他人をおとしめようとすることもあるでしょう。

自分の嫌いな部分が他人に重なって見えて、嫌な自分を見ている気分になって嫌味を言うこともあります。他人に嫌味を言って攻撃することで、自分自身の嫌な部分をカバーしているような気になるのでしょう。

しかし、人を攻撃したからといって自分の自信のなさが解消されるわけではなく、そのうちに嫌味を言い続ける自身が嫌になってしまいます

嫌味を言う人への上手な対処方法

確信犯的に相手を傷つけようとしている人のほかに、自らの欲求不満のはけ口や性格上の問題からつい嫌味を言ってしまう人もいます。

嫌味を言う人と真剣に対峙しても良い方向にいかないことも多いものです。嫌味を言う人への上手な対象法についてまとめました。

嫌味はスルーして相手にしない

嫌味を言う人をいちいち真剣に相手にして腹を立てていても時間と労力の無駄なので、正面から相手にせずスルーするのが一番です。相手は嫌味を言うことに全精力を注いでいるので、何を言い返しても聞く耳を持たず、二の矢、三の矢の嫌味を次々に放ってくるだけでしょう。

嫌味を言う人は自分の言葉によって相手が傷ついたり、怒ったりして感情が乱れることを狙いにしています。その術中に陥ったら相手の思うつぼになります。

不愉快な気持ちを顔に出さず「そうですか」「○○なんですね」とただ認めたり、オウム返ししたりすれば、相手は思うような反応がないため面白みがなく飽きてくるはずです

子供を相手にするように接する

嫌味を言う人は相手の気持ちを推し量ることができない子供と同じなので、大人同士のつきあいをしても腹が立つだけです。心が成長しきっていない子供のような大人だと思って、子供を相手にするように接すると心が乱れずに済むでしょう。

嫌味を言ったからといって状況や変化が表れることはなく、嫌味を言う人の心が歪んだ形で満たされるだけです。

子供の言うことを真に受けて本気で怒る大人は恥ずかしいものです。嫌味にカチンときても「この人よりは自分の方がずいぶん大人なんだから……」と思って言い返さないようにすれば問題は生じません。

相手は可哀想な人と思い憐れむ

嫌味を言う人は相手の立場で物事を考えたり、思いやりを持って人に接したりすることができない人がほとんどです。したがって、嫌味の1つ1つに腹を立てるのではなく、可哀想な人と思って心のなかで憐れんであげましょう。もちろん、言葉や態度であからさまに表現するとプライドが高い相手を傷つけ、嫌味がさらに激しくなります。

嫌味を言うことでした心を満足させることができない哀れな人と思って、笑顔で話を合わせてあげれば相手は満足するでしょう。何を言われても「可哀想な人だから仕方がない」と思えば腹も立たなくなります。

相手が自信を持てるようにおだてる

嫌味を言う人には自分に自信がない人、異常にプライドが高い人など、いろいろなタイプがいますが、共通しているのは自分に対する自信がなく心にゆとりがないことではないでしょうか。したがって、嫌味を言われて不愉快になりそうなときには。逆に相手のことを褒めておだててみましょう

褒められて嫌な気持ちになる人はいません。「とても○○さんのようにはできません」「○○さんのようにテキパキとするためにはどうすればいいのか教えていただけませんか?」と笑顔で言います。

嫌味を言う相手は自尊心をくすぐられていい気持ちになり嫌味が引っ込むことも少なくないでしょう。

まとめ

友人や職場の先輩、同僚などでいつも嫌味ばかり言う人がいます。嫌味を言う人は仕事やプライベートで充実しておらず、精神的な幸福感が足りないことがほとんどです。

嫌味を言う人には真正面から勝負することなく、一歩引いて感情を乱すことなく上手に対処することでストレスを軽減できます。嫌味を言うことでいか満たされない人だと思って、余裕のある大人の対応を心がけましょう。