仕事をしない人の共通点と仕事をしない人にイライラしない方法

職場に仕事をしない人はいないでしょうか。仕事はお金を得るだけでなく誇りややりがいを持ってチームで臨むものです。しかし、仕事をしない人は職場全体に迷惑をかけても何とも思っていないためイライラすることも多いでしょう。

そこで、

  • 仕事しない人の特徴
  • 仕事しない人にイライラしてしまうときの対処法
  • 部下が仕事をしないときの対応法

と、仕事をしない人の共通点や仕事をしない人にイライラしないための方法についてまとめました。

仕事しない人に共通している5個の特徴

仕事をしていない人は与えられた仕事をこなさずに停滞させるだけでなく、周りのモチベベーションも低下させてしまいます。

真面目に仕事をする人ほどイライラしてしまいますが、仕事をしない人にはどんな共通点があるのか5つにまとめてみました。

向上心がない

仕事をしない人の代表的な特徴として向上心のなさがあります。仕事を始めたばかりの頃は辛いことばかりで仕事が嫌になることも多いものです。しかし、慣れれば仕事がおもしろくなり「もっと覚えたい」「スキルアップしたい」と考えるのが普通でしょう。

仕事をしない人は誰もが抱く向上心がないため、目標を持つこともなくただ給料をもらうためだけに最低限の働きを続けるだけです。上司の評価や昇進にも興味がありません。

他人の評価が気にならない

仕事をしない人のなかには、他人に自分が正当に評価されていないことに不満を感じている人もいます。きちんと仕事をしているのに適正に評価されなければ誰でも気落ちしますが、普通の人であればさらに頑張って見返してやろうと思うものでしょう。

仕事をしない人の場合は、自分で思っているほど仕事をきちんとしていない可能性も高く、他人の評価とのギャップは思い込みや自意識過剰、自分に対する甘さが招いた結果と言えるかもしれません。

働いているフリがとても上手

仕事をしない人は特に上司や先輩の前では働いているフリをするのがとても上手です。たいして働いてもいないのに口癖は「忙しい、忙しい」。少しでも仕事を振ろうとすると「何考えているの!私は自分のことで手一杯なんだから!」と逆切れされます。

周りはどんなに忙しくても口に出すことはなく黙々と仕事をこなしており、仕事をしていない人の仕事に対する不誠実な姿勢を知っていても何も言いません。どんなに働いているフリをしていても皆お見通しであり相手にされていないのです。

批判的な考え方を持っている

仕事をしない人のなかには基本的に批判的な考え方を持っている人も少なくありません。仕事の進め方や人事方針など、事あるごとに口に出して批判しそれを理由に仕事に取り組もうとしないようにすることも珍しくありません。

職場に対して批判的な考え方を持っているのに辞めもせず、働かない人間は厄介で迷惑な存在です。批判的な態度を取っていれば自分に仕事が振られることもなく、指導されることも少なくなると考えているのでしょう。

仕事しない人にイライラしてしまうときの対処法

チーム一丸となってプロジェクトに臨んでいるのに、1人だけ仕事をしない人がいるととても迷惑します。

しかし、仕事をしない人にイライラしてばかりでは自分の仕事だけでなく精神衛生上もよくありません。どのようにすればイライラせずに済むのでしょうか。

自分と比較しない

仕事をしない人と自分を比較しないことでイライラを抑えることができます。仕事をしない人にひどく腹が立つ理由の1つに「私はこんなに苦労して頑張っているのにあなたは何なの!」と感情的になってしまうことがあげられます。

仕事は山積みなのに真剣に働こうとせず、定時になると平気で「お先に」と帰宅する姿を見れば怒るのは当然です。しかし、一生懸命仕事をする人と仕事をしない人を同じ土俵の上で比較すること自体に無理があります。自分の仕事だけに集中するように心がけましょう。

深く関わらないように努力する

仕事をしない人でも職場の大切な仲間の1人であることは間違いありませんが、深く関わって自分まで損をすることがないように努力することも大切です。仕事をしない人は、何かにつけて余計な話をして仕事に集中しません。仕事中なのに無駄なおしゃべりをするのも大好きです。

仕事をサボるためのおしゃべりの相手にされたら、自分の仕事がおろそかになるだけでなく周りから同じような人間だと勘違いされてしまう可能性もあります。仕事とプライベートをきちんと区別し、仕事中に話しかけられても相手にしないようにすることが大切です。

しっかりと注意する

仕事をしない人のせいで仕事全体に支障が出る場合には、しっかりと注意する必要があります。個人的に適当にサボる程度なら目をつぶることもできるでしょう。しかし、その人が仕事をしないことで真面目に仕事をしている他の者に大きな迷惑がかかる場合は深刻な問題となります。

注意する際のポイントは、迷惑をかけている具体的な理由を整理しておくこと、注意だけではなく改善策を示してあげること。注意するポイントを絞って人格を否定することなく、冷静に淡々と注意するようにしましょう。

上司に相談する

仕事をしない人に向き合う際には上司に相談しましょう。仕事をしないことに平気な人間には常識が通じないため、1人で直接注意しても太刀打ちできません。上司に相談して、立場が上の者として協力してもらうことが大切です。

真面目に仕事をする人にとって仕事をしない人は邪魔で迷惑な存在です。チームで行わなければならない仕事が進まなくてイライラするだけでなく、仕事に対するモチベーションを維持することも難しくなるため早めに上司に相談するようにしましょう。

目の前にある自分の仕事に集中する

目の前にある自分の仕事だけに集中するようにすれば、仕事をしない人にイライラすることも少なくなります。一生懸命仕事をしているのに側で全くやる気がなく仕事をしない人間を見れば誰でも腹が立ちます。

しかし、仕事をしない人間を相手に感情的になっても自分の仕事に集中できず支障が出るだけです。仕事をしない人のおかげで自分の能力が際立っていると考えて、自分のために時間や労力を有効に使うようにしましょう。

期待することをしない

仕事をしない人間に他の同僚や後輩などと同じように期待を抱かないようにすることもイライラ防止になります。腹が立ったり、イライラしたりするのは、仕事をしない人が実はやろう思えばやれるのにやらないだけと思い込んでいるからでしょう。

仕事をしないことが体に染みついてしまっている人間は、どんなにガミガミいったところで自ら仕事をすることはありません。「期待しているから怒っている」と言っても全く響かないでしょう。精神衛生上良くない状態が続かないよう期待せずに目をつぶることも大切です。

部下が仕事をしないときの対応策

職場で部下が仕事をしないタイプである場合、頭ごなしに叱っても逆効果になるだけでなくパワハラと言われてしまう可能性もあります。

本人に仕事に対するやる気を芽生えさせることが重要なポイントとなりますが、具体的にはどうすればいいのでしょうか。

コミュニケーションを意図的に増やす

仕事をしない部下には意図的にコミュニケーションの回数を増やすことも大切です。仕事をしない部下として一度レッテルを貼られると自分から仕事をしようとはなかなか思いません。

「どうせ自分なんか誰からも頼りにされない」「ばかにされている」と思い込んで半ば開き直っているような状態にあると言えるでしょう。少し骨は折れますが、先輩、上司として1対1でじっくりとコミュニケーションをとってまず話を聞いてあげましょう。

明確な目標を与えて仕事を振る

仕事を自らしようとしない部下には明確な目標を与えて仕事を振る方法も効果的です。初めは長いスパンではなく、少し努力すればできそうな目標を設定させて仕事をした実感や充実感を持たせることが大切です。

目標と期限を切って1人だけでやらせるようにします。小さな仕事でも「自分だけに与えられた仕事だ」と思えば責任感も生まれてくることでしょう。自分でも職場の役に立つことが理解できれば仕事に対する姿勢も変化するはずです。

わからないときに質問できるような環境を整える

仕事をしない部下には、何でもわからないことを気軽に聞ける環境を整えてあげることも大切です。意図的に仕事をしないのではなく、わからないことに直面したときに誰にも聞けずにいることで仕事を投げ出している可能性も考えられます。

ときどき「どんな状況?」「困っていることない?」と声かけすれば、自分から仕事に関する質問をしてくるようになることもあります。時間はかかりますが、納得するまで根気よく相手をしてあげることが大切です。

まとめ

やりがいや誇りを持って一生懸命仕事をしている人にとって、仕事をしない人はとても迷惑な存在であり腹が立ちます。

しかし、まともに相手をすると自分の仕事ができなくなるだけではなく慢性的なストレス状態となります。イライラを溜めないためのコツを押さえて、仕事をしない人と上手につきあいましょう。