電気ポットの掃除の仕方とおすすめアイテム!汚れの原因もご紹介

手軽にお湯を沸かして便利な電気ポットですが、水の温度を上げるため、菌や汚れが発生しやすいと言われています。飲料用のお湯を作るので、しっかり対策することが欠かせません。

そこで今回は

  • 電気ポットにみられる汚れの種類
  • 電気ポットの掃除の仕方

などをご紹介します。

電気ポットの汚れの原因

電気ポットの汚れにはいくつかの種類があり、色によって原因が異なります。汚れの種類によって対策の方法も違ってくるため、まずは汚れがどのような原因でできているかを知っていきましょう。

白い汚れ:水垢

電気ポットを使っていると、白い粉のような汚れができてくる場合があります。硬くなることも少なくないので、ちょっと拭く程度では簡単に落とせません。

結論として、この汚れの正体は水垢です。ぬめりが伴っていたり、不潔な色が付いていたりする害のありそうな種類ではないので安心してください。白い水垢の原因は、カルシウムやミネラルといった水分中に含まれる栄養素です。それらが蓄積しているだけですが、だからといって放置をするのは避けましょう

白い汚れが溜まりすぎると、沸かしたお湯が臭うようになってきます。早めに対策しましょう。

緑の汚れ:緑青(害はない)

緑色の目立つ汚れができたときは、電気ポットの管理に今まで以上に気を遣うべきでしょう。これは電気ポットを不衛生な状態にしているサインです。緑の汚れ自体はもちろん、使い方や掃除などさまざまな面において注意意識を働かせてください。

この緑の汚れの正体は、緑青というものです。読みは「りょくしょう」であり、10円玉などの銅に付く緑色の汚れと同様の成分です。つまり錆びている状態になっているため、使ったあとの手入れが行き届いていないことが考えられます。こちらも、白い汚れ同様ただちに何か害が起こるわけではありませんが、緑の汚れが現れたら使用法を見つめ直すことが大切です。

茶色や赤の汚れ:錆び

同じサビ汚れでも、茶色や赤になったものは注意が必要です。原因は、白い汚れ同様水分中の成分が付着して、それが錆に変化している状態です。水自体は錆ませんが、水分中の鉄分が固まることにより錆につながる金属部分ができてしまいます。不衛生な状態なので、早めに対策すべきでしょう。

特に、濃い赤色や黒に近い色になったときは要注意です。この場合、水分中の鉄分ではなく、電気ポット内側のステンレスに亀裂が入り、ポットそのものが錆を作っていることも考えられます。電気ポットが壊れている状態なので、磨いてきれいにするだけでは根本的な問題の解決とはなりません。電気ポットそのものを、買い換えた方が良いでしょう。

電気ポットの正しい掃除の仕方

電気ポットの汚れは、水分や熱、金属が影響しているため、化学的な反応を起こししっかりこびりついているケースが多く、通常の磨き洗いでは落ちきらないケースも。そこでおすすめしたいのが、汚れを落とすに適しており、なおかつ人体にも安全性の高い洗浄成分を活かした掃除の仕方です。以下の手順を、参考にしてください。

1.電気ポットに満タンの水とクエン酸を大さじ1入れる

まず、電気ポットに満タンの水を入れましょう。ただし、あとでスイッチを入れて沸騰させるため、電気ポットで決められている上限量は超えないようにしてください。そして次に、クエン酸を大さじ一杯入れます。このクエン酸こそが、電気ポット汚れを取る上で大きなポイントです。

なぜクエン酸が適しているのかというと、酸性の性質を持っているためです。水垢などの金属製の汚れは、基本的にアルカリ性です。つまり、酸性とアルカリ性を反応させて汚れを浮かす効果があります。化学的に浮かせてから落とすため、余分な力が必要なく、電気ポットの負担も少ないです。

注意したいのが、汚れがしつこいからといって、たわしなどで強くこする方法です。それによって削り落とすことも可能かもしれませんが、同時に電気ポット自体を傷つけてしまうかもしれません。金属面を傷つけると、サビの原因になってしまうので避けるべきです。

2.電気ポットのスイッチを入れ沸騰・2~3時間放置

クエン酸を入れたあと、すぐにこすってはいけません。電気ポットのスイッチを入れて、沸騰させましょう。その後、2~3時間放置します。クエン酸の酸性がアルカリ汚れにしっかり作用するため、高い汚れ落とし効果が期待できます。

沸騰させ、さらに2~3時間放置すると、クエン酸の成分が電気ポット内に長時間付着する形になります。ですが、クエン酸は梅やレモンといった酸っぱさが特徴的な食品に含まれる酸味成分であるため、人体への影響を心配する必要はほとんどありません。

3.水を捨て内側をこすり洗いする

2~3時間放置したあとは、ポットの中の水を捨ててください。汚れが溶け出した水であるため、飲料水や料理に使用してはいけません。水を捨てて空の状態になったら、内側の汚れ部分をこすり洗いしましょう。クエン酸によって汚れが剥がれやすくなっているので、比較的落としやすいでしょう。

4.水でよくすすいで乾燥させる

クエン酸は、人体に害の少ない成分とはいえ、やはり電気ポット内に残すべきではありません。酸味が際立つ成分であるため、お湯を沸かして飲み物を作るときに、味が変わってしまう可能性が出てきます。よくすすぎをおこない、最後に乾燥させましょう。

電気ポットの汚れに効果的なアイテム

前項の通り、電気ポット汚れにはクエン酸が効果的です。そのため、電気ポット向けのクエン酸製品が多数販売されています。幅広い用途に使えるクエン酸を使用するのも良いですが、やはり電気ポット向けの製品やポット洗浄に適したものの方が効果的でしょう。おすすめのものを5点ピックアップしたので、これらを中心に検討してみると良いかもしれません。

タイガー 電気ポットケトル内容器洗浄用 クエン酸

電気ポットの内容器洗浄用に作られた、理想的なクエン酸製品です。ポイントは、タイガー社製という点でしょう。長きに渡り魔法瓶やポットを扱う定番的なメーカーとして知られる会社の商品だけに、安心感があります。また、タイガー社製電気ポットにしか使えないというわけではなく、全メーカー対応となっています。

小久保工業所 紀陽除虫菊 電気・保温ポット洗浄剤 クエン酸ポットクリン

クエン酸といえば、酸っぱい成分として有名です。このクエン酸ポットクリンのパッケージは、柑橘類をイメージさせるような黄色系で、クエン酸を選びたいときに見つけやすいでしょう。成分の特徴としては、顆粒状である点が挙げられます。ポット内の水にさっと溶けてまんべんなく広がるため、汚れ浮かしの効き目も表れやすいです

象印 ピカポット ポット内容器洗浄用クエン酸

タイガー社同様、象印社もまた電気ポットのメーカーとして有名です。電気ポットのことを、しっかり考えられたクエン酸製品であることが窺えます。事実、ポット内容器洗浄用と冠されているので、電気ポットへのダメージや取れにくい汚れへの効果もしっかり意識されているでしょう。水垢や汚れ、臭いの除去にも働きかけるので、衛生的な状態に近づけられます。

ポット洗浄中 電気・保温ポット用洗浄剤

顆粒タイプが多いポット向けのクエン酸製品ですが、こちらはあえて錠剤タイプとなっています。錠剤には、こぼす心配がない、気軽に投入できる、発泡剤を組み込むことで洗浄力を高められるなど、メリットがあります。個包装なので、良質な状態で保管できる点もポイントでしょう。

地の塩社 クエン酸 800g

上記までのクエン酸は、3つや6つなど、少量しか入っていないものが基本となっています。一般家庭では良いですが、企業やグループにおいて使う場合、毎回の買い足しが面倒に思えてきます。このクエン酸は、800グラムの大容量タイプとなっているので、ひとつ置いておくと便利に感じられるでしょう

まとめ

お湯を素早く沸かせる、タイマーをセットしておけば理想のタイミングでお湯が作れる、温度調節ができるなど、何かと便利なポット。それだけに、清潔な状態に保っておきたいところです。電気ポットには取れにくい特徴的な汚れが付きやすいため、正しい方法で掃除することが欠かせません。当記事の内容を、安心して電気ポットが利用できるよう役立ててください。