初デートを成功するためのポイントとは?盛り上がる会話ネタ7つ

付き合う前もしくは付き合ってからお互いを知る第一ステップ、それが初デートです。初デートで盛り上がってその後も長い付き合いができるカップルもいれば、初デートがうまくいかなくてその後自然消滅…などと言ったケースもあるようです。

今回は

  • 初デートで、デート相手が見ているポイント
  • 初デートで盛り上がる会話ネタ
  • 「次はないな」と思われてしまう振る舞い

を解説します。初デートがうまくいくポイントを抑えておきましょう。

初デートで相手はあなたのココを見ている!


緊張してどうしたらよいのかわからない初デートですが、相手はあなたのいろいろな部分を見ています。あなたの魅力が伝わって二人の付き合いが盛り上がる、そんなデートにしたければ、初デートで相手がチェックしているポイントを知るのが第一ステップです。

一緒にいて居心地が良いか

初デートで男性も女性も相手をチェックしているポイントはずばり「居心地の良さ」です。一緒にいて緊張しない、話が合う、安心感を抱く、黙って話を聞いてくれるなどといったことです。自分が緊張していては相手も緊張してしまいますのでリラックスをすることが大切です。

また、話は真剣に聞き、相槌を打ちながら聞くとよいでしょう。また、沈黙が続くと居心地が悪くなりますので、デートが盛り上がる話題も考えておくのが最善です。

会話の相性

やはり、初デートにおいては会話の相性がとても大事です。いくら会話が弾んでいても、どちらかが一方的に話し続けている状態では雰囲気が良いとは言えません。

また、緊張してしまって会話が全く盛り上がらないという状況もあるでしょう。相手に合わせて会話をすると言うのは簡単なようで難しいのかもしれません。

配慮や気配りができるか


男性においても女性においても、人としての配慮や気配りは大切です。

男性であればさりげなく相手をエスコートしたり、女性であれば女性らしい気遣いや振る舞いができるかというのをチェックしています。どんなに雰囲気が良くても、自己中心的だと思われたらパートナーとなることは無いかもしれません。

食事のマナー

食事のマナーができていない社会人は、やはり相手を幻滅させます。初デートの多くは食事ですので、食事のマナーは要チェック項目でしょう。

フォークやナイフはきちんと使えていても、モノを口に入れたまま喋る、食べるときにくちゃくちゃという音を出す、箸がきちんと持てていないなどといったことは一気に相手を幻滅させます。自分を客観的に見て気持ちのよい食事のマナーができるようにしましょう。

店員への態度

最近は男性に限らず、女性も店員さんなど働く人への姿勢がなっていないケースが散見されます。こちらがお客様だからといって相手を下に見ていると、幻滅されかねません。ましてや店員さんに声を荒げるなどは論外です。店員さんには敬意を払い、丁寧に接するようにしましょう。

これができたら相手から+(プラス)評価!


初デートにおいて、話題づくりや最低限のマナー、気遣いはできていて当たり前と思う人もいますし、そんなにハードルは高くないと思う人がいるかもしれません。これができたら、相手からプラス評価をもらえる!ということについても知っておきましょう。

相手が楽しんでいるか気にかける

初デートで緊張しているのは相手も同じです。そのときに相手が楽しんでいるか気にかけてくれる人とは、もっと一緒にいたいと思うものです。確かに話題を振るだけ、自分がデートを楽しむだけで精いっぱいになってしまうかもしれませんが、ここは心に余裕を持って相手のことを気にかけるようにしましょう。

約束の時間の10分前には着いておく

初デートですから、時間に余裕を持っておくことは必要です。ただでさえお互いに緊張しているのに、相手を待たせてしまっては余計に相手が不安になるかもしれませんし、マナーとしてもなっていません。普段のデートももちろんそうですが、初デートならなおさら約束の時間の10分前には到着しておくようにしましょう。

いろいろなことを想定して代替案を用意しておく


初デートに限らず、デートはシミュレーションがとても大事です。事前に案を考えておくことは勿論のこと、お店なども調べておいたほうがいいです。天気が悪かったり、予定していたところが臨時休業だったり、予定通りに行かないケースもあります。そのため、デートのプランは必ず代替案を考えておくようにしましょう。

スケジュールを詰め込みすぎない

いろいろなことをやりたい、初デートを充実させたいと思うのは当然のことです。だからといってスケジュールを詰め込み過ぎると、余裕がなくなってしまいますし、二人の仲をじっくり深める時間も無くなります。そのため、初デートの時はなおさら、スケジュールに余裕を持っておきましょう。

また会いたいという気持ちを伝える

初デートは成功したのに2回目がない、ということももちろんあります。長く付き合いを続けていきたいのであれば、必ず「また会いたい」という気持ちは直接伝えるようにしましょう。相手がまだ決めかねているのに次の約束をしてしまうのは、もしかしたら性急かもしれません。ですが、自分の気持ちだけは伝えるようにしましょう。

帰り際にはきちんとお礼をいう


終わり良ければ総て良しという言葉があるように、スマートな初デートにするためには、やはり帰り際が大切です。たとえなにか言いたいことがあったり満足のいくデートでなかったとしても、スマートにお礼を言うのは必要です。

帰ってからのメールやLINEのフォロー

もう一度会いたい、大切にしたいと思っているのであれば、初デートをしてしっぱなしというのはおすすめできません。帰ってからのアフターケアももちろん大切です。まずは相手からの連絡を待ってみるということでもいいかもしれませんが、自分からメールやLINEでスマートにフォローするのがよいでしょう。

初デートで盛り上がる会話ネタ


初デートでもっとも気まずくなるのが、会話がなく退屈な時間を過ごすことです。初デートの会話ネタ探しで、気まずさを感じる人も少なくありません。

そのため、初デートで盛り上がる会話ネタについても抑えておきましょう。

  • 共通の友達の話
  • 趣味の話
  • 好きな食べ物の話
  • 好きな芸能人の話
  • 旅行に行った時の話
  • 学生時代にやっていた部活の話
  • ペットの話

1つ1つ見ていきましょう♡

共通の友だちの話

もし共通の知り合いや友達がいるのであれば、その人の話などもよいでしょう。共通の友達の話であれば、初対面の相手とのデートであっても盛り上がることができるからです。職場同士で初めてのデートをするなら、まずは会社の話から始めるのも良いかもしれません。

趣味の話

男性であっても女性であっても趣味の話は聞かれるとうれしいものです。自分が大切にしている趣味について聞いてくれて理解をしようとする姿勢は、相手にとっても好ましいものです。特に趣味があったときなどは話が弾むこと間違いないでしょう。

好きな食べ物の話


初デートには、食事デートを考えている人も多いでしょう。食事のデートで盛り上がれる話題は、やはり好きな食べ物です。好きな食べ物の話であれば、だれでも答えられる話題です。さらに、好きな食べ物が似通っていて盛り上がるのでしたら、次のデートも期待できるからです。

好きな芸能人の話

好きな食べ物と同じように当たり障りのない話題であれば、好きな芸能人の話です。好きなタイプをそれとなくさぐりたければ、好きな芸能人からその話に持っていくこともできます。そのほかにも、特に趣味がない人であっても好きな芸能人くらいはいるでしょうから、会話の沈黙を避けることも出来ます。

旅行に行った時の話

旅行に行った楽しい思い出は、聞かれて不快になる人はあまりいません。自分から話をするのが苦手な人でも、旅行の話であれば饒舌になる人もいます。沈黙がつらい人には最適の話題です。また、話下手の人でも、旅行の話なら盛り上がることができるかもしれません。

学生時代にやっていた部活の話

学生時代に部活をやっていた人であれば、学生時代にやっていた部活の話をするのも盛り上がるでしょう。学生時代の思い出は、誰にでもあることですので、聞いても差しさわりがないです。部活だけでなく修学旅行や好きな教科などの話をすることもできます。

ペットの話


特に女性であれば、ペットを飼っている人はペットの話をすると喜ぶでしょう。ペットがかわいくないという飼い主はあまりいないので、もし相手がペットを飼っていたら、話をしてみるのが良いです。ペットを褒めるといやらしさがなく、初対面でも楽しく話が弾むでしょう。

気をつけて!初デートで「次はないな」と感じる相手


初デートでうまくやらないと、「次はないな」と相手が感じてしまい、付き合いがすすまないことがあります。初デートでのNG行動を知っておき、決してすることがないように心がけておきましょう。

金銭感覚が違う

金銭感覚が違うと思われると、次から交際への発展は難しくなります。行きたいお店をあげたときにあまりにも単価が高いお店だった、おごられて当然という態度をとられたというものです。こういった女性に男性は失望します。ですので、おごってもらったらきちんとお礼をしますし、そのあとのカフェ代くらいは出しましょう。

だからといって初デートから割り勘というのも、やはり女性は失望するようです。女性はデートのためにヘアメイクや洋服などにお金をかけていますので、そういったところは考慮するとよいです。

価値観が違う

価値観が違うのも、幻滅されます。価値観があまりにも違う場合は、付き合わないほうがよいかもしれませんし、付き合っても長く続きません。

ただ、初デートの時に自分の考えや価値観を押し付けることだけはやめておきましょう。そうすると強引で自己中心的な人間だと思われて、交際に発展することは無いからです。もっとも、自分が自然体で付き合うことができる相手を選んだほうがよいのは間違いないようです。

ノリが悪かった


ノリが悪い人も、二回目のデートはないな、と思われています。忙しいからといってついつい疲れ切った顔をしたり、口を開けば愚痴ばっかり…という態度も幻滅されます。

特に女性は生理もありますのでイライラしてしまうこともあるでしょうし体調がすぐれないこともあるかもしれません。そういったときは体調が良くないと素直に言ったほうがよいです。意味も分からずテンションが低くて機嫌が悪いと、相手も自分が怒らせてしまったかな?と思って2回目以降誘いにくくなります。

マナーが悪い

マナーが悪い人も、幻滅されることがあります。特に多いのは食事のマナーです。食事のマナーがなっていないと一緒にいてもテンションが下がってしまいますし、今後一緒に付き合っていくことができなくなります。食事のマナーだけでなく、店員さんにかみつくなどといった社会常識がないふるまいも幻滅されます。

イメージと違った

会社では清楚なイメージなのに、私服はとても露出度が高かった、などイメージと違うと2回目以上誘われることはない、そんなこともあるでしょう。ですので、初デートの時にはあまり冒険しすぎた外見や格好をしないようにしましょう。ただ、相手のイメージとあまりにも違ったのを無理して合わせて付き合うのも大変なものです。

いきなり結婚観について聞く


初デートだからといって、いきなり結婚の話をしたり、交際できる可能性についてしつこく迫ったりするのは、考え物です。過去の恋愛話を根掘り葉掘り聞くのも、人によっては嫌がられます。自分の思いだけで突っ走ることのないようにしましょう。

次もデートしてもらうためのコツ


では、初デートをしてから次のデートまでこぎつけるにはどうしたらよいのでしょうか。次もデートしてもらうためのコツについて知っておきましょう。

初デートは短時間にしておく

初デートは、「また行きたい」と思うように短時間に留めておきましょう。初デートからお泊りまでしてしまう人もいるかもしれませんが、それは感心できません。初めてはお食事だけ、とかお食事とカフェだけ、にしておいてどこかミステリアスな部分を残していると、また誘いたくなります。

初デートで相手の好みを把握して「じゃあ次は○○へ行こう」と提案

初デートは自分を知ってもらう、自分の魅力を誇示するために行うわけではありません。

初デートは自分のアピール以上に相手の好みを知るという意味もあるのです。相手の好みを把握し、次はその好みに合わせたデートを提案することで、次の行動につなげることができるでしょう。もしもう一回デートをしようと思ってなくとも、自分の好きなものであれば誘いに乗ってくれるかもしれないからです。

2回目のデートの約束は初デート中に決める


2回目のデートをしたいと思えば、ぜひ初デート中に提案しましょう。初デートでは、話が盛り上がった時のために2回目のデートのことも考えておきます。そして、話が盛り上がったタイミングで次のデートをスマートに切り出しましょう。もしできなければ、初デート後のLINEやメールで打ち合わせるとよいです。

まとめ

初デートを成功させるポイントについてご紹介しました。会話のネタを仕込んでおくだけでなく、次のデートをデート中に取り付けるなどしましょう。初めてはいつだって緊張するものですが、初デート成功に向けて取り組んでください。