笑い上戸ってどんな人?笑い上戸の印象と笑い上戸になる方法

笑い上戸と言えば、いつでも笑っている人のことを言います。周囲を和まし、人間関係も円滑に築くことができるでしょう。

今回は

  • 笑い上戸の人の特徴
  • 笑い上戸の人のイメージ
  • 笑い上戸になる方法
  • 笑い上戸の人が失敗を防ぐために気を付けたい場所

と、笑い上戸の人の特徴や、笑い上戸に対する印象、笑い上戸になるための方法などを紹介していきます。

笑い上戸の人の特徴

笑い上戸の人は、笑いに対するハードルが低いことやポジティブな思考を持っている人です。人から敵対されることも少なく、良好な人間関係を築くことができる人もあります。

ここでは、笑い上戸の人の特徴についてみていきましょう。

笑いに対するハードルが低い

笑い上戸の人は、笑いに対してハードルが低い特徴があります。小さなことでも面白く感じるため、すぐに笑ってしまうのです。笑いのハードルが低くなると、人の顔のつくりを観察するだけで面白くなって笑う人もいます。

笑いのハードルが低いのは、感性が豊かな証拠です。自分では面白くて笑っているのに、周囲の人が笑っていないなどギャップを感じるときが多い人は笑いの沸点が低い証拠と言えるでしょう。

ポジティブな思考の持ち主


ポジティブな思考を持っている人は、笑い上戸になりやすい特徴があります。ポジティブな人は毎日が楽しく、ちょっとのことで笑うからです。笑うことで気持ちが楽しくなると、さらにポジティブになっていくでしょう。

ポジティブな人は笑うことによって、ポジティブな気持ちを継続させています。笑うことで前向きになることができるのです。ポジティブな思考は幸運を引き寄せますが、笑う人には福が来ることにもつながるでしょう。

表情がクルクルと変わる

笑い上戸の人は、表情が豊かなので、表情がクルクルと変わりやすいのが特徴です。笑うことは喜怒哀楽を示し、楽しいときだけでなく、悲しいときや怒っているときも感情が不安定になって笑うことも少なくありません。

笑い上戸の人は喜怒哀楽の感情が豊かな人と言い換えることもできますが、表情がクルクル変わるため掴みどころがない人と思われることもあります。笑い上戸だからと言って単に楽しいから笑っているというわけではありません。

素直な性格の持ち主


笑い上戸の人は、素直な性格の持ち主が多い特徴があります。自分の素をオープンにすることに対して抵抗がある人は、たいしたことがないのに笑ったら恥ずかしいという気持ちを持つものです。

しかし、素直な人はストレートに物事を受け取るので、少しでも楽しいと思ったら笑います。つまらないことでもムスっとした表情をするより笑った方が楽しくなるという考えを持っているとも言えるでしょう。

陽気な性格

笑い上戸の人は、陽気な性格をしています。笑う回数が多いので陽気に見られるのはもちろんですが、笑ってないときでも明るく見えるため人当たりの良い雰囲気があるものです。人との距離を縮めやすい特徴もあります。

陽気な性格はもともとの性格だけでなく、笑って作れることもあります。最近陽気になったと言われる場合、笑う機会が増えているはずです。笑うことを意識すれば、陽気な人になることもできるでしょう。

コミュ力が高い


笑い上戸の人は、基本的に敵を作ることがなく、コミュ力が高い特徴があります。そもそも人に笑顔を向けることは、その人に対して敵対心がないことをアピールすることです。相手もすぐに心を許してくれるため、話しも弾みやすくなっています。

いつも笑っているという人がいれば、悪い印象を持つことはないでしょう。好意的なイメージから人間関係がスタートするため、関係性が深まるのも早いです。自らが意識してなくても、コミュ力が高いと思ってもらえるでしょう。

誰からも好かれ敵を作りにくい

笑い上戸の人は、誰からも好かれて敵を作りにくい特徴があります。敵をすぐに作る人の表情は笑顔ではなく、ツンツンした表情です。相手に警戒心を持たれやすく、敵対関係にもなりやすい特徴があります。

笑い上戸の人は基本的に笑顔でいるため、相手に警戒心を持たれにくく、敵対されることも少ないでしょう。また、笑顔でいる人に対してはできるだけ関係性を崩したくないと思うため、関係も悪化しにくいのです。

笑い上戸の人のイメージ

笑い上戸の人は、一緒にいて楽しいことや人生が楽しそうで羨ましいイメージがあり、異性はもちろん同性からもモテます。

ここでは、笑い上戸の人に持つイメージについて詳しくみていきましょう。

一緒にいて楽しい

笑い上戸の人に持つイメージとしてあるのが、一緒にいて楽しい人です。笑顔で接してくれるため、少し落ち込んでいる人に対しても元気を与えています。一緒にいて元気をもらえると感じることで、一緒にいて楽しいという感覚が生まれてくるのです。

また、笑い上戸の人は小さなことでも笑うことができます。一緒にいると笑い上戸の人につられる形で笑いへのハードルが下がり、自分自身が笑う機会も増えるでしょう。笑い上戸には、人を笑い上戸にさせる力もあるのです。

人生楽しそうで羨ましい


笑い上戸の人は、周囲から人生が楽しそうで羨ましく思われています。ストレス社会と言われる現代において、笑顔を作る余裕がない人も少なくありません。普段から笑う機会が少ない人にとって、笑い上戸の人を羨ましく感じてしまうのは当然です。

しかし、笑い上戸の人の人生が本当に楽しいかどうかは本人にしか分かりません。中には笑うしかない状況になっている人もいます。人に元気を与える存在ですが、同時に嫉妬の対処になりやすいのも特徴と言えるでしょう。

話しかけやすい

笑い上戸の人は、いつも笑顔で警戒心を持たれにくいことから、話しかけやすいと思われています。笑い上戸の人は人見知りのイメージがありませんが、人見知りでも周囲から話しかけられる機会が多いため、人見知りだと思われないのです。

話しかけやすいので、関係が浅い人とも仲良くなって相談される機会も少なくありません。ニコニコしていると向こうから勝手に心を開いてきます。

異性はもちろん同性からもモテる


笑い上戸の人は異性にモテますが、同性からもモテます。笑い上戸と呼ばれる人は、人の前で笑顔を変えることがありません。誰の前でも同じようにニコニコしているため、嫌味がないのです。

恋人にも恵まれ、友達にも恵まれやすいのが笑い上戸の特徴になります。人に恵まれるため、困ったときに手を差し伸べてくれる人も少なくありません。

笑い上戸は人気者!笑い上戸になる方法

笑い上戸になるためには、笑いのハードルを下げていくことが大切です。そのためにも、興味の対象範囲を広げていきましょう。

ここでは笑い上戸になる具体的な方法について紹介します。

多くのことに興味を持つ

笑い上戸になるためには、とにかく多くのことに興味を持つことです。興味の対象が増えることによって、笑うポイントも増えてきます。興味を持つ対象は、物や人など身の回りのすべてです。

無関心な人間は、表情も無になります。いろいろなことに興味を持っていると、興味を追究していく中で喜びや発見が生まれて表情が豊かになるでしょう。

バラエティやお笑いのDVDなどを見て笑う習慣をつける


笑い上戸になる方法として、バラエティやお笑いDVDを見て笑う習慣をつける方法があります。笑い上戸の人は普段からよく笑っているため、表情が緩んでいるのが特徴です。面白いことがあっても自然と笑顔が出てきます。

笑う習慣がない人は表情が硬く、面白いことがあってもすぐに笑顔になりません。笑う習慣を身に付けることが、笑い上戸になるためのポイントです。

ライフスタイルを改善しストレスを軽減する

ライフスタイルを改善して、ストレスを軽減することも笑い上戸になるための第一歩です。ストレスが溜まっていると、笑顔を作ることが難しくなります。笑いたくても表情が引きつってしまい、心からの笑顔を作ることはできないでしょう。

ストレスの根本になっているのは、ライフスタイルです。睡眠や食生活、運動習慣などもストレスにつながる要因になります。まずは、不規則な生活から止めていきましょう。

自分の好きなことやモノに囲まれて生活する


笑い上戸になるためには、自分の好きなことやモノに囲まれて生活することが大事です。好きなことやモノが身近にあると、ストレスが軽減されます。ストレスが減ることで、笑顔が作りやすい環境になるでしょう。

また、何かに没頭して感動や喜びのシーンを増やすことも笑う習慣につながっていきます。生活に変化をつけるという意味でも、自分の好きなことやモノに囲まれて生活することは効果的です。

笑い上戸で失敗することも!?気を付けたい場所

笑い上戸の人は笑ってはいけない場所やシーンを覚えておく必要があります。いつも楽しそうな人は見ていて気持ちがいいものですが、笑う場所を間違えると人としての品位を下げるでしょう。

ここでは、笑い上戸が失敗しそうな場所について紹介します。

女性 笑顔

電車やバス・エレベーターなどの密室

笑い上戸の人は、電車やバス、エレベーターの密室で急に笑い出すことがあります。笑いのハードルが低いため、密室という空間に自分がいることが面白くなることもあるのです。

また、一緒の空間にいる人やモノに特徴があると、それも笑いの対象になります。密室の中で急に笑うのは失礼であり、迷惑にもなるでしょう。場所をわきまえることが大切です。

会議やお葬式など真面目な場所


会議やお葬式など笑ってはいけないシーンも要注意です。笑い上戸の人の中には静かにすべきタイミングで笑ってしまう人もいますが、周囲から不謹慎な印象を与えてしまいます。

ただ、気持ちを落ち着かせることに専念しすぎるとかえって笑えてしまう人もいるかもしれません。自然体でいること、必要以上に話しすぎないことを意識しましょう。

失敗した時や迷惑をかけている時

誰かに迷惑をかけているときや、失敗したときも笑い上戸の人は注意が必要です。してはいけないことをしているのに笑っていると、周囲からは反省してないように思われてしまいます。

笑い上戸でも反省すべきところは、しっかり反省した態度を表情で見せることも大切です。また、いつも笑っている分、反省している表情をきちんと見せれば、周囲からはしっかり反省していると見てもらうことができるでしょう。

まとめ

笑い上戸の人は、人から好かれる素質を持っています。自分の周囲を明るくして、ときには周囲から模範にされることもあるでしょう。

一方で笑い上戸だからと言って、どんなシーンでも笑っていいわけではありません。大人として笑ってはいけないシーンで笑わない配慮も必要です。