女性でもひげが生える!それはホルモンのバランスが崩れているサイン

ひげが生えた顔は女性らしくないし、顔色も悪く見えそう…。それなのに、最近ひげが生える女性が増えているようなのです。ひげの生える原因を見直し、ひげの正しい対策をしましょう。ひげのないきれいな素肌を作るためには、内からも外からも対策が必要となりそうです。

今回は

  • 概要
  • 女性のひげ対策2選

についてまとめました。

ひげが生える女性が増えている


「女性なのにひげが生えるの?」と首をかしげる人がいるかもしれません。ところが、最近女性でもひげが気になっている人が増えているようです。

その現状をチェックして、女性のひげの原因を明らかにしましょう。

顎からポツポツと生えていることがある

女性のひげも男性と同じように顎から生えてくることが多いようです。黒くて太い毛が生えることもありますが、産毛のような状態のひげも多く、近くに顔を寄せないと見えないこともあります。

また、その生え方はポツポツとまばらなことが多く、男性のようにびっしりと生えることはあまりありません。顎だけでなく鼻の下あたりにもひげ、または産毛が生えることもあり、トータルで注意したいのは口元、口の周りということになりそうです。

女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが崩れている可能性も


ひげの悩みが増えているのは、ホルモンバランスの乱れが関係している可能性があると言われています。ひげや頭髪、皮脂分泌などの体の変化は、女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが大きく影響しているものです。

女性ホルモンが減少し、男性ホルモンが優位になると、体毛やひげが増えやすくなり、頭髪が薄くなることがあります。また、このホルモンバランスの乱れは毛髪や体毛だけでなく、体調や肌などにも影響を与える恐れがあるものです。

女性のひげ対策:ひげを除毛しよう

女性のひげはそのままにしておくと、メイクの邪魔にもなりますし、男性からの評判もあまり芳しくありません。そのため、しっかりと除毛してきれいな素肌を作っておきましょう。正しい方法を身に着けることで、より安全にきれいに仕上げられます。

1~2本なら毛抜きで抜いても許容範囲

女性のひげは、産毛だけでなく濃く太いこともありますが、それでも密集度では男性ほどではありません。数少ないひげの場合には、準備やアフターケアもいらない毛抜きが手軽です。

基本的に、毛抜きでひげや体毛を抜くのは、肌や毛穴を傷めるリスクを持っています。そのため、あまりおすすめはできませんが、少ない本数であればダメージを抑えて処理することが可能です。1~2本程度、気になるひげを発見したら、速やかに毛抜きで取りのぞくと良いでしょう。

数本ならシェーバーを使おう


数本のひげが生えるという人は、安全策としてシェーバーを使ったケアがおすすめです。シェーバーは毛穴を傷つけることが少なく、正しい方法で行えば安全できれいな仕上がりが期待できます。

シェーバーを使うなら、お風呂あがりの毛の柔らかい時に行います。クリームを薄く塗って肌を保護してから、毛の流れに沿って剃りましょう。お風呂の中で石鹸をつけて剃るのは、皮脂の落とし過ぎや手元が狂うリスクとなります。また、逆ぞりは毛穴を傷つけやすいためNGです。

産毛対策のクリームを塗る

産毛対策には、抑毛クリームによるケアが適しています。女性のひげは柔らかく、産毛に近いことも多いもの。それならば、定期的に抑毛クリームで発生を抑えることで目立ちにくくなるでしょう。

抑毛クリームはシェービングのアフターケアとして使うのもおすすめです。シェービングできれいに剃った後で塗っておけば、自然に目立ちにくくなります。毛を溶かすのではなく、毛を作る組織に働きかけるクリームなら、肌にも負担をかけずに処理することが可能です。

エステで脱毛する

エステの脱毛は、お金は掛かりますが自己処理の手間を徐々に減らしていくことができる便利な方法です。総合的なエステティックサロンや脱毛専門サロンなどで施術を受けることができます。

エステでの脱毛は、脱毛マシーンを使って行う施術です。マシーンにはいくつかの種類があり、基本的には毛根に働きかけて発毛しにくくする原理で脱毛が行われています。定期的にサロンへ通う必要があり、効果が表れるまでは自己処理を続けることが必要です。

医療用レーザーで処理


医療レーザー脱毛は、エステティックサロンや脱毛サロンよりも効果が高いと言われる方法です。医療脱毛は医師の元で行うため、エステ脱毛よりも積極的なアプローチが可能となります。そのため、効果の表れるスピードも持続性もエステ以上と言われています。

ただし、医療レーザー脱毛は産毛のような毛には反応しにくいこともあるようです。毛質によっては時間がかかることも理解した上で、利用しましょう。

女性のひげ対策:内面から改善しよう

女性のひげの対策には、外側から処理するだけでなく内面からのケアも必要です。ホルモンバランスに注目して、体調や日常生活を見直してみましょう。毎日のちょっとした注意だけでも、改善することが可能です。

ストレスを溜めないようにする

ホルモンバランスの乱れはストレスによって起こりやすくなります。特に、仕事を持つ女性は、ストレスを抱えてホルモンバランスを乱しがちです。ストレスが溜まることで、脳のホルモン分泌の働きが停滞して、バランスが崩れやすくなります。

ストレスの原因には、仕事の忙しさや責任以外にも人間関係や生活の変化による緊張などがあります。仕事が忙しい人はもちろん、それ以外にもストレスを感じることがある人は注意が必要です。

睡眠不足にならないようにする

ホルモンバランスが崩れる原因には、睡眠不足や生活習慣の乱れも関係しています。睡眠不足や生活習慣の乱れによって、身体が弱り、脳はホルモンを十分に作れなくなってしまいます。

毎日の生活リズムを見直し、睡眠時間の確保と質の良い睡眠を得るための準備を目指しましょう。寝る前にはスマホなどの利用を控えてぐっすり眠れる環境を整えることも大切です。また、休日に睡眠をたっぷり取る人も、リズムが狂わない範囲として2~3時間程度の寝坊に抑えると良いでしょう。

バランスの良い食事を摂る

栄養バランスもホルモンバランスに関係しているものの一つです。バランスの良い食事を摂ることで、ホルモンバランスを整えてムダ毛の発生を抑えることができるでしょう。また、体中に栄養が行き渡ることで、ストレスや疲れの解消にもつながりそうです。

特にムダ毛の対策として摂取したいのは、女性ホルモンと同じような働きをするイソフラボン豊富な大豆食品です。ただし、そればかりを食べるのではなく積極的に取り入れつつ、バランスを重視した食事を選ばなければいけません。

適度な運動をする


適度に体を動かすことは、ホルモンバランスに良い影響を与えるとともに、ぐっすり眠れるようになったりストレスを解消したりといった効果も期待できる方法です。特に、負荷の大きすぎない有酸素運動を行うことで、ひげなどのムダ毛を抑えやすくなるでしょう。

運動不足はホルモンバランスを乱す原因の一つですが、反対に過度な負荷のかかる筋トレも男性ホルモン優位の原因となるようです。ヨガなどの体をほぐす軽めの運動を取り入れて、運動不足を解消しましょう。

ゆっくりとバスタブに浸かる入浴法にする

入浴は、毎日のストレス解消にも役立つリラックス方法のひとつです。また、夜の入浴は睡眠にも大きな影響を持っているので、入り方や時間、タイミングなどを工夫してみましょう。

夜はゆっくりとバスタブに浸かり、体をリラックスさせる自律神経である「副交感神経」を優位にすることが大切です。ぬるめのお湯に20~30分浸かることでリラックスします。また、寝る2時間前に入浴することで、入眠しやすくなる効果も期待できます。

ツボ押しする


ホルモンバランスには、内分泌のツボや神道(しんどう)がおすすめです。内分泌のツボは、耳の穴の下にある切れ込みの内側にあたる部分にあります。人差し指が入りやすいので、親指と人差し指で挟むようにして10回程度押します。

また、神道(しんどう)のツボは、背骨と両脇の高さの線の交差するあたりです。押しにくいため、モノで押したりその部分を温めたりして刺激すると良いとされています。

まとめ

女性のひげはホルモンバランスが関係しており、対策としてはひげ自体を処理するだけでなく、体の内側のケアも大切だと分かりました。

毎日の仕事や人間関係の疲れでヘトヘトな人も、できることから始めてみましょう。自分を大切にしてあげることで女子力アップさせ、ひげも撃退できそうです。

*本文中の「アンチエイジング」とは「年齢に応じた潤いのお手入れ」を意味します。若返り効果を意味するものではありません。
*本文中の「美白」とは「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと」「メーキャップ効果により肌を白くみせること」もしくは「日やけによるしみ・そばかすを防ぐこと」を意味します。
*本文中の「シミ」や「小じわ」「毛穴」のケアに関する文言は、いずれも「シミやシワ、毛穴を目立たなくすること」を意味します。シミやシワの改善や治療効果を標ぼうするものではありません。
*記事内で特定商品の効果を紹介する場合、該当の記載は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品がパッチテスト済みであることを紹介している場合、該当のテスト結果は「すべての人に対して、同じ効果があること」を保証するものではありません。