夜の洗濯はメリットがあった!夜に洗濯するポイントと注意点

洗濯をおこなう時間帯といえば、太陽の出ている日中が基本でしょう。日光で洗濯物を効率的に乾かせるため、早く洗濯が仕上がります。また周囲が明るいため、防犯の意味でも安心感がありますね。だからといって夜には洗濯をおこなうべきでないかといえば、そうでもありません。むしろ、夜の時間帯だからこそのメリットというのも、大いに感じられます。

今回は

  • 概要
  • 夜に洗濯をするときのポイント
  • 夜に洗濯をするときの注意点

と、夜の洗濯のメリットや、理想的なやり方についてご紹介しています。太陽が出ていない時間帯だけに、メリットがあるとはいえ、やはり注意すべき点も少なくありません。正しい方法で実践して、夜の洗濯ならではのメリットを役立ててください。

夜に洗濯をするメリット

効率的に洗濯をしたいなら、やはり昼に干すという選択肢を選ぶでしょう。日が出ている時間帯であれば、洗濯物を早くスムーズに乾かせます。

ですが以下の通り、夜に洗濯をするメリットというものがあります。夜に洗濯することで、どういったことが期待できるのでしょうか

お風呂の残り湯を使用できる

お風呂に入ったあと、そのまま残り湯を使って洗濯できます。これにより、水道代の節約につなげられます。翌日の朝までお風呂のお湯を置いておいても良いですが、風呂場の不衛生につながる可能性が出てきます。またお湯自体にも菌が増えてしまい、洗濯に適さない状態となってしまうかもしれません。

また温かい状態のお湯を使って洗濯ができるという点もメリットです。洗濯するための水が温かいと、洗剤の効果もより発揮されやすくなります。つまり、通常以上に汚れが落ちやすくなるのです。

室内に洗濯物を干して加湿できる

基本的に夜の洗濯は、部屋干しにておこないます。そのため、乾燥している時期は特にメリットが感じられるでしょう湿った状態の洗濯物を干すことで、部屋の加湿につなげられるためです。

暖房をつけていれば、加湿効果はより一層高まります。冬場であれば、必ずといっていいほど暖房をつけていることでしょう。洗濯物を乾かしつつ加湿により健康も気遣うことができます

脱いで直ぐに洗えるので雑菌が繁殖しにくい

前日脱いだ服を洗濯かごに入れて置くと、染み付いた汗が長く繊維の中に留まるため、雑菌が繁殖してしまいやすくなります

毎回多くの雑菌にさらされる状態を繰り返していると、洗濯しても臭いが取れにくくなったり、黄ばみや黒ずみ汚れが発生したりしてしまいます。脱いですぐ洗える夜の洗濯であれば、こうした現象を防ぐことができます

電力ピークを外して洗濯することができる

電力ピークとは、ピーク時に発電できる最大電力のことです。電力が大きければ大きいほど、電気代がかかります。主には、昼の15時前後がこのピークにあたることが多いです。

つまり、日中洗濯すると電気代が高くなりやすいというわけです。夜の洗濯なら、この電力ピークを外すことができます電気代の節約を考える上でも、効果的な方法となるでしょう。

夜に洗濯をするときのポイント

夜の洗濯をおこなう場合、日中と同様のやり方ではいけません。

夜の時間帯に合った方法で洗濯しなければ、メリットどころかデメリットにつながってしまいます。夜の洗濯は、ポイントを押さえておこなうようにしましょう。

室内干し用の洗剤を使用する

前述でも触れていますが、夜の洗濯は室内干しが基本です。そのため、通常の洗剤を使ってしまうと生乾きの臭いが目立ってしまうかもしれません。夜の洗濯をおこなう場合は、室内干し用の洗剤を使いましょう。室内干し用の洗剤は除菌や消臭の効果に力が入れられており、部屋干し特有の臭いが発生しにくいのです。まさに、夜の洗濯向けの洗剤といえるでしょう。

探し方は簡単です。室内干し用の洗剤には、室内干しであることがはっきり書かれているケースがほとんどなので、パッケージ表記を見ながら探してください。日本は高温多湿で、さらに雨も多い国なので、室内干しにこだわって作られた洗剤も多く販売されています。

間隔を開けて干し生乾きを予防する

注意したいのが、洗濯物が大量にあるときです。室内干し専用の洗剤を使っていても、狭い間隔で詰めて干さなくてはならないため、洗濯物同士が接してしまい、生乾きが起こりやすくなるのです。間隔をあけて洗濯物を干せば、生乾きも起こりにくくなります。加えて、室内干し専用の洗剤を使っているとなれば、不快な臭いは効果的に防げるでしょう。

とはいえ、部屋が狭いと間隔をあけて干すのは難しいですね。広い部屋であっても、洗濯物が多ければ詰めて干さなくてはならないかもしれません。そこでおすすめなのが、部屋干しに適した洗濯スタンドです。狭いスペースでも、洗濯物同士を触れさせることなく干すための工夫が凝らされているので、生乾きを予防する上で効果的です。

畳の部屋には干さない

洗濯物を干すために使う部屋選びには、注意してください。基本的にどの部屋でも洗濯物を干すことは可能かもしれませんが、畳の部屋に関しては避けるべきです。

畳は、い草という植物を使った日本ならではの床です。そのため、部屋干しにより湿気が高まってしまうと、畳が傷んだり、腐ったり、カビが生えてしまったりするかもしれません。その点、湿気にも影響を受けにくいフローリングなどの部屋であれば、安心して干すことができます

夜に洗濯をするときの注意点

夜という時間帯だからこそ、いくつかの注意点を押さえておく必要があります。これらが徹底できていなければ、洗濯を夜におこなうメリットが感じられないかもしれません。

次のポイントを押さえた上で、実践するようにしてください。

遅い時間だと洗濯機の音が迷惑になる

夜遅い時間の場合、家の周囲は静まり返っていることでしょう。そのため、洗濯機の騒音が周囲の迷惑になる可能性もあります。集合住宅であれば、音のみならず振動も伝わってしまうでしょう。

そのため、メリットが感じられる夜の洗濯とはいえ、時間帯には気をつけてください。家の防音性や洗濯機の静音性、防振性などを考えた上で、時間帯を工夫すると良いでしょう。

夜露で濡れてしまうため外には干さない

夜の洗濯は室内干しが基本です。外に干せば、部屋も狭くならず、生乾きの臭いが広がることも防げます。ですが、洗濯物が夜露で濡れてしまうので、必ず室内で干しましょう

日が出ていないとはいえ、自然乾燥ができる、風が吹いていれば室内干し以上に効率的に乾かせると思いがちですが、夜露に濡れてしまってはなかなか乾きません。結果として、生乾きの臭いにもつながってしまうでしょう。

雨が降っても取り込めないため外には干さない


外に干すべきでない理由には、雨が降るリスクも関係しています。日中であれば、雨が降っていることに気づいたらすぐに取り込めるでしょう。ですが夜の場合、就寝中であることがほとんどのはずです。

そうなると、すぐに対応することができません。雨にさらされてしまうリスクを避ける上でも、やはり外では干さないようにしてください

防犯上のリスク

夜間の場合、外は暗闇に包まれます。そのため、盗難リスクも高まりやすくなってしまうでしょう。日中であれば、周囲の目を気にして盗難を躊躇する泥棒も、目立ちにくい夜なら見つからなさそう、そんなふうに思うかもしれません。

室内に干しておけば、そうした犯罪の被害を受ける心配も軽減できます。この点もまた、夜の洗濯では外で干さないようにするべき理由です。

洗濯物が乾きにくく嫌な臭いがする

日光がない分、やはり洗濯物は乾きにくいです。確かに室内干し専用の洗剤を使い、間隔をあけて干すなど工夫すれば、生乾きの臭いは出にくくなります。

ですが、完全に防ぐことは難しいです。室内干しであるため、少なからず嫌な臭いは発生してしまう、このリスクについても理解しておかなくてはなりません。

まとめ

洗濯物は日中でなければならない、そう考えている人が多いかもしれません。ですが上記の通り、夜の洗濯だからこそのメリットも期待することが可能です。

ですが日光にさらすことができない分、やはりいくつかの注意点も伴うのが実際のところです。今回紹介した、夜の洗濯に理想的な方法でおこなうようにしましょう。