財布選びに風水を取り入れて開運!デザイン別・色別の意味など

毎日持つ必須アイテムである財布だからこそ、「お金が貯まる」財布を持ち歩きたいものです。

今回は、

  • 概要
  • それぞれの色の風水的意味
  • 運気アップのための注意点

と、風水の力でお金を貯める財布にはどのようなものがあるのか、それぞれの財布のカラーに込められた意味など調べてみました。

デザイン別!財布が持つ風水的意味


長財布や小銭入れ、二つ折り財布にアクセサリーなど、財布と一口に言ってもいろいろなものがあります。

自分がかなえたい運がある人は、どのようなデザインの財布を選べばよいか、知っておくとよいでしょう。

恋愛運・結婚運:花柄・ハート・リボン

財布は何も、金運をつかさどるだけのものではありません。毎日身につけるものですので、結婚運や恋愛運にも大きな力を発揮します。

良い人と巡り会いたい、今のパートナーと結婚したい、などと思っている人は、結婚運や恋愛運の上がる花柄、ハート、リボンなどを用いた財布にするとよいでしょう。特にそれらは女性にプラスのモチーフだからです。

金運:チェーン・スタッズ

スタッズやチェーンなどと言ったややハードなイメージのモチーフは、金運を高める効果があります。

特にシルバーよりもゴールドのチェーン、スタッズを輝かせておけば、より金運が上がることでしょう。

NGモチーフ:アニマル柄・十字架


風水の観点から言っておすすめできないNGモチーフが、アニマル柄や十字架モチーフです。アニマル自体、気が安定しにくく扱いが難しいため財布の柄としては不向きです。

また、十字架モチーフは「火」の属性を持ちます。これは、金運とは相性は良くありませんのでおすすめできません。

ピンク色の財布の風水的意味


ピンク色のかわいらしい財布を持っている女性は少なくありません。ピンク色の財布には風水の観点から言ってどのような意味があるのでしょうか、みてみましょう。

恋愛運アップ&幸運を招く開運色

ピンク色は、恋愛運をアップさせるカラーですし、幸運を招くという開運カラーです。特に女性の人で良い恋愛をしたいと思っている人、パートナーと出会いたい人、幸運を招きたい人などはピンク色の財布をチョイスすると良いかもしれません。ピンク色の持つ意味からいっても、女性向きのカラーです。

人脈からお金を得る

ピンク色の財布は、人との良い縁からお金を得たい場合に持つとよいカラーです。自分で稼ぐというよりむしろ、お金を持つ他者を引き寄せたり玉の輿に乗ることができるカラーです。

そういった人と出会いを求めているときもピンク色の財布がよいでしょう。

紫色の財布の風水的意味


紫色は、直接金運をあげるようなカラーではありませんが、風水的にも紫は高貴なカラーとして重宝されています。紫色の財布の持つ風水的な意味も考えておきましょう。

社会的地位を上げる

高貴で神秘的なイメージのある紫色は、社会的地位をあげるという意味があります。直接金運を上げるカラーではありませんが、出世したい、資格を取得したいと思っているような人に向きます

出世や資格の取得などを通じて結果的にお金を生み出す効果があります。

仕事で成功してお金を得る

紫色は、仕事運を上げるカラーでもあります。今取り組んでいる仕事を成功させたいと思うのであれば、紫色の財布をチョイスするとよいでしょう。

仕事の成功や出世によって、結果的に富を得られるという意味で縁起の良いカラーなのです。

黄色の財布の風水的意味


黄色は、風水的にも金運と密接に関係しています。西に黄色のグッズを置くと、金運が良くなるということは、風水にさほど詳しくない人でも知っているくらいです。

黄色の財布の風水的意味について考えてみましょう。

金回りが派手になる

金運アップといえば黄色といわれるように、黄色は直接金運に関係する色です。黄色のカラーは金回りを良くする色ですので少し注意が必要です。お金を循環させるという意味がありますので、お金も入ってきますが、同時に出ていくこともあるカラーです。

黄色の財布は金運を上げたい方におすすめなのですが、衝動買いをしやすい人やギャンブルをする人にはお勧めできません。黄色の財布で金運をアップするなら、これまでよりも出費を少なくして引き締めることを注意すべきです。

黄土色で金運を安定させる

黄色は金運と密接に関係している色ですが、お金が入っていくだけでなく、自ら律して引き締めておかないと出ていきやすくもなるカラーです。

その時にはまっ黄色ではなく落ち着いた黄土色を選ぶとよいでしょう。安定を示す土の気が混じっていることで、黄土色の財布を持つと落ち着き、そして金回りが安定します。

レモンイエローでお金を循環させ増やす


レモンイエローやクリームイエローは、積極的にお金を循環させたい人に向いています

黄色の色が主張しすぎるとお金が出ていくこともありますので、「お金を増やしたい、循環させたい」と思っている人は黄色過ぎないレモンイエローやクリームイエローを選びましょう。

黒色の財布の風水的意味


堅実にお金を貯めたいのであれば、黒色の財布がおすすめです。黒色は閉鎖的、という意味がありますがこれにはお金を貯めこんで離さないという意味があるからです。

お金をたくさん得たい、という人よりも今あるお金をコツコツ貯めたい人に向いています。

全ての運気を格上げ

方位も重要な風水にとって、黒とは、北の方角と関係の深い色です。北は、さまざまな物事の根源となる力が湧きだしている方位です。

そのため、黒色の財布には運気を格上げする力があるとされています。

金運を逃さずお金を貯め込む

黒色は風水的に良くない色と思われがちですが、実は格上げをする力を持っています。

そのため、運気を逃さずお金を貯めこむことができると言われており、コツコツ貯めたい人に向いています

無駄遣い防止


ついつい買い物をしてしまう、衝動買いをしてしまう、こんな人はブラックの財布が良いかもしれません。

黒色には、閉じ込める力があり、今あるお金を財布に閉じ込めて無駄遣いを防止するからです。

革製は相性がいい

黒色の財布の中でも、良質な皮製品のものがおすすめです。牛革やヘビ革、わに革などが風水的にも相性が良いです。

白色の財布の風水的意味


白色は風水的にも良い意味を持っているカラーです。白色の財布の風水的意味についても抑えておきましょう。

運気を浄化する

白には、風水の意味として「浄化」という意味があります。そのため、悪循環を断ち切る意味があります。今までどうも金運に恵まれてなかった、という人にオススメです。

金運を逃さずお金を貯め込む

風水においては、白色には「金」の意味合いがあります。そのため、文字通りお金を貯めこむ力があり、金運を上げるにはもってこいのお財布なのです。

しかし、黄ばんでいたりするとその効果は半減しますのできれいに保ちましょう

茶色・ベージュの財布の風水的意味


茶色やベージュは、定番のカラーとして持っている人も多いのではないでしょうか。財布としても取り入れやすいカラーの茶色やベージュの財布の風水的な意味を抑えておきましょう。

全体運を底上げする

茶色には、見た目の通り豊かな大地を連想させるカラーで、風水ですと「土」の気を持ちます。そのため、運気を育てる意味合いがあります。

収入や貯蓄が安定する

茶色やベージュの財布を持っていると、収入や貯蓄が安定します。そのため、堅実に働く人および無駄遣いを減らして安定した貯蓄を望んでいる人に向いているカラーです。

緑色の財布の風水的意味


暮らしにグリーンを取り入れることは、癒しにもつながります。そんな緑色の財布の風水的な意味について知っておきましょう。

仕事でお金を稼げる

緑色は茶色同様、自然を象徴するカラーです。したがって安定感を持っていますので、堅実に働いてお金を貯めたい人に向いています

仕事運の意味合いも持っていますので、仕事運をあげることもできるとされています。

安定感を得られる

グリーンが人を癒すように、緑色は自分も精神的に癒されて安定します。

これはお金にとっても言えることで、居心地がよく安定した貯蓄を好む人に向いています

健康運アップ


緑色は、風水的な意味においては健康運を上げるカラーとされています。

お財布は毎日持ち歩くものですので、健康運をアップさせたい人に向いています

自分の才能を高める

緑色には、自分の才能を高めるという意味もあります。勉強や仕事で自分の才能を高めたい人は、緑色の財布を持つとよいです。

赤色の財布の風水的意味


ビビッドなイメージのある赤色の財布はどのような意味を持っているのでしょうか。赤色の財布についても意味を知っておきましょう。

やる気のアップ

赤色は、見ると元気が出るという人も少なくないかもしれません。風水的な意味において赤色は、やる気をアップさせてくれる色です。

自らの運気やお金を燃やす

一方で風水において赤色は「火」を意味しています。そのため、自らの運気やお金を燃やしてしまうので、お財布にはふさわしい色とは言えないとも言われています

どうしても選ぶならワインレッド


火を連想させてしまう赤は、風水においては良くありません。赤色の財布をどうしても選ぶというのであれば、ワインレッドなど安定する「土」の気を持つカラーが混ざったものがよいでしょう。

青色の財布の風水的意味


風水の中でも「水」の意味を持つ青色は、お財布としてどうなのでしょうか。青色の財布にはどういった意味があるか考えましょう。

仕事運アップ

青色は、仕事運をアップさせるカラーと言われています。したがって仕事のアイテムなどに取り入れるとよいでしょう。仕事運をアップさせて所得を増やしたいならよいです。

消費を抑制しすぎて金運ダウン

一方で、水の気を持つ青色は、水のようにお金を溶かしてしまいます。消費を抑制しすぎて金運がダウンしてしまうと言われています。

淡い青なら浄化作用がある


「浄化」という意味を持つ白が混じった淡い青色なら浄化作用がありますので、お財布としてふさわしいです。どうしてもブルーの財布を持ちたいのであれば、淡い青色にしましょう。

運気アップのための注意点


財布のカラーだけを考えればよいというわけではありません。運気をアップさせるための注意点について知っておきましょう。

財布は清潔な状態を保つ

財布はしっかりと手入れをして清潔な状態を保ちましょう。汚れや傷のない状態にすると、よい「気」が溜まります。

財布の中身を整理する

財布の中身は定期的に整理してみましょう。レシートでパンパンになっている財布はお金を呼び込みません。不要なレシートや使っていないカードは定期的に処分しましょう。

1~3年で買い替える


長く同じ財布を使っていると、悪い運気も溜まりやすくなります。そのため、1年から3年程度のスパンで定期的に新調しましょう。

もし汚れてしまった場合は1年も待たずに買い替えてもよいです。

買い替え時期は春・秋がベスト

財布の買い替え時期についても考える必要があります。

財布の買い替え時期は、育ちの季節であるもしくは実りの季節であるのどちらかがよいでしょう。

まとめ

風水上、運気を取り入れる財布にはポイントがあります。カラーに応じてどのような運気が向いてくるか変わるのでご自身に合ったものを選ぶようにしてください。

また、定期的に財布を交換することで、常に運気が向いてくるように心がけるとよいでしょう。