ブルベ?イエベ?おさえておきたいパーソナルカラーの基礎知識

パーソナルカラーを知ることで、自分に似合う色が分かり、ファッションやメイクなどに役立てることができます。

今回は

  • 概要
  • イエベさんの特徴・似合う色
  • ブルベさんの特徴・似合う色

についてまとめました。自分がブルベなのかイエベなのか、チェックしてみましょう。また、知っておきたいパーソナルカラーの基礎知識や似合う色などの豆知識も紹介します。

パーソナルカラーとは?


パーソナルカラーは自分の生まれ持った肌や瞳、髪の毛などに似合う色のことを言います。これが分かるだけで、自分に合うファッションやメイクを選べて、おしゃれがもっと楽しくなりそうです。

まずはパーソナルカラーの基本情報をチェックしてみましょう。

パーソナルカラーはイエベ・ブルベに分けられる

パーソナルカラーは、色彩学的に正反対のカラーであるブルーとイエローに分けられています。真皮層や血管、皮下組織、メラニン色素やカロチンの量などの影響を受けているため、それによって個々にブルーベース(ブルべ)とイエローベース(イエベ)を判断するのです。

緑色の血管が見えたらイエベで、青い血管が見えたらブルベの可能性が高いとされています。また、イエベの人はメラニンの量がブルベより多いそうです。

パーソナルカラーを知ることで自分にあう色が分かる

パーソナルカラーとは、自分の生まれ持った肌や髪、瞳などの色合いのことであり、それが分かれば自分のカラーに似合っている色も分かります

パーソナルカラーを知ることで、自分の似合う色を選び、合わない色を避けることも可能です。パーソナルカラーは人それぞれに違っており、兄弟などでも違うためお揃いを着ても似合う・似合わないと印象が分かれることもあります。

メイクやファッションもパーソナルカラーに合わせるとGOOD

自分のパーソナルカラーが分かり、それに合う色合いも分かったら、それをメイクやファッションに活用すると良いでしょう。

パーソナルカラーがイエローベースの人は、自分に似合う色を身に着けると肌の色味がアップしてイキイキした印象になり、ブルーベースの人が似合う色を身に着けると透明感が増し、さわやかな印象になると言われています。

イエベさんの特徴は?


イエローベースは略してイエベ、基本的には肌などが黄みがかっているパーソナルカラーのことを言います。イエベはウォームトーンとも呼ばれます。

ここではまず、イエベさんの持っている肌や瞳の特徴をチェックしてみましょう。

手の平の色は黄色味が強い

イエベさんの特徴としては、肌の色が黄みがかっていることが挙げられます。チェック方法としては、手の平の血色を見るのがおすすめです。

自分のパーソナルカラーがイエローベースの人は、手のひらの色合いが黄色味強めということも多くなります。黄色と言っても、ベージュっぽい黄色からオレンジ系の色合いまで実際の肌色は人それぞれに違うものです。

瞳の色が茶色っぽい

イエベさんは、肌の色合いだけでなく瞳の色も黄色味がかった印象のことが多く、茶色っぽいことがあります。この瞳の色とは、瞳孔の周りにある虹彩という部分です。眼球の色のついた部分で、真ん中にある瞳孔の周りで絞りのような役割をしています。

ここはあまり意識しないと「黒じゃないの?」で終わりがちですが、じっくりと覗いてみると、模様があったり思いのほか茶色かったりすることがあるのです。

日焼けしたら黒くなる


パーソナルカラー別の特徴として注目したい点としては、日焼け後の肌の変化も挙げられます。イエベさんはブルべさんよりもメラニンの量が多いと前述しましたが、日焼けをした後に黒くなりやすい特徴を持っています。

イエベさんは紫外線を浴びるとメラニンを生成しやすい傾向を持っており、色が定着しやすくなるようです。また、シミもできやすい傾向があります。

肌のくすみが気になる

イエベさんの傾向として、あまりうれしくないものの中には肌がくすみやすいことが挙げられます。日焼けしやすくシミができやすい性質もそうですが、肌の透明感を求める人には要注意です。

メラニンが多く存在することで肌の黄みが強くなり、黄ぐすみが気になることが多いでしょう。この原因としてはメラニンも関係しているため、日々のケアが必要です。

イエベさんに似合う色

イエベさんの肌や瞳の色の特徴が分かったところで、似合う色を探してみましょう。黄みがかった色合いが多く、ウォームトーンとも呼ばれるイエローベース。イエベさんが選びたいメイクや洋服のカラーをチェックしてみましょう。

暖色系・アースカラーがおすすめ


暖色系やアースカラーは、黄色味の強いイエベさんの肌や髪、瞳の色などにフィットしてくれるカラーです。深みのある色の似合うイエベさんには温かみのあるオレンジやマスタード、ダークブラウン、カーキ色などがあります。明るめの色が似合うイエベさんには、グリーンやアイボリーなどもおすすめです。

顔回りにこうしたカラーを使ったコーディネートをすると、顔色がイキイキと健康的に見えます。

ピンクはオレンジ系を選ぼう

パーソナルカラーによる似合う色というのは、赤はOKでピンクはNG、というものではありません。同じピンク色でも似合うピンクがあり、トーンを選ぶことが大切です。

イエベさんの場合には、ピンクの中で似合う色はやや絞られており、オレンジ系であるコーラルやサーモンピンクはキレイに着こなせます。ただし、反対にベビーピンクやローズピンクは難しい色合いです。

ファンデはベージュ・オークル

イエベさんの肌色の特徴である、イキイキとした健康的な色味を活かすなら、ファンデーションはベージュ・オークル系が合っています。

黄みがかった肌にベージュ・オークル系のファンデーションがよく馴染んで、自然な感じで健康美人にしてくれそうです。反対に、透明感を意識しすぎてピンク系などをを選ぶと、白浮きして不自然になってしまいます。

アイカラーはベージュ・、アースカラー

イエベさんがアイカラーを選ぶなら、こちらもファンデーション同様のベージュ系カラーとファッション同様のアースカラーがおすすめです。茶色っぽい瞳の色合いにもよく似合い、自然な目元を作ることができます。

ベージュ系からブラウン系などはさりげなく落ち着いた印象にしてくれますが、ゴージャスな目元を作りたいならゴールドのアイカラーなどもおすすめです。また、アイラインやマスカラには黒を使うとはっきりとした目元を作れます。

ブルベさんの特徴は?


ブルーベースは略してブルベ、基本的には肌などの色合いが青味がかっているパーソナルカラーのことを言います。ブルベはクールトーンとも呼ばれます。

ここではまず、ブルベさんの持っている肌や瞳の特徴をチェックしてみましょう。

手の平の色は青みが強い

ブルべさんの肌の特徴としては、青みが強いことが挙げられます。イエベさんと同様に、手の平の血色を見るとその特徴の違いが判るでしょう。

自分のパーソナルカラーがブルーベースの人は、手のひらの色合いが青み強めということが多くなります。また、浮き出た血管の色も、どちらかというと緑ではなく青っぽい印象です。色白というイメージが強めですが、実際には浅黒いブルべさんもいます。

瞳の色が黒に近い

ブルべさんの瞳の色は、イエベさんとは違って茶系ではなく黒っぽい色合いになります。瞳孔の周りにある虹彩の色は濃く、白目と黒目のコントラストもはっきりとしている傾向です。

また、白目も黄みがかった感じがなく、青みが強く出ていることが多くなります。ただし、ブルべでも茶色がかっていることもあり、瞳の色だけでは分かりにくいため、他の要素も併せて判断が必要です。

日焼けしたら赤くなる

イエローベースの人が日焼けをしたらすぐに黒くなるのに対して、ブルべの人は日焼けをすると赤くなることが多くなります。ブルべの人はメラニンが少ないことから、日焼けをしたら赤くなってしまうことが多いようです。

ただし、赤くなった後はまた元の肌の色に戻っていきます。色白の人が日に焼けると赤くなると嘆いているのは、パーソナルカラーがブルべだからかも知れません。

血色が悪くみえることがある


パーソナルカラーがブルべの人には色白の人が多く、透明感のある白い肌に憧れられることもあるようです。しかし、ブルべさんはその肌のカラーによって血色が悪く見えることもあります。

くすみやすい反面、健康的な肌色が多いイエベさんに比べて、ブルべさんは透明感はあるものの青白く見えがちです。これは、暗っぽい静脈の色が強く出ていることが原因で起こると考えられます。

ブルベさんに似合う色

ブルベさんの肌や瞳の色の特徴が分かったところで、それに似合う色を探してみましょう。青みがかった色合いが多く、クールトーンとも呼ばれるブルーベース。ブルベさんが選びたいメイクや洋服のカラーをチェックしてみましょう。

寒色系・はっきりした色が似合う

クールで青白い色味を持ったブルべさんには、寒色系のカラーやはっきりとした色合いが似合います。基本的には肌や白目と同じようなブルー系のカラーがマッチしやすく、鮮やかではっきりした色合いも色白の肌にピッタリです。

ブルーやパープル、明るく澄んだ赤などは特にブルべさんに似合いやすく、黄みの入っていないパステル系やピンク系もブルべさんの得意カラーとなります。

青みを帯びたピンクが得意


ピンク系は、ブルべさんの得意分野であり、パウダーピンク、ローズピンク、ディープローズ、オーキッドなど、いろいろなピンク系を楽しむことができそうです。

中でもブルべさんと相性の良いのは青みの強いオーキッドとなります。青みを帯びたピンク色を身に着けると、ブルべさんの透明感が引き立ち、顔がすっきりと見えるでしょう。

ただし、オレンジ系のピンクは黄色みが強くなり、ぼんやりとした印象を与える可能性があります。

ファンデはピンクオークル

ブルべさんのファンデーションも他の似合う色と同じく、ピンク系がおすすめです。ピンクオークルは、青みがかった肌色や赤みが強く出がちな頬にしっくりと馴染んでくれます。

ピンク系が入っていれば良いので、ライトピンクなどもおすすめです。チークにも同様にピンク系、ローズ系を合わせることで透明感に血色をプラスできます。反対にオレンジ系は肌をくすませる恐れがあるので注意が必要です。

アイラインはくっきり黒で強調を


ブルべさんのアイメイクでは、ふんわりとグラデーションをつけた目元に黒のアイラインを引き、アクセントにすると良く似合います。黒のアイラインが濃すぎる場合にも、グレーやダークなシルバーなどを選ぶのがおすすめです。

ラインを強調した目元で、涼やかでクールな美しさを演出します。黒っぽい瞳の色にもマッチして、目の印象を強めてくれそうです。

まとめ

パーソナルカラーが分かると自分のファッションやメイクなどの選ぶ基準や似合う色が明らかになり、選ぶのがさらに楽しみになりそうです。

それぞれ相性の良し悪しはありますが、相性が良くない色でも顔から離れた部分や小物には使えるため、選ぶ範囲が狭くなることはありません。

イエベの人もブルべの人も、自分に似合う色と自分が好きな色を上手に取り入れて、楽しみましょう。