乳酸菌とビフィズス菌の違いは?ビフィズス菌の効果を紹介します

乳酸菌とビフィズス菌の違いは?ビフィズス菌の効果を紹介します

腸内環境をよくすると、あらゆる健康面での益があります。しかし、どのようにすれば腸内環境は改善されるのでしょうか。注目されているのが、ビフィズス菌です。

そこでここでは、

  • 乳酸菌とビフィズス菌の違いは?
  • ビフィズス菌を摂取してほしい人
  • ビフィズス菌の効果
  • ビフィズス菌を摂取する方法

をまとめました。

乳酸菌とビフィズス菌の違いは?

乳酸菌とビフィズス菌の違いは?
乳酸菌とビフィズス菌は、どちらも一度は聞いたことがあるでしょう。体にとっていい働きをしてくれる菌であるイメージは何となくあるかもしれませんが、それぞれの違いまで考えたことは少ないかもしれません。

そこで、乳酸菌とビフィズス菌の違いを、まずは整理しましょう。

ビフィズス菌は乳酸菌の一種

乳酸菌は、糖を分解して乳酸や酢酸を作り出す菌の総称です。実は、ビフィズス菌というのは乳酸菌の一種なのです。他に有名な乳酸菌には、ブルガリア菌などがあります。

ですから、乳酸菌とビフィズス菌は全く違うという訳ではなく、乳酸菌というカテゴリーの中にビフィズス菌が含まれているという訳です。

乳酸菌は乳製品や発酵食品に生息

乳酸菌は乳製品や発酵食品に生息
乳酸菌は善玉菌の一種で、私たちの健康促進に大いに貢献してくれます。その乳酸菌を含んでいるのが、乳製品や発酵食品です。例えば、ヨーグルトは乳酸菌を多く含む代表格ともいえるでしょう。発酵食品の中では、みそやキムチ、ぬか漬けなどが挙げられます。

これらの食品は植物性乳酸菌と呼ばれる乳酸菌で、生きたまま腸に届くのが特徴です。他にも、乳酸菌を多く含む乳酸菌飲料なども存在します。乳酸菌は40度くらいが一番増殖する温度といわれていますので、飲料は少し温めてから飲むと効率よく摂取できるでしょう。

ビフィズス菌は腸内にのみ生息

乳酸菌は体のいたるところに生息しているのに対し、ビフィズス菌は腸内にのみ生息しています。腸の中に生息する菌は、ビフィズス菌のほかにもたくさんあり、その数は100兆個ともいわれています。

その中には体にとって有害な悪玉菌、どちらでもない中間菌、そしてビフィズス菌のような善玉菌という、体に有益な菌が生息しているのです。ビフィズス菌は、腸内細菌の約10%という大きな比率を誇ります。腸内善玉菌の代表ともいえる存在です。

ビフィズス菌を摂取してほしい人

ビフィズス菌を摂取してほしい人
ビフィズス菌は、すべての人にとって腸内環境を整える有益な働きをします。しかし、中でもビフィズス菌を積極的に摂取することによって、大きく健康を改善できる人がいます。つまり、腸内資金のバランスが悪くなりがちな生活を送っている人です。

具体的にどのような行動が、腸内細菌のバランスを崩しやすいのでしょうか。いくつかの理由をまとめました。

乱れた食生活の人

乱れた食生活の人
乱れた食生活で栄養素が偏ってしまうと、便秘などの原因となります。例えば、肉類に偏った食生活の場合、肉そのものには栄養素が豊富に含まれるものの、腸内の悪玉菌も増やしてしまうのです。

このように、腸内の細菌バランスが崩れると、便秘などの問題を引き起こしてしまいます。そのような時に、ビフィズス菌を摂取することによって、腸内環境を整え、正常な状態に改善することができます。

過度なストレスを感じる人

環境が変わるとおなかを壊しやすくなったり、緊張するとおなかが痛くなったりしたことはないでしょうか。実はこれらの症状は、ストレスによって腸内細菌のバランスが崩れてしまうことに原因があります。

腸は内的、外的な変化を敏感に感じとることのできる器官で、まるでそれ自体が意思を持っているように反応します。そのため、ストレスにさらされ続けていると、便秘や下痢といった症状を引き起こすのです。

そんな時に、ビフィズス菌によって腸内のバランスを整えると、効果を感じられると言われています

運動不足の人

運動不足の人
腸にとって運動不足は禁物です。運動不足によって「ぜん動運動」が弱くなり、大腸の中に残留物が残りやすくなります。そうなると悪玉菌が増殖しやすくなるのです。さらに運動不足によって血流も悪化し、腸の働きも弱くなります。

腸そのものの機能が低下することで、腸内細菌のバランスも崩れてしまいます。そのため、ビフィズス菌で腸の働きを改善することが求められるのです。

加齢を感じる人

加齢でも腸内細菌のバランスは崩れがちになります。年齢を重ねていくと、悪玉菌の代表ともいえるウェルシュ菌などが増加し、老年期になるとビフィズス菌も減少してしまうと言われているからです。

加齢に加えて、運動不足やストレスなどがプラスされると、悪循環がさらに加速する可能性もあります。ですから、加齢を感じた場合には特に意識してビフィズス菌を取り入れることが健康維持には欠かせないと言えるのではないでしょうか

ビフィズス菌の効果

ビフィズス菌の効果
腸内細菌のバランスを整え、腸内環境を整えるビフィズス菌ですが、具体的にはどのような働きをしているのでしょうか。ビフィズス菌のどのような働きが効果を上げているのか、その詳細をご紹介します。

腸内の悪玉菌抑制

ビフィズス菌の働きとしてまず挙げられるのが、整腸作用です。つまり、腸内環境改善作用のことを指します。

具体的には、まずビフィズス菌により悪玉菌が抑制されます。その結果、腸内細菌のバランスが改善され、悪玉菌によって生成されていたアンモニアやインドールなどの腸内腐敗産物が減少するのです。

このようにして腸内環境が改善され、便秘などの排便トラブルが解消されます。

ビタミンB・ビタミンKを産生

ビフィズス菌には、ビタミンBやビタミンKを合成する働きがあります。

ビタミンBは、糖質や脂質、たんぱく質の代謝、神経組織に欠かせない栄養素です。ビタミンBが不足していると、いくら栄養素を取り入れてもそれをエネルギーとして変換することができなくなり、体に不調を覚えるでしょう。

ビタミンKは、血液の凝固や組織の石灰化に関わるビタミンです。体にとって不可欠な成分を、ビフィズス菌は増やしてくれるのです

コレステロール値の低減作用

コレステロール値の低減作用
ビフィズス菌はコレステロールの半分を腸で吸収されにくい物質に分解するため、コレステロール値の低減作用があると考えられています。

コレステロールが高いと健康によくないので、特にコレステロール値を指摘されている方はビフィズス菌を取り入れた方が良いと言われます

ビフィズス菌を摂取する方法

ビフィズス菌を摂取する方法
ビフィズス菌は意識して取り入れることのできる菌です。その上、とても気軽に、そしてリーズナブルに摂取できる点も魅力といえるでしょう。どのようにビフィズス菌を取り入れることができるのかをまとめました。

ヨーグルトで摂取可能

ヨーグルトで摂取可能
ビフィズス菌はヨーグルトで摂取することができます。

とはいえ注意したいのが、普通のヨーグルトに含まれるのは、ビフィズス菌ではないブルガリア菌やサーモフィラス菌という菌で、2種類しかありません。これらの菌は共生関係があり、これらの菌で発酵したヨーグルトは独特の風味が醸し出されます。

ですから、ビフィズス菌を意識して取り入れたい場合、ヨーグルトはヨーグルトでも、しっかりビフィズス菌入りと書いてあるヨーグルトを選んだほうが確実です

ビフィズス菌入りがおすすめ

ビフィズス菌入りのヨーグルトは、酸素を遮断する工夫がされています。なぜなら、ビフィズス菌は酸素や強い酸性に弱いので、簡単にビフィズス菌入りのヨーグルトを作ることはできないからです。

ビフィズス菌入りのヨーグルトを作るには、酸素を遮断する容器を使用することがまず必要です。それから、あまり酸を作り出さない種菌を選び、抗酸化物質を添加します。

そして大前提として、プロバイオティクス菌の凍結濃縮菌を使用することも求められるそうです。自家製のヨーグルトを作っている方も多くいますが、こうした理由からビフィズス菌入りのヨーグルトを自家製するのは難しいと言われているのです。

まとめ

このように、ビフィズス菌は腸内環境を整え、健康に役立つ物質も生成する優れた働きをします。ヨーグルトから簡単に摂取できるのもうれしいところです。体の内面から改善していきたい方は是非お試しください。