二黒土星の2019年の運勢とは?気になる運勢をプロ鑑定士がチェック

この記事の情報提供者:ゴーフィッシュジャパンさん
ゴーフィッシュジャパンさん
手相、気学、姓名判断、タロットを専門にしております。実際に店舗やイベントで鑑定をしていました。

占いによく用いられる九星気学の本命星の1つである二黒土星(じこくどせい)

今回は、これまでに数多くの人を鑑定した実績を持つゴーフィッシュジャパンさんに、

  • 二黒土星とは?
  • 二黒土星の性格
  • 二黒土星の2019年の愛情運・仕事運
  • もっとツキを呼び込むためにできること

…を伺いました。二黒土星に当てはまる人は、ぜひ2019年をハッピーにするための参考にしてみてくださいね。

二黒土星とは?

九星気学の本命星には、一白水星(いっぱくすいせい)、二黒土星(じこくどせい)、三碧木星(さんぺきもくせい)、四緑木星(しろくもくせい)、五黄土星(ごおうどせい)、六白金星(ろっぱくきんせい)、七赤金星(しちせききんせい)、八白土星(はっぱくどせい)、九紫火星(きゅうしかせい)があります。

今回は、二黒土星(じこくどせい)をピックアップしていきます。

二黒土星の導き方

自分の本命星がどれに当たるかを調べるためには、自分の生まれ年をチェックすることで簡単にわかります。

二黒土星に当たる生まれ年は以下の通りです。

1962年(昭和37年)

1971年(昭和46年)

1980年(昭和55年)

1989年(昭和64年)

1998年(平成10年)

2007年(平成19年)

2016年(平成28年)

二黒土星が象徴するもの

二黒土星の象徴には、大地や母といったものが挙げられます。

そのため、自分が表に立つよりもサブ、控えめ、参謀といった裏方のような働きをすることが大きな特徴といえます。そして、苦しみや悲しみなどを自分の中にしっかり受け入れることができるという面も二黒土星の特徴となるでしょう。

九星の中で最も頼もしさがあり懐の深さを感じる真面目さを持った星なので、勤勉、謙遜、または従順といったものも象徴として挙げられます。

二黒土星の性格

大地や母、勤勉さが象徴として挙げられる二黒土星。実際にはどんな性格が特徴となっているのかもっと具体的に見てみましょう。

我慢強さや最後までやり遂げる精神力の強さ

二黒土星を本命星に持つ人は非常に我慢強く、始めた物事を最後までやり遂げる強い精神力と忍耐力を持っています 。

たとえ途中で諦めざるをえない時があっても、のちに再び再開して最終的に自分のものとします。一旦着手したら最後まで諦めずにやり遂げる反面、融通が利かず人の意見に耳を傾けないという傾向も。人から忠告やアドバイスをもらっても聞いているようで聞いていないということが少なくありません。

多くのものを受け入れる懐の深さ

大地や母が象徴とされているように、二黒土星の性格は基本的におおらか。自分のことも含めて多くのものを受け入れるため、安心感を与えやすい性格ともいえるでしょう。

また、二黒土星にはボランティア精神に溢れた人も少なくありません。

サポート役が得意

人を支えサポートすることが得意な二黒土星。派手な行動を好まないため、裏方で活躍する方が性に合っているようです。

また、頭の回転が早い人も多いので参謀役として頼られることが多い性格ともいえます。

良くも悪くも頑固

曲がった事が嫌いなまっすぐな性格の二黒土星は、良くも悪くも頑固です。

真面目すぎる性格のため、ちょっとルールを破ったりモラルに反する行動に対して非常に強く抑止にかかります。正義のヒーローといってしまえば平和的ですが、正しすぎるが故に周囲から煙たがれてしまう可能性もあります。

しかし、たとえそうなっても自分の正義感を変えない頑固さを持っているといえるでしょう。

二黒土星の2019年の愛情運

二黒土星の基本的な性格がわかったところで、やはり気になるのは愛情運。2019年は、どんな動きがあるのか早速チェックしていきましょう。

シングルの方は…自分のために動くことが結果的にいい恋愛の流れを導く

相手のために力を使うことの多い二黒土星ですが、2019年は自分の目指す方向や目標としているものにエネルギーを注ぐのが吉。

焦って恋愛をすると、そのおつきあいは長続きせずあっという間に終わってしまう可能性があります。結果的にあなた自身が傷ついてしまうことが考えられます。そのため、今はじっくり腰を落ち着かせて自分のことに集中し愛情運が快方に向かった時に動き出すようにするといいでしょう。

仕事、勉強、趣味…自分自身が打ち込めるものであればなんでも構いません。いつ恋愛がスタートしても大丈夫なように自分磨きに打ち込むのもおすすめです。

カップルの方は…相手との絆をより揺るぎないものに

二黒土星が本命星の方は、恋愛がマンネリしやすい傾向があります。よくいえば落ち着いたカップルとして過ごすことができますが、相手が刺激を求めるような性格だった場合は冒険しないあなたに対して退屈さを感じさせてしまうかもしれません。

自分のポリシーだけにこだわらず相手に合わせてみるのも、相手との絆を深めるために必要かもしれません。

また、恋人に対する嫉妬はほどほどに。嫉妬深い一面があるのが二黒土星です。恋人を褒めたり、出した成果に対して一緒に喜ぶことを意識すればよりいいカップルとして成長できるはずです。

二黒土星の2019年の仕事運

恋愛に仕事、プライベートに忙しい現代女性。充実した生活に、仕事の順調さは欠かせないものですね。ここでは、2019年の仕事運についてみていきます。

誘惑に負けず今の仕事を大切に

2019年には、新しい分野の仕事のお誘いや提案があるかもしれません。もしかしたら、今すでにそんな誘惑に頭を悩ませているのではないでしょうか。

新しい仕事へのチャレンジや勧誘された自分への気分の高まりで、今すぐにでも今の仕事を置いて飛び込みたくなっているかもしれませんが…2019年はぐっとこらえて今の仕事に集中することをおすすめします。

それにはこんな理由があるからなんです。

秋ころに大きめなタイミングがやってくる

2019年の秋ぐらいに、新しいことに手を出さなくてよかった…と感じる時期がくるでしょう。もちろん人によって時期のズレがあるかもしれませんが、2019年の後半ぐらいと思っていただければと思います。

もしも勢いで新しいことへの誘惑に乗っていたら、大きな後悔が待っている兆しがあります。その後悔によるダメージを避けるためにも、今の仕事に対しもっと真摯に取り組む必要性が感じられます。

本当に新しいことへ取り組みたいという気持ちが強くあるのなら、2019年は準備期間として慎重に動くのがおすすめです。

もっとツキを呼びこむためにできること

誰しもが毎日をハッピーに穏やかに過ごしたいはず。幸せになるためにはツキを呼び込むことが大切です。その方法は本命星によってそれぞれ。

ここでは、二黒土星を本命星に持つ人にもっとツキを呼び込むためにできることやそのポイントについてご紹介していきます。

見えない出口から抜け出すまであと少し

もしかしたら、ここ最近非常に辛い、苦しい、逃げ出したいことが続いていて暗闇の中迷路をさまよっているように感じているかもしれません。

そうだったとしたら、出口はもう少しです。

苦しみや悲しみを受け入れ溜め込みがちな二黒土星ですから、とても辛かったことと思います。しかし、その苦しみは間も無く終わりますので安心してくださいね。苦しみを抜けた二黒土星は、今まで以上に大きな包容力を手に入れることでしょう。

新しいことよりも今までのものを大切に

2019年をもっと幸せに過ごすためには、新しいことよりも今までのことやものを大切にすることがポイントになります。

仕事運でも触れていますが、新しいチャレンジは控えめに。今あるものに対してしっかり取り組みましょう。秋頃には大きめの転換期がやってきますので、それまでの我慢です。

コツコツとした努力が吉

もともと二黒土星の性格はコツコツとした努力向き。2019年はさらにその性格を強めて行くことでいいツキが舞い込んでくるでしょう。

仕事や恋愛はもちろん、ダイエットにも素晴らしい成果が現れるはずです。

吉方位を覚えておくとGOOD

二黒土星の吉方位は【東北】【西】【西南】【西北】です。

特に【東北】は二黒土星の方にとっていい方位となります。引っ越しや旅行などを考えているなら、ぜひこの方位を意識してみてくださいね。

また、【西】なら体の不調を浄化してくれる大吉の方位となります。最近体調が優れないな…と感じているなら西へ出向いてみることで心身ともにいいリフレッシュとなるでしょう。

さいごに

二黒土星の基本的な性格や2019年の運についてご紹介してきました。もっとハッピーになれるためのポイントを押さえて、素晴らしい毎日を過ごしてみてくださいね。