自信喪失してしまったらどうする?自信喪失の原因と回復法

自信喪失してしまったらどうする?自信喪失の原因と回復法

何かきっかけがあって、自分の自信を失ってしまったことがあるという人は多いかと思います。自信を失ってしまったとき、どうすれば自信を取り戻すことができるのでしょうか。

今回は、

  • 自信喪失してしまいやすい人の性格
  • 自信喪失になってしまう原因
  • 自信喪失から立ち直る方法

と、自信喪失してしまう原因や対処法について紹介していきます。

自信喪失してしまいやすい人の性格

自信喪失してしまいやすい人の性格
自信喪失しやすい人は他人と自分を比較し、自己主張が苦手です。プライドが高い人や自己評価が高い人もアクシデントが発生したときに自信を失います。

ここでは、自信喪失しやすい人の性格を詳しくみていきましょう。

他人と自分を比較しやすい

自信喪失しやすい人は、他人と自分をよく比較しています。自分よりも劣っている人ではなく、自分よりも優れた人を比較対象とするため、劣等感や自己嫌悪を感じてしまうのです。

比較する相手が自分でも努力すれば追いつける人であれば、自信喪失ではなくやる気につながるでしょう。しかし、自分には追いつけない人と感じたときに自信を喪失することになります。

自己主張が苦手

自己主張が苦手
自己主張が苦手な人も、自信喪失しやすい人の特徴です。自分を表に出すことができず、自分の優れているところをアピールすることができません。自己主張が強すぎる人は周囲からいい印象を受けませんが、自信に満ち溢れているという点では羨ましく感じるところでしょう。

自己主張は、謙虚な気持ちを持って行うことが大切です。自分の主張をしないと、周囲から認められず、自信もつきません。人の目を気にしない心を作るためにも自己主張は大切です。

自分を過大評価しがち

自信喪失しやすい人は、自分を過大評価しがちな傾向にあります。本来の自分よりも過大に評価してしまうことで、周囲からは自分の力量以上の期待をされるからです。周囲の声に応えることができなければ、自信喪失にもつながるでしょう。

自分を過大評価することで奮起させることも大切です。しかし、自信喪失してしまうと元の状態に戻ることは難しくなるでしょう。自分を評価することは大切ですが、プレッシャーに感じない程度の評価にする必要があります。

プライドが高い

プライドが高い人は、トラブルがあったときに自信喪失しやすい特徴があります。プライドの高さは見栄や自分の弱さを隠すことで生まれ、自信がないからプライドが高いと言い換えることもできるでしょう。

プライドが高い人が自信を失ってしまうと、再起することは難しくなります。自信を失わないためにも、不要なプライドは捨てるようにしましょう。

自信喪失になってしまう原因

自信喪失になってしまう原因
自信喪失になってしまう原因で多いのは、職場や人間関係などです。自信喪失にならないためには、自信を失う原因を知っておきましょう。

ここでは、自信喪失になる原因について紹介します。

乗り越えられない壁にぶつかった

自信喪失する原因として多いのが、乗り越えられない壁にぶつかることです。仕事でもプライベートでもトラブルが発生することはあります。そのとき、自己解決することができないと自信を失うことにつながるでしょう。

乗り越えられない壁と自分が判断してしまった瞬間に、自信を失ってしまいます。諦めずに最後まで乗り越えようという気持ちがあれば、自信を失ってしまうことを防ぐことができます。

恋人や両親など近い人に否定された

恋人や両親など、心許せる人から否定されることは大きなショックにつながります。近い人に否定されることで心にダメージを負い、自信喪失になってしまうでしょう。

しかし、近い人から否定されることは、言い換えると貴方を心配しているとも言えるのです。ショックを受けて自信を無くすだけでなく、どんな意図で否定したかという気持ちを汲むことも大切です

自分の価値観と違う仕事を続けている

自分の価値観と違う仕事を続けることは、苦痛にしか感じない人もいるでしょう。自分の価値観と違う仕事をすることも、自信を失ってしまう原因の一つです。仕事の時間は1日の時間の中でも大きな割合を占めています。

価値観が違う仕事をすることは、1日の多くの時間に不満を抱えていることになるでしょう。給料や待遇が悪くても、自分の価値観と合う仕事をしている方が精神的には落ち着き、自信を喪失するようなこともありません。

職場などの人間関係でトラブルがある

職場などの人間関係でトラブルがある
職場で自信喪失しやすい原因の一つとして、人間関係のトラブルがあります。仕事をやめる理由として多いのも人間関係ですが、人間関係が上手く行かないと自分にコミュニケーション能力がないと思い込んでしまいがちです。

人間関係のトラブルがあると、自信を失うだけでなく、仕事に対するモチベーションが下がります。仕事でミスが多くなり、上司から叱責される機会が増えることで、さらに自信が喪失する悪循環になるでしょう。

努力が報われない

努力をしても、それが報われないと自信喪失につながります。努力が実らないことは、自分の力不足だと感じてしまうからです。しかし、努力することを諦めてしまうと、すべてそこで終わってしまい、成功体験を掴むことができません。

努力が報われずに自信を失う人は、成功体験が少ない人です。小さなことでもいいので、努力をして成功させていく経験を積むことが自信につながります。

自信喪失から立ち直る方法

自信喪失から立ち直る方法
自信喪失から立ち直るためには、信頼できる人に頼ることや生活リズムを変えてみましょう。ここでは自信喪失から立ち直る方法について紹介します。

信頼できる友人や家族に話を聞いてもらう

自信を失っているときは、信頼できる友人や家族に励ましてもらうのが一番です。話しを聞いてもらうだけでも気持ちはすっきりするでしょう。アドバイスをもらった場合は、その声に耳を傾けて、改善できるところは直す努力をすることも大切です。

人に相談しないと、自分の中で鬱憤が溜まってしまうので注意しましょう。自信喪失から立ち直るためにも自分から話しを聞いてもらうための行動を起こすことが大切です。

自分の好きなことを好きなだけやる

自信喪失から立ち直る方法としておすすめなのが、自分の好きなことを好きなだけすることです。自分の好きなことは自信があることであり、自信の回復にもつながるでしょう。

失った自信を取り戻すためには、自分が得意なことをして自信を取り戻すのが一番です。頭をリラックスさせて、好きなことに没頭してみましょう。

自分の得意なことを極めてみる

自分の得意なことを極めてみる
得意なことがある人は自信喪失になりにくいため、自分の得意なことを極めてみるのもよいでしょう。得意なことを極めることで、自分に自信をつけることができます。自信喪失対策には、自信を持つことが大切です。

得意なことなら、どんな分野でも問題ありません。ただし、その分野で人には負けない強みを持つことが大事です。

質の高い睡眠をしっかりと取る

自信喪失を改善するためにも、質の高い睡眠をしっかり取りましょう。自信喪失という気持ちはネガティブな感情ですが、睡眠不足でホルモンバランスが崩れていることが原因になるケースもあります。

睡眠バランスを整えることで、気持ちも安定してくるはずです。たくさん睡眠を摂ればいいわけではなく、毎日安定した睡眠を摂ることを意識しましょう。

筋トレを始める

簡単に自信をつける方法として、筋トレがおすすめです。筋トレは苦痛を伴うものですが、乗り越えることができれば自信につながります。筋肉がついたら、自分は頑張れる人間だという認識にもつながるでしょう。

筋トレをするときは、記録を取っておくことが大切です。自信をつけるためには、これまでの自分とどのような違いがあるのか把握する必要があります。

マインドフルネスにチャレンジする

自分に自信をつけるためにおすすめするのが、マインドフルネスです。瞑想で心を鍛えて、くじけない心を作っていきます。意識を集中させるだけなので、誰でもいつでも始めることができるでしょう。

自信喪失を防ぐだけでなく、ストレス解消や創造力、発想力が高まる効果も期待されます。仕事、家庭で不安やトラブルがある場合は、改善にもつながるでしょう。

新しい趣味を始め新しいコミュニティを作る

自信喪失したときは、新しい趣味を始めてみるのもよいでしょう。そこで新しいコミュニティを作ることができれば、仲間が増えて自分の存在価値も高まります。

また、新しい趣味を極めていけば、周囲から頼られることも増えてくるでしょう。頼られる機会が増えていくことが自信につながっていくのです。

まとめ

自信喪失してしまったときは、自分の生活を振り返ることが大切です。どんな理由で自信を無くしているのか客観的に見ることができれば、気持ちも楽になるでしょう。

無くした自信は行動で取り戻すことができます。前を向いて進みましょう。