エレガントな大人っぽさが旬。「ベージュリップ」のメイク術

ベージュリップは意外と難しい…

血色感が悪くなりがちなベージュリップ

エレガントで上品な雰囲気のあるベージュリップですが、使い方を間違えると血色が悪く見えるのが悩みどころ。せっかくお気に入りのベージュリップを使ったのに「今日、顔色悪くない?」と言われたら悲しいですよね。

そんな時はベージュリップを使ったメイク方法を見直してみましょう。顔色が悪く見えないベージュリップのメイク術をご紹介します。

コントロールカラーでふんわり血色感

ピンク系コントロールカラーがおすすめ

ベージュリップで血色を悪く見せないためには、ベースメイクからこだわるのがおすすめ。ピンク系のコントロールカラーを下地に仕込めば、ふんわりとした血色感を出しやすくなります。

額・頰・顎に適量をのせ、内側から外側に向かって薄く塗り広げましょう。その後、通常通りにファンデーションやパウダーを使ってくださいね。

ハイライトでナチュラルな立体感

メリハリを演出

ベージュリップは顔がのっぺりとして見えやすくなると言われています。それを防ぐために、ハイライトでメリハリを出していきましょう。

ベージュ系のハイライトを鼻筋と額、顎に軽く入れます。肌馴染みの良いベージュ系なら目立ち過ぎず、自然な立体感を演出しやすいのが嬉しいポイント。

アイメイクはワントーンでまとめて

ベージュ系でナチュラルに

エレガントなメイクに仕上げたい時は、アイメイクをワントーンでまとめて。リップと合わせてベージュ系にすると、ナチュラルで上品な風合いに仕上がります。

ベージュ系でグラデーションを作れば、落ち着いた色味でも奥行きのある目元に。アイラインもブラウンなどのナチュラルな色味でまとめてみてくださいね。

パールできらめきをプラス

華やかさを加えたい時は、パール入りのアイシャドウにしましょう。きらめきとツヤ感がまぶたにプラスされ、より魅力的な目元に近づけるのではないでしょうか。

チークは血色感を意識

ふんわりとした赤みを入れて

チークは赤みのあるカラーがおすすめ。ふんわりとした血色感を頰に加えれば、ベージュリップでも顔色が悪く見えにくくなります。

頬骨の高い位置で楕円を描くようにチークを入れましょう。肌の内側からぽっと赤みがさすようなチークにするのがポイント。

ベージュリップはツヤ感重視

女性らしいツヤを出して

ベージュリップはツヤ感を重視することでぷっくりとした女性らしい唇に仕上げやすくなります。マット系だとモード感が出過ぎてしまう事があるので気をつけてくださいね。唇の輪郭を描き、丁寧にリップをのせていきましょう。

エレガントなベージュリップメイクを目指そう

ベージュリップを使ったメイクは、ベースからアイ、チークまで細かな部分にこだわる事が大切。上品な血色感をプラスして、魅力的な大人のメイクを楽しんでみてはいかがですか。