髪型別グラデーションカラー16選!グラデーションでこんな印象に

カラーリングは単色で染めるだけではなく、グラデーションを入れることによって軽さや透明感、適度な抜け感を出すことができます。根元が暗めで毛先になるほど、明るくなっていくのがグラデーションカラーです。

グラデーションカラーと言っても、さまざまなものがあります。ヘアスタイルや気分に合わせて、自分好みのグラデーションカラーを見つけましょう。

今回は

  • グラデーションカラーの魅力
  • 髪の長さ別のおすすめグラデーションカラー

を紹介します♡

グラデーションカラーの魅力


グラデーションカラーには、色々な魅力があります。全体を同じ色に染めるよりも少しずつ変えていくグラデーションの方が、オシャレさもアップします。他にもさまざまな魅力があるので、多くの人が感じているグラデーションカラーの魅力について見ていきましょう。

髪全体が軽く見える


日本人は、髪全体が重く見えてしまう傾向があります。しかし、グラデーションカラーを入れることによって、髪全体が明るく見えるのです。特に髪の質量が多い人にとって重さを軽減できるグラデーションカラーは、とても魅力的になりますね。

髪の重さに悩んでいる人は意外と多く、悩みを解消するためにロングヘアからショートヘアにする人もいるほどです。しかし、グラデーションカラーを入れることで、わざわざ切らなくても悩みが解消できるので、一度試してみてはいかがでしょうか。

好きなカラーを入れることで、気分転換にもなりますね。

毛先の透明感がすてき

グラデーションカラーは根元を暗くして、毛先を明るくするのが一般的です。そのため、どんなカラーを選んでも毛先には透明感が出ます。

毛先をピンクやブルーなど明るくすることによって、透明感がさらに強調されるので、ぜひ試してみてください。

垢抜け感がワンランクアップ

同一カラーで染めるよりも、グラデーションカラーにした方が垢抜け感がアップします。他のヘアカラーが垢抜けないというわけではありませんが、同一カラーよりもオシャレさが増すのです。

ブリーチなしでもできるのも嬉しいポイント


基本的にグラデーションカラーは、ブリーチなしでできるので、髪への負担が軽減されます。ナチュラルなカラーを求める場合、ブリーチは必要ありませんが、派手で明るい色にしたい場合は必要になるケースもあります。ただブリーチまでしてしまうと、派手になりすぎる傾向があるので注意しましょう。

退色やプリン髪が目立ちにくい

グラデーションカラーは、髪全体で色の動きを現します。そのため、単色カラーのみのカラーリングによる退色や、プリン髪が目立ちにくいメリットがあるのです。なかなか美容室に行く時間が作れない人は、最初に時間がかかってでもグラデーションカラーの方が、手入れなど便利なのでオススメです。

髪型を問わずに楽しめる

カラーによっては、ヘアスタイルで似合わなくてなってしまう場合もあります。しかし、グラデーションカラーはどんなヘアスタイルでも楽しめる特徴を持っています。

ロングヘアでもキレイ系のオシャレさを出せますが、ショートカットだけにしか出せないクールな雰囲気もあります。同じグラデーションカラーであっても、ロングヘアとショートヘアでは違う顔を見せます。そういった意味では、楽しみが多い方法と言ってもいいでしょう。

キュートさアップ♡ショートさんのグラデーションカラー

こちらでは、ショートヘアのグラデーションカラーを紹介します。ショートヘアのグラデーションカラーはカラーによっては、凛とした雰囲気を見せますが、明るめカラーでは可愛さを強調してくれます。これから紹介するカラーは可愛さが前面に出ているものばかりです。

切りっぱなしのざっくりショート

切りっ放しのざっくりショートヘアは、適度な抜け感を得られるので、ヘアスタイルだけでも透明感を出しています。しかし、グラデーションカラーと合わせることによって、キュートさを出しています。

すっきりショートのグラデーションカラー

一般的なショートヘアよりも、さらにすっきりさせたマッシュショートヘアは、髪型だけでも可愛いのですが、スロウカラーのマットとグリーンで赤みを消して、ツヤと透明感を出しています。女性の中に潜む強さを現しているようで、キュートさの中にもかっこよさがあります。

ラベンダーアッシュで根元カラー

グラデーションカラーは、根元から毛先にかけて明るさを出すのですが、それとは逆の根元にカラーを入れることで、可愛さを表現しているのです。同じグラデーションカラーでも、カラーの入れ方を逆にするだけで、まったく違う雰囲気を与えてくれるのでオススメです。

女の子らしくなるショート

外ハネショートヘアで女性らしさを出すヘアスタイルにして、ピンクカラーのグラデーションカラーで仕上げています。ローズピンクのグラデーションが女の子らしさを出していて、その人の中に隠れている魅力を引き立てています。

ふんわりボブになる♡ボブさんのグラデーションカラー

こちらでは、ふんわりボブのグラデーションカラーを紹介します。

基本的にボブヘアに似合わないグラデーションカラーはありません。そのため、さまざまな組み合わせを楽しめるのがメリットです。ただし、カラーの組み合わせにはNGなものもあるので気をつけましょう。

アッシュカラーでナチュラルなグラデーションカラー

丸みを帯びたふんわりボブにアッシュカラーで、ナチュラルなグラデーションを作っています。明るめのブラウンと暗めのアッシュカラーが際立っていて、外国人風の透明感を出しています。

外ハネボブの毛先を軽く

根元をほぼブラックにして、外ハネボブの毛先をアッシュベージュで軽くしています。まるで夜から朝になるようなグラデーションの仕方なので、軽さだけではなく透明感とツヤも適度に出しています。

毛先で遊ぶボブスタイル

オフィスや学校には向かないグラデーションカラーですが、毛先にさまざまなカラーを入れることで遊び心を表現しています。冬にイルミネーションを見に行ったような幻想的な雰囲気がオシャレさをアップさせます。

ブリーチでグレー系

グレー系のグラデーションカラーですが、ブリーチをしていることによって明るさが出ています。外国人風のカラーとなっているので、明るめのカラーにしたい人はブリーチをして、グレーをホワイト調にしてみましょう。

こなれ感が出る♡ミディアムさんのグラデーションカラー

こちらではミディアムヘアのグラデーションカラーを紹介します。ミディアムヘアはこなれ感を出すことで、オシャレさがアップします。どんなグラデーションカラーにしようか悩んでいる人は、ぜひこれから紹介するカラーを参考にしてみてください。

きれいに透ける毛先のグラデーションカラー

グラデーションカラーの中でも、ナチュラルさが強調されているものです。オーガニックカラーなので、自然な雰囲気を優先しています。派手すぎないカラーなのでオフィスや学校でも違和感なく過ごせるでしょう。大学生など若い世代にお馴染みのカラーとなっています。

遊び心が楽しいピンク

毛先を明るいピンクにすることで、遊び心を見せています。暗めのブラウンをメインカラーにしていて、毛先だけをピンクと一見すると全く合わないカラーに見えますね。しかし、お互いがお互いのカラーを引き立て合っているので、逆にぴったりのカラーとなっているのです。

ハイライトとグラデーションカラーでナチュラルヘア

ハイライトを強めにしたグラデーションカラーです。サファリ系のカラーですが、やや暗さを優先していることもあり、控えめな雰囲気になっています。しかし、適度にハイライトが入っているので、地味すぎないカラーがオシャレさを引き立てています。

きれいな赤のグラデーションカラー

パッと人の目を引く赤のグラデーションカラーですが、ビビットカラーではなく暗めのカラーにしていることから、上品さとエレガントさを演出しています。キレイにグラデーションが入ったカラーは、オシャレな女性に試してほしいグラデーションカラーです。

軽さが出せる♡ロングさんのグラデーションカラー

重さがデメリットになりがちなロングヘアですが、グラデーションカラーを入れることで軽さを出すことができます。こちらでは、ロングヘアにオススメのカラーを紹介しているので、髪の重たさに悩んでいる人はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

ダークヘアを明るくするグラデーションカラー

ダークヘアを明るくするのは、ハイライトたっぷりのグラデーションカラー。メッシュのように入れられたカラーは重さを感じさせず、むしろ外国人風の雰囲気を作っています。根元部分は暗めにしてありますが、真ん中から毛先にかけては明るくしているので、軽さと透明感、適度な抜け感があります。

ピンク系でお姉さんヘア

メインはピンク系ですが、髪の中間地点にブルーを入れていることから、ナチュラルなカラーに仕上がっています。暗さの後に明るさを見せるやり方は、とても有効でオシャレさを出したい人にオススメです。

カラー自体は派手に見えますが、実際はそこまで派手さはなく、むしろ髪が軽くなったことで、デキる女性の雰囲気に仕上がっていますね。

金髪からのクールカラー

金髪とブルー系を合わせたグラデーションカラーであり、毛先のブルーが髪を軽く見せています。他の部分も金髪なので暗い色よりは軽く見えるのですが、グラデーションカラー効果でさらに軽さを演出しているのです。キレイさだけではなく、かっこよさも見せられるので、思いきりイメージチェンジした人にオススメです。

しっかりブリーチで外国人風

ブラウン系とラベンダーピンクが見事にマッチしたグラデーションカラーです。雰囲気的にはフェミニン系の女性らしさを出しています。ブリーチを2回したことで、毛先の透明感を出しています。

ブリーチなしでもできるグラデーションカラーですが、透明感やツヤの質は落ちると考えましょう。しっかり色を入れたい場合、ブリーチは必要不可欠と言えます。

まとめ

グラデーションカラーは、髪に軽さを見せるために有効な方法です。入れるカラーによって雰囲気が大きく変わるため、自分のヘアスタイルと雰囲気を重視して決めるようにしましょう。

ヘアスタイルで似合わないカラーはほとんどありません。しかし、自分自身の雰囲気を崩すカラーがあるのも事実なので、イメージチェンジをしたいのか、それともナチュラルなカラーがいいのかかだけでも決めておくと、カラー選びもスムーズになります。

髪に透明感やツヤを出したい場合は、ブリーチをしてからグラデーションカラーを入れるとキレイな毛先になるのでオススメです。せっかくグラデーションカラーをするのですから、後から後悔のないようにしましょう♡