イエローベースの肌をきれいに見せるメイクとは?

イエローベースの肌は、日本人に多いとされている肌色です。日本人に多いと言っても、どのようなメイクをすればいいのかと悩む人も多いのではないでしょうか。

今回は、

  • イエローベースのメイクのポイント
  • ベースメイク
  • アイメイク
  • チーク
  • リップ

について紹介します。特にアイメイクやチークは、イエローベースに合わせたカラーを使わないと違和感が出てしまうので注意しましょう!

イエローベースのメイクのポイント


こちらでは、イエローベースのメイクポイントを紹介します。イエローベースの肌を持つ人は、肌に合うカラーでメイクをしないといけません。ブルーベースに合うカラーをイエローベースの肌の人がしても、違和感しか与えません。

ちぐはぐなメイクにならないよう、イエローベースの肌にはどんなカラーが合うのかを覚えておきましょう。

ベースは暖色系

イエローベースの肌の人でメイクに失敗したくない時は、暖色系のカラーを選びましょう。黄色がかった肌を持っているイエローベースの人は、寒色系よりも暖色系の方が似合うからです。

黄色やオレンジ、朱色、アプリコットなどは、イエローベースの肌をより美しく引き立ててキレイに見せてくれます。暖色系でカバーをすることで、元気な印象を与えることができるのです。

逆に、寒色系を使うと一気に血色が悪く見えてしまい、メイクをしているのに不健康そうな雰囲気を出してしまうので気をつけましょう。イエローベースの肌の人は、暖色系で温かみを出すようにすることで、自然で可愛いメイクに仕上げることができるのです。

アースカラーがよく似合う


暖色系の他にも、イエローベースの人はアースカラーがよく似合うと言われています。

アースカラーは自然を連想させるような色のことを指し、ブラウン、ベージュ、グリーンやオリーブ、カーキなどがアースカラーの代表と言えます。

深みのある落ち着いた色が多いので、知的な印象だけではなく、大人っぽい雰囲気を出すことも可能です。失敗のないメイクを求めるなら、なるべく落ち着いたカラーを使う方がいいでしょう。

イエベメイクのポイントは血色感

イエローベースがメイクをする時、何を重視すればいいのかというと「血色感」です。黄色がかった肌を隠そうとするあまり、血色感を無視してしまう傾向があります。血色感がなくなってしまうと、どんなにキレイにメイクをしたとしても、不自然さが出てしまいます。

自然さを出すためには、血色感がある肌にしないといけないのだと覚えておきましょう。

イエローベースにおすすめのベースメイク

こちらでは、イエローベースにオススメのベースメイクを紹介します。

メイクをしっかりするためにも、ファンデーションの前にベースメイクをするのが当たり前になっています。特に崩れやすい季節は、ベースをしっかりすることで化粧崩れを防ぐとまで言われているのです。

イエローベースの人でどんなベースメイクをすればいいのか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

ファンデはベージュ・オークル系


イエローベースの肌の人は、ファンデーションや化粧下地はベージュやオークル系のナチュラルなものを使うようにしてください。黄みがかったイエローベースの肌には、ナチュラルなベージュやオークル系のカラーが肌に馴染みやすいからです。

ナチュラルさを出すためには、自然な色合いのものを選ぶように心がけてください。

ラベンダーの下地で透明感UP

ベースメイクもベージュやオークル系のものが良いと先述しましたが、肌に透明感を与えたい場合はラベンダーの下地で透明感をアップさせましょう。

ベースメイクもファンデーションもベージュやオークル系にしてしまうと、肌がもったりとしてしまう場合があります。透明感のある肌を求めている人は、ラベンダー系の薄いものを使うことで肌がキレイになります。

イエローベースにおすすめのアイメイク

こちらでは、イエローベースの肌の人にオススメのアイメイクを紹介します。アイメイクは顔の雰囲気を決めてしまうものなので、しっかりとカラー選びをしなければいけません。

ピンク系の強いものを使うことで腫れぼったくなり、ブルー系が強いとけばけばしい雰囲気を出してしまいます。イエローベースの肌の人は、アイメイク時にどんな注意をすればいいのでしょうか。

ブラウン・ベージュで落ち着いた印象に


華やかなアイメイクをしたという人もいるかもしれませんが、イエローベースの肌の人はブラウンやベージュなど落ち着いたカラーを使うようにしましょう。

先述したように黄みがかった肌を持っていることで、ピンク系のアイメイクをすることで腫れぼったい目元になってしまうのです。ブラウンやベージュなど落ち着いた色を使うことで、大人っぽさを出すことが可能となります。

オリーブ・オレンジで雰囲気を変える

イエローベースの肌の人は、オリーブやオレンジ系のアイメイクで雰囲気を変えることもできます。ピンク系などが合わないだけで、オレンジや朱色などの明るいカラーはブルーベースの人よりも似合う傾向があります。

落ち着いた雰囲気ばかりではなく、明るい印象を与えたい場合はオリーブやオレンジ系のカラーを使ってみましょう。

イエローベースにおすすめのチーク&リップ

こちらでは、イエローベースの肌の人にオススメのチークやリップについて見ていきましょう。アイメイクでは落ち着いたカラーをオススメしましたが、チークやリップとなると話は変わってきます。

こちらでは、チークやリップのオススメカラーを紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

ベージュ&オレンジ系

イエローベースの肌の人は、チークやリップをベージュピンクやオレンジ系にすると肌馴染みが良く、血色や雰囲気が明るく見えやすくなります。

チークやリップは、他人から見てパッと目が留まる場所です。だからこそ違和感のないカラーでまとめていないといけません。

メイクだけをキレイにしてファッションがダメなのと同じように、ファッションをパーフェクトにしていても、メイクに不自然な場所が1ヵ所でもあったらすべてが台無しになってしまいます。

ブラウン系でハンサムメイクもおすすめ

チークやリップをブラウン系にして、ハンサムメイクをするのもオススメです。メイクだけではなく、ファッションも落ち着いたものにしていると、チークやリップをブラウン系にすることで大人っぽさがグンとあがります。

逆にローズ系やベリーピンク系の青みの強い色をメイクに取り入れてしまうと、肌が暗く見えてしまいます。ファンデーションなどで明るさを出していても、チークやリップで青みを出してしまうことで一気に肌に暗さを出してしまうのです。

これらのカラーを取り入れたい場合はメイクではなく、小物などでアクセントとして取り入れるようにしましょう。

ピンクはコーラルピンクがおすすめ


チークやリップでピンクを取り入れたい場合、コーラルピンクがオススメです。朱色よりもピンクよりのカラーであり、青さを出さない系統のピンクだからです。他にもサーモンピンクやアプリコットなどもオススメです。

先述したように、青みがかったピンクではなく、黄みよりのピンクやオレンジ系を使うことで肌の明るさを維持することができます。

どんなメイクにも合うピンクと言ったら、コーラルピンクがオススメなので、失敗をしたくない人は無難なコーラルピンクを使うようにしましょう。

まとめ

イエローベースの人は、暖色系をメインに使うようにしましょう。イエローベースの人は、カラーに青みがかったものを使うことで一気に血色が悪く見えてしまうので、ブルーベースよりのものは使わないようにしなければいけません。

黄みがかった肌を持っていることで普段以上にファンデーションを塗ってしまう人もいます。ファンデーションで隠すことで、肌の黄みがかったものは隠せますが、不自然な白さが残ってしまいます。

デコレーションではないので、飾ればいいというものではありません。ナチュラルさ、不自然のないメイクなどを心掛けないといけないのです。多少黄みがかった肌が残ったとしても、ナチュラルなメイクに仕上がっていれば悪目立ちはしないので安心しましょう。