トイレマット選びは風水で運気アップ!方角別の色や注意点など

風水ではトイレには邪気が溜まりやすく、環境次第では運気ダウンにつながり、金運や仕事運、健康運などさまざまな運気が下がってしまうとされています。邪気による運気ダウンを防ぎ、運気をアップするにはトイレマット選びが大切なのです。

そこでここでは、

  • 風水でみるトイレマットの意味
  • トイレの方位別・トイレマットの選び方
  • 運気アップのための注意点

をご紹介します。

風水でみるトイレマットの意味

風水においては、邪気の溜まりやすいトイレは常にキレイにしておくことが大事と考えています。清潔で悪い気を呼び込まず、吸収させず、外に出さないことが運気アップにつながるのです。では、トイレマットはどのような役割があるのでしょうか?風水でみるトイレマットの意味について知っておきましょう。

トイレは悪い気が溜まりやすい場所

排泄物を流すトイレは、放置しておくと菌やカビなどが発生しやすい場所。そのような場所は邪気が溜まりやすいと言われています。気の流れも滞りやすく、トイレにあるものには邪気が吸いこまれ、溜まってしまうのです。

汚れやすく、邪気が溜まりやすいトイレは、常に清潔にしておくことが大事。毎日簡単でいいので拭き掃除をしたり、小物類にホコリを溜めたりしないようにしましょう。また悪臭は災いを運んでくると言われているので、臭いの元となる汚れを落とすと同時に、アロマなどリフレッシュできる香りを用意することも必要です。

トイレマットは悪い気を払うアイテム

邪気の溜まりやすいトイレをキレイにしておくことは運気アップの基本ですが、邪気は下の方に溜まると言われています。トイレマットを敷いておくと邪気を吸い取ってくれる効果があると言われています。さらに、色や柄など相性のいいトイレマットを選ぶことで、悪い気を払ってくれる役割があります。

また、トイレマットを敷くことで、トイレの冷たい気を緩和し、運気を下げないようにしてくれるとともに、体の冷えを緩和する点もメリット。寒さで体調を崩せば、仕事もできなくなり、精神的にも暗くなってしまうもの。それを防いでくれるのがトイレマットです。

トイレの方位別・トイレマットの選び方

風水では、方位や色に相性があり、それを選ぶことで運気アップや邪気を払ってくれる効果が期待できます。トイレの方位別のトイレマットの選び方を紹介しましょう。

東:緑や青系でシンプル&ナチュラルに

木の気を持つ東には、木が茂る様子や、気を育むための水を連想させる緑や青系がおすすめ。また、水色や淡いピンクなどを使い、シンプルでナチュラルな雰囲気にするのもいいでしょう。東は自分の能力をアップする方位なので、気を整えることでスキルアップにつながります。

北東:ベースに白やベージュ+さし色で茶

土の気で鬼門でもある北東は、家族や財産に影響を与える方位で、ここが乱れるとすべての運が乱れるとされています。運気を安定させ整えるには、清潔感のある白やベージュをベースとして、さし色で茶色やラベンダーカラーを入れるといいでしょう。

南東:オレンジ・緑系など元気な色


木の気と同時に風の方位でもある南東は、オレンジやピンク、緑など元気な色がおすすめです。甘く可愛らしいトイレマットがおすすめ。暗い色やくすんだ色は避けるようにしましょう。

南東は縁の運気に関する方位なので、相性のいい色を使い、清潔なトイレにすることで、恋人ができたり、良いビジネスパートナーに恵まれたりするでしょう。

南:ベージュ系・黄緑など木の気を持つ色

南は火の気で悪いものを燃やす作用があるので、木の気を持つ色が合います。ベージュやオフホワイト、黄緑などのグリーン系がおすすめ。植物との相性もいいので、葉っぱ柄などのバスマットを使ってみるといいでしょう。反対に黒やグレーなどのモノトーンは避けるようにします。

さらに、換気をよくすることで、判断力や行動力を高め、仕事運アップにつながるでしょう。窓がない場合は、空気清浄器などを置くことをおすすめします。

南西:アイボリーやベージュ+さし色で黄色

土の気を持ち、裏鬼門と言われる南西は安定感を求める方位。家庭運や精神面に深く関係する方位です。気を安定させるには、アイボリーやベージュなど落ち着いた色が合います。ラベンダーや黄色などの明るい色をさし色にするのもおすすめです。

陶器とも相性がいいので、合わせて置いてみるといいでしょう。リラックスして心のゆとりができ、運気も上がってきます。

西:明るい黄色・白


金の気を持つ西は、金運に直結する方位なので、金運アップができる明るい黄色、もしくは白やベージュ、ピンクがおすすめです。水の気を象徴する黒や、火の気を象徴する赤は避けましょう。

また、西は口や歯に関する方位なので、口や歯のトラブルが多い人は、トイレを清潔にしてみるといいでしょう。

北西:アイボリーやベージュ+さし色で桃色

金の気を持ち、家主の出世運に大きな影響を与える北西は、上品な印象にしましょう。ベージュやアイボリーをベースに桃色をさし色にするのがおすすめです。また、水色や黄色もおすすめ。高級感のあるトイレマットにすると運気アップにつながります。

社会的地位や名誉、仕事運と関連の深い北西のトイレをキレイにしておくことで、仕事運がアップしたり、社会的地位が高くなったりします。

北:ピンク系やアイボリーなど暖色系

水の気を持つ北は、冷えやすいため、体を冷やさないようにするとともに、明るい印象を与える色がおすすめです。ピンク系やベージュ、アイボリーなど暖色系を使うといいでしょう。トイレに入ると温かさを感じられる印象のバスマットにすることが大切です。

冷え症で悩んでいたり、恋愛がうまくいっていなかったり、浮気や不倫などで悩んでいる場合は、この方位のトイレを整えることをおすすめします。

運気アップのための注意点


方位に合った色のトイレマットを置いても、汚れていたり、ずっと同じものを使い続けていたりすると、運気が下がってしまいます。運気アップのためには、清潔にすることが基本です。さらに注意したい点があるので、見ていきましょう。

マットは清潔に保つ

邪気が溜まりやすいトイレはこまめに掃除をして、キレイに、清潔に保つことが運気アップにつながります。トイレマットもこまめに洗濯をしたり、取り換えたり、ホコリやゴミがないよう掃除をしたりすることも大事。常に清潔なトイレマットを置くことが運気アップのポイントです。

また、キレイに見えても邪気を吸い込んだマットは洗濯をしても落としきれないことがあります。それを防ぐためにも、季節ごとに新しいマットに交換するといいでしょう。

マットはトイレ以外の場所に保管する

新しいトイレマットや替えのマットは、トイレ以外の場所に保管しましょう。トイレ内で保管すると、トイレの悪い気を吸いこんでしまうと言われているためです。邪気が吸いこんだマットを交換しても、意味がありません。洗濯をして天日干しで太陽の気を吸い込んだトイレマットは、トイレ以外の場所に置いておきましょう。

同じ色や柄でトイレ内に統一感を出す


トイレマットは同じ色や柄で、トイレ内に統一感を出すのも運気アップのポイントです。便器のカバーやトイレットホルダーなどをセットにするといいでしょう。統一感がないと気が乱れやすく、統一感があると良い気を呼び込みやすいと言われています

女性の運気をアップするなら花柄が、金運は水玉柄、人間関係の向上にはチェック柄などがおすすめ。さらにクローバー柄やボーダー柄なども運気をアップさせる柄です。

まとめ

邪気の溜まりやすいトイレには、寒く暗い気を抑えてくれるトイレマットを置きましょう。トイレの方位別に相性のいい色があるので、それを選んで置くと運気アップにつながります。

ただし、トイレマットは汚れやすい割に、掃除や洗濯をしないもの。汚れたままでは邪気が溜まり運気に悪影響を与えてしまいます。こまめに洗濯や掃除をして、常に清潔なマットを使いましょう。