顔のむくみの原因を徹底解説!解消法も紹介します

朝起きて鏡を見たら、顔がパンパンにむくんでいた、という経験は誰にでもあることでしょう。体重は増えていないのに顔がむくんでしまうことはよくあることです。慌てて冷水で顔を洗っても、むくみはなかなか取れないもの。そのようなことで悩まないように、顔のむくみを改善する方法を知っておきましょう。むくんだときの対処法と顔のむくみの原因についても紹介します。

顔のむくみの原因


顔がむくんでしまう原因に心当たりがあることも多いのではないでしょうか?飲み会でお酒を飲んだ、夜よく眠れなかった、などといったことは、顔のむくみの原因になります。水分を摂りすぎると顔がむくむ、と思っている人も多いと思いますが、水分不足もむくみの原因に。顔のむくみはなぜ起こるのか?その原因についてまとめました。

水分不足

むくむからと水分を控えてしまうと、かえってむくみが発生することがあります。水分不足になると、体は水分をため込もうとするからです。1日に摂取したい水分量は、体重×30mlと言われ、通常、1.5~2リットル程度の水分が必要とされています。

むくみやすい人は、水分が足りていない可能性があるので、こまめな水分摂取が必要です。ただし、コーヒーやアルコールは利尿作用があり、水分補給にはならないので、注意しましょう。

糖分や塩分の摂りすぎ


塩分の摂り過ぎは顔がむくむ、ということはよく知られていることです。塩分を摂りすぎると、体内の塩分濃度のバランスが乱れるため、体はそれを調整しようとして水分をため込もうとするからです。外食や味付けの濃いものを多く食べていると、塩分の過剰摂取になりやすいので注意しましょう。

また糖分の摂り過ぎにも注意が必要。糖質は水分と一緒に蓄積される性質があるため、摂り過ぎると水分をため込むことに。甘いものの食べ過ぎは太るだけではなく、むくみも引き起こします。

お風呂につからない

忙しいから、面倒だからと、シャワーだけですませ、湯船につからない生活をしていると、むくみやすくなります。湯船につからないと、血行不良になりやすいためです。また、汗腺が衰えやすくなり、汗をかきにくい体に。汗をかかない体はむくみを引き起こしやすくなるのです。

湯船につかるだけで、血液やリンパの流れが促され、余分な水分や老廃物が排出されやすくなり、むくみの予防や改善につながるのです。また、湯船につかると水圧によって、リンパの流れも促され、血行促進効果がアップすると言われています。

睡眠不足


睡眠不足をすると代謝が悪くなり、余分な水分や老廃物の排出がスムーズにできません。体内の水分調節もうまくできないため、水分が溜まりやすくなるのです。また、睡眠不足をすると、成長ホルモンの分泌が減り、新陳代謝が妨げられ細胞の生まれ変わりもスムーズにいきません。それがむくみにつながるのです。

また、枕が低すぎると、水分や血液が顔に溜まりやすく、むくみの原因に。高すぎると、首に負担がかかり血行不良になります。寝具が合っていないと睡眠不足になるので、結果、むくみにつながります。

アルコール

アルコールの過剰摂取は、血液中のアルコール濃度を高くし、血管が拡張するため、リンパや静脈による水分の処理ができずにむくみやすくなります。寝た状態は顔に水分がたまりやすく、アルコールを飲んだ翌朝、顔がむくんでしまうことに。特にうつぶせで寝てしまうと、むくみがひどくなります。

ただし、あまりにもむくみがひどく、まぶたなどが腫れあがった状態は、アルコールだけではなく、腎臓や肝臓の機能が低下している危険性があるので、病院に行くことをおすすめします。

顔のむくみを改善する方法


生活習慣によって、顔がむくみやすくなる場合があります。顔のむくみを改善するにはどういった方法があるか、紹介しましょう。

しっかり水分を摂取する

水分不足はかえってむくみを引き起こします。前述した通り、1日に必要な水分量はしっかり摂取することが大事。そうはいっても、一度に大量の水を飲むと、胃腸にダメージを与えるなどデメリットになってしまいます。

水分摂取はこまめに、1回に飲む量はコップ1杯程度にしておきましょう。特に、起床時や入浴の前後、夜寝る前、運動の前後などは、しっかり水分補給をすることが大事。ただし、就寝前に大量の水分を摂取するとむくみの原因になるので注意が必要です。

バランスの良い食生活

栄養の偏った食事は、体内の水分バランスを乱し、むくみの原因になります。血行をよくし、代謝を高めて、老廃物や余分な水分をスムーズに排出するには、バランスの良い食生活が大切です。特に、しょうゆや味噌などの使いすぎに注意し、お酢やスパイスなどを利用して、塩分を控えるようにしましょう。

お酒はほどほどにする


適量のお酒は健康に良いとされていますが、飲み過ぎはむくみの原因となります。また、肝臓に負担をかけて、代謝機能に影響を与えることに。休肝日を作るなど、内臓を休めてあげることも必要です。

しっかり睡眠時間を確保する

成長ホルモンの分泌を高めるためにも、ストレスによる血行不良を起こさないためにも、しっかり睡眠時間を確保しましょう。寝る前にスマホを見たり、カフェイン入りのコーヒーなどをがぶ飲みしたりするのはNGです。

また、スムーズに寝付くためにも、湯船につかったり、アロマを炊いたりするのもおすすめ。快適に眠れる寝具やパジャマを用意するなど、睡眠環境にも配慮しましょう

首回りのすっきりとした服を着る

首回りを圧迫するような服は、血行を悪くして顔のむくみにつながります。首回りのすっきりとした服を着るのもおすすめ。ただし、あまり開き過ぎていると、冷えてしまい血行不良になるので、適度にすっきりしている服を選びましょう

顔のむくみにはマッサージが一番!改善するマッサージ


顔のむくみを解消する方法としては、マッサージがおすすめ。即効性もあり、朝の顔のむくみを取ってくれるでしょう。むくみを改善するマッサージ方法を紹介します。

デコルテのマッサージ出し

リンパが集中しているデコルテをマッサージすることで、老廃物や余分な水分が流れやすくなります。デコルテのマッサージ方法を紹介しましょう。

1. 鎖骨の下に反対の手を置いて、4本の指で脇の下に向かって強めにさすります。
2. 左右10回程度行い、最後に脇の下を持ち上げるようにギュッと圧迫し、グリグリとマッサージをします。
3.
また、鎖骨の上のくぼみを内側から外側に向かってさするだけでも、リンパの流れがよくなります。

静脈の血行促進するマッサージ

睡眠中、顔に溜まった水分を流すには静脈マッサージがおすすめ。静脈は老廃物や水分を回収するはたらきがあり、余分な水分を回収する効果はリンパ管の約10倍とも言われています。

この静脈の血流を流すことで、筋肉のポンプ機能をサポートし、余分な水分を回収した血液がスムーズに流れるというわけです。そのため、正しい方向に血流を流すことで、効果的にむくみを解消できると言われています。

頭皮のマッサージ


顔のむくみ改善には頭皮マッサージをすると効果的と言われています。顔と頭はつながっているものであり、頭皮の血流が悪くなれば顔の血行も悪くなり、老廃物も排出しにくくなります。むくみを解消するには、頭皮の柔軟性を高めることが大事。そこでおすすめなのが、頭皮マッサージです。

両手の指全体で頭皮をつかみ、頭皮を動かすようにマッサージをする方法や、シャンプーや髪をとかす際のブラッシングの時に頭皮に刺激を与える方法があります。ブラッシングをする際には、髪の生え際から頭頂部に向かってブラッシングするのがポイント。朝と夜に行うとより効果的と言われています。

フェイスマッサージもむくみ改善には効果的と言われていますが、間違った方法はシワの原因に。頭皮マッサージならその心配がなく、手軽にできるのでおすすめです。

まとめ

顔がむくんでしまう原因は、水分の摂り過ぎだけではなく、水分不足やアルコールの過剰摂取、睡眠不足などがあります。さらに、シャワーだけの生活もむくみを引き起こしやすくなるもの。必要な水分をこまめに摂り、睡眠不足をしない生活を心がけることがむくみ改善につながります。また、代謝をよくし血行不良を防ぐためにもゆっくり湯船につかる習慣をつけましょう。