理想体重は美容体重・モデル体重?BMIであなたのダイエット目標設定

見た目がよければ体重は関係ない、と思ってもやはり体重は気になるものです。ダイエットをする際に目安ともなり、体重計を無視してダイエットはできないでしょう。そこで気になるのが、どのくらいの体重を目標とすればよいのか、ということ。

今回は、

  • 理想体重を決めるBMI
  • 理想体重の種類
  • 美容体重・モデル体重の注意点
  • 美容体重・モデル体重に近づける方法

についてご紹介したいと思います。

理想体重を決めるBMIとは


ダイエットをしている人ならよく知っていると思いますが、目標体重を決める際に利用するのはBMIです。ダイエットというより健康づくりにおいて肥満度の判定に使われるものです。

ダイエットを志す女性は、自分が思っているよりも太っていないことも多く、客観的に判断するための指標ともなります。ダイエットにおいても、まずは自分の体重を客観的に把握しておきましょう。BMIの計算式などBMIについてまとめました。

Body Mass Indexの略でボディマス指数

BMIはBody Mass Index(ボディ・マス・インデックス)の略で、日本肥満学会で肥満判定の基準として採用している方法です。肥満になると見た目が悪いだけではなく、さまざまな疾患になりやすくなります。

毛細血管が伸びることで心臓への負担がかかるほか、膝や腰に負担がかかることに。生活習慣病にかかりやすくなるといったほか、睡眠の質が低くなり睡眠不足を引き起こすと言われています。

BMIで自分がどの程度太っているか、適正体重であるかを知っておくことは、健康のために重要なこと。BMIによる指数で、肥満度をチェックすることが可能です。

BMIの計算式は体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)


BMIは計算式に自分の体重と身長をあてはめ、算出することができます。計算式は、「体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」で求めることができます。

 

数値が22前後であれば、最も病気になりにくいとされ、25以上の場合は肥満と判定されます。

理想体重には3種類ある


BMIについて説明してきましたが、女性のダイエットや理想のスタイル対する理想体重は、BMIで適正体重であっても満足できない場合も少なくありません。例えば、モデルのような細い女性になりたい場合はもっと少ない体重を目標にします。理想体重には適正体重のほかに、美容体重、モデル体重の3種類があります。

理想体重は何を求めるかにより変わる

BMIから見ると22であれば病気にならない理想の体重です。しかし、それは普通体重とも言われ、もっと細くなりたい、もっと体重を減らしたい、と考える女性も少なくないでしょう。

理想体重は健康であることだけは目標ではなく、よりスリムな体になりたい、見た目もほっそりとした女性になりたい、といった求めるものによって変わるのです

適正体重はBMI22


通常、健康で病気にかかりにくい適正体重はBMI22です。BMI指標から見ると、普通体重に区分され、数値は18.5以上、25未満。低体重(痩せ型)と言われるのは、18.5以上25未満です。

美容体重はBMI20

BMIの普通体重は18.5以上、25未満と数値に開きがあります。美容体重と呼ばれるのは、BMI20です。印象としては中肉中背よりもほっそりとした、スリムな体型です。BMI22だと、健康的に見えますが、細くなりたい、と思っている女性には少し物足りないので、BMI20程度を目標にすると、細く見えるでしょう。

モデル体重はBMI18

BMIでは18.5未満を低体重(痩せ型)としています。モデル体重はBMI18。かなりガリガリに近い細い体を理想とするなら、モデル体重を目標にするといいでしょう。

ただし、モデルや女優さんは、運動などを含め食事管理をしっかりして細さをキープしています。エステサロンなどを利用し、部分痩せもしているでしょう。そういったケアをしないと、とても健康的とは言えないので注意が必要です。

美容体重とは


女性として細く、美しくなりたい、と思っている人がまず目指すのが美容体重でしょう。美容体重は普通よりも細く、しかしガリガリではないので男性にも人気があるスタイルになれる体重とも言えます。美容体重についてより詳しく見ていきましょう。

ダイエットの指標として使われる

美容体重は主にダイエットの指標として使われます。日本人は特にぽっちゃりよりも細い女性の方が美しい、と思っている人が多いです。「そんなに痩せているのに」と思われているのに、もっと細くなりたいと思ってしまう傾向にあります。あまり痩せすぎると、免疫力が低下するのでちょうど良い体重を目指すことが大事です。そこで指標にしたいのが美容体重なのです。

目安160cmだと51.2kg

実際の体重はどれくらいかというと、目安として160cmの女性だと51.2kgです。ちなみに理想のウエストサイズは60.4cmとされています。日本人女性の平均身長と体重から見ると、BMI20に近いのは20代前半です。20代前半の頃はこのくらいだった、という人も多いでしょう。ダイエットをする際には、まず若い頃の体重を目標にするといいでしょう。

モデル体重とは


モデル体重とは美容体重よりももっと軽く、見た目もより細くなります、ファッションモデルは服のシルエットやイメージを損なわないよう、かなりスリムな体型が求められるので、モデル体重を目安としてダイエットをします。モデル体重について見ていきましょう。

モデルを目指す女性

モデルさんは雑誌で見ても、テレビで観ても、かなり細い印象があります。特に日本のモデルは軽い体重、細さにこだわる傾向にあり、モデルの中にはこのモデル体重よりもさらに軽い体重の人も少なくありません。中には、モデルという仕事をこなすために、過酷な食事制限や運動をしているモデルも少なくありませんが、太らない体質の人もいます。

細いことが必須条件とされるモデルを目指す女性は、モデル体重が当然と思っていますが、一般的にモデル体重になるのは無理をしなければならないでしょう

10代のダイエット目標指数となる

モデル体重は10代のダイエット目標指数ともなります。10代でダイエットは成長期なのでよくないと考えられますが、10代後半は特にふっくらとしやすい時期。食事量も多く、特に運動をしている10代女性はかなり大量に食べます。そのせいでがっしりした体になる女性も。

美しくなりたいという気持ちが強く、とにかく体重を減らして痩せることだけを考えがち。そこで目標となるのがモデル体重です。10代だと適切なダイエット方法などはあまり知らないため、注意しないと栄養不足になるので周りが気を配ることも大事です

美容体重・モデル体重の注意点


美容体重やモデル体重は標準よりも軽いため、見た目は細く、痩せられたという実感もわきやすいでしょう。しかし、美容体重やモデル体重を目標とする場合、注意しなければならないことがあります。

年齢や筋肉量が考慮されていない

BMIは身長と体重による計算で、筋肉量などは考慮されていません。筋肉は脂肪よりも重いので、体重は重くても、引き締まってスリムに見えることもあります。ただし、計算上は肥満に近く出てしまうこともあります。反対に、筋肉がなく脂肪が多くても、痩せ型と判定されることも。筋肉量などは年齢によっても違いますが、BMIは年齢に関係なく計算式は同じです。

もともとの体格を無視している

骨の太さや重さも個人差があります。そのため、体重と身長だけでは細い、太い、といったことは一概には言えません。もともとの体格を無視しているので、BMIの数値だけでは肥満か、そうでないか、痩せ型か標準体重か、などははっきり分からないこともあることを覚えておきましょう。

美容体重・モデル体重に近づけるには


美容体重やモデル体重に近づけるためにダイエットをする場合、無理をしないことが必要です。体重は食事をしなければ減りますが、食事をしなければ栄養失調になってしまいます。さらにダイエットの失敗でよくあるリバウンドにも注意しなければなりません。美容体重・モデル体重に近づけるには以下のような点に注意しましょう。

年齢にあった摂取カロリーを知る

体重が減っても不健康的になったり、肌トラブルを引き起こしたりしては何のためのダイエットか分からなくなります。大事なのは健康的な痩せること。そのためには年齢にあった摂取カロリーを知ることが大切です成人女性は大体1日2,000kcalが目安とされています。1日の中でダイエットを考慮した摂取カロリーを把握し、必要な栄養を食事でしっかり摂るようにしましょう。

必要以上のカロリーを摂取しないように制限する

美容体重やモデル体重は、かなり細くなる体重です。そのためには、カロリー管理はしっかり行うことが大事。必要以上のカロリーは摂取しないよう、制限することが大事です。できれば、サラダに使うドレッシングはもちろん、調味料などのカロリーもチェックするようにしましょう。

適度な筋トレをする


カロリー制限ばかりではストレスが溜まるので、カロリーを必要以上に摂取した場合は運動をしてカロリーを消費しましょう。特に筋トレは基礎代謝をアップし痩せやすい体になれます。部分痩せもできるので、メリハリのある引き締まったスタイルになれるでしょう。

充分な睡眠をとる

睡眠不足はストレスが溜まり、血行が悪くなるので痩せにくくなります。成長ホルモンの分泌を増やし、代謝をアップさせるためにも十分な睡眠が大切。早寝早起きを心がけ、質の良い睡眠を取るようにしましょう。

ストレスを溜めない

美容体重やモデル体重になるのは、かなりの努力が必要かもしれません。ストレスが溜まることもあるでしょう。それを発散することも重要です。ストレスを発散しないと、ある時食事制限に我慢の限界がきて制限なく食べてしまったり、甘い物がやめられなくなったりすることも。

週に1度は好きなものを食べる、リラックスできる時間を作るなど、ストレスを溜めにようにしましょう。

まとめ

ダイエットをする際に目標を決めることは大切なことです。健康的に痩せたいなら適正体重を、もっと痩せたいなら美容体重やモデル体重を目標とするのもいいでしょう。

ただし、ダイエットをする際には、摂取カロリーをチェックし体にできるだけ負担をかけないことが必要です。食事だけではなく運動もして、ストレスを溜めないダイエットをしましょう。