六白金星の性格とは?六白金星のたどる運命を教えます

占星術なら水瓶座、魚座ですが、九星気学では一白水星、二黒土星といい、数字や色が使われています。

生まれた瞬間の「気」によって、生まれ持った性格や運勢を占うのが九星気学。江戸時代には家相など、方位術としても活用されていました。

ここでは、

  • 六白金星の象徴
  • 六白金星の基本的な性格
  • 六白金星の恋愛運
  • 六白金星の仕事運
  • 六白金星の健康運
  • 六白金星の金運

についてまとめました。

六白金星の象徴

九星気学には、それぞれに象徴するものがあります。天を象徴するとされる六白金星の場合、基本は太陽や宇宙などを表し、生まれたばかりの子どもや、唯一無二の存在で大きく包み込む支配者、という意味が。

天は頂点であることから、トップに位置し、一流であるという意味も含まれています。ダイヤの原石で、磨くことで輝く星、と言われています。

宇宙:正義や理想を貫く信念を持っている

宇宙を象徴する六白金星は、果てしない理想や心の中にある信念を貫く強さを秘めています。他にはない貴重な存在で、周りを大きく包み込む星。

ダイヤモンドのように硬く、貴重で強い精神を持つとともに、素晴らしい環境の中で切磋琢磨することで、大きく成長するでしょう。また、六白金星は九星気学の中で、最もプライドが高い星とされています。

六白:広大さを象徴し一国の城主や一家の主を表す

とてつもなく広く、大きいといった意味を持つ六白。天の意味も含まれ、一国の城主や一家の主を表します。

また、完全無欠な状態を象徴する六白金星は、一流品、高級品といった貴重なものを表すと同時に、大物、大御所、大富豪、著名な作家や学者、などを示します。

六白金星の基本的な性格

生まれながらにしてトップの位置にある六白金星は、指導力がある一方で、生まれたばかりの子どもでもあり、わがままで短気、といった性格もあると言われています。

六白金星の基本的な性格を見ていきましょう。

短気

六白金星は短気でわがまま、という子どものような面を持っています。自分の思い通りにならないとイライラする、まるで子ども。思ったことを胸の内に秘めておくこともできず、口に出してしまいます。

大人げない困った人、という印象もありますが、違った見方をすれば、裏表のない分かりやすい性格。言いたいことは言いますが、さっぱりしているので、意外と付き合いやすい星です。

向上心が高い

磨けば光る原石である六白金星は、向上心も高いです。現状に甘んじることなく、常に上を目指そうと努力します。そのため、早くから出世する人も多いでしょう。

ただし、興味のないことには無関心で、それが損につながっていることも。もう少し視野を広げてさまざまなことに挑戦すれば、もっと成長するはずです。

わがまま

自分の考えが通らないと機嫌が悪くなるわがままな性格と言われています。プライドの高い六白金星は、人に頭を下げることは嫌いです。

自分の意見を曲げることも、人に従うことも苦手なので、それがわがままと映ることもあるでしょう。相手に合わせることを考えないので、長く付き合っていける友達は少ないかもしれません。

人見知り

人見知りなのも六白金星の特徴です。プライドの高さが邪魔して、にこやかに接することができないのです。

常に怒っているような表情なので、周りからはとっつきにくい人、と思われることも少なくありません。そのため、交友関係は狭く、決まった人と深い付き合いをしていくタイプです。もう少し愛想がよい方が、運もアップするでしょう。

指導力がある

トップに立つ星である六白金星は、指導力に長けています。上司として、先輩として、部下や後輩をうまく指導します。判断力や決断力に優れ、性格も分かりやすいので、後輩たちも信頼しやすいでしょう。

第一印象はよい方ではありませんが、一緒にいる時間が長くなれば、六白金星のいいところがたくさん見えてくるので、ついてくる後輩や仲間は多いでしょう。

六白金星の恋愛運

プライドの高い六白金星は、素直に気持ちを伝えることはできない性格ですが、本気で好きになった相手には愛情を惜しみなく注ぎます。

六白金星の恋愛運について見ていきましょう。相性のいい星についてもお伝えします。

プライドの高いツンデレタイプ

プライドの高い六白金星は、恋愛面においても相手に素直になれないタイプです。好きなのに、好きではないふりをしたり、必要以上にクールな態度で接したり、いわゆるツンデレタイプです。

もともと、自分から話しかけるタイプではないので、好きな気持ちは相手に伝わりにくいでしょう。六白金星のミステリアスな雰囲気に惹かれる異性もいます。

根は優しいが相手へ気づかいができない

集団行動が苦手なのは、相手への気づかいや相手の気持ちになるなどといったことが得意ではない、という性格も原因の一つ。

無口でクールに見える六白金星ですが、根は優しい性格です。しかし、他人への配慮に欠けるところがあるので、相手を傷つけてもそれに気づきません。強い性格なので、他人の弱さに鈍感なのです。

トゲのある言葉遣いから異性に嫌われやすいタイプ

言いたいことをはっきり言う性格で、言い方にもトゲがあります。相手が嫌がることや欠点などをオブラートにくるんで伝える、などといったことはできないタイプ。

白黒はっきりさせないと気が済まない面もあり、キツい性格と思われやすく、異性には嫌われやすいでしょう。プライドの高さが前面に出てしまうのも、嫌われる要因です。

晩婚タイプで結婚は40代後半以降

理想が高く、気持ちをうまく伝えることができない性格なので、スムーズに進展しません。仕事に生きがいを感じる人も多いので、結婚は40代後半以降になるでしょう。

本来は一人でも生きていけるたくましさがあり、なおかつ一人でいることも平気なので、一生独身ということもあります。

結婚すると男性は亭主関白になりますが家庭を大事し、女性は仕事と家庭をうまく両立させ、安定した生活をしていくでしょう。

お洒落でスマートな恋愛を好む

高級品や一流のものを好む六白金星は、恋愛もオシャレでスマート。男性は紳士的で、上品な女性を好む傾向にあります。

品のいいものを好むので、デートもオシャレな場所を選び、食事も高級レストランやしっとりと落ち着いた雰囲気のお店などが好きです。見た目がきらびやかなものよりも、素材がいいもの、高い品質のものを好むのが、六白金星の特徴です。

本気で好きになれば愛情表現は豊か

クールでミステリアスな雰囲気を持った六白金星ですが、本気で好きになると愛情表現が豊かになります。

人から頼られることや、困っている人を見捨てられない性格の六白金星は、見た目や言動からは判断できないほど優しいのです。愛情がないわけではありません。

人見知りで、プライドが高いので、最初から自分の気持ちをうまく表現できませんが、本気モードになると気持ちをあからさまに出します。一途なでとことん尽くすのも、六白金星の特徴です。

相性のいい星は二黒土星・五黄土星

性格の似ている二黒土星とはお互いを理解し合えるため、うまくいくことが多いでしょう。どちらかが積極的になれば、いい関係になれます。

五黄土星も相性がよく、好きになったら躊躇することなくアプローチをしてくるので、やきもきして待つこともないでしょう。

六白金星の仕事運

人の上に立つ星で、行動力も責任感も強い六白金星は、リーダーとして頭角を現します。上昇志向が高いので、現在の立場で満足することなく、常に上を目指して努力するでしょう。

指導力も高いので、教育者としても成功しやすいです。六白金星の仕事運について見ていきましょう。

周りを引っ張っていく人

人の上に立つ運命を背負って生まれてきたとも言える六白金星は、リーダーシップもあり、周りを引っ張っていくタイプです。

わがままでプライドが高く、人に頭を下げることはしませんが、向上心が高く、決断力もあるので仲間や部下から厚く信頼されます。

ただし、プライドの高さから、周りとの摩擦も生みやすいので、相手の立場を考えることも必要です。

考えすぎてチャンスを逃すことが多い

慎重な面のある六白金星ですが、仕事面で考えすぎるとチャンスを逃すことがあります。興味がない、無反応ととられ、せっかくのチャンスが他にいってしまいます。

安定した環境であれば成長できるので、自分の直感を信じて努力を続けましょう。

世間の苦労に耐えることで成功する

人並み外れた向上心と、強靭な精神力を持っているので、コツコツと努力する六白金星。困難なことを一つずつ乗り越え、苦労に耐えることで成功をつかむことができます。

1歩ずつ上の段階に進み、スキルを身につけていくほど、能力を発揮しやすくなります。リーダーとしてのびのび仕事ができる環境で、本領を発揮できるでしょう。

人の下で働くことを嫌い独立するタイプ

リーダー気質で、自分の思い通りに事を運びたい六白金星は、人の下で働くのが嫌いです。自分が引っ張っていく環境で仕事をする方がいいでしょう。

独立した環境で身につけたスキルを発揮できる星。理想と信念を追い求める星なので、医師や政治家、企業のオーナーなどもおすすめです。

教育者・法律家に縁がある

指導力が高く、人を育てる才能があるので、教育者や先生と呼ばれる仕事が向いています。法律家に縁があるので、弁護士や検事なども適職でしょう。

スポーツ関連の仕事でも成功しやすい

粘り強く、より高いところを目指す向上心にあふれているので、スポーツ関連の仕事でも成功しやすいです。

自分のセンスや方法に自信があるので、それを実証できるスポーツの世界で仕事をすることで、やりがいを感じられるでしょう。

六白金星の健康運

基本的には健康体の六白金星ですが、仕事に熱中しやすく、健康管理などに配慮しないため、疲れがどんどんたまってしまい、病気になってしまう恐れがあります。

六白金星の健康運について見ていきましょう。

筋肉質で健康的

六白金星は筋肉質で体力もあり、健康的です。しかし、どんなに健康でも、限界があります。

六白金星は自分の体力の限界を超えて仕事にのめりこむ傾向があるため、慢性的な疲労をため込んだり、眠れなくなったりすることがあるので注意が必要です。

心身ともに活動的

体が丈夫な六白金星は、バイタリティーにあふれ、エネルギッシュに行動します。真面目で誠実なので、目的を達成するまで活動的に動きまわります。

少しくらい体調が優れなくても、精神力で乗り越えるようなタイプ。それが重なると、気力では乗り切れないこともあります。

完璧主義から神経を使いすぎてメンタル面が不調になることも

自分に自信があり、何事も納得のいくまでできないと気が済まない完璧主義。そのため、神経を使いすぎて、精神的にダメージを抱えてしまうことがあります

いつも気が張っているので、意識して肩の力を抜き、リラックスする時間を持つことが大切です。

交通事故に遭いやすいため十分な注意が必要

六白金星は事故に逢いやすいとも言われています。交通事故などでけがをしたり、入院したりすれば、仕事どころではありません。

疲れていたり、体調が悪かったりするときは車の運転などは控えるようにしましょう。

六白金星の金運

宝石や貴金属、高級品などの意味を持つ六白金星は、経済的には良い状態が続く星です。金運はよく、お金に困ることもないでしょう。

ただし、散財する傾向にあるので、意識して貯金をするなどしないと、財産ができない星でもあります。六白金星の金運を見ていきましょう。

おおらかに見えてお金には細かくケチな性分

高給取りでお金には困らず、あまり固執しないように見えますが、実際はケチな性分です。お金に関しては細かくシビアです。

精力的に稼いで散財する

仕事もしっかりするので、多くのお金が入ってきますが、それを散財するタイプ。ギャンブルや投資などにお金を使ってしまうことも少なくありません。

多くのお金が入ってきても、ほとんどが流れてしまうことも多いので、意識してお金を貯めることが必要です。

中年以降に財を得やすい

多くのお金が入っても、投資などでもっと増やそうとするので、若いうちはお金が貯まりません。しかし、中年以降は入ってくるお金が増え、うまく回るようになるので財を得やすいでしょう。

その時に、貯蓄をしていくことでお金が貯まりやすくなります。

身内や親友から借金の肩代わりをさせられることが多い

お金に関してはケチでも、困っている人を見捨ててはおけない性格なので、身内や親友の借金の肩代わりをする羽目になるようなことも多いでしょう。

そういったこともあるので、お金は入ってきたときにすべてを使わず、貯金をすることをおすすめします。

まとめ

六白金星は人の上に立ち、皆を引っ張っていく星です。誠実で几帳面な性格で、向上心もあり、常に上を目指して努力します。プライドが高く、目的のためには手段を選ばないような面もあり、対人関係ではトラブルも少なくありません。

孤立すれば運も下がってしまうので、感謝の言葉を忘れず、信頼を失う言動を慎めば、大きな成功を手に入れることができるでしょう。