初デートでおすすめの場所は?付き合う前に行くべきスポット12選

婚活中のデートを成功させる方法【初回から3回目まで攻略】

婚活で必要になってくるのが、男性とのデートです。デートはお互いを知る上で欠かせないイベントになります。

今回は

  • 婚活中のデートの目的
  • 婚活中のデートを成功させる方法

などについてみていきましょう。

婚活中のデートの目的


婚活中に条件の合う男性が見つかったら、デートをして関係性を深めていきましょう。何となくデートをするのではなく、3回目のデートまでは目的を持ったデートをおすすめします。ここでは、婚活中のデートの目的について紹介します。

初デートの目的は2回目につなげること

初デートをするときは、次のデートにつなげることも目的の一つです。婚活中のデートはお互いが結婚を意識しているため、初デートのときに関係性を深めようと焦ることがあります。

しかし、ここで焦って関係性を深めようとすると、相手から心に余裕がないと思われてしまうでしょう。初デートは2回目のデートにつながることを意識し、ガツガツした態度を取らないことが大事です。

2回目のデートの目的は結婚相手候補選び

2回目のデートでは、結婚相手の候補になるかどうかをチェックしましょう。結婚を前提にデートをする場合、何度もデートするチャンスは多くありません。婚活サービスで出会った相手だと、他の人に乗り換える可能性もあります。

1回目のデートはお互いが緊張しているため、結婚相手の候補かどうか考える余裕はありません。緊張がほぐれて会話できるようになる2回目のデートから本格的に結婚相手候補選びをしましょう

3回目のデートの目的は本命選び


3回目のデートでは、本命かどうかの判断をしましょう。3回目のデートになると、自分に合う相手かそうでない相手か、フィーリングで分かってきます。

ただし、3回目のデートで無理して気持ちを伝えることはありません。これから結婚を見据えたお付き合いができるかどうか一つの区切りをつけることが大切です。本命だと思ったら、今後もデートを続けて関係性を深めていきましょう。

初デートの課題

初デートはお互いの印象を決める大切なものです。初デートに失敗しないためにも、課題を確認しておきましょう。

フィーリングを確かめる

初デートでは、相手の男性とのフィーリングを意識しましょう。特に、一緒にいて気持ちが落ち着くか、会話をしていて楽しいと思えるか、もっと長い時間いたいと思えるか、という漠然としたフィーリングは重要になります。

ただし、初デートでは緊張していることも多く、そこまで考える余裕がないことも少なくありません。この場合はデートが終わったときに、もう一度会いたいかどうかで判断しましょう。

清潔感のある服装で臨む

初デートでは清潔感のある服装で臨みましょう。関係性が深まったら、見た目の印象よりも中身の方が重要です。しかし、初デートのように関係性が浅いうちは中身が分からない分、見た目が与える印象がかなり大きくなります

濃すぎるメイクやぼさぼさした髪、奇抜なファッションはNGです。服装で自分をアピールしたい女性もいますが、最初は清潔感がある無難なファッションにしておいた方がよいでしょう。

2時間程度で終わらせる


初デートは2時間程度で終わらせると、次につながりやすくなります。2時間と言えば緊張が解けて、会話が楽しくなってくる頃合いです。波長が合って楽しいと思っても、初デートは2回目のデートにつなげることが目的ですから、楽しいと思ったタイミングで別れた方が次のデートが楽しみになります

デートが終わった後は、お礼の連絡に加えて「もっと一緒にいたかった」と伝えると、相手の気持ちをグンと引き寄せることができるでしょう。

現地集合は避けて一緒に待ち合わせて行く

初デートするときは、現地集合ではなく一緒に待ち合わせて行くことをおすすめします。初デートは食事やお茶などが一般的ですが、お店で待ち合わせすると緊張で食事に集中することができません。相手に気を使わせしまうことになるでしょう。

待ち合わせであれば、目的地に向かう道中で会話が生まれて緊張が解れます。ゆったりとした気持ちでデートを楽しむことができます。

初デート中に2回目の約束を取り付ける

初デートでは、2回目のデートに漕ぎつくことが目的なので、初デート中に2回目の約束を取り付けましょう。2回目のデートの約束をせずに帰ってしまうと、次のデートが実現しなくなる場合があります。

2回目のデートを誘う方法としては、「次は○○行ってみたいね」「次は○○に行きたい」など、具体的に2回目のデートでしたいことを伝えるのがおすすめです。そのときに、日程も決めておくと確実性が高まります。

2回目のデートの課題


2回目のデートでは、デートで距離を縮めることを意識しつつ、具体的な結婚の話しは避けましょう。ここでは、2回目のデートの課題について紹介します。

デートコースは気合を入れること

2回目のデートでは、デートコースに気合を入れましょう。2回目のデートの大きな目的は相手のことを掘り下げることです。できれば、相手の素を見ることができるため、相手の趣味に沿ったデートがよいでしょう

たとえば、アウトドアが好きなら海や山へのドライブデート、映画が好きなら映画館デートなのです。何かに熱中しているときに、その人の本質は見えてきます。

結婚を意識しすぎた会話は避ける

デート中はさまざまな会話をすることになりますが、結婚を意識した会話は避けましょう。婚活で知り合った相手でも、関係性が浅いうちは結婚のことを具体的に話すのは止めたいものです。

お互いに結婚を意識しているものの、声に出すのはもっと関係性が深まってからという暗黙のルールのようなものが存在しています。早いうちから結婚を意識した会話をしていると、空気が読めない女性と思われるかもしれません。

前回と違う会話のネタを用意する


2回目のデートを盛り上げるためにも、1回目のデートとは違う会話のネタを用意しておきましょう。1回目のデートの会話は、自己紹介的な要素が大きくなります。2回目のデートでは、もっと踏み込んで仕事のことや趣味のこと、友達関係のことも話せるとよいでしょう。

また、1回目のデートで相手の趣味や特技などを聞いていた場合は、相手に質問することをいくつか考えておくことをおすすめします。

2回目のデート中に3回目の約束を取り付ける

2回目のデートが終わったら、3回目のデートの約束を取り付けておきましょう。次のデートの約束するのは1回目も同じです。しかし、2回目のデートでは次のデートの約束を持ちかけるときの相手の反応で、脈なしかどうかを判断することもできます。

2回目は深い話しもするので、相手のことがある程度分かってくるものです。3回目のデートに相手が乗り気ではないなら、脈なしと判断できるでしょう。

3回目のデートの課題

3回目のデートは、結婚や今後の関係を意識しながらデートするのがポイントになります。ここでは3回目のデートの課題についてみていきましょう。

少し長時間のデートコースを設定してみる

3回目のデートでは、長い時間のデートコースを設定しましょう。3回目のデートでは本命かどうかを判断するタイミングになるため、長い時間一緒にいることが苦痛にならないか確かめる必要があります

できれば早朝から出かけて、夜までゆっくり過ごす1日デートがおすすめです。日中の時間が取れないときは、夕方から深夜のデートコースでもよいでしょう。

相手の結婚観や恋愛観にも踏み込んでみる


3回目のデートでは、相手の結婚や恋愛観にも思い切って踏み込んでみましょう。一緒にいて楽しくても、価値観が合わないと結婚しても上手くいきません。

お互いが心を開いてくるタイミングにもなるため、結婚観や恋愛観のことを聞くタイミングとして三回目のデートは最適です。

好意があるなら伝えてみる

好意があることを相手に伝えるタイミングとしてもおすすめです。これから関係をさらに深めていくためには、一線を超えていく覚悟も必要になるでしょう。そのためにも、告白して恋愛関係を成立させる必要があります

また、これ以上の関係になると好きな気持ちが膨らんでフラれることが怖くなり、告白できる機会を失うことになるかもしれません。3回目のデートであれば、フラれたときの傷も浅くて済むでしょう。

まとめ

婚活を成功させるためには、デートを重ねるごとに少しずつ関係性を深める必要があります。そのためにも1回目のデート、2回目のデート、3回目のデートで、それぞれ目標を作りましょう。結婚に焦り過ぎるのは禁物です。