3回目のデートに成功して婚活をうまく進める方法

1回目、2回目のデートより、3回目のデートの方が重要だと言われています。3回目のデートに成功して婚活を進めるためには、どうすればいいのでしょうか。

今回は

  • 3回目のデートに成功するためのコツ
  • 3回目のデートの注意点

などを紹介します。

3回目のデートが重要な理由


3回目のデートが重要と言われているのは、相手や自分の好意を確認することができるためです。お互いの人間性を知ることができる回数にもなります。ここでは、3回目のデートが重要な理由を紹介します。

相手や自分の好意を確認することができる

3回目のデートは、相手や自分の好意を確認することができるタイミングの一つになるので、重要だと言われています。婚活は結婚をゴールにデートを重ね、脈がないと感じたら1回目のデートや2回目のデートからなかなか進展しないものです。

進展しているということは、少なからずどちらかに好意があることを意味します。3回目のデートでお互いが好きという気持ちになれば、関係も発展するでしょう。逆に気持ちがない場合は、新しい出会いを求めるなど次のことを考える必要が出てきます。

お互いの人間性がわかる

3回もデートを重ねると、お互いの人間性が大体分かってくるものです。お互いを理解した上で、今後継続して関係を深めていきたいか、これ以上の関係を続けることはできないかを判断するタイミングにもなります

婚活をしている以上、ダラダラとデートを重ねるのはお互いにとって得策ではありません。3回というデートの回数は、関係に一区切りつけるタイミングとしてちょうどいいでしょう。

婚活中の3回目のデートにたどり着く方法


デートに辿り着くためには、自分からアクションを起こしていく必要もあります。ここでは3回目のデートにたどり着く具体的な方法についてみていきましょう。

2回目のデート後も連絡をすること

3回目のデートにたどり着くためには、2回目のデートが終わった後もこまめに連絡を取りましょう。自分から積極的な男性ばかりではなく、連絡を待っているケースも少なくありません

連絡をして返事がすぐに返ってくるようなら、ある程度は意識していると言えるでしょう。逆に連絡が取れなくなったときや、レスポンスが遅くなったときは脈が無いと判断することもできます。

理由をつけずに誘う

3回目のデートを自分から誘うときは、理由をつけずに誘ってみましょう。デートに誘うときは、デートという単語を出すのではなく、「今後、ご飯にいきましょう」「今度、〇〇に行きませんか?」など自然な感じで誘いましょう。

デートに誘って返信が来たら、次は自分の都合のいい時間と曜日の候補をいくつか伝えておくのがポイントです。

婚活中の3回目のデートで考えること


婚活中の3回目のデートでは、お互いの本命を見定めるデートになるでしょう。ギャップを見せていくことも大切です。ここでは婚活中の3回目のデートで考えることを紹介します。

お互いに本命を見定めるデート

3回目のデートでは、お互いに相手が本命かどうかを見定めるデートになるでしょう。その上で、結婚生活を意識したときに一緒に生活できる相手かどうかを、デートの中で考えることが大切です。

1回目や2回目のデートも踏まえ、自分と価値観が合うかどうか、一緒にいることが苦痛に感じないかなど、結婚相手に求める条件を一つずつチェックしましょう。

ギャップを見せること

3回目のデートを成功させるためには、ギャップを見せるのも効果的です。天真爛漫なのに気遣いが細かい、ツンツンしているのに子供や動物には優しい笑顔を見せるなど、特に男性は女性のギャップに弱い特徴があります。

ただし、清楚なイメージの女性ががさつだった場合など、ギャップによっては逆効果になるケースもあるので注意しましょう。

3回目のデートでやるべきこと


3回目のデートは長めの時間を過ごして、行きつけのお店を利用するとよいでしょう。お互いの気持ちを確かめることが大事です。ここでは、3回目のデートでやるべきことを紹介します。

長めの時間を過ごすこと

3回目のデートは、長めの時間を過ごしましょう。これは時間が長くなればなるほど、一緒にいることの安心感や苦痛感が分かるからです。

恋人関係になると、一緒に過ごす時間はもっと長くなります。長く一緒にいる時間が楽しく思えるなら、結婚も視野に考えて関係を深めていくとよいでしょう。

行きつけのお店に誘うこと

3回目のデートで自分から相手を誘うときは、行きつけのお店にしましょう。普段から利用しているお店なら、緊張することなく利用できます。お店選びのプレッシャーがないため、リラックスして会話を楽しめるでしょう。

また、自分の行きつけのお店を紹介することで、相手も心を開いてくれたように感じるものです。遠まわしに気持ちがあることのアピールにもつながるでしょう。

スキンシップにチャレンジ


3回目のデートでは、スキンシップにチャレンジしてみるのもよいでしょう。歩いているときに手をつなぐことや、身を寄せるなど密着するスキンシップがおすすめです。

ただし、過度なスキンシップは相手に引かれる可能性もあるので注意しましょう。スキンシップは相手をその気にさせる有効手段であると同時に、軽い女だと思われるリスクもあります。

3回目のデートの会話の内容

3回目のデートでは結婚観の話しをして、お互いの結婚に対する意識を共有するタイミングとしてベストです。同時に慣れてくる頃なので、他人の悪口を言わないようにしましょう。
ここでは、デートの会話の内容について紹介します。

結婚観の話をする

3回目のデートであれば、多少なら結婚観の話しをしてもよいでしょう。お互いに婚活をしている中で出会ったなら、結婚の話しはお互い興味があるはずです

ただし、相手に結婚観を深く聞くのはよくありません。まずは、「こんな家庭にしたい」、「結婚したら自分はこうなりたい」など、漠然としたイメージでもいいので、描いている結婚生活を伝えるとよいでしょう。

他人の悪口は言わない


3回目のデートに限らずですが、デートをしているときに他人の悪口を言うのは厳禁です。悪口を言う人にいいイメージを持つ人はいません。将来結婚したら、自分の悪口ばかり言われると考える人もいるでしょう。

気立てがよくて容姿がよくても、悪口を言うだけで結婚対象から外れてしまうものです。逆に他人の良いところを口にする女性は、信頼されやすくなります。

3回目のデートでやってはいけないこと

3回目のデートでは相手の気持ちを考えないことや自分ばかり話しをしないように気をつけましょう。相手の為だと思って高額なプレンゼとをあげるのもNGです。ここではデートでやってはいけないことを紹介します。

相手の気持ちを考えない

相手の気持ちを考えないデートは、絶対にしてはいけません。特に多いのが、自分の趣味を相手に押し付けてしまうことです。まずは相手の趣味に合わせるという謙虚な気持ちを持ちましょう。

デート中は相手への気遣いや感謝の気持ちを忘れないことも大事です。何かしてもらったときは「ありがとう」と伝えることで、自分のことを考えてもらっていると感じます。

自分ばかり話をする


デートで失敗しがちなこととして、自分ばかり話しをすることが挙げられます。特に婚活をしているときは、自分をアピールすることで頭がいっぱいで、自分ばかり話しをしがちです。

相手の男性にも質問をしながら、言葉のキャッチボールを心がけましょう。モテる女性は話し上手な女性ではなく、聞き上手な女性だと言われています。相手が話しをしているときは、話しを途中で折らないように気をつけましょう。

高額なプレゼントをあげない

3回目のデートとなると、相手に何かあげたい気持ちが出てくるかもしれませんが、高額なプレゼントをあげるのは厳禁です。

男性は高額なプレゼントをもらうと、お返しすることにプレッシャーがかかります。恋人のように関係性が深まるまでは、気持ちだけ伝えるのでも十分です

まとめ

3回目のデートは、婚活を進めていく上で重要な局面となります。今後のことを見据えながら、お互いの気持ちを確かめていきましょう。ただし、焦り過ぎると婚活はうまくいきません。落ち着いた気持ちでデートに臨みましょう。