カップル ハート

婚活で告白に成功する方法とシチュエーション

婚活では告白をして関係を深めていきます。告白に成功するためには、どうすればよいのでしょうか。

今回は

  • 婚活で告白に成功する方法
  • 婚活での告白におすすめのシチュエーション

などについて紹介していきます。

婚活で告白するタイミング


婚活で告白するタイミングは3回目のデートと言われています。このタイミングで気持ちが固まらないなら、諦めるタイミングにもなるでしょう。ここでは婚活で告白するタイミングについて紹介していきます。

3回目に告白するのがベスト

婚活で告白するのであれば、3回目のデートがベストと言われています。1回目のデートではお互いの印象を確認し合い、2回目のデートでお互いの相性を確認し、3回目のデートで今後付き合っていくかどうかを判断するタイミングとしてちょうどいいからです。4回目以降のデートになると、タイミングを逃してしまった感が出てきます。

デートの回数が多くなればなるほど、改めて告白するのはハードルが上がるものです。相手からの告白がない場合は、友達としてしか見てもらってないかもしれません。恋愛と違って婚活は結婚することが目的です。結婚を目指すのであれば、効率的にステップアップしなければなりません。

3回以内に気持ちが固まらない相手はやめる

デートを重ね、3回以内に気持ちが固まらない相手は潔く諦めましょう。婚活をしている場合は異性と出会う機会も多いです。1人の男性に固執するよりも、ダメだと分かった時点で次の出会いを求める方がチャンスに巡り合える可能性は高くなります。

慎重に相手を見定めたい気持ちもあるでしょう。しかし、3回もデートを重ねると結婚相手の候補になるかどうかの判断くらいはできます。それができないのは、結婚相手として不安に思うことがあるからです。また、相手から告白がないのも、自分が結婚相手として良いと思われてないことを意味します。婚活では諦めも肝心になるでしょう。

告白成功の確度を確認する方法


告白成功の確度を確認するためには、スキンシップを取ることや告白に近いセリフを言ってみましょう。ここでは、告白の成功率を確かめる方法について紹介します。

スキンシップで距離感を詰める

告白して成功するためにも、スキンシップで距離感を詰めておきましょう。婚活中にフラれると焦ってしまい、自信を失って結婚相手の男性に求める条件を下げてしまいます。確実に付き合うことができないと分かっているなら、不要な告白は避けたいところです。そのためにも、軽くスキンシップを取ってその気があるか確かめておきましょう。

スキンシップして受け入れてくれる男性や返してくれる男性は脈ありの可能性があります。一方で、嫌な顔をする男性やスルーする男性は好意がなく、告白してもフラれる可能性があるでしょう

大胆に手を繋いでみることや、軽くキスをするスキンシップもおすすめです。恋人になりたいことをアピールできるため、相手に気があれば告白されることもあります。

告白に近いセリフを言ってみる

告白して成功する可能性を調べるためには、告白に近いセリフを言ってみるのもよいでしょう。たとえば、「○○さんと一緒にいると気持ちが落ち着く」「今まで○○さんのような優しくて楽しい男性に会ったことがない」などです。

男性も告白したくて迷っていることがあります。フラれるのが怖いのは、男性も同じです。告白に近いセリフを言うことで、男性は告白してオッケーをもらえると判断し、男性の方から告白されることもあります。

告白のシチュエーション


告白のシチュエーションは、静かな場所やキレイな場所が定番になっています。ここでは告白のシチュエーションをみていきましょう。

個室の居酒屋や静かなBAR

告白のシチュエーションとしておすすめするのが、個室の居酒屋や静かなBARです。お酒が飲める人限定ですが、お酒を飲んで気分が盛り上がってきた勢いで気持ちを伝えることができます。個室やBARなら雰囲気が落ち着いているため、告白もしやすいでしょう。

注意点としては、お酒に頼りすぎないことです。明らかに酔っている状態で告白すると、相手から本気かどうか疑われてしまいます。逆に、お酒が入っているときに告白されるのは不安も残りますよね。

夜景スポット

夜景がキレイに見えるスポットでの告白シチュエーションも素敵です。夜景を見るとロマンティックな雰囲気になり、告白のムードも作りやすくなります。夜景スポットはカップルも多いため、自分たちがカップルかのような気持ちも高まるでしょう。

近くに夜景スポットがないなら、星空がキレイな場所もおすすめです。告白が上手くいって結婚することになったとき、告白した場所は思い出の場所になります。

ドライブデート


告白のシチュエーションとして多いのが、ドライブデートで車の中です。車の中は男性が告白しやすい場所になっています。面と向かって告白できない男性でも、車なら正面を向きながら気持ちを伝えることができるでしょう。

ドライブデートの告白のタイミングとして多いのは、帰りの道中になります。楽しい時間を過ごした帰り道は寂しい気分になりやすく、一緒に居たい気持ちが高まっているからです。

海・公園

デートの定番スポットと言えば海や公園ですが、同時に告白する場所としても人気があります。海や公園でゆっくり会話をし、その流れで告白しやすいからです。

ただし、周囲に人がいるときや騒がしい場所は告白には向かないでしょう。海や公園の告白するタイミングは、人が減ってくる薄暗くなった夕方以降をおすすめします。

男性向け!告白を見送ったほうがいい状況

告白したくても、見送ったほうがいい状況がいくつかあります。ここでは男性向けに告白を見送った方がいいケースを紹介します。

相手の機嫌が悪いときは次回伝える旨を宣言


相手の機嫌が悪くなっているときは、好意があってもYESの返事がもらえない可能性があるので告白は見送った方がよいでしょう。ただし、告白されるのを待っていて機嫌が悪くなっていることもあります。この場合はストレートに気持ちを伝えた方がよいでしょう。

機嫌が悪くなっている理由を考えることが大事です。明らかな原因があるときは素直に謝りましょう。告白のタイミングを間違えてしまうと、チャンスを失う可能性があるので注意が必要です。

即答されなかったら次のデートを取り付ける

告白して即答されなかったときは、次のデートを取り付けましょう。告白して返事がもらえないのは、ゆっくり考えたいという理由が多いです。

しかし、告白された側から次のデートを誘うのは抵抗があるため、次のデートの約束は告白した男性からしましょう。次のデートに誘っても実現しないときは、脈がなかったと判断することができます。

女性向け!告白されて断る方法

好きではない男性から告白されたときは、丁寧に断りましょう。中途半端な断り方をすると、相手が諦めきれません。ここでは、女性向けに告白されて断る方法を紹介します。

断るときは真剣かつ丁寧に断ること

男性から告白されて断りたいときは、真剣かつ丁寧に断るようにしましょう。相手が傷付かないために、ぼやかしてしまう女性は少なくありません。しかし、中途半端な断り方をすると、相手は諦めきることができず、かえって不幸にします。

かわいそうだと思っても、はっきりと断りましょう。真剣に断れば、相手も自分に可能性がないことを悟ります。

即答できない場合は待って欲しい旨を伝えること


いきなり告白されて即答できないときは、待って欲しいと伝えましょう。好きな気持ちがあっても、心の整理や準備がしたいケースもあります。特に婚活しているときは、数人の男性と連絡を取っていることも多く、告白してくれた人に二つ返事できないこともあるでしょう。

告白を待っている間、ドキドキして人によっては仕事が手に付かない人もいるかもしれません。返事が決まったときは、早めに連絡してあげましょう。NOの返事でも、放置するのはよくありません。

まとめ

婚活で告白に成功するためには、シチュエーションも重要になってきます。場所やタイミングを間違ってしまうと、せっかくのチャンスを逃すかもしれません。成功するためにも、告白のタイミングや場所、雰囲気は大切にしましょう。