婚活が辛い原因と解消する方法

婚活をして辛いと感じるのは貴女だけではありません。多くの女性が婚活に辛さを感じています。なぜ、婚活は辛く感じるのでしょうか。

今回は

婚活が辛い原因

婚活の辛さを解消する方法

などについて紹介していきます。

多くの人が悩む婚活の辛さ


婚活に辛さを感じている女性は少なくありません。婚活をしたからと言って、すぐに結婚相手が見つかるわけではなく、時間が経つほど焦りも出てきます。ここでは多くの人が悩む婚活の辛さを紹介していきます。

断られて自信をなくす

婚活中は告白してフラれる経験をすることもあり、断られて自信を無くしてしまいがちです。フラれることが続いてくると、「自分と合う人はいないのでは?」と思い込んでしまいます。

フラれることや断れることは、ネガティブな感情を増幅させるでしょう。失敗しても次があるとポジティブな感情を持つ必要があります。

周囲が結婚することに焦る

婚活は周囲の結婚が決まれば決まるほど、焦りの気持ちも大きくなってきます。自分だけ取り残されてしまったという気持ちが生まれると婚活するのは辛くなるでしょう。

婚活を友達と一緒に始める女性も少なくなく、友達の方が先に結婚が決まるのもプレッシャーに感じます。本来、婚活というのは自分のペースで進めていくものです。しかし、周囲が気になってしまうとペースが乱れて焦ってしまいます。

婚活の期間がないことに焦る

婚活は“いつからいつまで”という期間がなく、期限がないことに焦ってしまいがちです。婚活で成功するためには、具体的な期間の目標を持つ必要があります。

期間を決めないとダラダラしてしまって、いい人がいても他にいい人が見つかると思ってチャンスを逃してしまうでしょう。そして、どんどん気持ちが焦るようになるのです。

婚活が辛い原因


婚活に辛さを感じている女性は少なくないですが、その原因はどこにあるのでしょうか。ここでは婚活が辛い原因について解説していきます。

婚活するだけで売れ残りだと思ってしまう

婚活をするだけで、世間から売れ残りだというイメージをもたれてしまいます。結婚できない女性に対して負け組と思う人は依然として多く、風あたりも冷たいものがあります。

実際に周囲の人からそんな風に思われてなくても、婚活している側は焦りから被害妄想が大きくなってしまうものです。「何のために婚活しているんだろう・・」と婚活そのものが嫌になってきます。

自分のプライドが邪魔をする

婚活で辛い原因の一つに、プライドが邪魔をして思うようにいかないことがあります。婚活は自分が選ぶ立場であり、男性から選ばれる立場でもあります。多くの人から比較され、結婚対象者になるかどうかをジャッジされているのです。

男性に興味をもたれなかったら、プライドは傷ついてしまいます。プライドが傷つくのが怖くて、自分から行動できなくなる悪循環に陥るのです。

理想的な男性に出会えない

婚活で辛いのは、理想的な男性になかなか出会えない場合です。婚活を始める場合、相手に求める条件をある程度決めておきます。その条件が多いほど、理想の男性に出会える可能性は低くなるでしょう。

婚活をしていると、異性と出会える機会は多いです。しかし、異性と何回出会いがあっても理想の相手に辿り着かないと、このまま理想の男性に会えないのではと不安になります

婚活の金銭的負担が辛い


婚活の方法によってはお金がかかり、金銭的な負担が大きくなる場合があります。婚活は、婚活サイトや婚活アプリ、婚活パーティー、結婚相談所などを利用するのが一般的です。

どれも男性より女性の利用料金の方が安く設定されていますが、無料で利用できるツールばかりではありません。何度も利用していると、婚活にかかる費用も大きくなってしまいます。婚活中は身だしなみにもお金がかかるため、金銭的な負担はより大きくなるでしょう。

キャリアとの両立に悩む

仕事をしながら婚活する女性にとって、キャリアと婚活の両立は悩みどころです。仕事の時間帯によっては婚活パーティやイベントに参加できない場合もあります。重要なポストに就いているときは、仕事優先になってしまって婚活が思うように進みません。

また、結婚した後も働きたい女性は相手の男性の理解を得る必要もあります。社会的に自立しているため、自然と相手に求める条件も高くなり、理想の相手が見つからず辛さも増してくるでしょう。

婚活していることが恥

婚活していることが恥だと思う女性にとって、婚活することは苦痛でしかありません。婚活することは、これまで出会いに恵まれなかったことを意味します。わざわざ婚活をしないと相手が見つからないことが恥だと感じてしまうのです。

婚活が恥ずかしいと感じてしまうと、周囲の人に相談することができません。孤独感を感じるようになり、婚活をする気力が低下します。親から婚活するように言われると、余計に辛くなるでしょう。恥だと思うと、婚活を前向きに行うことはできません。何のために婚活をしているのか、考え直す必要があります。

婚活の辛さを解消する方法

考える女性
婚活の辛さを解消するためには、婚活に期待し過ぎないことや相手への条件の見直し、婚活そのものを考え直すのが効果的です。ここでは、婚活の辛さを解消する方法を紹介します。

結婚相手に求める理想の条件を見直そう

婚活が辛いと感じるときは、結婚相手に求める理想の条件を見直してみましょう。相手に求める条件が多くなるほど、婚活で成功する確率は低くなります。妥協をすれば、出会いの確率を増やすことができます。

一生に関わる結婚なので、相手に求めるものが多くなるのは自然です。しかし、婚活は自分を選んでもらう立場でもあります。求める条件の多さに、自分の価値がマッチングしているか客観的に見る必要もあるでしょう。

婚活に対して期待しすぎない

婚活の辛さを解消するためには、婚活に対して期待しすぎないことが大切です。婚活したからと言ってすぐに理想の相手と出会えるわけではありません。何年もかかってようやく結婚できたという女性もたくさんいます。

婚活は、自分のペースでゆっくり進めるくらいの気持ちが大事です。期待するだけ、上手くいかなったときのショックは大きくなります。

時間とお金を有効活用する


婚活をするにあたり、時間やお金は有効活用しましょう。婚活は頑張れば頑張るほど、お金も時間もかかってきます。理想の相手を見つけるために頑張る姿勢はもちろん大切です。しかし、お金も時間も無制限にあるわけではありません。

結婚そのものにもお金が必要になるため、婚活にすべてのお金を費やすのは厳禁です。お金や時間をかけて闇雲に頑張るのではなく、最初は出会いの場に足を運び、そこで出会った人と関係を深めていくなど、計画性を持った婚活をしましょう。計画性を持てば、お金も時間も無駄にすることはありません。

結婚できないことを焦らない

婚活する女性が心がけたいのは、結婚できないことに焦らないことです。焦ってしまうと婚活が辛くなり、やる気が無くなってしまいます。婚活で成功するコツは、楽しみながら婚活をすることです。

楽しく婚活をしていると、自然と男性は寄ってきます。いやいや婚活をしている人には、まともな男性が寄ってきません。焦る気持ちを捨てて、まずは異性との出会いを楽しんでいきましょう。

プライベートも充実させる


婚活で辛くならないためには、プライベートを充実させることが大事です。プライベートが充実していれば、婚活で失敗しても気持ちのリセットが早くできます。また、充実感は笑顔を増やして周囲に明るい印象を与えるでしょう。

婚活をしているときも、男性から明るくて元気な女性とプラスのイメージを持ってもらうことができます。婚活だけにすべての時間を注ぐのではなく、プライベートにも時間を注ぎましょう。

まとめ

婚活することに辛さを感じている女性は少なくありません。婚活が辛いときは、無理をせずに休んで自身を振り返ってみるのもよいでしょう。何のための婚活か、誰のための婚活か、婚活している意味も考えると辛さも薄れてきます。婚活に焦りは禁物です。人は人、自分は自分という意識も持ちましょう。