【夢占い】飛行機が墜落する夢の意味。不時着・助かるなどパターンを解説

飛行機が墜落するのを目撃したり、自分が乗った飛行機が墜落する夢は、目覚めの悪いもの。怖い夢だし、飛行機に恐怖心を持ちそうです。ところが、実際にこのような夢が飛行機墜落の予知夢であることは少なく、シチュエーションごとに深い意味がこめられています。
  • 夢占いで飛行機が象徴するもの
  • 良い意味を持つ飛行機が墜落する夢
  • 悪い意味を持つ飛行機が墜落する夢

を解説!飛行機墜落の夢が意味することを見てみましょう。

夢占いで飛行機が象徴するもの

夢占いでは、夢の出来事は実際に起こることを予言しているのではありません。多くの場合、夢の出来事は自分の状況や精神状態を暗示しているものです。夢に出る飛行機が象徴するものが何か、紹介します。

自由・冒険心・チャレンジ精神・行動力などを示している

飛行機は、大空をダイナミックに飛び回る象徴的な存在。そんなイメージから飛行機には自由や冒険心、チャレンジ精神などの意味があります。夢で見た時にはそういった内容のメッセージである可能性が考えられます。

また、行動力や旅立ちなどの前進を意味する暗示もあると言われています。特に落ちる飛行機には行動を制限されて、計画がとん挫するといった意味もあるようです。

強いストレスや不安を反映している

飛行機が落ちる夢や飛んでいる飛行機を眺める夢などは、不安やストレスなどを意味していることもあります。空を飛んでいるものは不安定であり、落ちるというのも怖い気持ちを感じるものです。また、手に届かない、自分ではどうすることもできないということで、もどかしさを象徴することもあります。

そのため、飛行機が落ちたり、飛んでいる飛行機を遠くから眺めたりする夢には、前向きな印象だけでなくマイナスの暗示も含まれています。

自分の心理状態や未来に対するメッセージが込められている

飛行機に関係する夢占いの内容は、心理状態を示すことと未来を暗示することの二つが考えられます。飛行機は「大空を飛ぶ」イメージから自由や冒険心などの前向きな気持ちを連想しがちです。ただ一方で、不安定でコントロールしにくいことから不安などの気持ちを暗示することもあります。

【良い意味】飛行機が墜落する夢の意味

飛行機が墜落する夢の中でも、良い意味を示す夢やその暗示する内容を紹介します。飛行機事故は実際に起こったら怖いものですが、夢の中では意外にも良いことを示していることがあるようです。

飛行機が墜落して死ぬ夢:再生や再スタートを暗示

飛行機が墜落して死ぬ夢はとても怖いものですが、夢の意味は逆夢であることが多いものです。夢の中で死ぬというのは、再生や再スタートを意味するもので、これまでの悩みや不安の原因が解消されることを暗示しています。

実際に現実世界で悩みや不安がある人にはうれしい夢です。鬱々としていた不安な毎日から心機一転、最初の一歩踏み出すチャンスかも知れません。

飛行機が墜落して助かる夢:トラブルがあるが目標が達成できることを暗示

柔らかい雰囲気の人になる方法

飛行機が墜落するだけでなく、その後の展開まで夢に見た人は、その後自分がどうなったかも夢占いでは重要です。飛行機が墜落した後、自分が助かる夢は、困難に遭いつつも目標を達成する可能性を示唆しています。

冒険心やチャレンジ精神も示す飛行機が墜落するため、一時的にはやる気が打ち砕かれる事態になるかも知れません。ただし、そういったトラブルを乗り越えて、目標達成まで進むことができるでしょう。

飛行機が墜落して爆発する夢:未来がより良い方向に向かうことを暗示

飛行機の墜落は、時に冒険心やチャレンジ精神を阻むトラブルを示すことがあります。しかし、飛行機が爆発する夢であれば、一転して吉夢となるようです。飛行機が墜落、爆発したならば、未来が良い方向に向かっていることを暗示しています。夢占いでの大爆発は、非常に良い意味を持つものです。

ただし、自分が爆発している飛行機を見ている場合には、健康に注意せよという意味を持っていることもあります。特にストレスに注意が必要です。

飛行機が墜落して強く炎上する夢:悩みや不安が解消される吉夢

飛行機が墜落して、強く激しく炎上、大きな火災が発生するというのも爆発と同様に良い意味を持つ夢です。

悩みや不安などが解消することを暗示しています。夢占いでは、激しく燃える火事の夢は吉夢であることが多いものです。

ただし、飛行機が軽いボヤを起こした夢など、燃え方が激しくない時は要注意の夢となります。心身ともに負担が大きくなり、大変な時期が来る暗示です。

飛行機が海に不時着できる夢:物事が上手く収まることを暗示

まとめ6

飛行機が海に不時着する夢は、抱えていた問題がうまく収集できて、解決に進むことを示しています。飛行機の海への不時着は、現実でも奇跡のような難しい出来事です。そういった出来事が起きて助かった夢なので良い夢ですし、結果的に良い方向に進むという意味になります。

ただし、飛行機がただ単に海に墜落する夢は注意が必要です。あまり良い意味を持たないため、内面や周囲の出来事に注意して過ごす必要があるでしょう。

飛行機が着陸失敗する夢:今が勝負所であることを暗示

飛行機が着陸に失敗する夢は、自分自身でこの夢を吉夢へと変えることが大切です。着陸は最終的なゴールであり、失敗する夢は現実世界での勝負所を示しています。今が勝負だから気を引き締めようという暗示です。

現実で仕事や受験など、自分の計画やこれまでの積み重ねを改めて見直して、失敗しないように備えることが大切です。計画に漏れがないか最終確認の上、慎重に進めましょう。

【悪い意味】飛行機が墜落する夢の意味

飛行機が墜落する夢の中でも、悪い意味を示す夢やその暗示する内容を紹介します。飛行機墜落の夢は、ちょっとした内容の違いで吉夢と凶夢の違いが生まれるものです。夢の内容を慎重に吟味してみましょう。

飛行機が墜落しそうな夢:今の目標が失敗することを暗示

飛行機が墜落しそうになっている夢は、機体の揺れや傾きが自分の自信の揺らぎを示している可能性があります。自信が揺らいでおり、自尊心を傷つけられるような出来事に遭遇し、目標にしていたこともうまく行かない暗示です。

ネガティブな感情に心を支配され、おびえや不安ばかりになってはいけません。ただし、反対に自己主張し過ぎても人間関係のトラブルの原因になるため、注意が必要です。

自分が乗っている飛行機が墜落する夢:精神状態が良くないことを暗示

自分の乗っている飛行機が墜落する夢は、逆夢で吉夢になるものもありますが、基本的には精神状態が不安定な時にも見るものです。そのため、飛行機墜落の夢を見たら、まずは不安材料などを自分の気持ちや周囲の環境などから探してみましょう。今ある目標や計画していることなどに漠然と不安を感じているなら、計画の見直しが必要です。

飛行機が自分に向かって墜落する夢:不安になる要因が押し寄せてくることを暗示

通勤時間が長くプライベートな時間が少ない

自分の乗っていない飛行機が墜落する夢も注意が必要です。自分に向かって飛行機が墜落してくる夢は、自分に不安材料が押し寄せてくるのを察知したために見ることがあります。墜落の衝撃で感じる胸騒ぎは、日ごろ感じているトラブルの火種への不安から発しているのかも知れません。

また、飛行機が墜落するのを見る夢は、運気が低下する暗示の可能性があります。環境の変化による悪影響を受けたり、天気や気候の変化によって体調を崩したりするかも知れません。

飛行機が次々墜落する夢:精神的に疲れていることを暗示

飛行機が次々に墜落する夢は、精神的に不安定で疲れていることを暗示していることがあります。実際の生活の中で、いろいろな出来事でストレスを受け続けている時は要注意です。

そのストレスや精神的な不安定さが飛行機の次々と落ちる夢を見せている可能性があります。精神的に強い、ストレスなどないと思っている人も、生活や自分の心の見直しをしましょう。

飛行機が海に墜落する夢:恋愛関係がうまく行かなくなることを暗示

飛行機が海に墜落する夢は、恋愛関係で注意が必要です。飛行機が海に落ちる夢は、男女によってとらえ方が若干違いますが、内容はどちらも恋愛に関係しています。

男性の場合には、飛行機が海に墜落する夢は順調だった交際がうまく行かなくなることの暗示です。また、女性の場合には、今の恋愛関係を自分の意志で終わらせたいと思っている心理状態を示すと言われています。ただし、最終的に不時着できれば結果オーライで吉夢となります。

飛行機が山に墜落する夢:信念や理念をくじこうとする外的要因が迫っていることを暗示

飛行機が山に墜落する夢は、信念や理念を外的要因によってくじかれるおそれがあることを示唆しています。山は目的意識や理念、信念などを象徴するものであり、高い山は高い向上心を示すものです。

そんな山に飛行機が墜落する夢では、その目的や理念、信念をくじこうとする何かが迫ってきているという意味になります。外的要因が何かは分かりませんが、人や環境などが考えられます。

まとめ

飛行機の墜落事故は非常に恐ろしいものであり、現実に起きたら良い結果は生まれないものです。ところが、夢占いでは反対に吉夢になることがあるため、怖い夢だからと言って落ち込まなくても良いこともあります。悪い夢のばあいもありますが、その時は暗示されるトラブルを予測して対策を立てると良いでしょう。