【夢占い】飛行機を見上げる夢の意味。眺める・着陸などパターン別に解説

飛行機を見上げる夢は、飛行機の置かれているシチュエーション次第で意味が大きく変わるものです。夢に飛行機が出てきて、それを眺めているという内容だったら、その状況をしっかり思い出しましょう。
  • 夢占いにおける「飛行機」の意味
  • 良い意味を持つ飛行機を見上げる夢の意味
  • 悪い意味を持つ飛行機を見上げる夢の意味

を解説。飛行機を見ている夢の意味をシチュエーションごとに診断します!

夢占いで飛行機が意味すること

夢占いでは、飛行機は乗り物という意味だけでなく、「飛行機」に感じられるイメージなどを重視します。そのため、飛行機を見ていた夢を占うにもそのままの意味ではなく、飛行機が象徴する意味を知ることが必要です。

野心・旅立ち・別れ・進展を示している

飛行機は、大空を高く遠く飛ぶことから、野心やチャレンジ精神などの前向きで大きな意志を示すことがあります。また、飛行機自体の目的である遠方への移動によって旅立ちや別れといった意味も含まれます。

乗り物は、たいてい前進や目的達成などの意味を持つものです。中でも飛行機は同じ乗り物であるバスや電車よりも乗せる人数も運ぶ距離も大きくダイナミックです。そのため、どちらかというと大きな進展や発展、目標の達成や完遂を意味しています。

飛行機自体は、夢占いではこのように良い印象が多い象徴です。ただし、夢に出てくる飛行機の状態や自分と飛行機の関わり方によっては、反対に野心や目標達成などが阻まれるような暗示もあります。

今まで無理だと思っていたことに手が届くことを示している

飛行機や飛行機を見上げるという行為は、夢占いでは今まで無理だと思っていたことに手が届くことを示すと言われています。飛行機は、バスや電車のように気楽な乗り物とは言えません。また、乗り遅れたりしたら一大事な緊張を伴う特別な乗り物という印象をたくさんの人が持っています。

そのため、飛行機は憧れや手の届きにくいものを暗示しているものです。さらに、それを見ている夢はシチュエーション次第で大きな吉夢になることがあります。特に、飛行機が近い位置で飛んでいるのを見るのはチャンスを暗示する吉夢です。

飛行機を見上げる夢は社会的地位・立場が上昇することを意味している

 

 

飛行機を見上げている夢というのは、社会的な地位や立場の上昇を意味していることがあります。

 

飛行機は憧れの存在であると説明しましたが、それを見上げているということは、努力次第で目指せるということの暗示となるのです。

空の象徴するものは自由や可能性です。空飛ぶ飛行機を見上げる夢では、空の象徴する可能性や飛行機の象徴する冒険心が触発されたことを示しているのかも知れません。いずれにせよ、これからの活躍に期待が持てそうです。特に腫れた青空に飛行機が飛ぶ爽やかなシチュエーションでは人生の展望も明るい暗示となるでしょう。

【良い意味】飛行機を見上げる夢の意味

飛行機や飛行機を見上げるシチュエーションというのは、夢占いでも良い意味が期待できそうです。自分の見た夢に近いものがないか、チェックしてみましょう。いろいろな状況で飛行機を見上げる吉夢とその意味を紹介します。

飛行機を眺めている夢:ストレスからの解放を意味している

飛行機を眺めている夢は、ストレスや抑圧から解放されることを意味しています。飛行機を眺めるというシチュエーションは、幸福な気持ちになれることを暗示しており、飛行機が見える天気も晴れた青空が多いものです。そういった気持ちの良いリラックスした状態の夢を見た場合、現実でも良い運気が巡ってくるでしょう。

これまで何かのストレスを抱えている人はそれが解消して、夢と同じようなリラックスした状態を得られるかも知れません。また、そうしたストレスが解消した時にも同様の夢を見ることがあります。

無事に飛行機が着陸する夢:トラブルや問題が解決することを暗示

飛行機が無事に飛び立つところを見る夢は、これまで抱えていたトラブルや問題が解決するという吉夢になります。特に今現在の現実で問題を抱えている人には良い夢です。根本的な不満や不安の原因が解決するということを暗示していることもあります。

これは、飛び立っていく飛行機が現在の自分の困った状況を示していることを元にした暗示です。悪い感情や状況を飛行機とともに遠くに連れ去ってくれることを示します。また、恋人や配偶者が飛行機に乗っている場合には、自分が希望すれば縁を切ることもできるという暗示です。

順調に飛行機が運航している夢:人生が問題ないことを示している

飛行機が順調に運行しているのを見る夢は、飛行機と同じように自分の人生も問題なく進んでいることを暗示しています。目的地や目標に向かって、夢の飛行機も自分も着実に進んでいるのです。順風満帆に進んでいるので、自信を持って歩んでいれば問題はないでしょう。

また、たとえトラブルや事故が途中であった場合でも、最終的に目的地へと向かうことができれば、その夢は良いものです。ちょっとした調整は必要かも知れませんが、目標へ向かって良い方向へ進むでしょう。ただし、対策に手を抜いたり対策しなかったりしてはいけません。

飛行機が離陸する夢:運気が上昇していることを暗示

飛行機の離陸するところを見る夢というのも、運気が上昇していることを示す良いサインとなります。飛行機の離陸する姿は、まさに上昇中であり、これから上昇気流に乗ってさらに高く飛び立つところです。その姿になぞらえて、自分の運気もアップするということでしょう。

飛行機の飛び立つさまや飛行機の大きさによって、運気の勢いの見方も変わることがあります。大きな飛行機が力強く、ぐんぐんと飛んでいく様子ならば、自分の運気も同じようにぐんぐんと上がりそうです。

飛行機が墜落する夢:なりたい自分になれることを暗示

飛行機の墜落する夢は、非常に怖いもので、たとえ自分が乗らずに見ているだけでも嫌な気分です。しかし、こうした極端に怖い、悪い夢は逆夢のこともあります。飛行機が墜落する夢も意外と吉夢であり、なりたい自分になれることを暗示していることもあるのです。

ただし、場合によっては自分の周りで起こるトラブルや問題の予感がそんな夢を作り出していることもあります。近所や社内で何らかのトラブルの火種に知らないうちに気づいているのかも知れません。

【悪い意味】飛行機を見上げる夢の意味

飛行機も飛行機を見上げる夢も、夢占いでは良い意味が多かったのですが、中には悪い意味を持つ夢もあるようです。飛行機を見上げる夢のうち、悪い意味を持つ夢やその意味をチェックしてみましょう。注意と対策で悪いことの回避を目指すことも大切です。

飛行機が攻撃される夢:周囲の人からの反感を買っていることを暗示

職場などの人間関係でトラブルがある

飛行機が攻撃される夢は、周囲のと人間関係に暗雲が感じられる夢です。攻撃されている飛行機は自分自身の立場を象徴するものと言えます。何らかの理由によって周りの人から反感を買ってしまい、煙たがられているかも知れません。

この夢を見たら、周りからの反感を買うことになった原因を追究して、自分で問題解決を目指す必要があります。もしかしたら、自分勝手な判断で人を評価したり批判することで、人に迷惑をかけたのかも知れません。冷静に、されど歩み寄る姿勢で問題に向き合い、関係改善を目指しましょう。

飛行機が嵐に遭遇する夢:様々な葛藤を感じ精神的ストレスがあることを暗示

飛行機が嵐に遭う夢は、不安定な精神を暗示していることがあります。今現在、いら立ちや不満、葛藤を感じる対象はいませんか?または自分の邪魔をされたり予定や計画を狂わされたりしたことがあるかも知れません。こういった様々なトラブルによって葛藤を感じてストレスを受けていることが嵐に遭遇した夢を見る原因です。

また、現状に飽き足らず、自由や冒険を求める気持ちがある時も嵐に遭う飛行機の夢を見ることがあります。こちらも精神的なストレスを感じそうです。いずれのケースも、嵐という不安定で危なげな気象条件がメンタルを象徴しています。

飛行機が墜落して黒い炎が出る夢:試練が当分続くことを暗示

過剰に傷つきやすく打たれ弱い

飛行機が墜落して、黒い炎を上げて燃えるという夢は、あまり良い傾向の夢ではありません。実は飛行機の炎上は良い夢の場合もあります。ただし、その燃え方は激しく、赤赤としたものでなくてはいけません。黒い煙や炎はくすぶっているトラブルや問題を示すものです。それがしばらくの間、燃え尽きることなく、ブスブスと続くことを暗示しています。

ストレスが溜まりやすいため、適度にリラックスを心がけましょう。どす黒く、嫌なイメージの燃え方の火の夢には注意が必要です。

まとめ

飛行機を見上げる夢は、シチュエーション次第で良い夢と悪い夢があります。悪い夢は警告夢のことがあるためしっかり受け止めて対策しましょう。基本的には良い夢の方が多いようですが、ちょっとした違いで良い夢と悪い夢に分かれることもあるので、見極めには慎重な判断が必要です。