子供が死ぬ夢は良い夢?悪い夢?その意味を紹介

“子供が死ぬ夢は寝覚めも悪く、気持ちの良い夢ではありません。しかし、夢占いの見地では、子どもの死ぬ夢は良い夢の可能性も多いようです。ただし、悪い夢の場合もあるため、子供が死ぬ夢を見たら、その真実の意味を知りたいものです。子供が死ぬ夢の良い意味と悪い意味を紹介します。

夢に子供が出てくる意味は?

子供が出てくる夢は、自分に子供がいてもいなくても見ることがあります。夢に現れる子供は現実の自分の子供の他、見知らぬ子の場合もあるものです。こうした子供は我が子を示す他、自分自身の内面を示すこともあります。

未来の出来事の暗示

子供は夢占いでは、未来の出来事を暗示している象徴となります。基本的には子供は未来への希望溢れる存在です。そのため未来を象徴する存在として夢にも表れるのです。ただし、明るい未来だけでなく、トラブルの暗示の可能性もあります。

特に見知らない子供が出てくる夢は、対人関係や人間関係の警告を示す警告夢となることがあります。その子供を見た時の印象は中でも特に重要です。不快感や嫌悪感を持った場合には、人間関係などで厄介ごとを背負ったり巻き込まれたりすることを暗示する夢と言えるでしょう。

子供の数が多ければ多いほど良いことが起こる

子供が登場する夢の基本は、良い夢と悪い夢があり、良い夢の場合には子供の登場する人数は多ければ多いほど良いということです。子供の出てくる夢には良い夢も多く、未来や成長など、良いことの暗示がたくさん隠されています。そうした良い夢では、子供はたくさん出てくると良いのです。とはいえ、少ないからと言って悪くなるわけでもありません。

また、夢に出てくる子供たちが笑っていたりはしゃいでいたりした時も現実的にも良い状態を示しています。前向きに目標へと向かっているサインです。

現在の精神状態を表している

子供の出てくる夢の中では、その子供は自分自身のことを示していることが多くなります。一般的に言われる夢占いでは、子供は自分自身の精神状態を示しており、子供の感情やその子に対する感情によって夢の意味合いが変わることもあるようです。

子供が明るく笑っていれば良い夢、沈んでいればあまり良くない可能性があります。また、子供を見る自分の気持ちが明るい場合と暗い場合でも吉凶が分かれるようです。嫌な目で見てしまう場合には何かトラブル発生の可能性もあります。

子供が死ぬ夢は良いことが起こる暗示

毛玉取り機を使わないので衣服が長持ちする

子供が死ぬ夢は、自分の知り合いの子でもそうでなくても嫌なものです。ところが、夢占いでは死ぬ夢は吉夢となることが多くなります。子供が死ぬ夢というのは、自分の子供が死ぬ暗示ではなく、良いことが起こる暗示です。

死ぬと同じように、どこかへ行って帰ってこないといった夢も、吉夢の可能性があります。自分に子供がいる場合とそうでない場合も違いますが、いずれにせよ基本的には悪い夢ではないと言えます。ただし、かなり限定的なものですが、現実の状況によっては悪い意味を持つこともあります。

自分のなかの幼児性がなくなり成長することの暗示

子供が死ぬ夢の暗示には、一般的に広く知られている意味として自分の成長や幼児性からの脱皮というものがあります。夢の中に出てくる子供は自分自身であり、それが死ぬことによって自分が成長できるということです。自らが自分自身の中にある幼児性を消し去り、大人への一歩を踏み出すという暗示になります。

これは自分に子供がいるいないに関わらず、考えられる暗示です。心理的に大人になることを示しています。ただし、自分の現実の子供が死ぬ夢の場合には、大人になるのは自身ではない可能性があります。

状況別!子供が死ぬ夢の意味

子供が死ぬ夢は、意外にも良い意味を持っているものが多くなります。夢占いでは、死の持つ意味は再生やスタート。子どもの死ぬ夢にも同じように明るい未来を指し示す意味があるようです。子供が死ぬ夢のうち、良い夢の意味をチェックしてみましょう。

自分の息子が死ぬ夢:息子の成長や自立を暗示する

自分の子供が死ぬ夢は怖くて嫌な気持ちになりそうですが、夢占いでは大変良い吉夢の可能性があります。死は夢占いでは比較的良い意味を持つと言われていますが、これも同様に子供に良いことがある暗示です。特に息子の死ぬ夢は、彼の成長や自立のサインとなります。

成長した息子が自立への一歩を歩んでいることを深層心理で察知し、夢に見たのかも知れません。また、息子が就職などで独り立ちしたタイミングでも見ることがあります。寂しい気持ちもあるかも知れませんが、誇らしく見守ってあげたいものです。

自分の娘が死ぬ夢:自分が大人の女性として成長することを示す

自分の娘が死ぬ夢も、息子が死ぬ夢と同じように成長を表している可能性が高い夢です。ただし、それは娘自身の成長ではなく、女性である自分自身の成長かも知れません。娘時代や独身時代の感覚や立場が終わったことを告げる、理解する心のサインとも言えそうです。

また、男性がこの夢を見た場合には、妻に対して女性らしい魅力を感じられなくなったサインかも知れません。これは実際に娘がいてもいなくても同じ解釈ができると言われています。

知らない子供が殺されてしまう夢:未熟さを克服できることを暗示


知らない子供が殺されてしまう夢を見ることもあります。これは、自分自身の未熟さや幼児性を子供が担っており、それが殺されることで大人になるということです。知らない子供は自分自身にある幼い自分です。未熟さを克服できる良いタイミングであることを示しています。

さまざまな夢で見知らぬ子供が出てくることはありますが、夢に出てくる知らない子供は自分自身の投影であることが一般的な解釈です。子供と張り合ったり喧嘩するのも自分の幼児性の表れと言われています。

自ら子供を殺す夢:人生を大きく変えるチャンスを示している

自分で子供を殺す夢は、気味の悪いものですし、自分の怖い一面に驚きそうですが、それとは関係なく吉夢の可能性が高くなります。夢占いでは子供の象徴するものは自分自身の子供っぽさであり未熟さです。そういった至らない弱い部分を打ち消すのが「殺す」という夢の中の行動になります。

子供を殺す夢を見た場合には、未熟さやこれまでの過去の自分を捨てて、生まれ変わることを暗示しています。自分の欠点や嫌な部分を強く意識して、なくしたいと思っている時にも見る夢です。いずれにせよ、変わりたい、変わろうとしている前向きな夢となります。

要注意!悪い意味を持つ子供が死ぬ夢

子供が死ぬ夢は、多くの場合が実際に子供が死ぬという暗示ではなく、他の比較的良いことを示すものです。ところが中には、本当に悪い意味を示す夢もあります。悪い意味を持つ子供が死ぬ夢とその意味をチェックしましょう。

子供が死にそうで死なない夢:心理的な苦しみや悩みがあることの表れ

子供が死にそうで死なない夢は、助かるから良いのでは?と思われがちですが、意外と悪い意味の夢になります。死にそうで死なない状態は、心理的な苦しみや悩みを示しているのです。そのため、自分の不安な気持ちなどを振り返り、ストレスを解消したりその原因から逃れたりといった対策が必要となります。

また、自分の子供がいる人は、その子が何かに追い詰められているなどで、自分も心のどこかで不安や悩みを感じているのかも知れません。子供自身の様子を注意して見守り、いざという時に助けになる準備をしておくと良いでしょう。

現実に病気中の子どもが死ぬ夢:予知夢の可能性あり

子供が死ぬ夢というのは、基本的には逆夢で吉夢になると言われています。しかし、それは現実の子供が元気いっぱいに暮らしている、自分の子供がいないといったケースです。現実的に自分の周りに病気を患っている子がいる場合、それは予知夢となる可能性があります。

自分の子供などが病気を患っていて、その子が死ぬ夢を見た場合には、心のどこかで不安要因や不吉な影をキャッチしており、そのことが夢を見せているのかも知れません。その子の様子を注意深く見守りましょう。

まとめ

子供が死ぬ夢は、一見不吉そうですが、意外と良い意味を持つ吉夢の可能性が高いものです。中には悪い意味を持つものもあるので内容の見極めに注意は必要ですが、基本的には良い夢が多く、怖がり過ぎる必要はありません。実際に自分の子がいる人もいない人も、ちょっとした転機を示していることがあるので、楽しみにそのタイミングを待ちましょう。