礼儀正しい人は得をする!?礼儀正しい人になるためにできること

職場の同僚や友人にとても礼儀正しい人はいませんか。礼儀正しい人とは、挨拶などの基本的なマナーや常識を身に着けているだけでなく、いつも人の立場を考えて美しい立ち居振る舞いができる人のことを言います。

今回は

  • 礼儀正しい人に共通する特徴
  • 礼儀正しい人になる方法

などをご紹介します。

礼儀正しい人に共通する特徴


礼儀正しい人は特定の人からだけでなく万人から好印象を持たれます。挨拶や言動がきちんとしているだけでなく、周りに気を遣うことができるのも特徴の1つと言えるでしょう。礼儀正しい人に共通する特徴についてまとめました。

言葉づかいが丁寧

言葉づかいがとても丁寧であることから初対面でも礼儀正しいと印象を受ける人がいます。礼儀正しい人は、友人に対しても「親しき仲にも礼儀あり」で適切な礼儀をわきまえています。

表現の難しい日本語のなかでも特に複雑な丁寧語や尊敬語、謙譲語を上手に使いこなすことができるので、ビジネス面でも高い評価を受けることでしょう。言葉が与える人の印象はとても大きいものであり、電話の応対だけでも言葉づかいのよさから礼儀正しさが伝わります。

言動や行動が落ち着いている

いつも落ち着いていて言動や行動にそつがないのも礼儀正しい人の特徴と言えるでしょう。バタバタとせわしなく動いていたり、相手の言動に慌てて早口で返答したりする人からは礼儀の良さを感じることはできません。

礼儀正しい人は先の見通しを立てて行動します。言動や行動が落ち着いているのは事前に下準備が整っており、心に余裕があるからと言えます。待ち合わせでも約束の時間の10分前には到着し、相手を待つ余裕があるからこそ落ち着いた対応ができるのでしょう。

相手のことを考える心の余裕がある


礼儀正しい人は自分の心に余裕があるため、利己的で自分勝手な考え方をせず相手の立場に立って物事を考えることができます。いつも冷静で落ち着いているので、感情的な言動もほとんどみられません。

どのような言動をすれば相手が喜んでくれるのか、不快にさせずにすむのかを常に考えており、それは相手の社会的地位や年齢などで変わるものではありません。誰に対しても平等で公平な物言いも礼儀正しさの特徴の1つと言え、どんな人からも良い印象を持たれます。

頭の回転が早い

礼儀の正しい人が感情的になったり、慌てたりすることがない理由には頭の回転の早さが考えられます。相手の言葉を全て聞かなくても、気持ちを察して先回りして行動することができるのも、頭の回転の早さから機転が利くためです。

初対面であっても少し話したり観察したりするだけで、どのような人物であるかを推察し、相手に失礼がないような態度で接することができます。気が利くうえに言動や行動がきちんとしていれば好印象を与えられないはずがありません。

空気を読むのが得意

礼儀正しい人は頭の回転が早いだけでなく気が利くため、ちょっとした雰囲気や空気の変化を読み取る能力にも長けています。グループで話をしていても表面上には表れることのない1人1人の微妙な気持ちの変化を理解することができます。そのうえで、でしゃばることなくグループ全体を良い流れに導くこともできるでしょう。

不穏な空気が流れだしそうになると即座にキャッチし、話題を転換するなど機転を利かせて場の雰囲気が悪くならないようにしてくれます。基本的にいつもニコニコしていてしかめっ面で人を不快にすることもありません。

礼儀正しい人は得をしている?


礼儀正しさは職場だけでなく、友人関係や恋愛関係でも誠実さや一途さ、思いやりなどになって表れるため、男女を問わず人から好かれることでしょう。礼儀正しい人はそうでない人よりもたくさん得をしているのではないでしょうか。

異性はもちろん同性にもモテる

礼儀正しい人は異性だけでなく同性からもモテます。礼儀正しい人は気持ちの良い挨拶や人の気持ちを考えた言動をすることができるため、相手に不快な思いをさせることがほとんどありません。また、丁寧であるだけでなく謙虚でもあるため、相手を立てることも忘れません。

もっと一緒にいたい、もっと知りたいと思わせるので人から高い興味関心を持たれます。一緒にいると、相手によって態度を変えなかったり、社会人としての常識を身に着けていたりすることがわかりさらに惹きつけられることでしょう。

信頼されやすく出世しやすい

礼儀正しい人は相手の立場になって物事を考え行動に移すことができます。職場での人間関係を円滑に構築することができるため、同僚や先輩、上司からも受けが良く出世が早くなることもあるでしょう。また、コミュニケーション能力も高いので顧客や取引先との関係も良好です。

仕事の能力や知識、スキルも大切ですが、職場でそれ以上に求められるのが人間力です。礼儀正しい人は、真面目な印象が強く人を不快にすることがないため人望も厚くなる傾向があります。

人間関係が円満になる


礼儀正しい人がいると人間関係を円満にすることができます。礼儀正しい人が1人いるだけで、なんとなく職場の雰囲気が和むことがないでしょうか。礼儀正しい人に感情的に物を言う人はいないはずです。仕事が忙しくてつい殺伐としがちな雰囲気も礼儀正しい人の言動でガラリと変わることもあるでしょう。

同性同士の友人のグループでちょっとしたことでぎくしゃくしそうなときにも、礼儀正しい人の言動で、いつもの仲の良さを取り戻すことができることもあるでしょう。礼儀正しい人はいつの間にかコミュニケーションの潤滑油となってくれていることが多いものです。

また、職場の人間関係でお困りの方は、以下の記事から対処法をチェックしましょう。

あわせて読みたい

職場の人間関係が怖い!うまくいかない!疲れた!31の改善法、ストレス解消法を紹介

続きを読む

礼儀正しい人になる方法

礼儀正しい人は誰からも好印象をもたれ、ビジネスでもプライベートでも得することが多くあります。礼儀正しい人を目指すのであれば、身の回りにいる礼儀正しい人をよく観察してまねることが大切ですが、具体的にどんなことに気を付ければいいのでしょうか。

自己分析をしてみる

自分の5つの強みをチェックする

礼儀正しい人になるために、まずは自己分析をしてみましょう!グッドポイント診断では、あなたの5つの強みを知ることができます。

あなたの強みの中に「礼儀正しさに活かすことのできるもの」があるかをチェックするために、まずは診断をしてみましょう!

\無料で5つの強みを知ろう!/

あわせて読みたい

グッドポイント診断やってみた。転職希望アラサー女が気になる診断結果や転職で最大限活用する方法を全部見せます!

続きを読む

自分の個性からくる「くせ」をチェックする

礼儀正しくなれないのは、あなたの個性からくる「くせ」が原因かもしれません。ミイダスのパーソナリティ診断では、あなたの個性からくる「くせ」とその対処法を知ることができます。

くせを改善して、礼儀正しくなるためにまずは診断をしてみましょう!

\市場価値チェック、仕事での自己分析、個性の「クセ」の対処法を知りたいなら/

あわせて読みたい

ミイダスのパーソナリティ診断でわかる3つのこと!実際にやってみた

続きを読む

挨拶を自分からする

礼儀正しさは基本的な生活習慣や常識から生まれるものであり、その代表的なものが挨拶であると言えるでしょう。いつも他の人から挨拶をされて会釈や小さな言葉で返したりするのではなく、自分からはきはきとした挨拶を心がけましょう。

ビジネス上では、軽い会釈から陳謝の礼まで、頭や腰の曲げ方はいくつも種類があります。言葉だけでなく動作も身についていれば正しい挨拶が身に付いた礼儀正しい人であると印象づけることができるでしょう

落ち着いて行動する

礼儀正しい人を目指すのであれば、まず自分を律して落ち着いた行動を心がけるようにしましょう。礼儀正しい人は言葉や動作の美しさをとても大切にしています。相手の気持ちを考えずにとっさに言ってしまう無神経な言葉やガサツな行動は礼儀正しさの対極にあるものです。

せっかちな人はまず1つ1つの行動を丁寧にするように心がけること、行動する前によく考えて落ち着いて焦らずに動作に移すことなどを意識するといいでしょう。落ち着いて行動するだけでも優雅で礼儀正しく見えるものです。

敬語や言い回しを勉強する


日本語には口語、敬語の別があるだけでなく、敬語は丁寧語、尊敬語、謙譲語を正しく理解して使い分けなければなりません。親しい友人と話をしているような口語調の言葉は目上の人や初対面の人、ましてやビジネスでは通用しません。

「使い方がわからない」と言って何もしなければ進歩はありません。敬語の正しい言い回しに関する書籍は数多くあります。礼儀正しい人の大きな特徴である正しい言葉づかいを身に着けるには、まず敬語について勉強することからスタートしましょう

常に相手の立場を考えて行動や発言をする

礼儀正しい人は誰に対しても分け隔てのない対応ができ裏表がないようにみえます。もともとそのような性格の人もいるでしょうが、ほとんどの人は自分を律しながら常に相手の立場を考えた行動や発言を心がけているのです

上司や取引先など、必要なときだけ礼儀正しくしようとしても無理があります。大切なことは日々を丁寧にきちんと過ごすことであり、場面によって変えるのではなく常に周囲のことを考えた言動を意識することです。

一般常識をマスターする

礼儀正しい人から気持ちの良さを感じられる理由には、きちんとした言動のほかに一般常識がしっかりと身についていることも言えるのではないでしょうか。ビジネスにふさわしい身だしなみやメイク、言葉づかいや態度は一朝一夕に身につくものではありません。普段から礼儀正しい言動を意識することが大切です

例えば、来客の際にそっと靴を並べる、率先してお茶を入れる、エレベーターのボタンを押すなど、小さなことであっても繰り返していれば一般常識が身につくものです。相手のことを考えれば言葉づかいもおのずとよくなることでしょう。

まとめ

礼儀正しい人は、挨拶などの一般常識が身についているだけでなく、言葉や行動に落ち着きがあります。また、頭の回転が早く他人のことを考えて行動できるので、誰からも良い印象を持たれます。礼儀正しい人になるための方法を参考にして、プライベートでもビジネスでも得することが多い礼儀正しい人を目指しましょう。