シャンプーが泡立たないのは自分のせい?シャンプーのせい?原因と対処法

「シャワーを浴びてスッキリしたいのに、なぜかシャンプーが泡立たなくてイライラ…」なんて経験はないですか?

シャンプーは、豊かな泡立ちがあると洗い心地も良く、洗い上がりもすっきりと感じるもの。でも、使っているシャンプーがなぜか泡立たないときもありますよね。

  • シャンプーが泡立たない原因
  • 対処法

を1つ1つ見ていきましょう。

シャンプーが泡立たない!その理由は?

シャンプーが泡立たない理由には、一時的なものとそうではないものがあります。一時的な理由によって泡立たない時には方法などを見直して、そのシャンプーを使い始めてからずっと泡立ちが悪い場合にはシャンプー自体を見直してみましょう。

髪が汚れている

シャンプーが泡立たない主な原因のひとつに、髪が汚れ過ぎていることが挙げられます。シャンプーは髪の汚れを落とすためのものですが、あまりにも汚れがひどいと泡立ちが悪くなることがあります。

シャンプーの泡立ちを邪魔する汚れとして注目したいのは、皮脂汚れです。風邪をひいて数日間お風呂に入らなかったり、頭を怪我してシャンプーがしばらくできなかったりといった時に考えられます。一時的に泡立ちが悪くなる理由に多い傾向ですが、皮脂過剰が長く続いている場合には泡立ちもずっと悪いこともあります。

水分が足りていない

シャンプーの泡立ちが悪い原因としては、水分が不足していることもあります。シャンプーを泡立てるためには、シャンプーと水分、空気が上手に混ざり合っていることが大切です。しかし、シャンプー前に髪をしっかり濡らしていないと、泡がきれいに立ちにくくなることがあります。

シャンプー前にあらかじめお湯で髪や頭皮をすすいでおく「予洗い」が十分でないことで起こりやすい原因です。また、予洗いは髪や頭皮を濡らすためだけでなく、あらかじめ皮脂やホコリなどの汚れをサッと洗う役割も持っています。十分な予洗いをしないと汚れと水分不足の2つの原因に繋がりそうです。

泡の立ちにくいシャンプーを使っている

新しくシャンプーを変えてからずっとシャンプーの泡立ちが悪いという場合には、泡の立ちにくいシャンプーを選んでいる可能性があります。シャンプーの種類によっては泡立ちの良さに違いがあり、特にアミノ酸系シャンプーは泡立ちにくい種類です。

アミノ酸系洗浄成分は頭皮や髪に優しいことが特徴ですが、泡立ちの面では他のシャンプーに負けてしまいます。そのため、泡立ちにくく洗いにくいと感じることが多いのです。特に、乾燥肌や敏感肌用、エイジングケア用シャンプーなどに多く見られます。

ワックスやオイルをつけすぎている

ワックスやヘアオイル、ムースなどのスタイリング剤も髪の汚れと同じようにシャンプーの泡立ちを邪魔する原因です。ワックスやヘアオイルも皮脂汚れと同じく油分が多くなっており、そのスタイリング剤にホコリなどが付着するとさらに頑固な汚れになることもあります。

パーティーなどに出席するためにヘアアレンジを頑張った時などに泡立ちが悪かったら、スタイリング剤が原因の可能性が高そうです。これは一時的なもので普段のやり方に戻せば泡立ちも元に戻ることがあります。

シャンプーの泡を上手に立てるには

シャンプーの泡立ちが悪かったら、上手に泡立てる工夫をしてみましょう。シャンプーがきれいに泡立たない時の正しい対策を紹介します。シャンプーの方法の見直しにもなり、頭皮や髪にも良い影響を与えられそうです。

シャンプーの前に髪をブラッシングする

シャンプーの泡立ちが悪い場合には、あらかじめ髪や頭皮の汚れを落としておくことが大切です。予洗いだけでなくお風呂に入る前の乾いた髪をブラッシングすることも髪や頭皮に付いた汚れを落とすのに役立ちます。

毛先から解きほぐすように始めて、頭皮を傷つけないようにブラッシングしましょう。効果はホコリやフケ、皮脂などをあらかじめ落とすだけではありません。髪のもつれがほどけて、シャンプー時に切れ毛や抜け毛を予防する効果も期待できます。

予洗いでたっぷり水分を含ませる


シャンプーを頭皮や髪につける前の予洗いを適温で十分に行い、たっぷりと水分を含ませるのも大切です。ブラッシングでは落ちなかった汚れを落とす役割と、水分とシャンプー剤と空気のバランスを整える役割があります。

予洗いは時間にして1分半~2分程度で、38~40度程度のお湯をシャワーなどで髪全体になじませることが大切です。頭皮まで濡れていないと泡立ちにも汚れ落ちにも影響する可能性があるため、髪も頭皮もしっかりと予洗いしましょう。

泡立ちにくいシャンプーは手の平で泡を作っておく


髪や頭皮の汚れや水分不足が原因ではなく、シャンプー自体の泡立ちに問題がある場合には、泡をあらかじめ立ててから洗うのがおすすめです。アミノ酸系シャンプーなど、泡立ちにくいものは、手の平でお湯を少量加えて泡立ててから頭皮や髪にその泡を塗布して洗いましょう。

手の平でも泡立ちが悪い場合には、泡立てネットなどの便利グッズを使って泡立てることもおすすめです。濡らしたネットにシャンプーをつけて、優しく揉むだけで泡立ちます。髪につけたら、空気を入れるように洗うとさらに泡立ちやすくなります。

整髪料が多い日は二度洗いする

スタイリングにワックスやオイルなどをたっぷりと使った日は、二度洗いをしてしっかりとスタイリング剤を落としましょう。スタイリング剤はシャンプーの泡立ちを悪くするだけでなく、残ったままでは髪や頭皮への負担にもなります。一日の汚れはその日のうちにしっかりと落としましょう。

一度目のシャンプーでは頭皮まで洗おうとせず、髪の汚れだけを落とすようにして、2度目でしっかりと頭皮まで洗います。髪のスタイリング剤を落としてしまうと、2度目はシャンプーの泡立ちも復活するでしょう。

これはNG!髪を傷めるシャンプーのやり方

シャンプーの泡立ちが悪いと洗い心地も良くないだけでなく、あまり髪や頭皮に良い影響を与えません。とはいえ、正しくない方法で泡立ちだけをアップさせようとしても良いことはないようです。髪によくない間違ったシャンプーの方法をチェックしておきましょう。

泡が少ないからといってすすぎも短くする

シャンプーが泡立たないと泡が少なくてすすぎも短時間で済ませられそうな印象を受けます。しかし、泡が少なく手もすすぎ時間も短くしたり、いい加減なすすぎ方をしたりすると髪や頭皮に悪影響を及ぼす恐れがあります。

泡立ちが悪いとシャンプーは原液のまま頭皮に付きやすくなり、刺激によって炎症やかゆみなどを引き起こしやすくなるものです。そのため、泡が少ないからと言ってすすぎを短くしたり簡単に済ませたりせずに、十分に頭皮や髪をすすいでシャンプーを流しましょう。

二度洗いが習慣になっている


シャンプーの泡立ちが悪いのがスタイリング剤をたくさん使ったせいならば二度洗いをしても良いのですが、それが習慣になっているのは問題です。二度洗いをすると、確かに二回目のシャンプーの泡立ちは良くなります。しかし、それを続けるのは頭皮や髪にとって必要な皮脂まで落とす原因になるかも知れません。

二度洗いはしても良いのですが、毎日は洗いすぎです。スタイリング剤をたっぷり使ってしっかりとスタイリングした日のみに限って二度洗いをしましょう。普段はシャンプーの泡立て方や予洗いで泡を作る工夫をして、一度洗いに抑えることが必要です。

シャンプーを泡立ちだけで選ぶ

シャンプー トリートメント 買い物

シャンプーの種類によって泡立ちの良さに違いがありますが、泡立ちが悪いシャンプーを避けるあまり、刺激の強いシャンプーを選んではいけません。泡立ちの良いシャンプーは洗浄力が強い傾向があり、肌質によっては合わないこともあります。

シャンプーを泡立てて使うのも泡のクッションで洗浄できて頭皮や髪を守る手段ですが、洗浄成分が強すぎて傷めてしまうのでは本末転倒です。優しいアミノ酸シャンプーの中にも泡立ちが比較的良いものもあるので、自分に合うシャンプーを選んでみましょう。

まとめ

シャンプーの泡立ちが悪いと、すっきりと洗えた気分にもなれず、あまり良い気分ではありません。シャンプーが泡立たない場合には、その原因を突き止めて正しく対策を行いましょう。シャンプーの泡はシャンプー前後の髪や頭皮のケアや泡立て方で改善できます。正しく泡立てて快適なシャンプーを楽しみましょう。”