働く女性の悩みで多いものはコレだ!結婚や出産・給与や待遇

働く女性の悩みで多いものはコレだ!結婚や出産・給与や待遇

仕事の給与や待遇。仕事と女性ならではのライフイベントとの両立。働く女性は「働く女性ならではの悩み」に直面することも、多いのではないでしょうか?

男女平等が叫ばれる昨今、様々な場所で女性の権利が拡大してきていますが、現実はまだまだ男性の方が優遇されていることも多いです。特に仕事という面を見ると、女性はどうしても悩みを抱えやすいのが現状。

それでは働く女性の悩みにはどのようなものがあるのでしょうか。

  • 働く女性の悩み
  • 結婚や出産の悩み
  • 待遇の悩み

などを1つ1つ見ていきましょう。

働く女性の悩みベスト3

働く女性が抱える悩みとして、代表的な項目が以下の3つです。多くの女性の悩みの原因は、この3つに集約されます。男性社員に比べて給与が安いのは「給与・待遇」の悩み。結婚・出産とキャリアの両立の悩みは「結婚」「出産」です。就職活動や、転職活動でこれらの項目を重視して仕事探しをする方も多いのではないでしょうか。

  • 結婚
  • 出産
  • 給与・待遇

なぜ、これらが働く女性にとってこれほど大きな問題になっているのか見ていきましょう。

1.結婚

人生において大きな節目にもなるイベントが「結婚」。結婚は働く女性にとって大きな悩みの種になっています。

仕事をしている女性は仕事に縛られてしまうことにより新たな出会いが少ない傾向にあります。

一方、結婚できたとしても「寿退社」の慣習がある企業では、結婚とともに退職せざるをえず生活が不安定になりがちです。

2.出産

2.出産
結婚を考えれば、それに次いで出てくるのが出産の悩みです。現在の仕事をそのまま続けながら出産を終えるのは、体調との兼ね合いで難しいケースがほとんどでしょう。

すると仕事を辞めるか、産前産後休暇や育児休暇を取るかという選択が必要。産休制度や育児休暇の制度が整備されていない企業に勤めている場合は、多くの場合、退職せざるを得ません。

育児休暇制度がない会社や「寿退社」が慣習化している会社に勤めている方にとって、結婚・出産は人生の大きなハードルになってしまっているのが現状です。

3.給与・待遇

男女の差がつきやすいのが「給与」です。女性管理職も年々増えつつありますが、こうした事例がまだ全体の一部にすぎないのも事実。男性に比べ、非正規で働く女性は多いです。給与や待遇にも差が出ており、これについて悩みを抱えている人も多いです。

女性の結婚の悩み

女性の結婚の悩み
結婚をしたいと考えている人でも、結婚後の生活を考えるとなかなか結婚に踏み切れないということもあります。仕事と家庭を両立できるかどうか、家事はどうするか、姑との関係はどうかなどなど、多くの女性が様々な点で悩みを抱えています。

共働きでの家事の分担

結婚・出産には家事や育児などの話がつきもの。

共働きだとすると、結婚後の家事の分担はどうなるのか、育児の分担はどうなるのか、仕事は辞めなければならないのかなどなど、様々な考えが頭を過ぎります。結婚前には前もって同棲生活をしてみるといった解決策も考えられますが、そこでパートナーの現実を目の当たりにするのも怖いような気がするものです。もしもダメな人で家事が全部こっち任せだったらどうしようといったように様々な不安や悩みへと発展してしまいます。

結婚を機に退職するかどうか


結婚生活と仕事の関係は、切っても切れない縁にあります。結婚をした後の生活を考えて退職をするかどうかという点で悩む人は非常に多いです。家事や育児に専念するべきか、それとも共働きで生活するべきかについては、自分一人だけの問題ではなくパートナーの望みもあるため、両者の意見が食い違っていると大きな悩みに発展してしまいます。どちらの意見も一致していればわだかまりもありませんが、考え方の違いで愛も冷めてしまうといったケースにもつながりかねません。

嫁姑問題

結婚は当事者間だけではなく、お互いの家族間のやり取りも必要になります。中でも悩みを抱えやすいのが嫁姑問題で、嫁と姑との仲がこじれてしまうケースも散見されます。結婚する前のお付き合いの段階から、パートナーの親御さんについて気にしてしまうという人も多いです。このように結婚することによって周囲の人間関係が変化することに不安を覚えるため、なかなか結婚に踏み切れないという人もいます。

そもそも結婚相手が見つからない

理想のパートナーがそもそも見つからないという悩みを持っている人も多いです。仕事に熱中していれば、その分出会いのシーンは少なくなるものですので、これはある意味では仕方がない面もあります。結婚願望があっても相手が見つからないのであれば元も子もありません。仕事をしている女性は恋愛にまで発展するきっかけすら掴めないのが現実です。

働く女性の出産の悩み

働く女性の出産の悩み
出産についても多くの働く女性が悩みを抱えています。それでは具体的にどのような悩みを持っているのでしょうか。

つわりなど妊娠中の不調

妊娠中にはつわりなどが出て、不調になりやすく、妊娠生活と仕事を両立することは難しいです。仕事もしたい、でも子供も大切となると、やはり仕事を続けるかどうかという点で悩みに発展してしまいます。

出産時の産休や育休

産休や育休は、ほとんどの会社で制度が整備されるようになってきていますが、中にはまだ制度がないという会社もあります。もしも自分が居る会社に休暇制度が整っていないとしたら、そもそも子供を作ることをもためらってしまいます。

育休後の会社の居場所


産休や育休を取得できたとしても、その後の会社での立ち位置を考えると再び悩みが出てきてしまいます。休暇取得後、会社内での居場所が今よりも悪くなってしまうという話はよく聞くことで、キャリアアップができないことが悩みの種になります。

育児分担の割合

職場の心配だけでなく、家庭内にも悩みの種はあります。育児の分担はまさに悩みに直結することです。両親共働きになった場合、子供の面倒を見るのはどちらか一方の役割というわけではなく、お互いに育児に参加する必要があります。すると、どこまでをどちらが面倒を見るのかという点でもめてしまう可能性があり、悩みへと発展します。

働く女性の給与や待遇の問題

働く女性の給与や待遇の問題
働く女性は、男性と比較すると給与や待遇にも問題があります。待遇には差はないと公言されていますが、実際には差が出がちです。それでは具体的にどのような差が発生しているのでしょうか。

雇用の安定性が男性よりも少ない

企業は女性を雇うことについてためらいを持ちがちです。なぜなら、結婚を機に退職したり、産休や育休といった休暇制度を利用したりした場合には、企業側からすると見返りが少ないからです。

せっかく雇用してもすぐに辞めてしまうことが分かっている人材を雇うのは、企業側にはデメリットと考えられてしまいます。したがって雇用の安定性はどうしても男性よりも少なくなってしまいます。

出産とキャリアの両立が難しい

結婚や出産、育児という節目を迎えたとき、その人はキャリアを一時停止する必要があり、それぞれを両立するのが難しいことがネックになります。現実としてどちらかしか選択できないことが問題です。

会社によって女性の方が出世しにくい

企業によっては、女性よりも男性の出世を優先するという古いやり方を尊重していることもあります。人事的な評価は目に見えづらい部分でもあり、不公平であっても指摘しにくいもので、女性の方が出世しにくいという事実は否定できません。

デメリットだけじゃない!働く女性のメリット

デメリットだけじゃない!働く女性のメリット
結婚や出産などを考えたとき、女性側には様々なデメリットや悩みの種があることが分かりますが、しかしながら女性が働くことのメリットが無いわけではありません。それでは女性が働くことのメリットについて見ていきましょう。

自立した女性で居続けることができる

経済的に自立している女性で居続けられることは、大きなメリットと言えます。誰かに頼りきりになることもありませんので、働いていれば精神的にも気が楽になるという側面もあります。

パートナーと対等に話をすることができる

パートナーと対等に話をすることができる
世界中、どこででも持っているお金の量と発言力は関係しているものです。働いている女性はお金を持っているため、パートナーの言いなりになることもありません。

共働き時の家計が安定しやすい

子供の養育費や家族の生活費を考えたとき、共働きの場合は家計が非常に安定しているというメリットがあります。貧困家庭にはなりにくく、子供の学費などの心配なども「男性のみが働く家庭」「女性のみが働く家庭」よりは小さいです。

離婚時に経済的な不安がない

働いていない女性がもしも離婚した場合には、経済的に不安定になることが不安になります。これに対して働いている女性ならば、もしも離婚したとしても自分だけの力で生活ができ、そういった不安もありません。

まとめ

働く女性は多くの悩みを抱えています。特に仕事と家庭の両立については悩みの種が多いので、結婚などの節目の前にはしっかりと将来のことを考えておくと良いかもしれません。