さりげなさが可愛い!ローライトの魅力とレングス別アレンジ事例

「髪を傷めずに印象を変えたい」「明るくなってしまった髪色をおしゃれにトーンダウンしたい」そんなあなたには、ローライトがおすすめです。

そこでここでは、

  • ローライトの魅力
  • レングス別ローライトの事例とアレンジ

をご紹介します。

ローライトとは?

髪に明るい色をプラスする「ハイライト」はよく聞くけれど、「ローライト」ってなに?というあなた。

ローライトにはメリットがたくさんあります。ワンカラーよりもお洒落に見えて、良いことだらけのローライト。まずはその魅力を詳しく見ていきましょう。

髪の一部分だけ暗いカラーを入れるアレンジ

ローライトとは、ベースの髪色よりも暗いカラーをアクセントとして加えるカラーリングのことです。暗いカラーをスジ状に入れることが多いです。

色が抜けて明るくなりすぎてしまった髪色も、全体を染めることなく、ローライトを入れることで、トーンダウンできます。髪をあまり痛めることなく、落ち着いた印象に変えることができるおすすめのカラーリング方法ですよ。

髪に影が入り立体感が出せる

明るい髪色に暗い色を入れるローライトは、髪に影を入れるイメージです。髪全体に濃淡が生まれるので、立体感と奥行きを演出することができますよ

巻き髪にすれば、さらに立体感がアップします。ヘアアレンジが楽しくなりそうですね。

顔周りのローライトで小顔効果

顔の周りに暗い色を持ってくることで、小顔効果が期待できます。顔周りが明るい色だと、華やかな印象にはなりますが、少し膨張してしまいます。

反対に顔周りにローライトを施すと、きゅっと引き締まって小顔に見えるというわけです。また、顔周りに影ができるので、顔が小さく見えるとも言えるでしょう。

ローライトを入れる部分によって、さまざまな印象に変化しそうですね。自分のなりたいイメージで、ローライトを楽しみましょう。

髪に動きが出るショートさんのローライト

ショートヘアにローライトを入れると、髪に陰影がつくことで、毛先に動きが生まれます。立地感ができて、ナチュラルなこなれ感を演出できますよ。

「ショートヘアだけど、印象を変えたい」という人にも、ローライトはおすすめです。

ローライトで動きのある髪に

出典:instagram.com

自然なブラウンをベースにアッシュベージュをプラスしたスタイル。ルーズに巻くことで、ふわふわと動きのあるヘアスタイルを演出できます。トップがふんわりとしていて、エアリーな印象ですね。

2色のカラーをミックスすることで、外国人風の雰囲気が出せることもおしゃれなポイントです。ナチュラルな色合いなので、マネしやすいカラーです。

こなれ感のあるアレンジ

出典:instagram.com

グレージュとブルージュをミックスしたスタイル。少しマニッシュな印象のショートヘアですが、透明感のある髪色とパーマ風に巻いたことで、動きが出て軽やかですね。こなれ感のあるお洒落上級者さんといった印象です

少し明るめの髪色もショートヘアにしてローライトを入れることで、挑戦しやすくなりますね。季節を問わず楽しめそうなヘアカラーです。

ローライトでシルエットをキレイに

出典:instagram.com

丸みのあるショートヘアはシルエットが肝心。ローライトを入れることで、髪の流れが強調されて、美しいシルエットになります。落ち着いた大人の印象ながら、華やかさもある憧れのヘアスタイルですね。

ローライトが入っていると、軽く巻くだけでも、スタイルが決まります。髪が短く、アレンジがワンパターンになってしまいがちな人も、ローライトを入れることで、印象が変わりますよ。

ツヤ感演出!ボブさんのローライト

周りと同じような印象になってしまいがちなボブスタイルも、ローライトを入れるとお洒落に大変身。ローライトを入れて少し巻くだけで、髪にツヤと動きが出て、お洒落なニュアンスを手に入れることができますよ。

ローライトでツヤストレート

出典:instagram.com

シンプルな内巻きボブも、ローライトを入れることでツヤと華やかさが演出できます。毛先を内巻きにするだけで、立体感ができるので、毎朝のスタイリングの時間が短縮できそうです。

ストレートヘアでも、つやつやでダメージなく見えることもポイントです。自然なブラウンでも、ローライトが入るとさりげなくお洒落になりますね。

ハイライトと合わせて軽い印象に

出典:instagram.com

前下がりのボブにアッシュグレーを入れることで、クールですっきりとした印象を与えてくれます。ハイライトとローライトのダブル使いで、周りと差のつく軽やかなカラーに仕上がっています。何種類かのカラーが入っていることで、色落ちをしてしまっても、手抜きに見えないことも嬉しいですね。

アッシュグレーは、色落ちするとオレンジ色になりがちな日本人におすすめのカラーです。シンプルでモードな服装によく合いそうなヘアスタイルです。

ボブは毛先のローライトが素敵

出典:instagram.com

自然な暗髪をベースに、毛先のみぐっと落ち着いたブラックのローライトを入れたスタイル。とてもナチュラルで落ち着いた印象ながら、毛先のブラックがピリッとしたアクセントを加えてくれます。さりげないカラーリングでもお洒落にきまりますね。

カラフルで華やかな服装にしても、お互いが引き立ちそうです。ストーレートにしてもよし、パーマ風に巻いてもよし。どちらも合いそうなヘアスタイルです。

立体感でエアリーヘアに!ミディアムさんのローライト

ミディアムヘアは、ヘアアレンジがいちばんしやすい長さです。

巻き髪やパーマなど、髪の動きと立体感をより強調させるために、ローライトを取り入れてみましょう。ふんわりエアリーなスタイルになりますよ。

ローライトを多目に入れて落ち着いた髪色に

出典:instagram.com

ローライトをたくさん入れると、落ち着いた印象の髪色になります。暗髪+重ためのミディアムヘアは、とてもエレガントですね。毛先を巻くと、ローライトが協調されてふんわりとした動きがうまれます。大人の雰囲気の中にも少しの抜け感ができますね。

オフィスにもOKな男女ともに愛されるヘアスタイルと言えるでしょう。

ハイライトとローライトで立体感

出典:instagram.com

ハイライトとローライトをふんだんに取り入れたミディアムスタイルです。ブラウンベースの髪色なので、ナチュラルな立体感ができます。

ウルフカットは、巻いた時の毛流れが大事なポイントです。ローライトとハイライトをプラスすることで、より髪の流れが強調されて、動きのあるスタイルになりますね。カジュアルな服装にも、エレガントな装いにもマッチする、大人の女性のためのヘアスタイルです。

パーマの立体感を引き立てて

出典:instagram.com

ベージュとパープルを混ぜたアッシュカラーに、ところどころローライトを入れたスタイル。明るめの髪色でも、少しローライトが入ることで、かわいらしい印象になります

また、ローライトによって、パーマのふんわりとした立体感をより引き立てています。ベースの髪色とローライトのさりげないコントラストがかわいい、ガーリーなスタイルに仕上がっていますね。パーマをより強調させたいときにも、ローライトを取り入れると良いでしょう。

ローライトで抜け感!ロングさんのローライト

ロングヘアのダウンスタイルは、重い印象を与えてしまいがちです。でも、ローライトを入れることで、ヌケ感がうまれ軽やかな雰囲気になります。毛先を軽く巻くと、さらにエアリー感がアップします。

「髪を切りたくないけれど、手軽に印象を変えたい」という人にもおすすめです。

ハイライトとローライトで空気感

出典:instagram.com

黒髪とグレージュのグラデーションが美しいロングヘアスタイル。透明感のあるグレージュは、重く見えがちなロングヘアのダウンスタイルに軽やかな空気感を与えてくれます。トップが黒髪なので、髪が伸びてきても目立たず、きれいなスタイルを長期間維持できます。

ダウンスタイルもかわいいですが、アップにしてもグレージュが際立ちそうですね。ベースが黒髪の人も、流行のグレージュを取り入れることで、一気にシーズンムード高まる髪色に変身できます

ハーフアップがかわいい

出典:instagram.com

少しオレンジがかった明るめのブラウンをベースに、ナチュラルなブラウンをローライトとして入れたスタイル。ハーフアップのゆるめのお団子が、ナチュラルな抜け感を演出しています。

ざっくりとクリップでまとめるだけで、こなれ感がでるので、手軽にヘアアレンジが楽しめますね。

極細のローライトで外国人風

出典:instagram.com

赤みのある深いブラウンをベースに、ブラックに近いカラーをローライトとして入れたスタイルです。ローライトを細く入れているので、ベースのカラーの明るさはキープしたまま、少しニュアンスを加えることができます。巻いたときにちらりとのぞく黒髪が、美しい毛流れを演出しています。

自然なローライトが、外国人風のヘアスタイルに近づけてくれますね。かきあげ前髪にして、セクシーな外国人風スタイルを楽しみましょう。

まとめ

ローライトを入れることで、髪に立体感がうまれ、ワントーンカラーよりもお洒落な印象になりますね。ショートヘアからロングヘアまで、ローライトを入れるメリットはそれぞれあります。

一度に髪色を2色楽しめるローライト。ぜひローライトを取り入れて、自分好みの髪色を実現させてください。