頭が切れる人の物の考え方

気にしすぎる人に多い性格と気にしすぎを直す5つの考え方

自分が周囲からどう見られているのか、気にしすぎてしまう人はいませんか?誰かが自分の悪口を言っているかもしれない、友人や恋人から嫌われていないか心配してしまうなど、必要以上に『気にしすぎている』のかもしれません。

今回は

  • 気にしすぎる人に多い性格
  • 気にしすぎる性格の原因
  • 気にしすぎを直すための5つの考え方

についてご紹介していきます。

気にしすぎる性格の特徴

「悪口を言われていないか気になる」「どう思われているか常に不安だ」といういわゆる『気にしすぎる性格』の人にはある特徴があります。それでは、人の目や評価を気にしがちな人にはどういった特徴があるのかについて見ていきましょう。

他人の目が異様に気になってしまう

気にしすぎな人は『他人の目』を異様に気にしてしまうという特徴があります。親しい家族や友人だけでなく、街ですれ違う人たちの目ですら気にしてしまうという傾向があるようです。

自分の容姿や仕草、会話の内容に至るまですべてのことが周囲にどう思われているか気になってしまう人もいるようです。自分を形成するものすべてが第三者にどのように映っているのかが分からず不安になってしまうのも理由のひとつでしょう。

過度の神経質


何事も完璧でいなくてはいけないと過度に神経質になってしまうのも気にしすぎな人の特徴と言えます。「自分にとってマイナスな要素は他人の目から見てもマイナスに思われる」と考え、それを周囲に悟られるのが怖くなってしまうのです。

ほんのささいなことでも神経質に捉えてしまう傾向にあるので、そういった人たちはストレスも溜まりやすいです。神経質すぎて自分や周囲に厳しすぎる場合は、気にしすぎる性格を助長させてしまうでしょう。

責任感が強すぎる

気にしすぎる人は何事も完璧にこなしたいという『責任感』が強い場合があります。本来責任感が強いことは良いことですが、気にしすぎる人の場合はかえってマイナスになってしまうことも。

他人や自分のことまですべて完璧にこなそうとして、小さなミスさえも許されないというハードルを自分自身に課してしまっていることもあります。周囲や自分に関するささいなことも気にかけるようになり、やがて過度に気にしすぎるようになってしまうのです。

打たれ弱い

打たれ弱い性格の人は、何事も気にしすぎな傾向にあります。打たれ弱い人が周囲からの評価を過度に気にしてしまうのは、失敗そのものよりも周囲からの視線が気になるからです。悪い評価や評判に繋がるのを恐れて、失敗に対してのストレスを増やしてしまうことがあります。

誰かに嫌われることを怖く思うあまり、どんなことも気にしすぎてしまうようになってしまうのです。

真面目すぎる

何事も真面目に捉えすぎてしまう人は、物事を気にしすぎることが多いです。本来真面目であることはプラスですが、何から何まで重大に捉えてしまうあまりに、ひとつひとつの事に対して気を配りすぎてストレスが溜まってしまうこともあります。

また、真面目すぎて自分の短所を治すために余計に頑張ってしまうこともあります。「きちんとしなければいけない」という真面目さが、逆に気にしすぎというストレスを抱える原因になってしまうのです。

完璧主義なところがある


ささいなことでもしっかりしていないと気が済まない完璧主義者も、気にしすぎになってしまう人の特徴です。完璧主義ということは、どんなミスもあってはならないと思い込んでしまうこと。つまり、ささいなことでさえ気がかりになってしまい、自然と気にしすぎてしまうようになるのです。

ちょっとしたことでさえ気がかりになってしまう完璧主義者の人は他人の目も気にするようになり、だんだんと「気にしがち」な性格を助長させてしまうのですね。

気にしすぎる性格の原因

気にしすぎる人の性格についてみてきましたが、こういった性格は何が原因となっているのでしょうか?原因を知ることで、気にしすぎな性格を直すためのカギを見つけることができます。ここでは気にしすぎる性格の原因について見ていきましょう。

完璧主義すぎる

先ほどもご紹介したように、完璧主義すぎる人は気にしすぎる性格の原因のひとつです。どんな小さなことでも完璧でいたいと思うあまりに、ほかの人からみたらささいなことでも完璧にしようとする傾向にあります。

そのため、色々なことに目が向くようになって、だんだんと気にしすぎな性格になっていってしまうのです。

自分を過小評価してしまう

「自分なんか良いところがない」と過小評価してしまうのも、気にしすぎな性格を作り上げる要素となります。自分の短所ばかりに目が向いて良いところを見つけられない状態の人は、ついつい自分のことだけ気にしすぎてしまうことも。

本来人から見たら長所に思える部分でさえ短所に捉えてしまうこともあるので、自分の悪いところだけでなく良いところもしっかりと見てあげることが大切です。

他人を信じることができない


他人になかなか心を開けず、信じられないという人も要注意!信じることができないというのは、つまり誰かを『疑う』ということ。つまり、その人の発言や行動などのすべてを疑ってしまい、気にしてしまうということに繋がります

他人を信じられないこと自体が嫌になってしまい、余計落ち込んでしまうというケースもあります。他人を心から信じることは難しいですが、あまりに信じられない場合は何事も気にしすぎてしまう性格に繋がってしまいます。

ネガティブ思考

過小評価をしがちな人にも共通して言えますが、ネガティブな思考は気にしすぎな性格を形成する要因のひとつ。物事のマイナスな部分だけを見てしまうと嫌な気持ちになりますよね。このように、嫌なことばかりが目について気にしてしまう人も気にしがちな性格の人に多いでしょう。

ネガティブ思考な人は、ひとつでも物事の良いところを見つける練習をしましょう。ポジティブシンキングが心の余裕を作ってくれるので、気にしすぎな性格を直すきっかけにもなりますよ。

過去にイジメなどのトラウマがある

気にしすぎな性格の人は『周囲からの視線』を気にすることが多いです。このようになってしまうのは、過去にイジメなどの非常に強いトラウマがある場合があります。イジメられたりハブられたりすると人間不信になったり、自分の評価を極端に気にするようになってしまうのです。

いじめられないように周囲からの目線を常にうかがうようになってしまう人もいます。他人からの評価がすべてだと思い込むことが、気にしすぎ症候群をさらに悪化させてしまうこともあるのです。

幼少期の家族関係が原因の場合もある

多感な時期の幼少期に家族関係に不和が起こってしまうと、何でも気にしすぎてしまう子になりやすいとされています。家族から嫌われないように完璧な子どもでいたいと思うあまり、『良い子』を演じてしまう癖がついてしまうのでしょう。

家族からどのように思われているかを気にかけることが、結果的に気にしすぎる性格の形成に関わってくるのです。

気にしすぎる性格を直す方法

周囲からの評価を気にしすぎる人は、常に人の目を気にしてしまい、疲れやストレスが溜まりやすくなっているかもしれません。

ここからは、気にしすぎる性格を直す方法について見ていきます。これらの方法を実践すれば、周りを気にせず自分らしくいられるようになるかもしれません。

他人と自分を比較しない

気にしすぎる人がよくやってしまうのが『他人と比較すること』です。自分になくて相手にある魅力や長所ばかりが目についてしまい、劣等感を抱いてしまうという人も多いのではないでしょうか?

当たり前のことですが、人は良いところもあれば悪いところもあります。自分と他人を比較してみて相手の良いところばかり目が行ってしまうかと思いますが、自分にも良いところはたくさんあると考えて必要以上に比較をするのはやめるようにしましょう。

運動など何も考えない時間を作る

気にしすぎる性格の人は考え事が多くなってしまい、なかなか寝つけなくなってしまうことも多いのではないでしょうか。そんな時は、運動など集中できることをして何も考えない時間を作るのもおすすめです。

運動が苦手という人は、簡単な瞑想をしてみるのも良いでしょう。自分の呼吸にだけ意識を向けて、ひたすら座禅を組んで座る時間を作ってみてください。自分が気にしすぎていたことがちっぽけなことに思えて、よりポジティブな思考になることができるかもしれませんよ!

ライフスタイルを改善しストレスを溜めこまないようにする

気にしすぎな性格の人はストレスを溜めこみがちなので、なるべくストレスを溜めこまないような工夫をすることが大切。仕事や人間関係、家庭環境など、様々な場面でストレスを感じることがあるかと思います。そんな時は自分なりの息抜きの仕方を見つけて、こまめにストレス発散するのが良いでしょう。

ストレス発散の方法は人によって様々です。運動や映画鑑賞、散歩や友人と遊ぶ時間など、自分が一番楽しいと思える時間を作ってみてください。楽しい時間を過ごすことでストレスが緩和されて、気にしすぎる性格も少しずつ治ってくるはずですよ。

八方美人をやめる


気にしすぎる人は周りの人の目を気にしがちというお話をしてきましたが、そんな時は思い切って八方美人をやめてみるというのもひとつの手段です。誰からも好かれるという人はまずめったにいません。どんなに努力しても、周囲の誰かからは苦手意識を持たれたり嫌われたりしてしまうものなのです。

だからこそ、八方美人をやめて好きな人にだけ好きになってもらう努力をするようにしましょう。自分が今後長く付き合っていきたい友人や大切な人にだけ好きになってもらおうと考えれば、不特定多数の目線も気にならなくなっていくはずですよ。

周りの人は自分のことをそこまで気にしていないと理解する

「周りの人は自分のことをそこまで気にしていない」という認識を持つことも大切です。気にしすぎる性格の人は「周りから嫌われていたらどうしよう」と考えたり、必要以上に自分への評価を気にする場合があります。

しかし、周囲の人たちは別にあなたのことだけを考えながら生活しているわけではありません。周りの人たちにとっての「あなた」は、日々の様々な出来事や関わる人間の中のほんの一部なのです。そのため、自意識過剰に「こう思われているかもしれない」と考えるのをやめれば、気にしすぎることも少しずつ減っていくでしょう。

まとめ

周囲の人からどう思われているのか気になってしまうなど、「気にしすぎる性格」の人は余計なことまで考えすぎてしまうことが多いです。何事も気にしすぎてしまうとキリがありませんし、ストレスも溜まりがちになってしまいますよね。

今回ご紹介した方法も実践して、少しでも気にしすぎな性格から抜け出してポジティブになれるように頑張りましょう。