自分を愛するとは?自分を大切に想うことから始まる!

「自分を愛せない人は、他の誰かを愛することもできない」こんな言葉、聞いたことはありませんか?誰かを愛したり尊重したり、人生を前向きに楽しく生きていく上で、自分を愛することはとても大切なことです。

ですが、最近では「自分を愛する」ということがどういうことなのか、よく分かっていない人も少なくありません。

この記事では、

  • 自分を愛することの意味
  • 自分を愛せない人たちの共通点
  • 自分を愛するための方法

についてご紹介していきます。

自分を愛するってどういうこと?

そもそも「自分を愛する」とはどういうことなのでしょうか?最初に断っておきますが、「自己中」や「わがまま」とは、全く別の意味です。決して悪いことではなく、むしろ良いこと、必要不可欠なことなのです。

自分を愛するということの意味を、まずは理解していきましょう。

過去の自分を受け入れる

自分のことを愛するというのは、自分自身に愛情を持ち、受け入れることができるということです。誰にだって、過去の過ちや後悔はあると思いますが、それも全て受け入れるのが、自分を愛するということになります。

「後悔するな」というわけではありません。反省も後悔も必要なこと。ただ、その過去が存在するからこそ、そこから成長してきた、今の自分があるのだと受け入れるのです。過去の自分も全て受け入れなければ、自分を愛したことにはなりません。そこに立ち止まってしまい、未来に進めなくなってしまうかもしれません。

現在の自分を受け入れる

過去だけではなく、現在の自分も丸ごと受け入れることが、自分を愛するということです。きっと、「心底楽しんでいる」と感じている人の方が少ないでしょう。理不尽なことをさせられ辛い思いをしたり、色々なことへの不満がたまっていたり、意に反してだらけてしまう自分にがいたり…。

現在の自分がどんなに理想とかけ離れていても、自分を愛していればそれを受け入れることができます。現在がどうであれ、「これが私」と受け入れることで、自分を尊重する気持ちになれます

短所とされる長所も好きになる


誰にだって短所も長所もあります。時には長所が短所に直結することだってあるでしょう。真面目な人は融通が利かないし、社交的な人は時に軽薄…。短所も長所も、結局はそれがあなたの特徴。あなたにしかない特別なことなのです。

表裏一体の短所と長所を好きになれることが、自分を愛するということです。人からどう言われたって、「これが私らしさなのだ」と自分で自分を好きでいられるか、ちょっと考えてみましょう。

自分を愛せない理由を考える

あなたが自己嫌悪に陥っているのなら、自分を愛せなくなった理由は何なのでしょうか?自分を愛せない理由を考えてみましょう。

他人に認められたことがない

生まれ育った環境によっては、「他人に認められる経験が少なかった」と語る人もいます。あなたはどうでしょうか?叱られたり注意されたりするばかりで、周りにあなたを認めてくれる人が少なかった…ということはありませんか?

他人に認められないと自信が持てず、自分のことが嫌いになってしまいます。何をやっても「どうせ私なんて」となってしまっていては、自分に愛情を見出せません

真剣に取り組んだことがない

何かに対して真剣に取り組んだ経験は、人生の中で大きな自信に繋がります。努力は人を裏切りません。努力したという経験は達成感に繋がり、あなたが自分で自分を労うきっかけを与えてくれるのです。

いつでも不真面目でやる気は半分、全てを適当に済ませていた…こんなことがないか、ちょっと振り返ってみましょう。

すぐに諦めてしまう

諦め癖がついてしまうと、達成感を覚える前に寂しさや空しさを味わうことになります。「最後までやり遂げた」という事実は、たとえ失敗に終わったとしても達成感が残ります。しかし途中で諦めては何も残りません。

「戦略的撤退」といえば聞こえは良いですが、逃避と似た意味にもなります。何かをやり遂げられない自分に嫌気が差し、自分を愛せなくなってしまいます

自分を愛せば人生を楽しめる

自分を愛している人たちは、人生を謳歌しています。お金や権力はなくても、「自分を愛する」だけで人生が楽しくなる…それにはこんな理由があるのです。

他人からも愛されるようになる

自分を愛している人達は自信に満ち溢れ、ポジティブなオーラを纏っています。それは他人の目から見てとても魅力的。「傍にいてポジティブさを分けて貰いたい」「明るい気分にしてほしい」そんな気持ちを抱かせることになり、愛されるようになるのです。

自分に自信が持てる

自分を愛せるようになると、自信が持てるようになります。短所や失敗も丸ごと受け入れ、壁にぶつかっても「私ならやれる」と自分の背中を押せるようになるのです。それはあなたを成功に導いたり、チャンスに巡り合わせたりしてくれるでしょう。

将来の夢が持てるようになる

自分のことが好きな人は、自分の希望に素直になれます。「あれがしたい」「こうなりたい」という目標を見つけ、将来の夢を持つことができるのです。前向きで自信もあるため、その夢を本当に叶えることもできるでしょう。

毎日が楽しくなる

自分を愛するようになって、何より実感できるのは「毎日が楽しい」ということ。1つの後悔をずっと引きずることなく、自信を持っていろんなことにチャレンジし、元気に活動する…こんな明るく楽しい毎日に変わっていきます。

自分を愛するための方法

自分を愛することは素晴らしいことと分かっていても、なかなかそうはいきませんよね。自分を愛するためにはどんな方法があるのか、いくつかご紹介します。

自分を大切にする

まずは自分を大切にすることから始めましょう。言ってしまえば自己管理です。嫌だと思うことは極力やらない、つらいと思ったら早めに切り上げる、危険なことはしないといったことです。自分を優先して、時には人の頼みを断ったり、誰かを頼ったりしてみましょう

自分を褒める

最近、自分で自分を褒めていますか?自分を褒めることは自信に繋がります。どんな些細なことでも構わないのです。ゴミを拾って捨てたとか、早起きできたとか…事ある毎に自分を褒めてあげましょう。お菓子など、何かご褒美を用意しても良いですね。

メイクやファッションに自己投資する

自分の可能性を引き出すには、それなりの投資も必要です。自分に似合うメイクやファッションの研究をして、まずは外見から輝くために自己投資してみましょう。自分を磨くことで、新たな可能性に気付けるでしょうし、周りからの評判も上がります

しっかりと休養を取ってリフレッシュ

休みなく働いていては、心も身体も疲れてしまいますから、休養を取ることが大切です。休みをしっかり確保して、リフレッシュしましょう。好きなことをしたり、ボーっとして何もせず1日を過ごしたりするのも良い方法です。責任や労働から切り離された時間を作ってみましょう。

鏡で自分の表情をチェックする

自分が嫌いな人ほど鏡を嫌います。自分を愛したいなら、鏡を見て表情をチェックしてみましょう。仏頂面なら、笑ってみたり、眉を吊り上げてみたり、変顔もしてみましょう。

普段は見えない自分の表情に向き合うことは、自分を受け入れるきっかけになりますよ。かわいい自分を見つけて、自信が持てるようになるかもしれませんね。

食事の質を上げ栄養バランスに気をつける

時間が無い…という理由で、食事の質が下がっていませんか?栄養バランスに気をつけないと、体調が崩れたり、肌が荒れたりしてしまいます。ちょっと時間とお金をかけて、自分のために栄養満点の料理を作ってみましょう。バランス良く食べることは体質にも気分にも大切なことです

気の合う友達を見つける

心から信頼出来て意気投合できる友達を見つけましょう。そうはいっても気の合う友達って、なかなか見つからないですよね。そんなときは趣味のイベントに参加したり、SNSを利用したりするのがおすすめ。気の合う友達が1人でもいれば、助け合って心の負担を軽くしてもらえますよ

まとめ

自分を愛することは最も手軽で大きなライフハックです。お金も時間もかかりませんが、今後の人生に与える影響は絶大。自分を愛せるようになるだけで、価値観や生き方、目標への向き合い方までが変わるのです。

「人からどう思われるか」はひとまず置いておいて、自分を愛せるようになることを目指してみてください。