ダイソー口紅やグロスが人気?種類も多くて重宝なプチプラコスメ

最近は色んなものが100円ショップで購入できるようになりました。100円ショップと言えば、やはりパッと思いうかぶのは「ダイソー」ではないでしょうか?ダイソーならメイク用品も100円で購入できます。100円と聞くと「大丈夫なの?」と心配する人もいると思いますが、意外とリピーターが多いのです。今回は
  • 概要
  • ダイソーの口紅やグロスの種類

と、ダイソーの口紅の特徴や魅力、おすすめアイテムについて紹介します。

ダイソーの口紅の特徴と魅力


ダイソーの口紅と聞くと、金額的なものもあって「唇が荒れそう」や「成分が心配」という人もいます。人間は不思議なもので、高級なものであればあるほど「高いから大丈夫なはずだ」と考える傾向があります。

そのため、極端に安価なものは疑ってかかってしまうのです。そこで、こちらではダイソーの口紅の特徴や魅力を見てきましょう。

100円なのにコスメメーカーが作っている

ダイソーで販売されている口紅は100円ですが、ダイソーが独自に作っているのではなくコスメメーカーが作っているものばかりです。

そのため、コスメに詳しくない業者が作っているわけではないので安心して使うことができます。

薬事法の化粧品の基準を満たしている


100円ショップと言っても、薬事法の化粧品の基準を満たしている製品ばかりです。100円ショップでメイク用品が販売された当初は今ほど気を遣われていなかった部分もあります。

しかし、人間の肌に使うものである以上、最低限の基準があります。ダイソーの口紅はそういった基準をしっかり満たしているから販売できるものなのです。逆に基準を満たしていないと販売できないだけではなく、法律違反になってしまうのでリスクの方が高いと言えるでしょう。

高級な成分が入っていないけれど品質には自信がある

ダイソーで販売されている口紅は、知名度の高いコスメブランドのように高級な成分は入っていません。しかし、口紅という単体で見たら決して低品質ではないのです。

価格を抑えて作れる中で、成分を厳選して品質にこだわったもの、それがダイソーで販売されているメイク用品だと考えましょう。

プチプラなのに盛れるとSNSで大人気

Twitterやインスタグラムなどでも、ダイソーの口紅は高く評価されています。それはプチプライスなのに、しっかりと唇を盛れると人気が高いからです。

100円の口紅だからと言って甘く見ることは出来ず、しっかりと唇を鮮やかに彩ってくれるだけではなく、ぷるんとふっくらとしたものに仕上げてくれます。

ダイソーの口紅やグロスってどんなものがあるの?


こちらでは、ダイソーの口紅やグロスにはどんなものがあるのかを見ていきましょう。ダイソー店舗内でもコスメコーナーは作ってありますが、どんなものが人気なのかがわかりづらい部分もあります。

数多くある口紅やグロスの中で、どんなものが人気なのかを紹介します。

エスポルール カラーリップスティック

エスポルールはダイソーのメイク用品を作っているコスメブランドのひとつですカラーリップスティックはシンプルなパッケージとカラーが印象的な製品です。発色も良く、さまざまなシーンに合わせて使い分けることができます。複数のカラーを購入しても、他のコスメブランドで購入する1本分より安く買えるのがいいですね。

今まで自分が試したことのないカラーに挑戦する際は、ダイソーの口紅などプチプライスコスメで試してみるという方法も有効です。

ウィンマックス パールルージュ

ウィンマックスもダイソーのメイク用品を作っているコスメブランドのひとつです。その中でも淡い色合いが特徴的なパールルージュは多くの愛用者がいます。

テクスチャは唇に乗せると溶けるような柔らかいもので、塗り心地の良さに定評があります。潤い感がたっぷりなので、カサカサした唇もしっとりふっくらのものに変えられます。塗った後にカラーがはっきりするタイプなので、控えめにしたい人は薄付けにしましょう。

花花ルージュ

カラフルな花のパッケージが特徴的なルージュです。可愛いパッケージだけではなく、しっかりと唇を彩ってくれる発色の良さも評判です。

100円の口紅とは思えないほど優秀なコスメアイテムなのでオススメです。カラーは5種類で、ピンク系やレッド系などさまざまです。明るいカラーもありますが、薄付けすることでナチュラルな雰囲気を作ることができるので安心です。

フラワーリップクレヨン

ダイソーでも人気のクレヨンタイプのリップです。口コミ評価も高く、全国的に売り切れが続出するほどの人気の高さがあります。保湿成分が配合されているので、唇がカサつきません。ナチュラルメイクがメインになっている人はベージュやピンクがオススメです。

SNSの口コミで爆発的に売れていたので、店舗内でも見たことがないという人も珍しくありません。入荷待ちの店舗もあれば、地方などは入荷自体がしないなどもあったようです。確実に手にしたい人は店員さんに入荷日や入荷状況などを聞いてみるといいかもしれません。

アクアリップグロス

シンプルなタイプのグロス、それがアクアリップグロスです。グロスなのにベタつきが強くないので、ベタつき感などが苦手な人に愛用されています。グロスは発色が良くないものが多いので、ルージュを下地として塗らないときれいな仕上がりにならない場合もあります。しかし、アクアリップグロスは発色の良さも人気があるので、ルージュを塗らなくても問題ありません。

細かいですがパールも入っているので、プチプラなのに安っぽさを感じさせません。ちょっとした飲み会の場など、プライベートでも重宝されるコスメアイテムです。

エスポルールリップグロス チューブタイプ

ダイソーが誇るコスメブランドのエスポルールのリップグロスです。チューブタイプなので持ち運びも便利なのがいいですね。まるで絵具のようなポップさとカラフルさがあります。基本的にどのカラーも発色が良くて、普通に使えるので100円であることを良い意味で忘れさせてくれます。

グロス特有のテカテカ感がないので、グロスが苦手な人でも愛用できる特徴があります。ナチュラルメイクにちょっと艶を出したい時にオススメしたいアイテムです。

エスポルールリップ テイント

レトロ感があるリップティントです。鮮やかな発色と色のもちが高く評価されています。日本製なので、日本人の唇に合わせて作られているため安心して使うことができます。

薄付きなタイプのリップなのでオフィスメイクやスクールメイクにぴったりです。ただし、一番濃いカラーであるローズはハッキリとした赤になるので、ナチュラルメイクには向かないので注意しましょう。

エスポルール ハートリングリップグロス

シンプルながらも可愛らしい雰囲気を持つリップグロスです。100円リップには見えない有能さがあり、塗り心地はベタベタもトロトロもしていません。グロスにありがちなベタベタやテカテカもないので、苦手な人もグロスを楽しむことができます。

どちらかと言えば薄付きになるので、重ね塗りによってカラーの濃さを調節できます。やや手間はかかりますが、自分で濃さの調節ができる方がやりやすいという人が多いようです。1回だとナチュラルすぎるので、2回ほど重ね塗りをするくらいがちょうど良いのではないかと思います。唇の色の濃さにもよりますが、自分に合う濃さを見つけましょう。

まとめ

以前の100円ショップコスメは「肌荒れ」「質が良くない」など、良くない噂ばかりがありました。実際に今ほど品質が良くなかったという人も少なくありません。

しかし、今では普通のコスメブランドが展開しているコスメに引けを取らない品質の高さがあります。カラーバリエーションも多く、ちょっと試してみたい時に価格の安さが躊躇わずに挑戦させてくれるのでしょう。ダイソーにはさまざまな口紅があるので、ぜひ使ってみましょう。