写真写りをよくするには?ちょっとしたコツで写真も美人♡

思い出は写真に残すことで、年月が経ってから想いを馳せることができます。しかし、写真を撮ってもらう時にどんなことを意識していますか?何も考えずに写っていると「えっ、こんな顔していたの?」と後から後悔することになりかねません。

そこで、今回は

  • 概要
  • 写真写りを良くするコツ
  • 写真写りを良くするメイク

と、写真写りが良くなることでどんなメリットがあるのか、写りが良くなるコツなどについても紹介します。

写真写りが良くなると


こちらでは、写真写りが良くなることでどんな変化があるのかを見ていきましょう。写真写りは決して簡単に考えてはいけません。

普段から写りが悪いことで写真を遠ざけてしまいがちです。写真は後から見返せる思い出の宝物なので、どんな効果があるのかを紹介します。

自分の魅力を充分に引き出せる

写真写りを良くすることで、自分の魅力を充分に引き出せるようになります。写真は自分の姿を写すものですが、写った姿がすべてではありません。自分自身がキレイに写る角度やポーズを知ることで、普段以上の魅力を引き出せるのです。

意外と自分の魅力を引き出せていない人は多いので、写真写りの悪さに悩んでいる人は真剣に考えてみましょう。

気分が上がり写真を撮りたくなる


自分がキレイに写っている写真を見ると、また撮りたくなりませんか?自分が可愛く写っている、キレイに写っている写真を見ることで写真に対する気持ちが強くなるのです。

気分が良くなって「もう1枚撮ろう」や「次はこの角度で撮ってみよう」など、写真に対する意欲が大きくなります。

思い出をよりキレイに残せる

先述したように、写真は思い出です。あまり気に入らない顔が写真に残っていても、思い出としてあまり言葉にしたくないですよね。

しかし、キレイに写っている写真であれば自分から思い出として誰かに言いたくなるのではないでしょうか?将来、自分の思い出を楽しく話すためにも写真写りの良さは気にしておいた方がいいでしょう

写真写りを良くするコツ


こちらでは、写真写りを良くするコツを見ていきましょう。写真写りは、本人の容姿やスタイルも大きく影響されますが、ちょっとしたコツで「可愛さ」や「美しさ」は作ることができるのです。

こちらでは簡単な動作などで写真写りを良くできるコツを紹介します。

小顔に見えるポーズをする

ヘアスタイルなどにもよりますが、写真は顔が大きく写ってしまうケースも珍しくありません。そこで、小顔に見えるポーズを取ることで女性らしさをアップすることができるのです。

ちなみに小顔に見えるポーズは顔の輪郭に手を添える、顎の下でピースサインなどがあります。顔の輪郭に手を添えることで、輪郭を曖昧に見せることができますし、顎の下でピースをすることで二十顎などを隠せます。そういった部分を隠すことで、自然と写真写りが良くなっていくのです。

顔を強ばらせないで自然な笑顔を心がける

写真写りが悪い場合、表情を強張らせていることが原因かもしれません。写真はずっと残ってしまうことから、シャッターを押す時に緊張して表情が強張ってしまう人がいます。特にカウントダウンなしだと「写真を撮る」という心構えができないので、その傾向が強くなります。

写真写りを良くする方法として、自然な笑顔を心掛けること、そしてカウントダウンをしてもらうことです。カウントダウンというワンクッションを置くことで、ゆっくり深呼吸をして心を落ち着かせましょう。そうすることで、自然な笑顔を出しやすくなります。

姿勢を美しく背筋を伸ばす


写真写りには姿勢の美しさも影響します。例えば、壁に寄りかかるなど、ちょっとルーズな雰囲気の写真も人気ですが、寄りかかりすぎることで背中が小さく見えてしまうデメリットがあるのです。

オシャレなルーズさではなく、だらしない雰囲気になってしまうので気をつけましょう

二重あごにならないように下を向きすぎない

二重顎はお世辞にも写真写りが良いとは言えません。だから、二重顎にならないようにするためには、下を向きすぎないことです。下を向きすぎることで、顎が圧迫されて二重顎になりやすくなります。

逆に普段からちょっと二重顎気味な人は先述したように顎の下でピースをするなど、さり気なく隠すようにしましょう。

目力を大切にする

写真に必要なもの、それは目を引くようなファッションだけではありません。目力も大切と言えます。なぜなら、目力がある写真とない写真では、写っている人の雰囲気が大きく変わるからです。

例えば、目線をカメラの少し上に置くことで自然の光を取り入れることができます。そのため、キラキラと輝く目を手に入れることができるのです。他にも眉を軽くあげることで目力が強く見えるようになります。

写真写りを良くするメイク


写真写りを良くするためには、メイクにもこだわらないといけません。しかし、どのようなメイクをする事で写真写りが良くなるのかわからない人も多いのではないでしょうか?

こちらでは写真写りを良くするメイクについて見ていきましょう。

濃い目メイクがいい!眉のラインもしっかりと

写真映えするメイクは目元を濃くしましょう。メリハリを出すことによって、キレイに写ることができます。他にも眉のラインをしっかり引くことによって、顔にメリハリが出てくるのです。しかし、芸能人を見る限りナチュラルなメイクの人がほとんどですよね。あまり濃いメイクにしてしまうと、けばけばしくなってしまうので注意が必要です。

しかし、そうなると濃さの基準がわからなくなる人もいると思います。メイクの濃さに悩んだ時、普段のメイクよりも少し濃いくらいを基準にするといいのではないでしょうか。普段からナチュラルメイクの人が、いきなり濃くしてしまうと不自然になるので、少し濃いくらいがちょうどいいのです。

皮脂のテカリを抑える

写真を撮る前に気をつけたいこと、それは顔のテカリです。皮脂によってテカテカの状態で写真に写ってしまうと、写りの良いものとは言えません。

そのため、写真を撮る前にはベースメイクの崩れをリタッチして、メイク直しをしてください。メイク直しをする時間がない場合、あまり崩れていない場合はあぶらとり紙で皮脂を取るだけでも随分と雰囲気が変わります。

グループでの撮影は立ち位置も大切


メイクなどによって、写真写りを変えることもできますが、グループ撮影時の立ち位置でも写真写りを良くできるコツがあるのです。

こちらでは、どんな立ち位置を取ることで、写真写りが良くなるのかを見ていきましょう。立ち位置と言っても、他の人の場所を奪うなど過激なものではないので安心してください。

半歩下がると小顔効果あり

グループ撮影の時は、他の人に紛れてしまわないようやや前に出てしまう傾向があります。しかし、前に出てしまうと後ろにいる人との遠近差によって顔が大きく見えてしまいます。

そのため、他の人よりも半歩下がることで小顔効果を得ることができるのです。小顔に写るコツを活用することで、他の人たちよりもちょっと小顔な可愛い雰囲気を作ることができます。

真ん中に立った方がキレイに写る

グループ撮影時は真ん中に立つことを意識しましょう。真ん中に立つことでシルエットの歪みを防ぐことができるのです。

端の方に写ることで控えめさを演出する効果は期待できますが、カメラのレンズは端になるほどシルエットの歪みが生じてしまうので、スタイルなども不自然に写ることがあります。真ん中に立つというのは少々恥ずかしいかもしれませんが、細見え、写真写りのために恥ずかしがらないようにしましょう。

まとめ

普段から写真写りが悪くて「どうせ、私なんて」と思っている人は、写真写りが良くなるように努力をしましょう。中には持ち前の可愛さで写真写りが良い人もいますが、多くの人は写真写りが良くなるようにと努力をした結果です。

芸能人でさえも、写真写りが良くなるように努力しているのですから、卑屈な考えにならずに、自分にできることをしましょう。

写真写りが良くなるコツは難しいものはありません。ちょっとした手間を加えることで、可愛く、そしてキレイに写真に写ることができるのです。メイクの仕方、立ち位置、ちょっとした動作、それらを上手く活用して将来多くの人に話せる「思い出」をキレイに作っていきましょう。