わがままボディとは?その特徴や作り方をご紹介

魅力的なスタイルをイメージしたとき、やはりスリムで贅肉の少ない体を思おい浮かべるでしょう。恋愛に励む女性であれば、ほとんどといっていいほどダイエットにこだわっているはずです。

しかし、かならずしも痩せている=魅力的とはならないのが実際のところですね。特に近年は痩せすぎがよくないという考え方も広まっており、健康的なスタイルを目指す女性も増えてきました。

そんな風潮の中、ぽっちゃりしたグラマラスをよしとする考え方も広がりをみせています。それこそが、今回のテーマである「わがままボディ」です。

そこでここでは、

  • わがままボディの意味
  • わがままボディの特徴
  • わがままボディのイメージ
  • わがままボディの作り方

についてまとめたので、参考にしてみてください。

わがままボディとは?

わがままボディという表現は、いまや決して珍しくもありませんね。近年はファッション誌やインターネット、テレビ番組など、あらゆる媒体で普通に使われているためでしょう。

とはいえ、なんとなくイメージできても、具体的にどういったスタイルなのかを知っている人は少ないかもしれません。わがままボディの基本について、ご紹介していきましょう。

驚くほどのグラマラスな体型

簡単に表現すると、わがままボディは驚くほどのグラマラスな体型です。スリムな体型こそが魅力的といった考え方もありますが、そんなわがままボディもまた男性に人気のあるスタイルの一つです。

特にわがままボディという言葉を使用しているのは、ファッション雑誌や女性向け雑誌が中心になります。わがままボディの人気に伴い、特集を組む媒体も少なくありません。

これまで女性のスタイル作りといえば、食欲を我慢してダイエットに励むのが基本でした。そんな中において、食欲を我慢するどころか、しっかり食べてこそ作れるスタイルであるだけに、従来の常識を覆すスタイル作りの方法として注目が寄せられているのです

服を着ていても見事なスタイルが分かる

わがままボディは、ただセクシーなスタイルであるというわけでもありません。グラマラスなスタイルなわけですから、存在感のある胸があったり、ボリューミーなお尻であったりするため、セクシーなことに違いはないでしょう。

わがままボディともなれば、服を着ていてもスタイルが隠しきれないほどのグラマラスさです。日常的に女性的魅力を放ちながら生活するわけですから、男性に評価される機会も増えるように感じられるでしょう。

わがままボディの特徴とは?

しっかりとした肉付きでありながらも、それでいてセクシーさが伴う。わがままボディは、そんな絶妙な特徴を兼ね備えたスタイルです。それだけに、定義が曖昧であるように感じている人も多いことでしょう。

正しい知識をもってわがままボディを目指さなければ、ただ単純にだらしのない体型になってしまいかねません。正しい特徴を、覚えておきましょう。

豊満なバスト

わがままボディに欠かせないのが、豊満なバストです。男性を惹きつけることができ、女性らしさとも言える象徴です。

ある程度のサイズがあれば、豊満にみせることが可能です。おっぱいマッサージをしたり、ブラを使って谷間を作ったり、キャベツや豆乳などバストアップに効果的であるといわれる食事にこだわったりしてもよいかもしれません。わがままボディは女性としての大きな武器となり得るので、努力する価値は大いにあります。

キュッとくびれたウエスト

わがままボディとぽっちゃり体型との大きな違いは、このウエストにあるでしょう。肉感的でありながらウエストはしっかりくびれている、これこそが重要なポイントです。

逆にウエストさえくびれていれば、他の部分にどれだけボリュームがあっても、全体が美しくまとまります。わがままボディを目指すにせよそうでないにせよ、くびれたウエストは大きな武器になるでしょう。

肉付きの良いヒップ

女性の魅力は、バストだけでもありません。もう一点代表的なのが、ヒップです。そしてはわがままボディを目指すなら、キュッと締まったヒップより肉付きのよいボリュームのあるヒップを目指してください

キュッと締まった小さなヒップも、スタイルのよさの象徴といえます。ですが肉付きのよさが伴うヒップもまたセクシーである、フェロモンが感じられる、安産型といった具合で賞賛されるスタイルの一つです。グラマラスさを重視するわがままボディであれば、そんな肉付きのいいヒップの方が効果的でしょう。

丸い肩

上記までの特徴とは少し変わるかもしれませんが、丸い肩もまたわがままボディの特徴の一つです。つまり骨ばっておらず、肩にもしっかり肉がついている状態です。

バストやヒップ、ウエストと異なり、肩は日常的にさらすことも少なくない部分でしょう。そのため丸い肩によって、わがままボディであることが服を着た状態でも大いにアピールできます。

わがままボディのイメージには男女差がある?

わがままボディは、男女共通の表現というわけでもありません。イメージに男女差が伴うのも実際のところです。そしてどちらかというと、男性が好んで使用する表現でもあります。わがままボディの実情を紹介しましょう。

実は「わがままボディになりたくない」女性が多い

わがままボディは、女性のスタイルに対して使用する表現です。しかし、わがままボディになりたくないと考える女性が多いのが現状でしょう。

前述でも触れていますが、わがままボディの定義はあいまいです。そのため、自分でわがままボディだと思っていても、ある人は評価し、またある人は太っているとイメージするかもしれません。またわがままボディ特有のセクシーさから、性的な目線で見られすぎるというのも、デメリットに感じる場合もあります

それを好む女性ならよいですが、好まない場合は不快に感じてしまうでしょう。また体型に合う服が限られてくるため、ファッションにこだわる女性にはメリットが感じられませんね。

男性からみれば見た時に理想的な体型を表す言葉

わがままボディは、あくまで男性目線における女性を表す言葉です。女性誌などで、わがままボディが特集されていることが少なくありません。モテにつながるスタイルであることから、積極的に目指す人も多いでしょう。

しかし、だからといって自分はわがままボディであると、自らアピールするような女性はあまりいません。あくまで男性が女性をみて思い浮かべる表現です。

わがままボディはエロスを感じるフェロモンがにじみ出ているので、セクシー路線の魅力にほかなりません。男性の持つ性的な欲求をくすぐるような魅力である、それもまた男性から見たときのわがままボディの特徴といえるでしょう。

モテ女になるために!わがままボディの作り方

わがままボディになりたいという女性は少数派です。ですがモテ女になりたいと考えるなら、実現できるに越したことはありません。

服を着た状態でもセクシーさをアピールでき、またそもそも近年のトレンドですらあります。どのようにすれば、わがままボディを作れるのでしょうか。以下に挙げるポイントを役立ててみてください。

生活習慣を見直す

豊満で肉感的なスタイルになりたいからといって、堕落的な生活を送ってただ太ればいいというわけではありません。わがままボディになるうえでボリュームが足りない場合、新たに肉をつけることも必要でしょう。ですがボリュームを増やすことと贅肉をつけることでは、意味が違ってきます。

わがままボディを目指すなら、堕落的な生活どころかむしろ健康的な過ごし方を意識してください。十分に睡眠をとり、時間を決めて3食しっかり食べる、間食はあまりしない、ストレスをためないなど理想的な生活リズムを意識しましょう。

わがままボディは太った体型というわけでもありません。健康的であるというのが、ふさわしい表現です。そのため健康を意識した生活習慣こそが、本当のわがままボディへの近道といえます。

適度な運動をする

男性に比べて皮下脂肪の多い女性は、3食しっかり摂ると太りやすくなるでしょう。そうなっては、わがままボディどころではなくなってしまいます。それに加えて、適度な運動をおこなうことが欠かせません。

これにより、ついた脂肪を筋肉に変えて理想的な質感を作ることができます。まさにフェロモンが滲み出るような豊満なボディに近づけるでしょう。

早くわがままボディになりたいからといって、運動をしすぎるのもおすすめできません。それこそ痩せすぎてしまい、平均的な体型になってしまうでしょう。だからこそ、あくまで適度という度合いを意識してください。

バストアップのトレーニングをする

前述でも触れていますが、バストサイズは生まれつき決まっているわけでもありません。努力によって、バストアップを目指すことも可能です。そこでおすすめなのが、バストアップトレーニング。トレーニングで筋肉をつけるように、バストアップをすることも実は可能なのです。

代表的な方法としては、胸の前で手を合掌して、左右から押し合わせるやり方が有名ですね。これにより大胸筋に筋肉をつけ、バストの角度上向きにすることが可能となります。短時間のトレーニングでも、続けることで結構な効果を感じられるはずです。バストの大きさに物足りなさを感じる人は、試してみるとよいでしょう。

コルセットで矯正する

これは、キュッと引き締まったくびれを作るための方法です。ウエストラインを矯正するための腰に巻くコルセットを購入し、装着します。外的な圧迫による一時的なくびれですが、継続しておこなうことで引き締まったくびれ作りにつなげられるでしょう。

大殿筋を鍛えて上がったヒップを作る

ヒップもまた、筋肉を鍛えることによって理想的な状態を目指せるでしょう。しっかりと肉がついたヒップであっても、だらしない状態と鍛えられたものでは、雰囲気が大きく違ってきま

それこそ服を着ていてもボディラインに影響してくるほどです。足上げトレーニングや階段の上り下りを生かした鍛え方などで、大臀筋を強化しましょう。

エステ通いをして女子力アップをはかる

わがままボディという表現は、ただスタイルを表しているだけというわけでもありません。それに伴う女性らしいフェロモンもまた特徴の一つです。そのため、女子力アップを図るというのも理想的な方法でしょう。エステ通いは、まさに女子力を上げるための習慣なので、効果的に感じられます

露出度の高い服を着てモチベーションを保つ

わがままボディを目指す過程において、まだ理想のスタイルに仕上がっていないかもしれません。ですが、そんなときほど服装は露出の高いものを選んでみましょう。それにより、セクシーなわがままボディを手に入れたいというモチベーションが、より一層高められます

まとめ

男性からのモテを意識する上で、わがままボディというスタイルは大きな武器となるでしょう。ですが定義が曖昧であったり、言葉のニュアンスから本当の意味をイメージしにくかったりするなど、少し難しい存在でもあります。当記事を参考に、わがままボディへの知識を高め、理想のボディラインを実現してみてください。